【今なら無料】タダで読めるオススメ投資本リストはこちら

【初心者】日経平均先物取引(日経225)のやり方・始め方

日経平均先物取引(日経225)のやり方・始め方

日経平均先物取引(日経225)をやり方、始め方を探している。
始めてからの取引のやり方、流れを確認したい。

そんなあなたに日経平均先物取引(日経225)のやり方・始め方について解説していきたいと思います。

日経平均先物取引(日経225)は上手くいけばこんなに稼げることもあります。

日経225を始めると稼げる

正直に告白するとこれは日経平均先物取引で一番稼いでいた時期の取引履歴です。残念ながら毎月コンスタントに稼いでいる訳ではありません。が、夢を感じていただけるのではないでしょうか?
取引数量はおよそ1~3枚で、3枚取引するのに必要な証拠金はおおよそ30万円です。つまり、30万円で55万近くのお金を稼ぎ出した。ということになります。

それでは早速、日経平均先物取引(日経225)のやり方について解説を始めていきたいと思います。

まず初めに今回紹介するのは、日経平均先物取引(日経225)の中でも少額で取引できる、日経225ミニ先物取引です。

日経平均先物取引は2種類
日経225ミニ先物取引 取引に必要なお金は約8万円~
日経225先物取引 取引に必要なお金はミニの10倍。約80万円~

ミニと通常の先物取引では取引手数料、呼び値(値動きの単位)が異なります。

手数料が少し安いので、日経225先物取引の方がオススメですが、必要資金は最低でも200万円は欲しい。そこで一般的に、日経先物といえば日経225ミニ先物取引を選びます。

※先ほど紹介した私の取引画像も日経225ミニ先物取引の売買履歴です。

という訳で、日経225ミニ先物取引のやり方について解説を始めていきたいと思います。

目次はこちらになります。

 

スポンサーリンク

日経平均先物取引(日経225)を始めるのに必要なもの

まずは取引を始めるための必要物について。

必要なものは以下の3点です。

・取引を行うためのパソコン、スマートフォン、タブレット
・取引を行うための証券会社の口座
・取引資金が10万円以上

それぞれ簡単に紹介したいと思います。

取引を行うためのパソコン、スマートフォン、タブレット

日経平均先物取引(日経225)の取引をするにはパソコン、スマートフォン、タブレットのどれか一つが必要です。

私の場合、自宅に帰宅しているときはパソコンで取引し、外出中はスマートフォンで売買していました。ちなみに55万円稼いだときは、1割がパソコンでの取引、9割がスマートフォンでの取引ですね。

取引手法はスマホ片手にスキマ時間でのデイトレードです。

仕事の合間にスマホで取引
寝起きの布団の中でスマホで売買、
休憩時間や空き時間でチャートをチェック、
帰宅前に会社で取引。そんな感じの日々でした。

スマホを使えば隙間時間で取引できるので、パソコンは必須ではありません。

日経平均株価は為替レートであったり、ニュース画面をチェックしつつ取引しなくとも、スマホ1つである程度の予測が可能です。どんなルールで売買をしていたのか?は後述します。

取引を始めるための証券会社の口座

取引を始めるには証券会社で口座を開設する必要があります。

日経225ミニ先物取引が行える証券会社は楽天証券、SBI証券、ライブスター証券、マネックス証券辺りが大手。この4社の中から1つ選ぶなら私はライブスター証券の口座をおすすめしたいと思います。

ライブスター証券をおすすめする理由は3つあります。

・金融取引大手(株、日経平均、FX等)のISホールディングスグループ
・手数料の安さ、初心者でも扱いやすい取引ツールの提供を重視
新規口座開設から2か月間は取引手数料無料

何よりも「新規口座開設から2か月間は取引手数料無料」という点が美味しい。

もともと、手数料は1回につき33円という格安水準ですが、2か月間手数料を考えずに売買し放題というのはとても魅力的です。

もし、短期売買を検討しているのであれば、2か月間は取引手数料が無料なのでしこたま取引することもでき、取引の感覚を早い段階で習得することが可能です。

ちなみに55万稼いだ時の売買の回数は33回。33回×33円で1089円の手数料を支払っています。利益と比べると微々たる手数料ですが、せっかくなら安い方が良いですよね。

公式サイト:ライブスター証券

始めるには取引資金が10万円以上必要

日経先物は少ない資金で始められるのが魅力です。

とはいっても、日経225ミニでも1単位辺り約8万円の取引資金が必要です。

そこで最初、損をしてしまう可能性も考えると10万円以上のお金で始めることをおすすめします。

多ければ多いにこしたことはないものの、10万円でも上手くいけば月々数万円~数十万円も稼ぐことは可能です。

私は最初、念のために15万円程度、証券会社に入金し取引を始めました。幸いなことにコンスタントに利益を上げられたので取引資金が減ることなく、順調に資産は増加。

取引を始めるための必要物まとめ

必要なものは以下の3点です。

・取引を行うためのパソコン、スマートフォン、タブレット
・取引を始めるための証券会社の口座
・用意する取引資金は10万円以上が目安

どれもこれから取引を検討している人にとっては簡単に準備できるものです。

スポンサードサーチ

日経平均先物取引(日経225)の売買のやり方は簡単

では実際、どのように売買をしていくのか?
イメージしやすいように図解にてやり方を紹介していきたいと思います。

売買のやり方はいたってシンプル。

今から株価が下がるかな?という時は売り。
今から株価が上がるかな?という時は買う。この2点でOKです。

 

日経平均日足チャート

日経平均先物取引(日経225)の売買のやり方は簡単

 

口座開設すると見れる日経平均チャート。ちなみに私は現在売りポジションを持っています。チャート的にも下がりそうな雰囲気があり、ファンダメンタル情報的にも強く上がっていく様子が描けないからです。

もし、この画像にある日経平均株価23,623円で売却し、22,800円で決済した場合、差額は823円です。日経225ミニ先物取引の場合、差額1円当たりの損益は100円なので100円×823円の82,300円の利益となります。

逆にこれから上がるかな?と思えば買い取引を行い、思惑通りに株価が上昇すれば利益となります。

売りからでも買いからでも制約はありません。

安く買って高く売る。高く売って安く買う。どちらでも自由に取引できるのが日経平均先物取引です。

さて、それではおそらく、私が使っている取引手法が気になる方も多いと思いますので、私の取引手法について少し触れたいと思います。

私の日経平均先物の取引手法について

私はテクニカル分析と呼ばれるチャート分析手法に自信があります。これまでもいくつか記事を書いてきました。

 

そんな私ですが、日経平均先物の取引手法はいたってシンプルです。

基本的にテクニカル分析を使わず、以下のサイトの信用評価損益率 信用取引残高を見て売買しています。

日経平均信用評価損益率 信用取引残高 日経平均比較チャート

信用評価損益率 信用残 日経平均比較チャート
信用評価損益率と日経平均株価を比較できるチャートを掲載。過去一年分の時系列データ...続きを読む

 

リンクを開くと次の画像を見ることができます。

この中で重要なポイントは2つ。青色の評価損益率と緑色の信用倍率です。

・評価損益率(青線) 信用取引をしている人の損益具合をグラフ化
・信用倍率(緑線) 買い方が多いか、売り方が多いのかグラフ化

評価損益率(青線)が上昇している場合、そろそろ利食いが行われ、株価が下がる可能性が上昇します。逆に下落している場合、含み損を抱えている人が増えていることが分かります。

信用倍率(緑線)が上昇している場合、買い圧力が高まっていることを示し、底値からの転換の可能性が高くなります。逆に下落している場合、売り圧力が高まっていることを示し、価格が下落に転じる可能性が高くなっていることになります。

図解すると次のようになります。

評価損益率(青線)の見方

評価損益率(青線)が高い水準で下落し始めると、株価も下落していく傾向があります。実際、先ほどの画像でも100%という訳ではありませんが、評価損益率が下落し始めたところで株価も下げ始めていることが分かります。

信用倍率(緑線)の見方

信用倍率(緑線)が高い水準から下落し始めると、株価は底値を打ち、上昇していく傾向があります。逆に低い水準から上昇し始めると、それは天井を打ち、これから上昇していく可能性が高まっています。

基本的にこの2つの情報を軸に置き、後はファンダメンタル情報で補完していくという取引のやり方です。

 

もし、他の人はどんな手法で売買しているのだろう?と気になる場合、本を無料で読んで勉強してみることをお勧めします。次の記事は市販されているトレード関係の本を無料で読む方法です。日経平均先物取引関係の書籍も多数あるため、チェックしてみることをお勧めします。

スポンサードサーチ

早速、取引する証券会社の口座を準備する。

もし、ここまで読み進んでみて、ちょっと気になるかな?と感じたのであれば早速、取引する証券会社の口座を準備しましょう。

もちろん、口座開設、維持にお金はかかりません。無料です。

日経平均先物取引であれば私はライブスター証券の口座をおすすめしたいと思います。

ライブスター証券をおすすめする理由は3つあります。

・金融取引大手(株、日経平均、FX等)のISホールディングスグループ
・手数料の安さ、初心者でも扱いやすい取引ツールの提供を重視
新規口座開設から2か月間は取引手数料無料

この中で何よりもおすすめしたい理由が「新規口座開設から2か月間は取引手数料無料」という点です。

もともと、手数料は1回につき33円という格安水準ですが、2か月間手数料を考えずに売買し放題というのはとても魅力的です。

もし、既に他の証券会社に口座をお持ちの方も、せっかくなので無料で売買し放題というのを経験してみてみることをお勧めしたいです。無料なので超短期売買でもOK。いくらでも取引を試すことが可能です。

公式サイト:ライブスター証券

タイトルとURLをコピーしました