【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

FXTFとOANDA違いを徹底比較!気になる比較結果は?

FXTFとOANDA違いを徹底比較!気になる比較結果は?

FXTFとOANDAのどちらで口座開設する?

とれろく
とれろく

FXTFもOANDAもMT4で取引のできるFX業者。EA(自動売買)にも対応しており、取引コストが安いのでシステムトレーダーからスキャルピングトレーダーにも人気です。どっちが優秀なのか?FXTFとOANDAを比較していきましょう。

スポンサーリンク

FXTFとOANDAのスプレッド比較

まずは一番気になるメジャー通貨ペアのスプレッドを比較。
OANDAは全4コースある中で一番スプレッドが小さい東京サーバーコースで比較

比較項目FXTF
FXTF
OANDAロゴ画像
OANDA Japan
ドル円0.1銭0.3銭
ユーロドル0.2pips0.5pips
ユーロ円0.4銭0.4~0.5銭
ポンドドル0.7pips0.8~1.2pips
ポンド円0.7銭0.9~1.1銭
オージードル0.6pips0.9pips
オージー円0.4銭0.6~0.8銭
とれろく
とれろく

単純なスプレッドの比較ではFXTFに軍配が上がります。上記表に記載していないマイナー通貨ペアでも、FXTFが優秀。

FXTFは日本で一番スプレッドが小さいFX業者を目指すと宣言してます。スキャルピングも60秒以内で取引が完結する秒スキャは禁止しているものの、普通にスキャルピングする分は全く問題ありません。

国内でMT4が使うことができ、さらにスキャルピングも可能なスプレッドコストとなると、FXTFが頭1つ飛びぬけています。対してOANDAはスプレッドがドル円で0.3銭と少し広めです。

OANDAには東京サーバーコース以外にもベーシックコース、プロコースがあります。

どちらも東京サーバーコースよりもスプレッドが広い為、使っているFXトレーダーは少数派。(例 ドル円0.4銭、ユーロドル0.5pips)ベーシック、プロコースはOANDA専用の取引システムが使えるというメリットがあるものの、MT4でトレードする人には不要。

よって以下、OANDAの情報は東京サーバーコースを選択した場合で比較していきたいと思います。

スポンサードサーチ

FXTFとOANDAの比較まとめ

比較項目FXTF
FXTF
OANDAロゴ画像
OANDA Japan
約定方式DD方式NDD方式
取扱通貨ペア数30通貨28通貨
最大注文数量300万通貨50万 or 100万通貨
最小注文単位1,000通貨1,000通貨
EA利用どちらも可
両建てどちらも可
取引手数料どちらも無料
スキャルピング1分以内の秒スキャは禁止
VPSどちらも対応

大きな違いといえば、FXTFの方が最大注文数量が大きい点。それ以外の項目はほぼ同じ。

FXTFとOANDAどちらを選ぶ?

以上の比較を踏まえてFXTFとOANDAのどちらを選べば良のでしょうか?

FXTFの口座開設をすべき人

FXTFが選ばれる理由FXTFより引用

FXTFの特徴は5つ。
・日本No1の最狭スプレッドに挑戦中
・取引手数料だけでなく、入金、出金、口座管理手数料等全て無料
・24時間クイック入金、当日出金
・システム安定稼働
・預かり資産の全額を信託保全

ここにOANDAと比較して分かる情報を付け加えると、

・OANDAよりも低スプレッド
・OANDAよりも取引通貨ペア数が2種類多い
・OANDAよりも最大発注量が大きい

となります。

とれろく
とれろく

さらに付け加えるとFXTFは口座開設の基準となる資産が30万円以上となっており、ボーダーが低めです。とりあえず少額で試してみたいという人にはもってこいのFX業者です。

さらにFXTFは現在、MT4スタートキャンペーンということで、新規口座を開設した人に最大55,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。申し込むならキャンペーンを開催している内がお得ですね。


口座開設はこちら→FXTF

OANDAで口座開設すべき人とは?

もし、スプレッドの狭さよりも取引ツールの充実度を優先したり、特殊なマイナー通貨を売買する可能性がある場合、OANDAも口座開設の候補になります。

スプレッドが広くなるものの、ベーシックコース、プロコースで取引する場合、TradingViewのチャートを使った取引が可能になります。

TradingView

TradingViewは海外で有名な取引ツールの1つ。日本では仮想通貨の取引でよく使われているものの、FXではまだ少数派。

とりあえずどんな感じのチャートなのか?触ってみたいと言う人はこちらのリンクからチャートを開いてみましょう。FXではないもののサンプルとしてトヨタ自動車の株価チャートを見ることができます。

操作方法が特徴的なので慣れるまで少し時間が掛かりますが、50種類以上のインディケーターを標準装備しており、またMT4と同じく独自のインディケーター(スクリプト)を作成し、表示させたり、5秒足を表示させることも可能です。

とれろく
とれろく

(ちなみに私はOANDAの口座も持っています)

参考:私のOANDA口座よりチャート画像
OANDAのチャート画面

MT4みたいに複数の通貨ペアを並べ表示するのはTradingViewは難しい。

その代り、こんな感じで複数の通貨ペアを1つのチャートに重ねて表示することが出来たりします。

チャート比較

ユーロドルの5秒足チャートへドル円の5秒足を重ねて表示しています。
これはこれで面白いチャートですよね。

とれろく
とれろく

MT4とどっちが優れているのか?というとFXなら正直、MT4の方が優れていると思います。FXだけで考えればMT4の方が利用者が圧倒的に多く、インディケーターのカスタマイズも容易に行うことも可能。TradingViewを完全に扱おうと思うと英語の知識も必要になってくることからもっと日本に普及してきてから使うのが良いと思います。

またスプレッドの広さを気にしないのであれば、ベーシックコース、プロコースはマイナー通貨を取引することができます。

OANDAで取引可能なマイナー通貨の例
デンマーククローネ、ノルウェークローネ、スウェーデンクローナ、香港ドル、シンガポールドル、南アフリカランド、ポーランドズロチ、トルコリラ、中国人民元、インドルピー、メキシコペソ、タイバーツなど
※スプレッドの狭い東京サーバーコースでは取引できない通貨ペアです。
とれろく
とれろく

FXTFも素晴らしいFX業者ですが、OANDAも魅力的。なので私は両方とも口座開設しています(笑)

スポンサードサーチ

可能ならFXTF、OANDA両方とも口座開設

FXTFはスプレッドが非常に狭いことから第一候補に挙がるのは間違いありません。

ただ「悩みに悩んでFXTFの口座開設を申し込んだけど審査で落ちちゃった。」なんてことも考えられます。

そこで可能ならFXTFとOANDAの両方ともの口座開設を同時進行で進めて行くことをオススメします。手間といえば10分程度の文字入力だけ。

とれろく
とれろく

10分<<<悩んでいる時間だと思うので、無難に両方とも口座開設の申し込みをしちゃいましょう。


口座開設の申し込み→FXTF


口座開設の申し込み→OANDA Japan

両方の口座を作っておけば失敗は無いですね。

タイトルとURLをコピーしました