とれろくが推奨。2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

【無難すぎる】ASUS VZ239HRを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

3.0
【無難すぎる】ASUS VZ239HRを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

ASUS VZ239HRってどんなモニター?レビューや口コミを探してる?買って大丈夫なモニター?

とれろく
とれろく

そんな疑問が解決できるよう、ASUS VZ239HRを徹底レビュー!一言で評価すると、ド安定ストレートな無難すぎる作業用モニターです。購入者や愛用者の評価・口コミも紹介しているので参考にして貰えると嬉しいですね。では早速!

スポンサーリンク

ASUS VZ239HRってどんなモニター?

優れた点は薄型液晶&ベゼルで軽量という点ぐらい。あとはとにかく無難を詰め込んだ悪い点が無い作業用モニター

VZ239HRはよくある仕事や家庭で使う作業用モニター。めちゃくちゃ早い応答速度、リフレッシュレートを備え、ゲームを有利にプレイできたり、超高解像度で臨場感溢れる映像が楽しめたりすることはできません。

どこでも、それなりに使える。そんな無難な作業用モニター。

とれろく
とれろく

VZ239HRは使っているパネルもIPSですし、とにかく汎用性が高い。誰が買っても失敗することは無い性能です。詳しく見ていきましょう。

IPSパネルを採用しているため、見やすい標準的性能のモニター

ASUS VZ239HRの画質は並性能。スペックは次の通り。

項目性能
表示色約1670万色
パネルIPSパネル搭載、非光沢
最大解像度フルHD(1920×1080)
視野角水平178° / 垂直178°
輝度250cd/㎡(白色LED)
リフレッシュレート75Hz
応答速度5ms
コントラスト比1000:1
ASUS VZ239HRの画質スペック

ASUS VZ239HRはIPSパネルを採用しています。

  • 優れた視野角を持つため、斜めから見ても映像が綺麗。サイドモニターとしても活躍する
  • 色の再現度が高いため、画質調整など不要。そもそもが見やすく綺麗

という特徴を持ちます。

IPSパネルの良さは、Twitterでも良く口コミを見かけます。

とれろく
とれろく

無難にいつも使っている&見慣れたモニターが欲しいならIPSパネルのモニターを購入するのがオススメ。間違っても価格最優先でTNパネルのモニターなんてなんか買っちゃだめだぞ。

表示色は1670万色、解像度も1920×1080のフルHDと並性能。普通に使っている分では”画質が悪い”と感じないレベル。大画面のスマホという感じ。

画面の明るさを示す輝度も250cd/㎡と十分。ガンガンに太陽光がモニター反射する環境だと、モニターがちょっと暗いかな?と感じてしまうものの、日のあたらない環境なら問題無し。

1秒間の表示コマ数を示すリフレッシュレート、コマとコマの切り替わり速度を示す応答速度はビジネススペック。ガチガチのゲーマーには足りないスペックですが、Youtubeなどを見る分には申し分無し。テレビと同じ性能なので、家庭用ゲーム機ぐらいなら十分遊べる。

接続端子は必要最低限、イヤホン端子が無いのは△

ASUS VZ239HRの接続端子は必要最低限。

項目性能
入力信号アナログ、デジタル
入力端子HDMI 1.4 x2
ミニD-Sub 15ピン x1
音声入力端子:3.5mmステレオ
音声出力,イヤホン端子:無し
スピーカー1.5W + 1.5W ステレオスピーカー
ASUS VZ239HRの接続性

最近のパソコンやゲームはHDMI端子なので、モニターとHDMI端子で繋いで使う人が増えています。ただし、会社のパソコンや、少し古い機械だとD-Sub端子必要になることも。

VZ239HRはHDMIだけでなく、D-Sub端子を備えているため、アナログ~デジタルまで幅広い機器のモニターとして使えます。

ステレオスピーカーも内蔵しているため、外付けスピーカーを持っていない人、使いたくない人にもぴったり。ただし、性能は1.5Wと低いため期待は駄目。ちゃんと音が聞こえる程度。

イヤホン端子付いてないため、ヘッドホンを接続するのも不可。作業用モニターらしく、必要最低限の端子を備えているイメージ。

画面の角度調整は×

唯一のデメリットといえば画面の角度調整。

ASUS VZ239HRはスタンド機能が弱く、画面は上下方向の調整しかできません。

項目性能
角度・高さ調整チルト角:上22° / 下5°
スイベル機能:なし
高さ調整機能:なし
ピボット機能:なし
VESAマウント非対応
ASUS VZ239HRの画面調整機能、モニターアーム

ASUS VZ239HRをサブモニターとして使う場合は、左右の角度調整は台座ごと動かしたり、高さがイマイチな時はモニター台を使ってカスタマイズする必要があります。

モニターアームはVESAマウントが付いてない為、非対応。もし、モニターアームを取りつけたい場合は別売のアダプターを準備する必要があります。

関連記事:「ASUS VZ239HR」へのモニターアームの付け方!VESAマウントを解説!

とれろく
とれろく

できれば画面の高さが調整できるモデルが良いものの、そんなモニターって値段がバリ高。これは我慢かな。

ASUS VZ239HRを買っても大丈夫な人

  • モニターに出せるお金は2万円前後。これ以上は出さない!出せない!
  • 画質も無難な見やすい、見慣れたIPSパネルのモニターが良い人
  • せっかくなら様々な機器と接続できるモニターが欲しい人。スピーカーも内蔵タイプが良い人

ASUS VZ239HRを買わない方が良い人

  • とにかく映れば良い。極限まで低価格を追い求めたい人
  • モニターの高さや角度、位置を自由に調整したい人
  • 4Kといった高画質映像を楽しみたい人
  • DisplayPort端子やUSB端子付きのモニターを探している人

ASUS VZ239HRの口コミ、レビュー

ASUS VZ239HRはビジネス・家庭で活躍する無難なモニターなので購入者も多い、Twitterでのリアルな口コミを見てみよう。→普通に使えて評価も◎

実際の質感などはYouTubeが分かりやすい。

人気のモニターということで、様々なレビュー動画が見つかります。普通に使えるモニターということは十分確認できるぞ。

【実写】コスパ最強 IPSパネル ASUS VZ239HR【開封紹介】

スポンサードサーチ

ASUS VZ239HRのレビューまとめ

優れた点は薄型液晶&ベゼルで軽量という点ぐらい。あとはとにかく無難を詰め込んだ悪い点が無い作業用モニター

VZ239HRはよくある仕事や家庭で使う作業用モニター。めちゃくちゃ早い応答速度、リフレッシュレートを備え、ゲームを有利にプレイできたり、超高解像度で臨場感溢れる映像が楽しめたりすることはできません。

どこでも、それなりに使える。そんな無難な作業用モニター。

とれろく
とれろく

VZ239HRは使っているパネルもIPSですし、とにかく汎用性が高い。誰が買っても失敗することは無い性能だぞ。

ASUS VZ239HRの最新価格をチェックする↓

タイトルとURLをコピーしました