とれろくが推奨。2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

Dell P3222QEにモニターアームを取り付け!VESAマウントを解説!

Dell P3222QEにモニターアームを取り付け!VESAマウントを解説!

Dell P3222QEってモニターアームに対応しているの?VESAマウントはある?

とれろく
とれろく

という疑問が解決できるよう、Dell P3222QEへのモニターアームの取り付け方、スタンドの外し方、VESAマウントについて解説!では早速!

スポンサーリンク

Dell P3222QEってどんなモニター?

4K対応の高精細31.5インチ大画面×色再現性に優れたIPSパネル×生産性向上機能

P3222QEはエンターテイメントとは真逆、仕事用に特化した4K大画面モニター。

  • ゲーミングに影響するリフレッシュレートや応答速度は並性能。
  • 高コントラストな映像体験を可能にするHDR機能
  • 臨場感溢れる高音質な2.1chサラウンド

こういった機能にリソースを割くのではなく、仕事人に嬉しい生産性向上に極振りしています。

とれろく
とれろく

FPSといった動きの激しいゲームはしない。HDR機能は本来の色調が失われるためいらない。モニターにスピーカーは不要。外付けスピーカーで代用する。その代わり、「常に安定した色調、ワークスペースが最適化できるようなモニターが欲しい」という人にオススメ。詳細は次の記事で紹介しているぞ。

関連記事:【クリエイター用】Dell P3222QEを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

スポンサードサーチ

Dell P3222QEへのモニターアームの取り付け方

Dell P3222QEにモニターアームを取り付ける場所はモニター真裏のスタンドを取り外した箇所

Dell P3222QE モニターアーム取り付け場所

赤枠部に見える正方形部分にモニターアームを取り付けます。

スタンドが付いていると、取付できないのでまずスタンドを外します。

Dell P3222QEのスタンドの外し方

Dell P3222QE取扱説明書より

P3222QEのスタンドの外し方は簡単。ちょうとモニターとスタンドの間に見えるボタン。これがスタンドリリースボタン。これを押すだけで簡単にスタンドが外れます。

後は出てきた凹み部にモニターアームをねじ止めするだけ。

Dell P3222QE取扱説明書より

Dell P3222QEは簡単にモニターアームを取り付けできます。

Dell P3222QEのVESA規格は100mm×100mm

モニターアームを取り付けるネジ穴部分のことをVESAマウントと呼びます。

VESAマウントの規格は75mm×100mm、100mm×100mm、100mm×200mmなど様々あります。(ネジ穴とネジ穴の間隔で決まる)

Dell P3222QEのVESAマウントの規格は標準のVESA100mm×100mm

マイナーな75mm×75mmではないため、市販されているモニターアームはほぼ全て取り付け可能と考えてOK。モニターアームと互換性の高いモニターです。

Dell P3222QEにオススメのモニターアームとは?

モニターアームを選ぶ時に重要な要素は2つ。

・モニターのサイズが対応しているかどうか
・モニターの重さが対応しているかどうか

大きすぎるモニターや、重すぎるモニターはモニターアームが取り付けできないことがあります。

一般的なモニターアームが取付標準サイズは27インチ以下、モニター重量:6kg以下。基準外のモニターの場合、大型サイズ専用のモニターアームが必要になります。

とれろく
とれろく

Dell P3222QEはモニターサイズ31.5インチ、スタンドを取り外してもモニター重量が5.03kgと標準的なモニターとは大きく異なります。Dell P3222QEをモニターアーム化するなら、大型サイズ対応、耐荷重がしっかりしたモデルを選ぶ必要があります。

Dell P3222QEにも対応。エルゴトロン LXデスクマウント

Dell P3222QEに取り付けるモニターアーム候補No1はコレ。言わずとしれたエルゴトロン定番のモニターアーム。モニタサイズは34インチ、重量は11.3kgまで対応しています。

値段は1万円以上と高いものの、10年保証付きなので1度購入すれば一生涯使い続けられるレベル。モニターアーム界のiPhoneのような存在で、モニターアーム=エルゴトロンと呼ばれるほど明確な王者。

まず壊れない。地震でも揺れない。という信頼度が段違い。

Dell P3222QEにも対応。Amazonベーシック モニターアーム 

次の候補はAmazonブランドのガス式モニターアーム。常にモニターアーム売れ筋ランキング上位に君臨しており、評価件数8千件突破&評価が高い。

ガス式を採用なので、モニターの位置を片手でぐいっと上に持ち上げたり、下に移動したり。手前に引っ張ったり、奥に移動したり自由自在。

どのくらい動かせるのか?検証したYoutubeはこちら。

とれろく
とれろく

エルゴトロンは値段が高い。もう少し安いのが良いという人が選ぶのがAmazonベーシック モニターアーム。世界中で愛されているモニターアームなだけあって信頼度は◎ですよ!。

その他、格安モニターアームは絶対取り付けちゃ駄目

やっすいモニターアームだと5,000円前後のものがありますが、Dell P3222QEには絶対にオススメできません。カタログ値では対応しているように見えても、中国製あるあるで、実際に取り付けると、

  • モニターの角度調整が効かない。下向きにお辞儀する。
  • ガスが弱く、アームが次第に下がってくる。
  • キーボードのタイピング程度の揺れがアームに伝わりぐらぐら。
  • 折れる。
  • どうしても左右が水平にならない。どちらか一方が下に傾く
とれろく
とれろく

と、かなり厳しい。さすがに31.5インチ、5kg超えのモニターをモニターアーム化する場合、ちゃんとしたメーカー品を取り付けないと後悔すること間違いなしだぞ。

Dell P3222QEの最新価格をチェックする↓

関連記事:【クリエイター用】Dell P3222QEを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

タイトルとURLをコピーしました