【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

ROE(自己資本利益率)とは?ROAより使い道が少ない指標

ROE

株式投資をしていると、時折目にするROE(自己資本利益率)

ズバリ言います。ROEは勉強しなくてもOKです。

スポンサーリンク

ROEとは?その意味について

ROEの正式名称は自己資本利益率(Return on Equity)

それぞれの和訳の意味は次の通り、Return (収益) on Equity(純資産)です。頭3文字を取って「あーるおーいー」と読みます。

ROEとは会社の純資産を使い、どれだけ利益を稼いだのか?自己資本を使った利益率を表す指標です。

借入金などを考慮せず、自身の持っているお金のみでどれだけ稼いだのか?を表す指標ですが、その計算式から、使い道がとても少なくなってしまっています。

スポンサードサーチ

ROE(自己資本利益率)の計算式、求め方、見方

ROEは次の計算式で求めることができます。

ROE(%)= 当期純利益÷自己資本(純資産-新株予約権-少数株主持分)×100

要は、自らのお金でどれだけお金を効率的に稼いだか?を計算しています。

総資産3億、総負債2億、自己資本1億、当期純利益が1千万円であれば
ROE= 当期純利益1千万円÷(総資産3億-総負債2億)×100で10%です。

ROEの値が大きければ大きいほど、自己資本を効率的に使っているように見えますね。

ただし実際の経営では借入金、社債等で調達した現金など”全ての資産を使って”営利活動を行っています。

自己資本だけで経営しているわけではありません。

なので当期純利益÷自己資本のROE(自己資本利益率)ではなく、当期純利益÷総資産のROA(総資産利益率)で株価を評価する方が理に適っています。

ROAとROEの違いについてデータを使ってみていきましょう。

使えるROA、使えないROE。ROAとROEの違い

ROAとROEは計算式の違いにより、次のように値が変化します。

A社のように無借金経営の場合、ROA、ROEは同一の値になるものの、ROEはB、C、D社と借金が増えれば増えるほど値が大きくなります。

負債が増えれば増えるほど、ROEの値が高くなり、効率的にお金を稼いでいるような印象を受けますよね。

無借金経営のA社と借金まみれのD社。どちらが優れた経営をしているのでしょうか?

ROEだけで見るならば、借金まみれのD社が優れた経営者のような印象を受けてしまいます。これがROEが使いにくい理由の1つです。

では参考までにROEが高い株は株価がどのように推移しているのか?チェックしてみましょう。

スポンサードサーチ

ROEが高い株の株価チャートを確認する。

値が大きければ大きいほど優れているのであれば、ROEが高い会社の株価はとても良い上昇トレンドを描いていることでしょう。

実際のところはどうなのか?確認してみましょう。

2687東証1部 (株)シー・ヴイ・エス・ベイエリア ROE 102.56

東証1部 (株)シー・ヴイ・エス・ベイエリア ROE 102.56

ROEが102.56とめちゃくちゃ高いものの、株価は低価格帯で膠着していますね・・。

6502東証2部 (株)東芝 ROE 90.48

東証2部 (株)東芝 ROE 90.48

何かと世間を賑わせた東芝ですが、ROEは90.48とかなり高い水準です。株価はもちろんぱっとしていません。

ROEが高い=優れた会社ではありません。

もちろんROEが高い会社の中にも優秀な会社があります。

ただし、そういった優秀な会社はROA,PBR,PERといった他の指標で見つけることが可能な為、あえてROEを使ってフィルターを掛ける必要は全くありません。

ROEという言葉自体、忘れてしまってOK。

その分、空いた頭の記憶領域にROA,PBR,PERといった他の指標をインプットしてしまいましょう。
タイトルとURLをコピーしました