【今なら無料】タダで読めるオススメ投資本リストはこちら

【月3万円】FXのスワップ取引で利益2,058万円の理由

スワップ取引で勝つための完全マニュアル

スワップポイントを使ったスワップ取引というものをご存じでしょうか?

FXには2国間の金利差であるスワップポイントを使って稼ぐ方法があります。

日本のような低金利通貨を売却し、金利の高い米国のドルを買うと、日本とドルの金利差分(スワップポイント)が毎日貰えるからです。

例えば先月、ドル円を1万通貨購入していれば1か月で1,420円のスワップポイントを貰えていました。サンプルFX業者:GMOクリック証券【FXネオ】

先月のスワップポイントの収入

現在、ドル円を1万通貨購入するには約41,000円必要なので、41,000円の投資で月に1,420円ものスワップポイントを得られたということになります。

月間利回りは 1,420÷41,000=3.46%
年間利回りは 3.46%×12か月で驚異の41.52%です。

ただこの利回りはレバレッジ25倍と最大限使った場合です。

スワップポイント目当てにFXをする場合、レバレッジは本来、3倍以下が目安です。

もし、レバレッジ3倍でドル円を購入していた場合、
1,420円×12か月÷(41000円×25倍÷3倍)= 年間利回り4.99%

これでも魅力的ではあるものの、せっかくならもう少し高い水準を目指したいですよね。

そんな時、こんな感じで様々な国の通貨、経済の特徴を調査していた所、偶然発見しました。

月3万円の積立投資で、2,058万円の利益を稼いだスワップ取引

結論から言うと、シンガポールという国が発行しているシンガポールドル(SGD)を毎月3万円積立投資していれば、2,058万円儲かっていた。という検証結果が得られました。

シンガポールドルのスワップポイントの特徴
✔年利5%以上のスワップ金利+為替差益で安定的に高い運用成績を見込む
✔トルコリラ、南アフリカランドという高金利通貨よりも高いパフォーマンス
スポンサーリンク

過去30年間のシンガポールドルの運用パフォーマンス試算

シンガポールについて調べた記事

シンガポールドルに毎月3万円積立していれば、スワップ金利だけで1,595万円の利益、さらに為替差益も462万円の含み益、総運用益は2,058万円でした。

レバレッジは3倍以下で、ロスカットされる心配もありません。

私は本来スワップ取引反対派

そもそも、私はスワップ取引反対派でした。

実際次のようにスワップ取引は辞めて置いたほうが良いという記事も書いています。

要は高金利通貨の価値は必ず下落する。だから絶対に儲からない。

そんな内容でまとめた記事です。

実際、各通貨の解説記事でも完全にスワップ取引反対派の姿勢を貫いています。

高金利通貨に投資、ダメ、絶対でした。

ですが、シンガポールドルは”高金利通貨の価値は必ず下落する”という通説が通らない為替政策を取っていました。

この為替政策により、シンガポールドルならスワップ取引で稼げることが判明しました。

シンガポールドルで見込めるスワップポイント

まずはシンガポールドルのスワップポイントについて。

シンガポールドル/円(SGD/JPY)を取り扱っており、スワップ金利が高いFX業者として有名なトレイダーズ証券にて、スワップ金利を調べた所概ね1日40円です。

最新のSGD/JPYのスワップポイントはこちら

これを踏まえ、もし80万円を使ってシンガポールドルに投資すると?

このように、レバレッジ3倍で43,800円の金利、運用利回り5.48%ものスワップポイントを見込むことができます。

これに加え、為替差益が見込めるという点がシンガポールドルの優れた点です。

スワップポイント+為替差益で儲ける。

これがシンガポールドルを使った投資手法の肝です。

なぜシンガポールドルは為替差益も見込めるのか?

シンガポールドルの為替レート推移を確認してみましょう。

シンガポールドルの最新のチャートはこちら

見て分かる通り、安定したレンジ相場が続いていることが分かります。

だから安心して毎月シンガポールドルを購入することができます。

実際に、もし1990年頃から2020年の30年の間、毎月定期的にシンガポールドルを購入していた場合どのような運用益だったのか試算してみました。

と、冒頭でも紹介した通りの結果です。。

毎月3万円の積立なら利益は総利益は2,000万を超えています。

シンガポールドルはレンジ相場が続いている=為替レートが安定している=為替差損におびえることなく、スワップ金利が得られる。

毎月、定期的に購入していれば、取得単価が下がり、為替差益まで得られる。

この2点が他の通貨に無いシンガポールドルの強みです。

では他の高金利通貨ならどうだろう?

結論から言うと、他の高金利通貨に投資するのは危険です。

スポンサードサーチ

トルコリラ、南アフリカランドといった高金利通貨は危険

スワップポイントで稼ぐ方法を勧める記事で、よく見かけるのがトルコリラ、南アフリカランドです。

トルコリラ、南アフリカランドはのスワップポイントは非常に高いです。

なのでレバレッジ3倍程度でも、簡単に年利10%以上のスワップポイントを受け取ることができそうな印象を受けます。

が、これは大間違いです。こちらの記事でも書いてある通り、

通貨の価値が暴落し、大損してしまうこと間違いありません。

もし、これら通貨のスワップ取引を勧めているWebサイトがあれば即閉じ推奨です。

トルコリラ、南アフリカランドの価値は現在暴落中

トルコリラの為替レート推移

最新のトルコリラ/円のチャートはこちら

チャートと呼んで良いのかわからない程、暴落しています。

50,000から18.7程度に価値が下落しているので、約99.96%の暴落です。

日本円と比較するならトルコリラは紙切れ当然の価値です。

南アフリカランドの為替レート推移

最新の南アフリカランド/円のチャートはこちら

こちらも見て分かる通り、暴落中です。

50から7.3付近への暴落なので、約85%も価値が無くなりました。

 

高い金利が貰えるからといって、トルコリラ、南アフリカランドには絶対に手を出してはいけません。

これまでに何千、何百人ものトレーダーを退場させてきた殺人通貨への投資は見送るべきです。

高金利通貨への投資は配当利回りが高いからといって、いまにも倒産しそうな株に投資するのと全く同じ。

トルコリラ、南アフリカランドの特徴は次の記事でまとめています。

シンガポールドルが暴落する可能性はないのか?

シンガポールの経済について触れたいと思います。

もし、シンガポールの経済が不調であれば、いずれシンガポールドルが暴落する可能性もあります。

これは何もシンガポールだけでなく、日本円、ドル、ユーロ、ポンドといった全ての通貨に当てはまります。

そこでシンガポールの経済がどのように推移しているのか?確認してみましょう。

シンガポール 一人当たりGDPの推移

1960年から順調に増加しており、経済成長が続いていることが確認できます。

シンガポール 経常収支の推移

国全体の収支を示す、経常収支は黒字を維持していることが分かる。

経常収支が黒字=シンガポールにお金が集まっている。

これはシンガポールドル高の価値が上昇する力が加わっていることを示します。

2つの経済指標を見る限り、シンガポールの経済は絶好調。

とはいってもシンガポールドルに投資すべき理由はこれじゃない。

一番の理由はシンガポールは為替レートをコントロールする為替政策国であるという点です。

シンガポールは為替レートをコントロールする為替政策を採用

シンガポールは貿易で成り立っている国です。

このため、過度なシンガポール高、シンガポール安は経済にとって悪影響をもたらします。

シンガポールは経済を安定化させるために、為替レートをコントロールする為替政策を採用しています。

✔シンガポール高になれば、シンガポールドル売り介入を行う。
✔シンガポール安になれば、シンガポールドルの買い介入を行う。

このような取り組みを行っているから、シンガポールドルの為替レートは一定に保たれ、レンジ相場を形成しています。

シンガポールについてもっと知りたいならこちらの記事が参考になります。

シンガポールドルが購入でき、尚且つスワップ金利が高いFX業者

シンガポールドルが購入でき、スワップポイントが高いFX業者は2社です。

■ 1番目に高い業者 トレイダーズ証券のLIGHT FX


こちらは今回、試算に使ったFX業者です。1日当たりのスワップ金額が約40円と高い金利を設定している為、スワップ金利を重視するトレーダーにオススメできるFX業者です。

■2番目に高い業者 FXプライム byGMO
1日当たりのスワップ金額は約20円。1位のトレーダーズ証券と比べると半額の金利である為、あまりおすすめできません。もし、トレイダーズ証券で口座開設できなかった場合の保険用になると思います。

■3番目に高い業者 マネーパートナーズ
1日当たりのスワップ金額は約13円。もし、トレイダーズ証券、FXプライムGMOの両方とも口座開設できなかった場合の最後の砦です。

このほか、サクソバンク証券、ヒロセ通商といったFX業者でもシンガポールドルを取り扱っているものの、スワップ金利が低い為、検討する必要はありません。

※スワップ金利を目的とせず、ただ単に売買するのであれば選択肢として有り、、かも。

スポンサードサーチ

FXのスワップ取引で利益2,058万円の理由 まとめ

スワップポイントで稼ぐ方法、資産運用する方法、セミリタイヤする方法というのは調べれば色んな情報が出てきます。

もし、興味があれば調べてみて欲しいです。

かなり偏った危ない話、眉唾のような話ばかりある。というのに気が付くと思います。

今回紹介したシンガポールドルに投資する手法は、年利ベースで考えれば正直大したことありません。

ざっくり見込んで7%~8%程度の利回りしかありません。

私は8%~10%程度の利回りが得られるように株を中心としたポートフォリオを組んでいます。ハイリターンが見込めない通貨に投資はしません。
ただ、もし通貨に投資するというポートフォリオならシンガポールドルは必ず入ります。そんな魅力的な通貨なので参考に紹介してみました。
外貨預金、スワップポイントで稼ぎたいのであれば、シンガポールドルと人民元がオススメです。参考:シンガポールドル解説記事シンガポールドルを毎月3万円積立た結果人民元解説記事
投資してはいけない通貨、投資するのにおすすめの通貨など、様々な通貨の解説まとめはこちらです。→ 通貨の特徴一覧を見る。
この記事が有用だと思った方は是非お気に入り登録、ブックマーク登録、ツイッター、フェイスブックなどでシェアしてもらえると嬉しいです。

以上、最後までありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました