【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

【使えない?】バフェット指数とは?日本・アメリカ【作り方】

バフェット指数は使えないの?日本とアメリカ、作り方

バフェット指数はその国の株価が割安なのか割高なのか判断できる指数です。

米国の投資家ウォーレン・バフェットが投資するかどうかの判断に使用していたことから「バフェット」という名前がついています。

バフェット指数は「株式市場の時価総額÷GDP×100」で計算することができます。

日本のバフェット指数推移例

日本のバフェット指数推移

100を基準とし、株式市場の時価総額>GDPであれば値は100以上となり、国の経済規模と比較して株価は過熱気味。株式市場の時価総額<GDPであれば値は100以下となり、株価は割安。という見方になります。
スポンサーリンク

日本の最新のバフェット指数を確認する。

日本の最新バフェット指数は次のサイトで確認することができます。

日本のバフェット指数チャート(日経平均株価)

日経平均株価:バフェット指数(日本版) | 投資の森
バフェット指数(日本版)と日経平均のチャート。

スポンサードサーチ

アメリカの最新のバフェット指数を確認する。

アメリカの最新バフェット指数は次のサイトで確認することができます。

アメリカのバフェット指数チャート(ダウ)

NYダウ(ダウ工業株30種平均):バフェット指数(アメリカ版) | 投資の森
バフェット指数のアメリカ版のチャートです。1980年からのアメリカのバフェット指...続きを読む

日本と比べ、アメリカのバフェット指数は非常に高い

バフェット指数はGDPと株式時価総額を比較することで、割高か割安かを判断しています。

では、日本とアメリカはどのように評価されているのか?比較画像がこちらです。

上 日本のバフェット指数、下 アメリカのバフェット指数

日本とアメリカのバフェット指数の比較

日本のバフェット指数は下落トレンドを描き、GDPと比較すると株価が下落しつつある(割安)ことが分かります。値は110程度と、GDPの1.1倍ほどの株式時価総額です。

対してアメリカのバフェット指数は上昇トレンドを描き、GDPと比較すると株価が大きく上昇している(割高)ことが分かる。値は約150とGDPの1.5倍近い株式時価総額です。

スポンサードサーチ

アメリカはバフェット指数が割高だから手を出さない方が良い?

バフェット指数が高い水準にある国の株は割高だから購入しない方が良い。

しばしば、そんな話を聞くことがあります。が、これはちょっと間違ったバフェット指数の使い方です。

バフェット指数が高い国は、それだけ将来的な成長が期待されているということです。

指標の考え方としてはPBRと同じです。

割高だから買わない。ではなく、期待されているから割高になっている。

というように、判断すると良いでしょう。

日本と比べてアメリカのバフェット指数の値が高いのは当然。少子高齢化、島国という不利な地理、製造国としての地位陥落、などなど日本が大きく成長していく期待値はとても小さい。だからバフェット指数も小さい。

 バフェット指数は使えない?

バフェット指数と、PBRは似たような評価指標です。

PBRは純資産と株式時価総額を比較、バフェット指数はGDPと株式時価総額を比較しています。

どちらが、株の評価方法として正しいのか?を考えるならばPBRの方が正しいです。

よって、GDPと比較するバフェット指数は使う必要のない指数、使えない指数といっても差し支えないでしょう。

GDPは国の経済規模を表す指標ですが、企業の経済活動は1国に留まらずに世界で活動をしています。1国の経済規模と、世界で活動する企業の株価を比較するバフェット指数よりも、企業の純資産と株価を比較するPBRの方が評価方法として理に適っている。

時折、バフェット指数は使えるのでしょうか?という質問を頂くのですが、みなさんに「PBRの方が優秀なので見なくていいですよ」と回答しています。

スポンサードサーチ

バフェット指数の作り方

さて、バフェット指数のチャートが見れるサイトは紹介していますし、バフェット指数は見なくても良いですよ。

なんて、話をした後にこの話を書くのも間が悪いのですが、参考程度にバフェット指数の作り方を紹介したいと思います。

まずはバフェット指数の計算に使用される「株式市場の時価総額」このデータを入手しましょう。

このデータは日本取引所グループにて1949年5月以降の株式時価総額データが公表されているので、こちらからダウンロードしてください。

日本取引所グループ-マーケット情報-その他統計資料-株式時価総額-市場別時価総額

その他統計資料 | 日本取引所グループ
日本取引所グループは、東京証券取引所、大阪取引所、東京商品取引所等を運営する取引...続きを読む

ここでは東証一部、二部、マザーズ、JASDAQなど各市場別の時価総額データと、その合計値を参照することができます。

今回日本版バフェット指数を計算するに辺り、東証一部の時価総額データを使用したいと思います。

次に日本の名目GDPの時系列データを入手します。日本の名目GDPの時系列データは内閣府にて公表されているのでこちらのデータを使用したいと思います。

内閣府-統計情報・調査結果-国民経済計算(GDP統計)

国民経済計算(GDP統計) - 内閣府
内閣府経済社会総合研究所の国民経済計算(GDP統計)等を掲載。

日本版バフェット指数の作り方 ~データの結合、グラフ化~

幸いなことに二つのデータはエクセル形式であったものの、時価総額データは月次データ、GDPデータは四半期データとなっていることからデータをうま~く結合させてあげる必要があります。

そしてうま~く結合させてグラフ化したのが次の画像になります。

作ってみたバフェット指数のグラフ

バフェット指数(日本版)チャート

日経平均株価:バフェット指数(日本版) | 投資の森
バフェット指数(日本版)と日経平均のチャート。

こちらのチャート画像と比較してもほぼ一緒の形状となっており、日本版バフェット指数の完成です。

もし、自分でバフェット指数を作成し、他のデータと合わせて比較などを行い方は上記のような手順で作成すると良いでしょう。

伝説の個人投資家BNFのライバルcisが書いた本

某掲示板で活躍していたcis。まじで稼いだ本物のトレーダーが書いた本です。私は本棚に正面向けて飾ってます。他にもある無料で読めるオススメ本はこちら

この記事が有用だと思った方は是非お気に入り登録、ブックマーク登録、ツイッター、フェイスブックなどでシェアしてもらえると嬉しいです。

以上、最後までありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました