【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

【初心者】FXの流れを分かりやすく解説!

FXの流れを解説、口座開設の流れ、取引の流れ、お金の流れ

自己紹介:初めての方はこんにちは!スキャルピング手法の研究録といった濃厚な記事をオープンにしまっくているプロトレーダーの狭間です。今日は宜しくお願いいたします。

今日のテーマは「FXの流れ」です。

・FXのお金の流れ、全体像を知りたい。
・口座開設の流れを知りたい。
・FXの取引、注文の流れを知りたい。
・FXの一日の流れを知りたい。
・相場の流れに乗って取引したい。
・利益を出した後の確定申告の流れを知りたい。

そんな、FXの流れについて、湧き出る疑問、知りたいという欲求を全て解消できるよう分かりやすく解説していきたいと思います。

まず初めに、FXの流れの全体像について簡単に紹介したいと思います。

スポンサーリンク

FXのお金、注文の流れ(全体像)を知っておく。

外国為替市場は私たちFXトレーダー、銀行、証券会社、機関投資家が売買を行っている世界最大級の金融市場です。

私たちはFX業者に注文を出し、FX業者は外国為替市場に注文を取り次ぎます。

外国為替市場の全体像と流れ

私たちはFX業者を通して、外国為替市場に注文を流しています。注文に使ったお金はFX業者へ流れ、FX業者はそのお金を使い、為替市場で通貨を購入。購入した通貨が私たちトレーダーの元へ届く。これがFX全体の流れのイメージです。

私たち個人はFX業者を通じて、ドルやユーロといった外貨を購入しています。
輸出入を行う企業は銀行を通して、ドルやユーロといった外貨を購入しています。

注文を中継している会社が違うだけで、どちらも最終的には外国為替市場と繋がっています。

それでは次に、FX業者で口座開設する流れについての解説に移りたいと思います。

スポンサードサーチ

FX業者の口座開設の流れ

私たち個人がFXを取引するためにはFX業者で口座開設をする必要があります。

どのようなFX業者で口座開設すれば良いのか?

これは【公開中】FX初心者が少額から億へ!必要なオススメ口座比較【図解】FXの手数料とは?FX業者の手数料比較・一覧有といった記事で紹介しています。

結論を言うと、手数料や値動き、取引ツール、スキャルピング適正といった様々な理由でGMOクリック証券【FXネオ】で口座開設するのがオススメです。

そこで今回はGMOクリック証券【FXネオ】の口座開設の流れを参考までに紹介したいと思います。

口座開設の流れはFX業者によって少し異なります。ただ楽天証券、DMM FX、SBI FXといった他のFX業者でも口座開設の流れはほぼ同じ。GMOクリック証券【FXネオ】の口座開設の流れを知っておくと、他の業者で口座開設する時にも参考になります。

GMOクリック証券の口座開設の流れ

GMOクリック証券【FXネオ】口座開設の流れはこちらのページ(公式)でも書いています。

4つの流れで口座開設は完了します。

・本人確認書類に記載されている住所をチェック
・口座開設フォームへ、本人確認書類と同じ住所などを入力し、申し込み完了
・本人確認書類、マイナンバーの提出(Web送信、郵送送付など)
・口座開設手続き完了、審査に合格するのを待つ。

FX口座の開設は銀行口座の開設と同じく、本人確認書類、マイナンバーの提出が必要です。

どのような本人確認書類が必要なのかはこちらのページ(公式)でも解説しています。

口座開設フォームへの記入例

人によって変わるのが、口座開設フォームへの記入例です。

ここではどのように記入すれば良いのか、参考までに記入例を紹介したいと思います。

お名前・ご住所の入力画面

FX口座開設の流れ、名前住所の入力

名前、生年月日、住所、連絡先などの入力の流れは説明不要ですね。後から提出する本人確認書類と同じ情報を記入例を参考に入力すればOKです。

国籍情報の入力画面

口座開設の流れ、国籍情報の入力

日本に住んでいる日本人であれば国籍情報の入力画面は何も触らなくてOKです。もし、海外在住であれば選択肢を変更する必要があります。

職業情報の入力

FX口座開設の流れ、職場情報の入力

会社員であれば勤務先、連絡先を入力しましょう。無職、専業主婦、学生であっても申し込みは問題ありません。※勤務先に連絡が入ることはありません。インサイダー取引、政府要人ではないか等を確認するために記入が求められます。

投資に関する質問の入力

ここは口座開設で重要となるポイントです。

口座開設の流れ、金融資産、年収、投資経験の入力

自己申告する年収、金融資産、投資可能資金額が多いと審査に合格しやすくなります。少なくても取引経験が長ければ加点ポイント。そして一番重要となるのが最下部の、主たる資金の性格です。FXに使う予定のお金が余裕資金でなければ高確率で不合格となり、口座開設できません。

