とれろくが推奨。2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

HUAWEI MateView GT34を徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

4.5
【曲面大画面】HUAWEI MateView GT 34を徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

MateView GT34ってどんなモニター?レビューや口コミを探してる?買って大丈夫なモニター?

とれろく
とれろく

そんな疑問が解決できるよう、MateView GT34を徹底レビュー!実際の設置写真、レビュー動画、愛用者の評価・口コミもたっぷり紹介しているので参考にして貰えると嬉しいですね。では早速!

スポンサーリンク

MateView GT34ってどんなモニター?

ゲームに動画、とにかく遊び尽くせる大画面曲面モニター「MateView GT34」

モニターの横幅は80.9cmの超ロングタイプ。設置場所に少し悩む大画面サイズですが、これで遊べたらマジで最高。曲面仕様なので臨場感あふれる没入感が体験できること間違いなし。

解像度もWQHD 3440 x 1440とフルHDの2.2倍以上高精細。大画面だけど画質が荒いなんてことは無し。しっかりスミズミまで高精細・高画質。

リフレッシュレートも165Hzと十分。深みのある映像描写が得意なVAパネルを採用。ゲームだけじゃなくて、映画やアニメも楽しみたい人に持ってこいのスペックを持つ。

とれろく
とれろく

曲面パネルだから視点移動の距離が少ない。どこを見ても常にピントの合った鮮明な映像が楽しめます。目も疲れにくいし、FPSの反応速度も段違いに速くなる。まじでMateView GT34は良モニター。

黒がはっきり映るVAパネル採用。ゲーム体験を最上級へ昇格。

MateView GT34の液晶パネルの性能は次の通り。

項目性能
表示色10億7000万色
パネルVAパネル/非光沢
最大解像度WQHD 3440 x 1440
視野角水平178° / 垂直178°
輝度350cd/㎡
HDR対応
コントラスト比4,000:1
MateView GT34の画質性能

MateView GT34はVAパネルを採用しています。

  • 圧倒的なコントラスト性能を持ち、明暗はっきりした美しい映像を再現可能
  • 黒色の均一性が優秀で、黒い部分はほんとうに真っ黒。黒なのに美しいレベル

という特徴を持ちます。

VAパネルの良さは、Twitterでも良く口コミを見かけます。

とれろく
とれろく

映像が綺麗なVAパネルは動画視聴にぴったり。また暗い場所で戦闘することもあるFPSでも最適。映画やゲームのリアルさが増える楽しいモニターです。IPSパネルは黒の表現がイマイチで、全体的に白く淡く見えちゃうんですよね。

コントラスト比も一般的な1000:1ではなく4,000:1。引き締まった黒と鮮やかなカラーの濃淡豊かな映像描写が可能。

例えるなら”夜空に天の川がはっきり浮かんでいる様子が見える”そんなモニター。

コントラストが高いと引き締まった黒と鮮やかなカラーの濃淡豊かな映像描写が可能

コントラストが低いモニターだと600:1とかで、もうナニコレ?ってぐらい見にくい。このぼんやり光ってるのが星?そんなレベル。

とれろく
とれろく

MateView GT34はVAパネル採用で黒が黒で美しく、高コントラストの高画質モニター。ゲームだけでなく動画も没入感たっぷりで楽しめる良モニター。画質が良いとこれまで以上にゲームに熱中してしまう可能性が高いので要注意。やりすぎは禁物ですよ!

MateView GT34のゲーミング性能は他と差が出る水準

項目性能
リフレッシュレート165Hz
応答速度4ms
可変リフレッシュレート対応非対応
MateView GT34のゲーミングスペック

VAパネルのデメリットは応答速度の遅さ。実際、MateView GT34の応答速度は4msと少し遅め。ただし、ぶっちゃけFPSゲームとかでは応答速度よりもリフレッシュレートの方が重要なので、4msでも十分。

MateView GT34のリフレッシュレートは165hzと十分戦えるゲーミングモニター。

端子類も豊富で様々な機器と併用可能

MateView GT34に備え付けられている端子類は次の通り。

項目性能
入力信号デジタル
入力端子給電用 USB-TypeC端子
HDMI 2.0×2
DisplayPort v1.4×1
USB-TypeC(映像、データ転送、給電10W)
オーディオ出力(ヘッドホン対応)×1
スピーカー5W x 2 ステレオサウンドバー
MateView GT34の接続端子

ゲーミングモニターらしくHDMI端子を2つ搭載していて◎

PS4、PS5、任天堂switchといったゲーム機とパソコンの併用モニターとして使うことも可能。DisplayPortもあるからノートパソコンのサブモニターとしても使える。

USB-TypeCを使った映像入力にも対応しているため、MacBookのサブモニターとしてもOK。どんな端末とも相性が良い。

他の曲面モニターと大きく違う点は5Wもの高出力ステレオサウンドバーがベース部分に組み込まれている点。外付けスピーカー不要なレベルの高音質をモニターだけで実現しています。

※一応、ヘッドホン端子付きなので静かにこっそりゲームプレイもOK

画面の角度調整も必要十分なスペック

MateView GT34は上下の角度調整だけでなく、高さの調整も可能。

項目性能
角度・高さ調整チルト(上下):上20° / 下5°
スイベル(左右):非対応
高さ調整機能:0~110mm
ピボット(縦表示):なし
VESAマウント100mm×100mm
MateView GT34画面調整機能、モニターアーム

曲面モニターらしく、左右の首振り機能は無し。

ただし、上下の角度調整と高さ調整機能が付いているため、自身の姿勢や、机の高さに応じて自由にカスタマイズ可能。これは嬉しいやつ。

とれろく
とれろく

もちろんモニターアームへの取付も可能。

MateView GT34を買っても大丈夫な人

  • ゲームへの没入感が高く、視点移動も楽な曲面モニターが欲しい人
  • ゲーミング性能だけでなく、映像も綺麗なモニターで遊び尽くしたい人
  • TNパネルのモニターのように、画質を犠牲にしてゲーミング性能に特化したモニターは嫌な人
  • パソコンとゲーム機の兼用モニターとして使いたい人

MateView GT34を買わない方が良い人

  • とにかく映れば良い。極限まで低価格を追い求めたい人
  • いかに音質が良くても、外付けスピーカーを使いたい人

MateView GT34の口コミ、レビュー

MateView GT34は数少ない曲面モニターですが、その画質の良さと、性能の高さが人気で口コミは多い。Twitterのリアルな口コミやYoutubeのレビュー動画を見ても、その優秀さが分かります。

vvvv

実物の画質、サイズや質感はYoutube動画が参考になります↓。Youtuberもこぞって高評価。やっぱり曲面仕様はゲーマーっぽくて良いし、使いやすい!

激安で美しい34インチウルトラワイドモニターがマジでおすすめだった [HUAWEI MateView GTレビュー/ゲーミングモニター]

スポンサードサーチ

MateView GT34のレビューまとめ

ゲームに動画、とにかく遊び尽くせる大画面曲面モニター「MateView GT34」

モニターの横幅は80.9cmの超ロングタイプ。設置場所に少し悩む大画面サイズですが、これで遊べたらマジで最高。曲面仕様なので臨場感あふれる没入感が体験できること間違いなし。

解像度もWQHD 3440 x 1440とフルHDの2.2倍以上高精細。大画面だけど画質が荒いなんてことは無し。しっかりスミズミまで高精細・高画質。

リフレッシュレートも165Hzと十分。深みのある映像描写が得意なVAパネルを採用。ゲームだけじゃなくて、映画やアニメも楽しみたい人に持ってこいのスペックを持つ。

とれろく
とれろく

曲面パネルだから視点移動の距離が少ない。どこを見ても常にピントの合った鮮明な映像が楽しめます。目も疲れにくいし、FPSの反応速度も段違いに速くなる。まじでMateView GT34は良モニター。後は財布と相談するだけ!

MateView GT34の最新価格をチェックする↓

タイトルとURLをコピーしました