【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

【実践編】FXのやり方・始め方!10種類の方法で脱初心者

FXのやり方・始め方について

FXを始める。そう思い立ったなら早速行動!やり方は簡単です。

本記事はFXのやり方、始め方に関するマニュアル記事です。

FXを口座を開設するまでの下準備、勉強のやり方から、始め方。
さらに口座開設のやり方、その後の注文のやり方、利益確定のやり方
複利運用のやり方、チャート分析方法のやり方、おまけに確定申告まで。

FXに関係する、やり方、始め方を徹底的にまとめました。

いかんせん、量が多いので、気になる、知りたいやり方を、こちらの目次で選びつつ利用されることをオススメします。
スポンサーリンク

FXの始め方。まずは必要物を確認しよう。

FXを始めるのに必要なものは次の3つです。

・取引に使う5万円~10万円以上のお金
・通貨の注文を取り次いでくれるFX業者のFX口座
・取引に使うパソコン、もしくはスマホ1つ

たったこの3つさえ準備できれば、すぐにFXを始めることができます。

まず、この3つを準備するところから始めましょう。

最初に準備する取引資金できれば10万円以上は欲しい所です。

取引に使うパソコン、もしくはスマホの性能、スペックは問いません。

使いやすものが準備できれば、後はFX業者の口座を開設するだけです。

スポンサードサーチ

どんな風にFX業者を選べば良い?FXの業者の選び方

FX業者はドル円の取引コストが安い所を選べばOKです。

その上で、少額でもOKで、初心者にもやさしいFX業者を比較しましょう。

FX業者の選び方は人それぞれあります。

もし、迷うなら、スキャルピング取引もOK、取引コストも業界最狭水準の当ブログ推奨GMOクリック証券【FXネオ】がオススメです。明確な理由を色んな記事で書いているので気になる方は色んな記事を読んでみて欲しい。

FXの口座開設のやり方

当ブログ推奨のGMOクリック証券【FXネオ】での口座開設のやり方を参考までに紹介します。

公式サイト:GMOクリック証券【FXネオ】

まずは上記バナーから公式サイトに飛びましょう。

その後、氏名、生年月日、住所、連絡先などを入力。後は正直に年収や、金融資産(貯金)、FXに使う予定の投資金額などを入力していけばOK。

年収や金融資産は多ければ多いほど、口座開設の審査に通りやすいです。

申し込みはとても簡単ですが、本人確認書類の送付がちょっと面倒です。

本人確認のやり方

どこのFX業者でも大きく分けて2通りの本人確認のやり方があります。

1・Web上のアップロード専用画面で送付
2・郵送で本人確認書類を送付
本人確認書類として使える書類
運転免許証、住民基本台帳カード、個人番号カード、パスポート、各種健康保険証、各種年金手帳、印鑑登録証明書、住民票の写し等

本人確認で注意したいのが、マイナンバーが必須。ということです。

マイナンバーの通知カード、個人番号カード、マイナンバーが記載された住民票。このどれかが必ず必要となるので、申し込み前に準備しておきましょう。

FX口座への入金のやり方

FX口座の開設終わったら、その口座に入金する必要があります。

入金方法も大きく分けると2種類あります。

・インターネットバンキングを利用した即時入金サービス
・金融機関、窓口などを利用した通常振り込み
詳細なやり方は、各FX業者によって異なるものの、GMOクリック証券【FXネオ】の場合、会員ページにログインし手続きするか、別途メールなどで指定された口座へ入金するというやり方になります。

公式:GMOクリック証券 入金方法の種類と流れ、やり方

インターネットバンキングを使うと、即時、FX口座にお金が反映されます。

手数料も無料ですし、出金も即反映されるのでオススメのやり方です。

金融機関、窓口などで入金する場合、14時30分~17時の間での振り込みでなければ1時間以内でFX口座に反映されます。

金融機関を選ばないというメリットがあるものの、振込手数料が必要になるのがネック。

FX口座からの出金も入金と同じような流れです。ポチポチっと出金依頼をすると即銀行口座へお金が戻ってきます。

スポンサードサーチ

FXの売買のやり方、注文のやり方を知ろう。

口座開設が完了すると、取引に必要なIDとパスワードを入手することができます。

IDとパスワードを使って、取引ツールにログインすることで、注文ができるようになります。

これからFXをするのであれば、どんな感じで取引するのか?知っておくとイメージがしやすいと思います。

パソコンでの取引のやり方、注文のやり方

まず初めにパソコンでのやり方を簡単に紹介したいと思います。

成行注文、売買のやり方

成行注文とは、今取引されている価格ですぐに購入することのできる注文方法です。

注文が成立するまで待つ必要がなく、一瞬で取引が完了するのでスピーディーな注文をしたい時に使う注文方法です。

成行き注文のやり方

①成行注文を選択
②売るのか、買うのか選択し、数量も入力
③注文確定をクリックすると成行き注文ができます。

取引が完了すると、ポジション一覧画面に表示されます。

チャートを見つつ、ココかな?というタイミングで注文確定をクリックするだけでOKです。

次に、成行注文で勝ったポジションを決済してみましょう。

成行注文での決済のやり方

①ポジション一覧(決済用の画面を選択)
②決済する数量、また決済した時の利益額を確認
③注文確定をクリックすると成行で決済することができます。

この売買では450円の利益ですね。

購入したのが17時54分、決済したのが17時56分なので売買時間はたったの2分です。

2分で450円。運が良い!

成行注文はこんな感じで、クリックぽちぽちで取引することができます。待つ必要が無いのでさくさくトレードできます。

成行注文と同時に指値注文(利確注文)逆指値注文(損切注文)のやり方

成行注文と一緒に指値注文、逆指値注文を出すことが可能です。

指値注文・・利食い、利益確定ができる価格で、設定値になれば自動決済
指値注文・・損切り(ストップロス)ができる価格で、設定値になれば自動決済

ちなみに成行注文と同時に、指値注文、逆指値注文を出すことをOCO注文と呼びます。

 

指値注文、逆指値注文、OCO注文のやり方

①成行注文を選択
②売るのか、買うのか選択し、数量も入力
③OCOを選択
④指値、逆指値の幅(pips)を入力
⑤注文確定をクリックすればOK

このトレードでは成行注文と同時に、指値、逆指値共に50pipsの注文を出しています。

利益になる方向に50pips動く、もしくは損になる方向に50pips動くと自動的に決済してくれます。

指値、逆指値注文を出しておくとずっとチャート画面を見ている必要が無いのでとっても楽。損失の幅を管理することもでき、予想外の大きな損失を防ぐことも可能です。

FXの注文方法は他にも色んな種類があります。

今回は基本となる成行注文、指値注文、逆指値注文のみ紹介いたしました。

スマホ、携帯での取引のやり方、注文のやり方

次にスマホでのやり方を簡単に紹介したいと思います。

成り行き注文のやり方

スマホでの注文方法もパソコンとほぼ同じです。

スマホでの成行注文のやり方

①成行を選択
②売るのか買うのか確認し、数量を入力
③確認画面へを押す
④注文確定でOK

画面上に現在の価格が表示されているので、それを見つつトレードすればよりいい値段で売買することが可能です。

ただ、パソコンと違って画面が小さいのでチャートを見つつ取引できないのが難点。

もし可能であればタブレットも準備してトレードしたい所ですね。

成行注文と一緒に指値注文(利確注文)逆指値注文(損切注文)のやり方

スマホでもパソコンと同じ注文を行うことが可能です。

スマホでの指値注文、逆指値注文のやり方

スマホの場合は事前に設定することで、成行注文と同時に指値注文、逆指値注文を行うことが可能です。後の流れは成行注文と同じです。

パソコン、スマホでの各種注文方法について

今回紹介した成行、指値、逆指値注文はFXの注文方法のほんの一部です。

見てみて分かるとおり、FXの注文方法はとっても簡単です。

他にも色んなパターンの注文方法があります。といっても、私はほぼ成行注文しか使いません。※スキャルピングは成行注文だけでもOK。

チャートの分析方法、テクニカル分析のやり方

これから価格が上昇するのか、下落するのかを予測するにはテクニカル分析と呼ばれる手法を使います。

テクニカル分析(テクニカルぶんせき、英: technical analysis)とは、主に株式・商品取引・為替等の取引市場で、将来の取引価格の変化を過去に発生した価格や出来高等の取引実績の時系列パターンから予想・分析しようとする手法である。(wikipediaより)

例えばRSIと呼ばれるテクニカル分析を使うことで、買われすぎなのか、売られすぎなのかを知ることができます。

また移動平均線と呼ばれるテクニカル分析を使うことで、トレンドの流れに乗って取引を行うことができます。

テクニカル分析は価格が上昇するのか、下落するのかを予測する手段。勝率を上げたいのであればしっかり学びましょう。

スポンサードサーチ

FXのスキャルピング、デイトレードのやり方

私も実践しているFXのスキャルピング、デイトレードのやり方をこちらの記事から少し紹介します。

有効なRSIスキャルピング手法

時間軸:5分足、1分足
取引時間:日本時間7時~10時
テクニカル手法:RSI パラメーター14
エントリー:30でロング、70でショート
決済方法:エントリーと同時にリミット55pips、ストップ50pips(5分足)
※1分足ならリミット30pips、ストップ55pips

この手法の資産推移は次の通りです。

スキャルピング、デイトレードのやり方を実践した場合の資産推移

他にも様々なスキャルピング手法、デイトレード手法を紹介しています。

ちなみにこの記事では日足、1時間足、1分足それぞれでRSIを使った場合の取引手法について解説しています。よって、スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、全てのやり方を紹介しています。

FXのバックテスト、分析、自動売買のやり方

私は次のようにエクセルで値動きを分析したり、

MetaTrader4というソフトを使い、自動売買プログラムを組んだり、過去の値動きデータを使ったバックテストで取引手法の検証を行ったりしています。

バックテスト、自動売買(シストレ)のやり方を学びたいならこの1冊

私はこの本でMetatrader4を学び、バックテストのやり方を学びました。私と同じスキルが必要であれば学ぶのにオススメしたい本です。他にもある無料で読めるオススメ本はこちら

スポンサードサーチ

FXのデモトレードのやり方(スマホ版)

GMOクリック証券【FXネオ】ではスマホアプリをダウンロートするだけでデモトレード可能です。

スマホアプリダウンロードページ

デモトレードのやり方・流れはダウンロードしたアプリの指示に従ってポチポチするだけでOK。

メールアドレスや、氏名生年月日など個人情報は全く聞かれないのでおすすめのデモトレードのやり方です。

パソコン版だと、メールアドレスの入力を求められたり、ID、パスワードが発行され、それでログインしたりしないといけないので手間。

これは他のデモトレードアプリでも同じです。いちいち個人情報を入力させようとしてきます。嫌です。あんまり渡したくありません。

誰にも知らせず、試しに、こそっとデモトレードをやるならこのスマホアプリが優秀です。

スマホアプリダウンロードページ

デモトレードのやり方・流れはダウンロードしたアプリの指示に従ってポチポチするだけでOK。

FXの複利運用、資金管理のやり方

順調にFXトレードで勝ち続けると、段々と資金が増えてきます。

すると実践したいのが複利での運用です。

取引資金が増えるに従い、取引数量も増やしていくことを複利運用と呼びます。

複利で運用することで資産は指数的に上昇していきます。

例えば複利で運用すれば10万円は1042日目に億を越えます。

複利運用、取引数量の増やし方については次の記事にあるロット管理表、もしくは計算機を使うと便利です。

また資金管理で言えばナンピン手法も使えるようになると、取引の幅が広くなります。

ナンピンのやり方はこちらで解説しています。

ナンピンは、トレードで含み損を抱えてしまった時、買い増しするトレード手法のことです。買い増しすれば、平均単価が下がるので、トータルはプラスで終えやすい資金管理手法の1つです。

スポンサードサーチ

FXの確定申告のやり方

FXでお金を稼ぎすると税金を支払う必要が生まれます。

面倒なのが確定申告という作業です。

確定申告のやり方はこちらのサイトが優秀です。

確定申告は面倒な書類を準備する必要があるので、億劫になってしまいがちです。

<FXの確定申告で必要な書類>
・申告書B(第一表、第二表)
・申告書第三表(分離課税用)
・先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書
・所得税の確定申告書付表(先物取引に係る繰越損失用)
※FX損失の繰越控除を使う場合

先ほどのサイトでは全ての記入例が載せてあるのでものすごく便利です。

FXのやり方・始め方!初心者から卒業しよう まとめ

以上、FXに関係する、やり方、始め方のまとめでした。

FX口座の開設は審査があり、もしかすると口座開設NGとなる可能性もあります。

NGとなっても、貯金額、投資予定額を見直しし、もう一度審査を依頼することができるので何も問題ありませんが、審査日数のことを考えると手続きを先に済ませておくことをオススメします。

公式サイト:GMOクリック証券【FXネオ】

この記事が有用だと思った方は是非お気に入り登録、ブックマーク登録、ツイッター、フェイスブックなどでシェアしてもらえると嬉しいです。

最後までありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました