【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

【FX】ニュージーランドドル(NZD)の特徴 為替・スワップ

ニュージーランドドルの特徴

ニュージーランドドルの特徴を押さえよう!

今回は豪ドル(AUD)に続いてFXや外貨預金で人気の資源国通貨、ニュージーランドドル(NZD)の基本、特徴をまとめました。

FXでニュージーランドドルの取引に興味がある方、既にニュージーランドドルを保有している方にとって履修必須な内容です。

 

スポンサーリンク

ニュージーランドドルの名称、表記について

ニュージーランドドルは、名前の通り、ニュージーランドが発行している通貨です。

外国為替市場ではNZDと英語表記します。

ニュージーランドドルの呼び名は様々あり、NZドル、キウイ、羊ドルとも呼ばれることもあります。

ニュージーランドの国鳥の名前はキウイ。またニュージーランドは人の数より羊が多い国です。これが理由で、キウイ、羊ドルと呼ばれるようになりました。

スポンサードサーチ

ニュージーランドドル/日本円の取り扱いFX業者は多い

ニュージーランドドルを取り扱っているFX業者はとても多いです。

ニュージーランドドル/日本円 FX業者のスプレッド比較(簡易版)
FXダイレクトプラス スプレッド 0.9銭
マネックスFX スプレッド 1.0銭
マトリックストレーダー スプレッド 1.0銭
LION FX スプレッド 1.0銭
みんなのFX スプレッド 1.0銭
SBI FX スプレッド 1.19銭
外為ジャパン スプレッド 1.2銭
マネーパートナーズFX スプレッド 1.2銭

もし、ニュージーランドドルをトレードするのであれば、スプレッドは1.0銭以下のFX業者で取引をしたい所です。

ニュージーランドの魅力は政策金利にあったが・・。

ニュージーランドドルは政策金利が比較的高かった為、オーストラリアドルと並んで日本人に人気の外貨でした。

スワップポイント狙いのFXトレーダーはこぞってニュージーランドドルを購入していました。

が、これは過去の話です。

ニュージーランドドル 政策金利の推移

ニュージーランドドル 最新の政策金利はこちら

2008年の金融危機以前は常に5%以上の金利。高いスワップポイントを得ることができていました。が、今や政策金利は低迷の一歩を辿り間近では0.25%にまで引き下げられました。

現行の水準ではスワップポイントがもらえるどころか、マイナスになる可能性が高い。

では将来的に金利が上がる可能性はないだろうか?

将来の利上げに影響を及ぼう予想インフレ率の推移を見てみましょう。

ニュージーランド 予想インフレ率 (前四半期比)

ニュージーランド 予想インフレ率 (前四半期比)

最新のニュージーランドインフレ率の推移はこちら

向こう2年間のインフレ率の予想値の推移です。ここ最近は2%以下で推移しており、当面利上げが必要になるほどのインフレが望めない様子。

インフレ率の推移を見ても、ニュージーランドの低金利化は長期化することが予想されます。

スポンサードサーチ

ニュージーランドドル/日本円の為替レートの推移

では為替レートはどのように推移しているのでしょうか?

ニュージーランドドル/日本円(NZD/JPY)のチャートを見てみましょう。

ニュージーランドドル/日本円(NZD/JPY)のチャート

最新のニュージーランドドル/日本円のチャートはこちら

オーストラリアドルと同じように、ニュージーランドドルも下落を続けています。1995年から最近まではレンジ相場でしたが、高金利という魅力を失くした今、レンジ下限を守り切れるかどうか不透明感が漂っています。

既に、ニュージーランドドル/日本円で含み損、大損を抱えているFXトレーダーが多くいます。

これから上昇トレンドを描いて欲しいものの、それも期待薄です。

ニュージーランドも借金大国への道のりを歩む

オーストラリアの通貨、豪ドルの解説記事でも紹介しましたが、オーストラリアは借金大国であり、それが豪ドル安に影響しています。

同じことがニュージーランドでも起きています。

増えつづけたニュージーランドの対外債務

ニュージーランド対外債務

最新のニュージーランドの対外債務はこちら

大きく減少したニュージーランド – 対外純資産

ニュージーランド対外純資産

最新のニュージーランド対外純資産はこちら

ニュージーランドドル/日本円が下り直線を描いているのも、ニュージーランドの債務が増加、対外純資産の減少が影響しています。

FXでニュージーランドドルを長期保有目的で購入するのは、、なかなか勇気がいります。

他の指標を見ても、ニュージーランドドル安、ニュージーランドドル/日本円の下落が続きそうなことが見て取れます。

ニュージーランド 財政収支 リンク
ニュージーランド 貿易収支 リンク
ニュージーランド 経常収支 リンク

どれも、ニュージーランドドル安へと力が作用する、赤字続きです。

魅力的な金利を失くした今、ニュージーランドが今後どのようにして海外からの投資を呼び込めるか?、国の経済を好転させていくのか?が為替レートの行く末を担っています。

では、そもそもニュージーランドってどんな国なのか?少し触れておきたいと思います。

スポンサードサーチ

ニュージーランドの産業、輸出入の構造について

ニュージーランドの位置がオーストラリアの近くなのは有名ですよね。

でも、産業や輸出入の構造まで知っている方は少ないと思います。

そこでニュージーランドドルを発行しているニュージーランドとはどんな国か?解説したいと思います。

ニュージーランドの面積は日本の約4分の3
対して人口は約495万人(2019年3月時点)と日本の約20分の1です。

日本と比べると1人当たりの土地面積がとても広いことが分かります。

この広い土地を生かして生産する「乳製品、肉類、木材といった第1次産品が主要な産業」これらが総輸出の6割~7割を占めています。輸出先は中国が23%、オーストラリアが16%、米国が10%、そして日本が6%。

またGDPは2,015億米ドルと日本の約24分の1。
ただし一人辺りのGDPでは4万1,593米ドル(日本3万8,439ドル)なので、実は日本よりも豊かな国です。

1人当たりの土地面積が広く、自然豊かな第1次産業品の輸出が主要な産業であり、1人辺りGDPが日本よりも高く豊かな国、ニュージーランド。

ニュージーランドドルは本当に資源国通貨?

ニュージーランドドルは金や原油といった商品先物市場と連動している資源国通貨であると紹介をされているWebサイトが多く存在しています。

本当にそうでしょうか?

実際の数字を元にニュージーランドの経済を調査してみたいと思います。

ニュージーランドは乳製品、肉類、木材といった第1次産品が主要な産業であると冒頭で紹介いたしました。

その他の輸出品としては野菜・果実、ワイン、魚貝類などが挙げられこれら第1次産品だけで輸出総額の約60%を占めています。

対して金生産量は世界35位で年間11t、金産出国上位10ヵ国の生産数合計は約2,000tなので世界的に目立った金産出国という訳ではありません。

もちろん資源の代表である原油、銀についても世界的上位の産出国ではありません。

つまりニュージーランド単体で見た場合、ちまたで言われているような資源国通貨ではありません。

なぜニュージーランドドルが資源国通貨と呼ばれた?

実はニュージーランドドルが資源国通貨と呼ばれている理由は近隣にオーストラリアが存在するからです。

金の生産数世界第2位であるオーストラリアの通貨は当然、金価格と似たような動きをする資源国通貨です。

そのオーストラリアとニュージーランドはとても深い関係にあります。

ニュージーランドの輸出国第1位はオーストラリアであり、また輸入国第1位もオーストラリアです。

資源国通貨であるオーストラリアと強い経済関係を持った国であるからオーストラリアの通貨が売られれば、ニュージーランドも売られるという似たような通貨の動きをします。

これがニュージーランドドルを資源国通貨と呼ぶ理由になります。

特に資源を持っておらず、第一次産品をオーストラリアに輸出することで経済を回している国。それがニュージーランドです。

つまり、オーストラリアがコケればニュージーランドドルもヤバイ。

FXでオーストラリアドルとニュージーランドドルに投資するなら、片方だけでOK。両方に投資するのはリスクヘッジも何もないので注意しましょう。個人的な意見ではニュージーランドをあえてトレードする理由はありません。

スポンサードサーチ

【FX】ニュージーランドドル(NZD)の特徴 まとめ

・ニュージーランドドルはNZDと英語表記
・ニュージーランドドルはキウイ、羊ドルとも呼ばれることがある。
・ニュージーランドドル/日本円をトレードするならスプレッド1.0銭以下のFX業者
・ニュージーランドの魅力は政策金利にあったが・・。将来に渡って期待できない。
・高金利という魅力を失くした今、為替レンジ下限を守り切れるかどうか不透明感
・ニュージーランドも借金大国への道のりを歩む
・様々な経済指標がニュージーランドドル安へと力が作用する、赤字続き
・乳製品、肉類、木材といった第1次産品が主要な産業」総輸出の6割~7割
・ニュージーランドは資源国通貨ではない。
・特に資源を持っておらず、第一次産品をオーストラリアに輸出することで経済を回している国。それがニュージーランドです。

個人的意見ですがニュージーランドドルへの投資は推奨しません。

 

外貨預金、スワップポイントで稼ぎたいのであれば、シンガポールドルと人民元がオススメです。参考:シンガポールドル解説記事シンガポールドルを毎月3万円積立た結果人民元解説記事
投資してはいけない通貨、投資するのにおすすめの通貨など、様々な通貨の解説まとめはこちらです。→ 通貨の特徴一覧を見る。

 
無料「FX投資マスターガイド」が使える件

FXで勝ち続けたいならブログ読むより、FX投資マスターガイドを入手した方が良いらしい。そんな話を聞いて無料の電子書籍「FX投資マスターガイド」を入手してみました。入手した感想、中身のネタバレ記事はこちら

この記事が有用だと思った方は是非お気に入り登録、ブックマーク登録、ツイッター、フェイスブックなどでシェアしてもらえると嬉しいです。

以上、最後までありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました