2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

【中国】Atmokoの評判ってどうよ?どこの国のどんな会社が作ってるの?

【中国】Atmokoの評判ってどうよ?どこの国のどんな会社が作ってるの?

音波式電動歯ブラシで人気のAtmokoって評判良いの?どんな会社?どこの国で作ってるの?

とれろく
とれろく

そんな疑問を解決できるよう音波式電動歯ブラシの口コミや評価をチェックしたり、Atmokoってどんな会社なのか?製造国などを徹底調査したりしました。実はAtmokoって年間売上250億円以上、世界各国で人気のグローバルブランド。そこまで人気とは知りませんでした。では早速詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

音波式電動歯ブラシが人気のAtmoko

【公式】Amazon電動歯ブラシ売れ筋ランキングでよく見かけるAtmokoの音波式電動歯ブラシ。記事作成時点もトップ10入りするなど、めっちゃ人気。

電動歯ブラシ Atmoko 音波歯ブラシ フル充電で30日間使える IPX7防水 HP107

  • カラーはピンクとブラックの2種類から選択OK
  • 毎分40,000回の超振動、手動歯ブラシの約10倍、通常の電動歯ブラシの約3倍の洗浄効果
  • デュポン社製毛材を採用した8本のヘッド付きで長く使える。※追加購入も可
とれろく
とれろく

3,000円未満で購入できる電動歯ブラシと考えるとコスパが非常に高い。【公式】Amazon電動歯ブラシ売れ筋ランキングを見て分かる通り、他の有名メーカー品は結構なお値段。しかも替えブラシが少ない。デザインも真っ白で正直微妙。

またAtmokoはフィリップスなど他メーカーの替えブラシと互換性があります。

初回購入時の8本のブラシを使い終わったとしても、替えブラシを購入し、取り付ければOK。非常に長く使うことができます。

Atmokoの電動歯ブラシと互換性有り。替えブラシ

  • 米国DuPont素材(デュポンナイロン)採用の摩耗しにくく、耐久性が優れた替えブラシ
  • 波状な毛先デザインで、歯の表面にぴったり、歯垢を効果的に除去し、歯と歯茎の両方をケア
とれろく
とれろく

Atmoko自体は電動歯ブラシの替えブラシは販売していません。といっても、様々な替えブラシと互換性があるので困ることは無し。替えブラシって結構数が多くてどれにするか迷うものの、買うなら上の替えブラシがオススメ。使用感がAtmokoとかなり似てるというか、ブラシの形状自体はこっちのが好き(笑)

さて、そんなAtmokoってどんな会社が作ってるのか?どこの国で製造しているのか?メーカーについて調査しました。

スポンサードサーチ

Atmokoはどんな会社?どこの国のメーカー?

Atmokoは中国の「Shenzhen Qianhai Patuoxun Network&Technology co. ltd」がブランドを管理する中国ブランドの製品です。※参照元 特許庁Atmokoの商標権利者情報より

ちなみに中国語では「深圳前海帕拓逊网络技术有限公司」と表記します。

Atmokoの製造メーカー、製造国、会社概要まとめ

公式サイトより、Atmokoの製造メーカー Patozonのフロント写真
会社名深圳前海帕拓逊网络技术有限公司
英語名Shenzhen Qianhai Patuoxun Network&Technology co. ltd
設立2012年4月
従業員1,000名以上
主な輸出先日本含むアジア、米国、カナダ、中南米、ヨーロッパ、中東、アフリカなど
主な顧客Amazon,Staples, Synnex, United Airlines,Walmart, Newegg, Exertisなど
年間売上2億5千ドル~5億ドル(約250億円~約500億円)
総資本5億ドル~10億ドル(約500億円~約1,000億円)
設備他40名以上の研究開発スタッフ在籍、生産ライン数40、独自ブランドのOBM生産、ODM生産、他社ブランドのOEM生産受託実績有り。
公式サイトhttp://www.qhptx.cn/(中国語)
参照元 globalsources.comjobs.51job.com
とれろく
とれろく

Atmokoは中国で作られているといっても、売上250億円以上の大企業が製造しておりました。これは驚き。どうりで品質も安定しており、人気な訳だ。ちなみにオフィスの面積だけで10,360㎡あるとのこと。ばかでかい。

Atmokoのメーカーである「深圳前海帕拓逊网络技术有限公司」は中国でも非常に勢いのある会社。

2012年に設立、2013年に売上1,000万元突破、2014年に売上3,000万元突破、そこから工場を増設し、2017年には24億元突破。設立から約5年で年間売上約400億円を突破するグローバル企業へと変貌しています。

そんなAtmokoの電動歯ブラシは世界でも人気。

Amazon米国でのAtmokoブランド販売状況

海外では普通の音波電動歯ブラシではなく、さらに上のWATER FLOSSER機能付きの歯ブラシが人気。ブラシだけでなく、水の力も使って口内洗浄できるため、舌も簡単に綺麗にできますね。

ちょっと使ってみたい気持ちもあるものの、清潔に維持管理したり、水の飛び散りを考えると私にはまだ早いかも。普通の音波電動歯ブラシで十分。

Atmokoの評判はどうなのか?口コミやレビューをチェック

では、Atmokoの電動歯ブラシを使ってみたリアルな評判、電動歯ブラシを使ってみた感想をSNSでチェック。

とれろく
とれろく

やっぱりAtmokoの音波式電動歯ブラシは評判も良く◎。Amazonのレビューを読むと、購入後8カ月で壊れてしまったものの連絡すると新品を送ってくれたりと購入後のフォローも◎。購入してOKなブランドですね。

電動歯ブラシ Atmoko 音波歯ブラシ フル充電で30日間使える IPX7防水 HP107

  • カラーはピンクとブラックの2種類から選択OK
  • 毎分40,000回の超振動、手動歯ブラシの約10倍、通常の電動歯ブラシの約3倍の洗浄効果
  • デュポン社製毛材を採用した8本のヘッド付きで長く使える。※追加購入も可
とれろく
とれろく

3,000円未満で購入できる電動歯ブラシと考えるとコスパが非常に高い。【公式】Amazon電動歯ブラシ売れ筋ランキングを見て分かる通り、他の有名メーカー品は結構なお値段。しかも替えブラシが少ない。デザインも真っ白で正直微妙。

またAtmokoはフィリップスなど他メーカーの替えブラシと互換性があります。

初回購入時の8本のブラシを使い終わったとしても、替えブラシを購入し、取り付ければOK。非常に長く使うことができます。

Atmokoの電動歯ブラシと互換性有り。替えブラシ

  • 米国DuPont素材(デュポンナイロン)採用の摩耗しにくく、耐久性が優れた替えブラシ
  • 波状な毛先デザインで、歯の表面にぴったり、歯垢を効果的に除去し、歯と歯茎の両方をケア
とれろく
とれろく

Atmoko自体は電動歯ブラシの替えブラシは販売していません。といっても、様々な替えブラシと互換性があるので困ることは無し。替えブラシって結構数が多くてどれにするか迷うものの、買うなら上の替えブラシがオススメ。使用感がAtmokoとかなり似てるというか、ブラシの形状自体はこっちのが好き(笑)

タイトルとURLをコピーしました