最後に規約への同意

FX口座開設の流れ、最後の入力

最後に、各種取引規約などに同意します。へチェックを入れて口座開設の申し込み完了です。

これがFX口座開設の流れです。

後は画面の案内に従い、本人確認書類の送付を行えば口座開設完了です。

口座開設はこちらから行えます。

公式サイト:GMOクリック証券【FXネオ】

スポンサードサーチ

チャートを分析し、相場の流れを読む

FX口座の開設が終われば、早速チャートを分析し、相場の流れを読んでみましょう。

上がるのか、下がるのか?予想する。

FXはチャートを見て、上がるか下がるかを予想するトレードです。

例えばこちらはドル円のチャート画像になります。

ドル円チャート 相場の流れを読む

いまから価格が上昇すると思えば買い注文を出し、価格が上昇すると思えば売り注文を出します。

あがるのか?下がるのか?相場の流れを読むにはテクニカル分析と呼ばれるツールを使うのが便利です。

テクニカル分析の使い方、解説記事

これらの解説記事は初心者だけでなく、上級者の方も対象とした本格的な解説記事です。1度で理解するのは難しいと思うので、お気に入り登録し、何度も読み返してみることをオススメします。

FXのコツは相場の流れを読み、しっかりとその流れに乗ることです。

上昇トレンドが発生していれば、買う。
下落トレンドが発生していれば、売る。

最初は流れに逆らうことなく、流れについていくようなトレードがオススメです。

実際の注文の流れ、注文のやり方について

これより先の実際に注文を出す流れ、やり方などはこちらの実践編で紹介しています。

【実践編】FXのやり方・始め方!10種類の方法で脱初心者

本人確認のやり方、FX口座への入金のやり方、また注文の流れなど、より実践的なFXの流れを紹介しています。

口座開設を終えた後は、こちらの記事を見つつ、実際にFXを試すことができればいいですね。

スポンサードサーチ

FXの1日の流れ。時間帯によって相場が変化

さて、実際に取引するに辺り、1つ注意点があります。

FXは平日1日24時間取引することができます。

ただし、1日の中でも取引する時間帯によって相場の流れが変化します。

早朝はアジアタイム・・・比較的穏やかな相場
夕方は欧州タイム・・・だんだんと大きな値動きが形成
夜間は米国タイム・・・激しい値動きで荒々しい相場

このような1日の流れについては次の記事でもまとめています。

株式市場でも早朝取引がスタートする時、また株取引の終了時間間近は荒々しい値動きになります。時間帯による特徴はFXにもあるので、1日の流れを軽くでも知っておくと安心ですね。

FXで大きく稼ぐと納税の義務発生、確定申告の流れ

FXで大きく稼ぐと納税の義務が生まれ、確定申告を行う必要が生まれます。

確定申告の基準はサラリーマンであれば年間20万円の利益、無職やフリーターであれば年間38万円以上の利益です。

確定申告の流れはこちらのサイトの解説が優秀です。

おおまかな確定申告の流れは、年明けの2月頃に去年1年間の利益を計算し、確定申告書を作成、税務署へ。という流れになります。

確定申告の流れ、必要性はFXで大きく稼いだ後から考えてOKです。一応、稼いだら確定申告をして納税をしなければならない。ということだけ知っておくと良いですね。

スポンサードサーチ

FXの流れとは?口座開設から取引までの流れを解説 まとめ

・FXの注文に使ったお金はFX業者に流れ、外国為替市場へ流れていく
・口座開設の流れは、住所確認、申し込み入力、本人確認、審査という4つ。
・チャートを分析し、相場の流れを読むにはテクニカル分析を使う
・最初は流れに逆らうことなく、流れについていく、乗るように心がける
・実際の注文の流れは実践編で学べる

【実践編】FXのやり方・始め方!10種類の方法で脱初心者

・FXは時間帯によって相場の流れが変化する。
・FXで大きく稼ぐと確定申告をする必要が生まれる。

以上、FXの流れについての解説でした。

口座開設がまだの人はこちらから申し込みができます。

公式サイト:GMOクリック証券【FXネオ】

FX口座の開設は審査があり、もしかすると口座開設NGとなる可能性もあります。

NGとなっても、貯金額、投資予定額を見直しし、もう一度審査を依頼することができます。ただ、審査合格まで待つことを考えると申込みは先に済ませた方が、後の流れがスムーズになります。

この記事が有用だと思った方は是非お気に入り登録、ブックマーク登録、ツイッター、フェイスブックなどでシェアしてもらえると嬉しいです。

以上、最後までありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました