【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

楽天証券のつみたてNISA おすすめの投資信託は?

楽天証券のつみたてNISA おすすめはどれ?

今日のテーマ「楽天証券を使っている人にオススメしたい」
つみたてNISA用の投資信託の紹介です。

とれろく
とれろく

私は訳あって楽天証券愛用者。つみたてNISAも既に運用済みです。が、今一度自分の選択が正しかったのか含め、再検討しつつオススメの投資信託について解説していきたいと思います。

まず初めに楽天証券で積立することのメリットについて少し紹介し、
その後オススメの投資信託について解説していきましょう。

スポンサーリンク

楽天証券のつみたてNISAがなぜオススメなのか?

つみたてNISAを取り扱っている金融機関などは500行以上。
参考:金融庁 つみたてNISA取扱金融機関一覧について

どこで申し込むべきなのか?というと一般的には2択。
楽天証券 か SBI証券です。

手数料が安く、取り扱っている投資信託の種類が豊富。
ポイント還元等のキャッシュバックも実施しているからです。

とれろく
とれろく

ネット証券No2の楽天証券、No1のSBI証券。
どちらもサービスは拮抗しています。

楽天証券のメリット

つみたてNISAを楽天カード経由で積立設定をすると、
投資信託購入金額100円につき1ポイント貰えます。

単純に年間40万円分のつみたてNISAなら4,000円分のポイントが貰えるので、
20年間40万円をつみたてた場合、合計80,000円分のポイント還元。

この他、楽天市場でのポイント還元率がアップなど、
様々なメリットがあります。(詳細な解説は今回は省略)

SBI証券のメリット

SBI証券は投資信託の保有額に応じて毎月ポイント還元
※1,000万円未満の保有残の場合は年率0.1%相当のポイント

もし、20年間40万円をつみたて、運用リターンが0%だった場合
貰えるポイントは約67,000ポイント
です。

投資信託の評価益が増えれば増えるほどポイントも多くなるので
場合によっては楽天証券より多いポイントが貰うことも可能

どちらがオススメ?

ぶっちゃけどちらを選んでも正解
単純に好みで選んでしまってOKです。

楽天が好きでなければ、ソフトバンク系列のSBI。
ソフトバンクが好きでなければ、楽天証券。

どちらも嫌いな人は・・・・。業界第3位のマネックス証券?

さて、そんな余談話はお終いとし、
楽天証券でつみたてNISAを始めようと思う方へ、
おすすめの投資信託
について解説したいと思います。

スポンサードサーチ

楽天証券 オススメのつみたてNISA対応投資信託

投資信託を選ぶ基準は様々あります。

・安定していながらも、ほどほどのリターンが得られる。
・多少値動きが激しいが、高いリターンが見込める。
・為替の影響を受ける、受けない。
・手数料(信託報酬)が安い。

どのような基準で選べば正解なのか?
その道のプロでさえ、意見が割れるのが正直な所です。

そこで今回、つみたてNISAの購入ランキング上位の投資信託の中から、
運用期待値、手数料等を加味し、オススメできるものを紹介したいと思います。

先に結論部分を少しお話すると、
次の楽天証券つみたてNISA買付可能 投資信託ランキングの赤枠部分
こちらがオススメできる投資信託です。

楽天証券のおすすめ投資信託

とれろく
とれろく

この赤枠で囲っている投資信託こそ、つみたてNISAで買うべくオススメの投資信託です。それぞれ見ていきましょう。

米国投資でオススメの投資信託

世界最強の株式市場は米国
それは過去40年間のS&P500チャートを見ても分かります。

米国株の株価推移

米国の代表的な株価指数S&P500。
40年前は114.06ドルでしたが、現在は3041.31ドル。
約27倍も増加しています。

理由は様々あり、説明すると長くなる為割愛。
とにかく、投資初心者からベテランまで米国に投資しておけば
”ある程度のリターンは確約”されたも同然
です。

そんな米国に投資する場合、次の2つの投資信託がオススメです。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)外部リンク
ファンド管理費用 0.0968%
楽天・全米株式インデックス・ファンド(VTI) 外部リンク
ファンド管理費用 0.162%

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

これはS&P500連動のインデックス投資信託の1つ。
楽天証券 つみたてNISA買付ランキング堂々のトップです。
非常に安い手数料で、S&P500と同等のパフォーマンスを得られる優れ物。

外部サイトで詳細を見る

楽天・全米株式インデックス・ファンド(VTI)

eMAXISがS&P500採用の500銘柄に限って投資するのに対し、
VTIは米国株式市場の投資可能銘柄(5000社以上)の約100%をカバーする投資信託。

米国前後に広く分散投資することで、リターンの安定性は高まるものの、
ファンド費用がeMAXIS 0.0968%に対し、0.162%と少し高め。
※ただし、仮に40万円投資していても、手数料の差は年間260.8円。

外部サイトで詳細を見る

とれろく
とれろく

同じ米国に投資するとしても、大型株中心で、高いリターンを求めたい場合はeMAXIS、安定性を求めるならVTIを選択しましょう。

先進国投資でオススメの投資信託

米国だけに投資するのではなく、日本以外の先進国にまんべんなく投資したい場合
次の投資信託がオススメです。

eMAXIS Slim先進国株式インデックス 外部リンク
ファンド管理費用 0.1023%

投資先は世界22ヵ国の株式インデックスです。

投資先

日本の株価はこれから上昇していくのか?正直不安。
そこで、日本を除いた先進国に投資したいという人にオススメです。

とは言っても、日銀は日本株(ETF)を買い続けており、
2020年度は年間12兆円もの買入れを実施する予定です。

当然、日本株はある程度、上昇していくことが予想されるため、
色んな先進国に投資するなら日本にも投資すべきかなと個人的に思います。

外部サイトで詳細を確認する

世界に投資 オススメの投資信託

国を限定するのではなく、世界に投資したいという人には次の投資信託がオススメ。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 外部リンク
ファンド管理費用 0.1144%
楽天・全世界株式インデックス・ファンド 外部リンク
ファンド管理費用 0.212%

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

この投資信託は日本を含む世界49ヵ国の株式市場に投資してます。

投資先

とはいっても、投資の88.5%は先進国、また55.8%は米国株式市場です。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(VT)

投資先はeMAXIS(オール・カントリー)とほぼ一緒。
比率、投資先が若干違う程度です。

オールカントリーの投資先

例えば日本、中国、台湾といったアジアへの投資比率が少し高め
逆に英国、フランス、カナダといった先進国の比率が少し低めです。

ちなみに2つの投資信託のパフォーマンスを比較するとこの通り。

パフォーマンスの比較

現時点ではeMAXIS(オール・カントリー)の方が若干高いパフォーマンスです。

とれろく
とれろく

世界株に投資するなら手数料の面、運用パフォーマンスの面でeMAXISに軍配有り。(あくまで現時点)

新興国に投資 オススメの投資信託

新興国に投資するなら次の投資信託1択です。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 外部リンク
ファンド管理費用 0.2079%

投資先は中国を筆頭に、韓国、台湾、インド続く26ヵ国の新興国です。

新興国への投資先

とれろく
とれろく

米国が危機感を覚えるほど中国の成長スピードは凄まじい。そんな中国を含めた新興国に投資したい場合、オススメの投資信託です。

まとめ どの投資信託を購入するのか?

つみたてNISAの購入ランキング上位の投資信託の中から、
運用期待値、手数料等を加味し、オススメとして紹介したものは次の通り。

米国株へ投資

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)外部リンク
ファンド管理費用 0.0968%
楽天・全米株式インデックス・ファンド(VTI) 外部リンク
ファンド管理費用 0.162%

先進国へ投資(日本を除く)

eMAXIS Slim先進国株式インデックス 外部リンク
ファンド管理費用 0.1023%

世界へ投資

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 外部リンク
ファンド管理費用 0.1144%
楽天・全世界株式インデックス・ファンド(VT) 外部リンク
ファンド管理費用 0.212%

新興国へ投資

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 外部リンク
ファンド管理費用 0.2079%

 

とれろく
とれろく

ちなみに私は世界にも投資しつつ、米国と中国の投資比率を高めたかったので、赤字の投資信託をおおよそ均等に購入しています。

今回、自身の投資信託の見直しも含め、
改めて各投資信託のコストや投資先などをチェックしました。

結果、現状維持で良いんじゃないかな?という結論に至りました(苦笑)
自身の勉強メモがてら、この記事を残します。

以上

タイトルとURLをコピーしました