【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

【分析】アイフルの株価予想。今後の見通しについて

アイフルの株価予想。今後の見通し

アイフルの株価予想、今後の見通し情報を探している
アイフルの株価推移、業績推移を探している

であれば、こちらの記事が役に立ちます。

今日はアイフルの株価予想。分析・今後の見通しについて紹介します。

結論から言うと、株価の底打ちを確認。400円を目指し、徐々に株価は上昇していくと予想します。
では早速解説を始めていきましょう。

スポンサーリンク

アイフルの株価推移、業績推移、指数、配当金を確認

株価予想をする前に、まずは現在の株価、これまでの業績推移などを確認しましょう。

アイフルの株価推移

アイフルの株価

最新の株価チャートはこちら

アイフルの株価は2015年から2020年にかけて緩やかな下落トレンドが継続。が、2020年5月11日発表の2020年度3月期連結決算を受けて株価が急伸。244円近くの株価は発表後、290円近くまで上昇。

アイフルの業績推移

アイフルの売上、利益推移

2015年に売上、利益共に底を打ち、近年は業績改善中。利益率の低下に悩まされていたものの、来期は179億円の利益予想。実現すれば株価上昇が見込める。

アイフルの指数(PBR,PER)

アイフルの株価とPBR推移

2015年の底打ち以降、業績は改善しているも指数は悲観。最新のPBRは1.05倍となっており、過去と比較すれば未だ割安状態。ちなみにライバル会社アコムのPBRは1.98倍、PERは18.66倍。

アイフルの配当金、株主還元

配当金無し。

配当金も株主優待も無し。

スポンサードサーチ

アイフルの株価にプラスの要素、マイナスの要素

アイフルの株価に影響するプラス要素、マイナス要素をリストアップしていきます。

今期は85%減益だが、来期は1300%増益予定

2019年度の利益は93億円に対し、2020年度は13億と85%減益。ただし2021年度は179億円の利益を見込んでおり、実現すれば1300%増益。2012~2014年度の全盛期並みの利益水準へ復活。

業績改善は過払い金利息返還請求減少を見込む為

過払い金の請求金額は年々減少

アイフルは年間数百億円の利息返還により、近年業績が低迷しています。2020年度4Qの支払い金額はまだ未公表ですが、前四半期と同等の支払いがあったものと推測できます。過払い金の返還が0になれば、アイフルの利益は150億円近く向上見込み。来期は大きく減ると見込んでいると推測。

来期、本当に大きく減るのかが?

間近、アイフルは業績予想を大きく下方修正した実績があります。当期純利益144億円→13億円と91%減少。利息返還請求の減少が鈍化している状況を踏まえ 170 億円の引当金の追加繰入が大きな要因。もし、来期も利息返還請求が継続して発生すれば、再度業績が下方修正される可能性有り

調達金利の低下はアイフルにとって好材料

調達金利、調達額の推移

資金の調達金利は低下、調達金額は増加。安定した資金調達が継続。

消費者向け無担保ローン市場は僅かに拡大中

消費者向けローン市場の規模推移

消費者向け無担保ローン市場は2013年を底に上昇傾向。引き続き堅調に推移すればアイフルにとって追い風となる。

貸し倒れ償却率、無担保ローン不良債権比率上昇

貸し倒れ償却率 2018年12月 2.7%→2019年12月 3.0%
不良債権比率  2018年12月 9.9%→2019年12月 10.8%

海外の消費者金融業 AIRA & AIFUL不調

2019年Q3 貸付金残高 前年同期比-4.8% 口座数 -3.5%
※営業収益は+13.8%

ライフカード事業 収益は改善しているものの不安材料有り

アイフルのライフカード事業、純利益は2020Q3時点で2.4億円(前期比5.6%増)と好調。が、新規発行枚数 前年同期比-6.3%、有効カード会員数 前年同期比-0.1%と苦戦している様子が伺える。

アイフルの株価予想。今後の見通し まとめ

以上、アイフルの株価に影響するプラス要素、マイナス要素をリストアップしました。

結果、今後、アイフルの株価は底打ちを確認。400円を目指し、徐々に株価は上昇していくと予想します。

クレジットカード事業の遅れ、海外事業の不調、不良債権比率の増加といった悪材料があるものの、本業の収益は好調に推移。

足を引っ張っている過払い金の利息返還請求額は、325億、253億、143億と減少が続いています。引き続き減少することでアイフルの業績は大きく改善。

事実、純利益は2018年39億、2019年93億と徐々に増加しています。

今期13億円の利益と、前期比で大きく落ち込んだ原因は引当金170億円の追加計上。来期発生するかもしれない費用を前倒しで計上した為。

本業が不調だったという訳ではありません。

来期の利益予測、過去のPBR推移などより、2020年度後半にかけてPBR1.5倍近くまで株価が持ち直すと予想します。

現在のPBRは1.05倍で270円。よって目標株価は400円とします。

タイトルとURLをコピーしました