【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

話題のエディア(3935)の株価!今後どうなる?

エディアの株価はどうなる?

今回株価を予想するのは 東証マザーズ上場 株式会社エディア(3935)

とれろく
とれろく

ツイッターにて金ちゃん@Sarakinchanから紹介いただいた銘柄です。少し調べてみると面白そうな銘柄。勉強がてら記事を書きます。

スポンサーリンク

エディアってどんな会社?

株式会社エディア (Edia Co.,Ltd. ) は、東京都千代田区に本社をおくモバイルコンテンツ、スマートフォンアプリ、ソーシャルアプリなどの企画・製作・運用を行うコンテンツプロバイダ。※wikipediaより

アプリ開発だけかと思えば昔、地図ナビゲーションソフト『MAPLUS ポータブルナビ』などを開発した実績があります。

とれろく
とれろく

ちなみに私は以前、同社のナビゲーションソフト愛用していました。
ガンダムのアムロの声でルート案内をしてくれたりと、当時としては斬新。かなり話題になったと思います。

ちなみにこんなナビゲーションソフトです。(2009年の動画)

さて、そんなエディアですが2016年の上場後、株価は低迷中です。

スポンサードサーチ

エディアの株価推移

2016年上場時の公募価格は1630円でしたが、初値は3165円。
相当な期待が寄せられていた同社ですが、以降株価は下落トレンドを描きます。

エディアの株価推移

最新の株価はこちら

現在の株価は519円。少し反発中ですね。

エディアに何が起きているのか?業績を確認します。

エディアの業績、指数の推移

エディアは2017年に赤字転落し、2018年には減収減益。
このままだと上場廃止ムードかなと思えば2019年に大きな変化。

売上増、赤字の大幅圧縮。このままいけば黒字化しそうな勢いです。

エディアの売上と利益の推移

エディアのPBRは底値圏です。

エディアのPBR推移

2020年度の業績改善にも関わらず、株価はそれほど上昇しきっていません。
もし2021年度に黒字化すれば株価は大きく上昇しそうですね。

ちなみに赤字続きの影響もあり、
エディアは増資や借入などでキャッシュを確保中。

エディアの純資産と財務活動CF推移

一見、純資産が大きく減少し続けているのかな?
と、思えば十分な余裕が感じられます。

比較として空売り推奨銘柄「エニッシュ(3667)の株価はどうなる?今後を予想」で使用した純資産推移はこちら。

エニッシュの純資産、CF推移

同じアプリ系会社ですが、こちらは資金繰りにカツカツなイメージを受けますよね。

さて、それでは間近のエディアの決算資料を読みつつ、
考察を深くしていきたいと思います。

スポンサードサーチ

エディアの2020年度決算資料

エディアは2020年4月14日に2020年度決算を公表。
どうして売上増、赤字圧縮できたのか?読み込みます。

エディアはゲーム事業からコミック・電子書籍事業へ構造転換中

エディアのセグメント別売上推移

エディアはこれまでゲーム事業中心でした。が、

当該ゲーム市場には多くのスマートフォンゲームが投入され、競争が激化しており、より高品質のゲームを投入するために開発費が増加する傾向にあります。※2020年度決算短信より

という事情を踏まえ、コミック・電子書籍事業への構造転換を進めています。
既に結果が出ており、売上の比率は逆転。順調に転換が進んでいます。

売上総利益率も大幅改善

売上総利益率は48.5%から56.6%へ改善。

エディアの業績ハイライト

開発費の掛かるゲーム事業を縮小させた影響により、体質が変化中。
赤字を大幅に圧縮できたのは、原価の掛からないビジネスへの転換が進んでいるからですね。

エディアの今後を左右するのは漫画事業

エディアの事業は6つに分けることができ、中でも今後重要なのが漫画事業です。

エディアの事業

漫画動画アニメ・コミック、ライトノベル・電子書籍。
この事業セグメントをどれだけ伸ばせるかが重要

COMICO、LINEマンガで連載開始は強い

エディアはCOMICO、LINEマンガでオリジナルコミックを連載するとのこと。

COMICO、LINEマンガで連載開始

マンガアプリは現在熾烈な競争が繰り広げられています。
その中でも飛びぬけたシェアを持つのがLINEマンガです。

マンガアプリの市場シェア

【Mobile Index調査】2018年のマンガアプリ、『LINEマンガ』が売上高218億円で首位 市場シェアは57.4%に【追記】より

LINEのIR資料からも、LINEマンガは好調が続いていると分かります。

ラインのIR資料

ライン2020年度Q1資料より

エディアは勝ち馬に乗ろうとしていますね。

漫画動画に特化したyoutubeチャンネルの運用受託を開始

2020年5月18日。エディアはyoutubeチャンネルの運用受託をスタートすると発表。

要はYouTuberのマネジメント事業を行っているUUUM株式会社(3990)の漫画版
Youtubeを使って漫画動画のプロデュースを行いますよ。という事業。

目の付け所は素晴らしい。
UUUMは6年で売上を1.6億円から220億円へと急拡大させました。
似たようなことを漫画特化で行うとのこと。

■こんなお悩みをお持ちの企業様はぜひご相談ください
・自社製品及びサービス自体のPR、またそれらの操作説明のために漫画動画を利用したい(ゲーム、化粧品・サプリメント、健康器具、家電製品などを販売する企業様)
⇒PRや操作説明用の漫画動画の企画、制作とそれを公開するYouTubeチャンネルの開設、運営までトータルでサポートいたします

・漫画や雑誌などのコンテンツはあるが、それらの動画化やYouTubeチャンネルを運営するリソースがない(出版社様)
⇒当社が漫画動画制作で培ったノウハウを活かし、コンテンツの動画化とチャンネル運営をお手伝いいたします
漫画動画に特化したYouTubeチャンネルの運用受託を開始!

Youtubeを見てても、漫画を使った広告が増えてきています。
需要はある。

エディア自体、「アリエネス」と「ココロデイズ」という2つのチャンネルを運用しており、2019年9月に開設し、2019年12月にはチャンネル登録者数1万人突破、2020年5月現在3.48万人のチャンネル登録者数となっています。順調。

エディアの株価は上昇トレンドを描くと予想

ここまでエディアについて調べてきましたが、間近の黒字転換は確実でしょう。

とれろく
とれろく

既に反発が始まっているのでいい感じの押し目が出れば買いでエントリーしていきたい銘柄ですね。

エディアの株価推移

最新の株価はこちら

目標株価は設定しにくいものの、
順当に考えれば2019年12月の高値は越え、1000円以上となると考えます。

お願い。もう1回暴落して欲しい(´・ω・`)

タイトルとURLをコピーしました