【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

【2020年】大型株とは?おすすめ大型株・優良株・高配当

高配当・優良株のおすすめ大型株

✔ おすすめの大型株。高配当優良株を探している。
✔ 大型株のメリットやデメリットがあるなら知りたい。
✔ 大型株とは何か?意味や定義を確認したい。

今回、大型株の調査は徹底的にリアルデータを使った、生情報のみでいきたいと思います。

つまり、明日から使える情報という訳です。

まずは大型株とは何か?をおさらいし、後半に2020年におすすめの高配当・優良大型株を紹介したいと思います。

 

おすすめ大型株、高配当・優良株だけ読みたい方は次の目次からスキップOK
スポンサーリンク

大型株とは時価総額上位100位の株

大型株とは時価総額上位100位の株のことを指します。
※時価総額=「発行済み株式数×株価」

現在、売買できる株は約4,000社。
内訳は100社が大型株、400社が大型株、3521社が小型株です。

ざっくり計算すると上場している会社の40社に1社が大型株です。

大型株、中型株、小型株の数

私の株取引ツールでも、大型株、中型株、小型株の数を確認することができます。ちなみに東証1部上場の大型株は92社、東証2部上場は1社(6502東芝)東証ETFが7社です。

スポンサードサーチ

大型株の特徴、大型株を売買するメリットはあるのか?

大型株の特徴は次の通りです。

・時価総額がとても高く、有名企業ばかり。
・取引量、出来高が多く活発に取引されている。
・大型株の内、74株は日経平均株価指数に採用されてる。

それぞれ、どのようなメリットが生まれるのか?確認していきましょう。

時価総額がとても高く、有名企業ばかり。

大型株は時価総額上位100位の株。
当然他の株と比べて時価総額が多い有名企業ばかりです。

実際にどのような会社があるのか?一部確認してみましょう。

大型株のリスト

ソフトバンク、ユニクロのファーストリテイリング、KDDI、西日本旅客鉄道、東日本旅客鉄道、任天堂、イオンなどなど超有名な企業ばかりですね。

有名な大型株を取引するメリットは様々あります。

・容易に会社の業務内容、業績内容を知ることができる。
・株価予想、見通し記事が多くあり、自分で調査せずともおおよその株価予想が可能
・株価操作(仕手等)が行われにくく、個人投資家でも公平な環境で取引できる。
・急激な株価変動、意味不明な値動きをすることが少ない。

逆に、誰も知らない無名の株には次のデメリットがあります。

・どのような業務を行っている会社なのか分からない。
・決算書も簡潔すぎ、情報が少なすぎて今後の株価予想が難しい
・好決算でも注目を浴びず、ほとんど株価が上昇しないことも

有名な株を取引する。それだけで優位です。

取引量、出来高が多く活発に取引されている。

大型株は有名なだけあり、活発に取引されています。

本当にそうなのか?
実際に中型株と比較し、本当によく売買されているのか調査しました。

大型株と中型株の売買代金の比較

※平均売買代金:単位千円 過去5日間の平均値

平均売買代金を左の大型株、右の中型株で比較すると、圧倒的に大型株のほうが売買代金が多いことが分かります。平均しても、軽く3倍以上あり、中には50倍以上も差が開いている株もあります。

確かに、大型株はとても活発に売買され、流動性が極めて高いことが分かります。

流動性が高い株の取引メリット。

・相場への影響を気にせずに大きな単位、まとまった金額で取引することが可能。
・売りたい時に売れる。買いたい時に売ることができる。
・価格の変化が比較的緩やか。急騰したり、急落することが少ない。

流動性が低い株のデメリット

・狙った価格で購入できる株数に限りがある。少額投資専用
・大きな注文を出すと、株価が上昇し、平均取得単価も上昇。
・損切りも、自らの売り注文で株価が下がり、損失が膨らむことも

大型株は相場への影響を気にせず、売り買いすることができます。

大型株の内、74株は日経平均株価指数に採用されてる。

なんと、大型株100株の内、74株は日経平均株価指数に採用されています。

また他の株価指数にも大型株は多く採用されています。

株価指数別、大型株が採用されている数

日経平均株価指数225社の内、74社は大型株
日経株価指数300、300社の内、87社は大型株
TOPIX100の内、82社は大型株
TOPIXの内、92社は大型株

このように大型株は日本を代表する株価指数に多く採用されています。

実はこれも大型株を取引するメリット。その理由は日銀のETF買い入れです。

日本銀行は金融政策の一環として、TOPIX採用銘柄、日経225採用銘柄のETF(上場投資信託)を毎年購入しています。2013年から2018年の買い入れ金額は累計20兆円を超えており、2019年も4.3兆円ETFを購入。

日銀がETFを購入すると、株価指数に採用されている個別銘柄の株価を押し上げる効果があります。

つまり、日銀が今後もETFの買い入れを続ける限り、大型株の株価も上昇傾向が続きやすいという状況が発生します。

実際に、日経平均株価の推移を確認してみましょう。

日経平均株価の推移

実際、日銀が買い入れを始めた2013年以降株価の上昇が続いています。

もちろん、下げた局面もあるため、必ず上がり続けるということではありません。

それでも、日銀が買い支えている株と、買い支えていない株を買うのであれば、前者の方が高い利益を提供してもらえる可能性が高くなります。よって、大型株を取引するだけで、自然と勝ちやすい環境で取引が行えるというメリットがあります。

※追記 後日さらに追加で調査を行いました。

1年と比較し、現在の株価が何%上昇しているのか?分布をそれぞれ調べました。

大型株の上昇割合

すると、大型株は60%の株が10%以上上昇したのに対し、中型株、小型株は50%未満でした。明らかに大型株の方が株価が上昇した株の割合が高いことが分かります。

大型株の取引にデメリットはあるのか?

ではここで、逆に大型株を取引するデメリットはあるのか?

大型株は大きな資金が無いと取引が行えない?

大型株は100万円といった大金がないと株を購入できなさそう。

と、いうようなイメージを持たれている方ってとても多いと思います。実際に私も株式投資初心者の頃は「大型株=金持ちが取引する株」というイメージを持っています。

そこで大型株、中型株、小型株と分類別に10万円で購入できる会社数30万円で購入できる会社数を表でまとめました。

10万円で購入できる会社数、30万円で購入できる会社数を表

10万円以下だと、大型株は11社(11%)の株しか購入できません。対して、小型株は1455社(41%)も株を購入することができます。

確かに、大型株は少しお金持ち向けの株だということが分かりますね。

30万円あれば41社の大型株を購入できるので、最低でも30万円は準備したい。

ちなみにミニ株を利用すれば、1万円でほぼ全ての大型株を取引できます。もし「少額資金だけど大型株を売買したい」であればミニ株投資がオススメです。参考記事:ミニ株とは?

大型株は規模が大きい為、業績の精査が個人では難しい

大型株は世界で戦うグローバル企業が多数占めています。

なので、大型株の株価や業績をきちんと予想しようと思うと、個人ではとっっても大変です。

・世界各国に支店、営業所有り。業績の良い国、悪い国と明暗が分かれることも
・業種も一つだけでなく複数展開。業績の良い業種、悪い業種と明暗が分かれることも
・グループ会社も数多く存在。業績の良い会社、業績の悪い会社もある。

そんな情報をトータル的に判断するのは中々難しい。

例えば時価総額5位のソニー株式会社。北米、欧州、アジアと世界に進出。ドル、ユーロ、ルーブルといった為替レートの影響。業種は音楽、金融、ゲーム関連、センサー、映画等々。グループ会社は1,700社以上。株価予想の難易度は高い。

もちろん、PER、PBRといった財務指標や自社株買いの実施の有無。

世界の景況感からある程度の予測を行うことは可能です。
ただし、小型株と比較すれば株価予想の難易度が高いことは間違いありません。

とはいっても、逆に小型株は情報が少なすぎて分析を行うことが難しい。なんてこともあります。

スポンサードサーチ

【2020年】おすすめ大型株・優良株・高配当

それではお待たせしました。

2020年度に期待できるおすすめ大型株、優良株、高配当株の紹介です。

売上、利益が上昇中のおすすめ大型優良株

前年比、売上高、利益額共に10%以上伸びている好業績の株。

4519 中外製薬

おすすめ大型株 4519 中外製薬

国内がん領域でトップシェアの中外製薬。急成長中の抗体医薬品市場でもトップシェアを築いています。同社は18年間で売上4.5倍、営業利益10倍と成長を続けています。株価が落ちる要素が無く、押し目で積極的に買っていきたいおすすめ大型株です。

6981 村田製作所

おすすめ大型株 6981村田製作所

株価は横ばいが続いています。ただし2020年度期末の当期純利益を上方修正、配当金も3円増配予定です。レンジ下限で積極的に買い進めて行きたいおすすめ株です。

7974 任天堂

おすすめ大型株 7974任天堂

1月末には2020年度の経常利益を上方修正。合わせて配当金も増配予定です。2017年発売のNintendo Switchの販売数量も2017年、2018年、2019年と堅調に推移。2020年末にライバル社ソニーのPS5の発売が控えている点が危惧される。5月に発表される決算までは好調に推移の見込み。

配当利回り5%以上のおすすめ高配当大型株

配当利回り5%以上。株主還元を重視のおすすめ高配当株はこちらです。

2914 日本たばこ産業(JT)

高配当のおすすめ大型株 日本たばこ産業(JT)

配当利回り7.46%。日本のタバコ離れの影響もあり、先行き不安が先行して株価は下落。しかし、2019年度は売上1.8%増、当期純利益9.7%増と好業績。海外のタバコ事業に目を向けることで着実に売り上げを伸ばしています。

6954 ファナック

高配当のおすすめ大型株 ファナック

配当利回り6.52%。株価が下がったことで配当利回りが急上昇。高配当株に名乗りを上げました。配当利回りは高いものの、売上、利益ともに苦戦中。ただし、自己株式の取得を予定しており、株主還元姿勢は高い。

売上が急成長しているおすすめ大型株

とにかく売上を伸ばし、市場シェアを獲得しているおすすめ大型株はこちらです。

8001 伊藤忠商事

売上が急成長しているおすすめ大型株

2019年度第3四半期時点で、前年同期日7%増益予定。5年連続で利益が増加しています。JFEや日本製鉄を苦しめている鉄鉱石価格の上昇は伊藤忠商事にとって大きなプラス。利益を大きく牽引。商品市況は引き続き堅調に推移する見通しな為、伊藤忠商事の株価も引き続き上昇トレンドを描くと予想。おすすめの大型株です。

4502 武田薬品工業

売上が急成長しているおすすめ大型株

売上高は2017年1兆7320億円、2018年1兆7705億円、2019年2兆0972億円、2020年度は3兆2860億円(予定)と急成長中。ただし、2020年度は6兆2,000億円を投じた買収により、最終損益は赤字の見通し。これに嫌気を差し株価は下落しているものの、武田薬品は国産製薬メーカーで初めの売上高世界のトップ10に入る予定。
タイトルとURLをコピーしました