【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

【特徴】FXで韓国ウォンを取引するメリット、取扱い業者

韓国ウォンの特徴、FXでトレードするメリットはあるのだろうか?

FXで取引できる通貨の1つ。韓国ウォン(KRW)。

韓国ウォンの特徴を知り、トレードすべきかどうか?特徴を押さえちゃいましょう。

これから韓国ウォンのFX取引を検討している人に有益な情報をまとめました。

スポンサーリンク

FXで韓国ウォン/円を取り扱っているFX業者

韓国ウォン/円を取り扱っているFX業者は次の3社です。

SBI FXトレード スプレッド原則3.3銭
SBI証券 FXα スプレッド5.8銭
住信SBIネット銀行  スプレッド6銭

もし、韓国ウォン/円を取引するのであれば、スプレッドが一番安いFX業者「SBI FXトレード」が一番オススメです。

日本にいると韓国って先進国というイメージを持ちますが、通貨の信用で見た場合、まだまだ新興国。韓国ウォンを取り扱っているFX業者はかなり少ないです。

スポンサードサーチ

韓国ウォン/円の値動き、ボラティリティ―

FXをするのであれば値動きは非常に重要ですよね。
そこで韓国ウォンはどの程度動く通貨なのか?調査しました。

韓国ウォン/円の週間値動きデータ

韓国ウォンは1年を通して、1週間で15銭~20銭程度動く通貨ペアだと分かります。

韓国ウォン/円を一番安く取引できるFX業者の「SBI FXトレード」でさえ、スプレッドは3.3銭必要でした。

値動きの量に対し、スプレッドが広いため、韓国ウォンはデイトレードといった短期売買に不向きです。

短期売買だと手数料負けする可能性大です。

FXで韓国ウォンを取引するなら、少なくとも1週間以上保有するようなトレードが望ましい。

韓国ウォンは短期売買には不向き。となると日足以上のチャートでテクニカル分析を使って取引することになります。

保有時間が長くなるなら、韓国のファンダメンタル的な情報も押さえておきたい所ですね。

そこで、韓国経済についても触れていきたいと思います。

韓国は日本より成長する勢いが強いが・・。

日本のお隣国韓国。なにかと日本を賑わすちょっと気難しいご近所さん。

が、経済成長の勢いは早く、2009年から2017年にかけてGDPが9,019億ドルから1兆5310億ドルへと約1.7倍成長しています。

1980年~2019年 日本と韓国の名目GDP比較(出典:世界経済のネタ帳

韓国と日本の名目GDPの推移比較

規模自体は日本の方が大きいものの、日本は上がったり下がったりで、ほどんど成長していない。対して韓国のGDPは順調に右肩上がりです。

このような背景より、一部では成長国である韓国の通貨に投資するというムーブメントが見られます。

が本当に韓国ウォンに投資すべきでしょうか?政策金利と為替レートの推移を確認してみましょう。

スポンサードサーチ

韓国ウォンの政策金利、スワップポイント

FXするなら韓国ウォンのスワップポイントも確認したいですよね。

そこでスワップポイントの目安になる韓国の政策金利の推移を確認します。

韓国の政策金利の推移最新の韓国 政策金利はこちら

韓国ウォンの政策金利は0.75%。(2020年4月現在)日本と比べると高く、米国よりは低い。ユーロよりは高いというちょっと微妙な金利です。

日本と比べると高い金利です。が、金利目当てで投資するほどの魅力はない。

今後韓国経済がさらに勢いを増し、政策金利が上昇していく見込みはあるのか見てみましょう。

韓国の消費者物価指数は低迷中

政策金利と高い相関性(連動性)を持つ消費者物価指数。

景気が良くなれば物価が上昇(インフレ)、政策金利は物価上昇に合わせ上昇します。

よって、消費者物価指数の動向を確認することは未来の政策金利の予測に役立ちます。

韓国の消費者物価指数の推移

最新の韓国 消費者物価指数の推移はこちら

2000年以降の政策金利が低迷したように、消費者物価指数も低迷を続けています。おまけに間近では物価がマイナスになるデフレまで発生していることが分かります。

デフレ状況化では金利が上がることはありません。

むしろ、韓国ウォンにはさらなる金利の引き下げが予測されます。

韓国は日本と同じようにデフレと戦っていく将来を予測

ちなみに韓国は1970年以降、デフレを一度も経験していません。

日本は1990年代から続く「失われた20年」と呼ばれる経済低迷と戦っています。

経済成長率・景気拡大、そして完全なデフレ脱却のためにマイナス金利まで導入し、景気を刺激するものの、未だ達成は困難。「失われた30年」へと向かいつつある。

それだけデフレとの戦いは厳しい。

消費者物価指数の推移を確認する限り、今後、韓国は日本と同じようにデフレと戦っていく将来が予測できます。

韓国経済の頭打ちを予測

韓国の一人当たりGDPは日本とほぼ同等の水準です。
(2018年:日本39,303ドル、韓国33,319ドル)

日本のGDPが韓国に大差をつけて勝っているのは、単純に人口が多いからです。
(2018年:日本126.5百万人、韓国51.64百万人)

そこで、韓国も人口を増大することができれば、経済規模拡大、生産性の向上。

国全体GDP、一人辺りGDPが増加し、韓国国内の経済成長はまだまだ続くでしょう。

韓国は日本以上の低出生率に悩まされており、早期の人口減が予測されています。

韓国、来年から人口減に 2065年に高齢化で日本逆転 日本経済新聞

韓国統計庁は28日、将来人口推計を発表した。総人口は早ければ2019年の5165万人をピークに減少に転じる。人口に占める65歳以上の高齢者の割合も65年に46%に達し、高齢化では日本を抜いて経済協力開発機構(OECD)加盟の先進国のなかで首位になる。急速な少子高齢化は韓国経済にも影響を与えそうだ。

韓国という国が消える時 : 日本と同じともいえる「避けることのできない壊滅的な人口崩壊が始まった」ことについてヨーロッパの政治統計サイトが詳細を解説 In Deep

韓国の人口崩壊は、中国の人口崩壊と一致する。日本ではすでに信じられないほどのペースで人口が収縮している。世界第 2位の経済規模の中国、第 3位の日本、そして世界第 11位の経済規模を持つ韓国のそれぞれの労働力と消費基盤は今後縮小する一方であることが確定しているにも関わらず、著名なアナリストたちはその問題を直視しようとしない。

つまり、韓国の一人辺りGDPは既に頭を打っている状況だと推測されます。

潜在成長率・利益率の高い第三次産業への移行が急務

一人当たりGDPで比較した場合、香港は日本を上回っています。
(2018年:日本39,303ドル、香港48,450ドル)

これは貿易・金融・不動産・観光・流通といった第3次産業の割合がGDPの90%以上を占めており、脱製造業を推し進めた結果の成功です。

法人税が16.5%、個人所得税も最高で15%、キャピタルゲイン・利子には非課税という魅力的な税制により、アジア圏における国際金融の地位を築いています。まぁ、、、、そりゃ儲かりますよね・・・。

対して韓国は第二次産業であるサムスン電子だけで14.6%、現代自動車5.9%、LG電子3.8%、ポスコ3.7%と続いており、韓国の売上上位10社だけでGDPの44.3%を占める製造業・輸出大国です。

香港と同じく、潜在成長率・利益率の高い第三次産業への移行を早急に進めて行かなければ、韓国経済の頭打ちは確実視ですが、過度の製造業依存体質からの脱却は困難を極めるでしょう。

以上の理由により、韓国の政策金利の上昇は今後見込めないと予測します。金利・スワップポイント目当ての外貨預金、FX取引はオススメできません。

スポンサードサーチ

やはり韓国ウォンは投資でなく、トレード対象

韓国ウォンの金利は目当てにできません。

そこで韓国ウォンを売買するなら、為替レートの変動による為替差益を狙うトレードを検討しましょう。

韓国ウォンの為替レートの推移と、今後の推測をしてみましょう。

幾度となく暴落する韓国ウォン。ウォン安に賭けるチャンス有

韓国の通貨はこれまでに2度大きな暴落をしています。

一つは1997年のアジア通貨危機。もう一つは2008年の韓国通貨危機です。

詳細な背景は省略するものの、端的に言えば韓国の通貨に対する信用が急落したために、ウォン相場がかつてない大暴落を起こしました。

その時の値動きが確認できる、ドル/韓国ウォンのチャートがこちらです。

USD/KRWのチャート

最新のドル/韓国ウォンのチャートはこちら

上に行けばいくほどウォン安です。赤丸部2か所が韓国ウォン安時の値動きです。このように、何か起これば韓国の通貨は大きく売り浴びせられるという特徴を持っています。

つまり、ウォン安を狙った韓国ウォン売りは含み損を抱えることになったとしてもいずれ救われる。またある程度の含み損を抱えた場合、ナンピン戦略が通用します。

ご覧いただく通り、ウォン高のトレンドは一時的にしか発生していません。

ウォン安狙いのトレードなら、かなりの確率で勝ちに行ける。暴落が起きればさらに美味しい。

韓国ウォンが上昇トレンドを描くことはあるのか?

ただし、韓国ウォン高となる要因が無いかもチェックしておきたい所です。

韓国の経常収支から、韓国ウォンの将来を予測する。

経常収支のプラスは、海外から国内に入ってくるお金の量が多いことを示します。

つまり、経常収支のプラスは、その国の通貨高が発生させる要因になります。

日本が低成長にも関わらず円高に振れやすいのも経常収支がプラス傾向にあることが理由。
経常収支とは簡単に言うと経済活動で儲かった国の利益です。例えば輸出した金額が輸入した金額よりも多ければその差額分は国にお金が貯まったということを表しています。貿易・サービス・金融債権にから生じる利子・配当金。そういった国境を越えて動いた経済活動の収支をまとめたものが経常収支です。

韓国の経済収支の推移を確認してみましょう。

韓国の経常収支の推移

最新の韓国 経常収支はこちら

2011年頃より、過去最大級の経常収支プラスが維持されていることが確認できます。プラス幅は2016年:約979億ドル、2017年:約752億ドル、2018年:約764億ドルと続いています。

経常収支がプラスにも関わらずウォン安のトレンドを継続している韓国ウォン。

何が起きているのでしょう?もしかすると、ウォン安介入、外貨準備高の積み上げなどを実施しているのかもしれません。

韓国ウォンがウォン安トレンドを描いた理由を調査します。

韓国ウォン安の原因?外貨準備増の影響は軽微

ロシアは儲かったお金を外貨準備に積み上げることで自国通貨安が働き、2017年から現在までロシアルーブル高が発生しにくい状態にあります。

参考:ロシアルーブルの特徴まとめ

韓国も同じく、外貨準備を積み上げることで、韓国ウォン高が発生しにくい状況にあるのか?

外貨準備高の推移を確認します。

韓国 外貨準備高の推移

最新の韓国 外貨準備高の推移はこちら

2016年は約182億ドル増加、2017年は約144億ドル増加。経常収支と比較しても2割程度の積み上げ金額です。よって外貨準備高の積み上げが経常収支による通貨高をかき消すほどの通貨安要因にはなっていません

韓国ウォン安の原因?米中貿易摩擦の影響

米中貿易摩擦の影響により、韓国の通貨が売られている可能性が考えられます。

もしそうであれば当事者である中国人民元の通貨も売られているはずです。

USD/CNH為替チャート

最新のドル/中国元の為替チャートはこちら

まさに2018年頃から人民元安の強い傾向が見られます。つまり、米中貿易摩擦の影響により、韓国の通貨ウォンも人民元と同様に売られている可能性が十分にあります。

韓国と日本の貿易戦争勃発、日韓スワップ終了がウォン安に拍車

2019年8月、日本は韓国をホワイト国から除外し、韓国への輸出優遇処置を取りやめました。結果、韓国は日本との軍事情報包括保護協定を破棄、さらに韓国も輸出管理の優遇国として日本を除外すると発表。

今まさに日本と韓国は貿易紛争状態にあります。

加えて、2015年2月に終了した日韓スワップ協定の終了も忘れてはなりません。

通貨スワップ協定は自国通貨防衛の為に外貨準備高を全て使い果たした後の最後の砦。万が一の時の保険。2009年2月にウォンが大幅下落した時も通貨スワップ協定により自国通貨を守り切った歴史があります。

韓国は中国と3,600億人民元規模の通貨スワップ協定を結んだことで「日本とスワップ協定を結びなおす必要が無い」として終了することになりました。

が、2008年に結んだ米国との通貨スワップ協定も2010年に終了しており、2009年の韓国通貨危機を乗り越えた通貨スワップ協定は今、、ガタガタです、、。

と思いきや、最近その危なさに気が付いたのか、一時的ではあるものの、韓米通貨スワップ協定を結び直しました。

韓米が通貨スワップ協定 600億ドル規模 ソウル聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)は19日、米連邦準備理事会(FRB)と600億ドル(約6兆6000億円)の通貨交換(スワップ)協定を締結することで合意したと発表した。期限は最短で今年9月19日まで。

コロナウィルスによる金融危機を防ぐための臨時の処置ですが、期限付きの限定スワップです。

韓国ウォンが危うい状況は変わりません。

スポンサードサーチ

FXで韓国ウォンを取引 まとめ

・韓国ウォンを取り扱っているFX業者は3社しかない。
・韓国ウォンはFXの短期売買には不向き。1週間以上の保有が目安
・韓国のGDP、経済成長は頭打ち、急速な人口減が始まる
・政策金利、消費者物価指数も伸び悩み
・製造業依存体質からの脱却は困難
・韓国ウォン安を狙った取引は非常に優秀

以上が韓国ウォンの特徴になります。

外貨預金、スワップポイントで稼ぎたいのであれば、シンガポールドルと人民元がオススメです。参考:シンガポールドル解説記事シンガポールドルを毎月3万円積立た結果人民元解説記事
投資してはいけない通貨、投資するのにおすすめの通貨など、様々な通貨の解説まとめはこちらです。→ 通貨の特徴一覧を見る。

無料「FX投資マスターガイド」が使える件

FXで勝ち続けたいならブログ読むより、FX投資マスターガイドを入手した方が良いらしい。そんな話を聞いて無料の電子書籍「FX投資マスターガイド」を入手してみました。入手した感想、中身のネタバレ記事はこちら

この記事が有用だと思った方は是非お気に入り登録、ブックマーク登録、ツイッター、フェイスブックなどでシェアしてもらえると嬉しいです。

以上、最後までありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました