とれろくが推奨。2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

【極限画質】BENQ EX3210Uを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

5.0
【極限画質】BENQ EX3210Uを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

BENQ EX3210Uってどんなモニター?レビューや口コミを探してる?買って大丈夫なモニター?

とれろく
とれろく

そんな疑問が解決できるよう、BENQ EX3210Uを徹底レビュー!価格もぶっ壊れていますが、性能も壊れ性能。そりゃこんな値段するよね~っていう廃スペックです。でも買う。かつてない衝撃を体験をしたい人は買うぞ!では解説していく!

スポンサーリンク

BENQ EX3210Uってどんなモニター?

BENQ最高峰の4Kゲーミングモニター「EX3210U」

BENQ EX3210Uの応答速度は1msの業界最速水準。残像感・チラつき無く映像を表現できる。FPSといった動きの速いゲームでも、快適にプレイ可能。

リフレッシュレートは144Hzと十分。人間が認識できる限界値が240Hzということを考えれば、もう少し高いリフレッシュレートが欲しいと思ってしまうものの、そもそも240Hz出そうと思うと、グラボから何から廃スぺを用意する必要がある。現実的に見れば144Hzは十分なスペック。

もちろん、カタログスペックだけでなく、ゲーミング性能はADMからPremium Proの認証を獲得

EX3210UはFreeSync™ Premium Pro認証

カタログスペックでは応答速度0.5ms、リフレッシュレート240Hzという表記のモニターもありますが、ぶっちゃけそれらのモニターはPremium止まりが多い。いくら見かけの数値は優秀であろうと、やっぱりこの辺りで差が出てくる。

Premium Proは、高精細HDR画質環境下でも高いゲーミング性能が発揮できる証。画質とゲーミング性能のどちらかを犠牲にすることなく、どちらも最高のパフォーマンスを引き出せる数少ないモニターということ。

もちろんEX3210Uは“高画質モニターの代名詞であるDisplayHDR 600対応”の4Kゲーミングモニター。HDR画質の性能は折り紙つき。

ここまでモニターのスペックをバランスよく高めたモデルはマジでない。ただゲーミング性能が良いモニターが欲しいからといって、応答速度やリフレッシュレートばかり追い求めても、そもそもの画質が悪ければ敵が見えにくいし、疲れる。その点を踏まえ、必要十分なゲーミング能力を保持しつつ、画質の向上も実現したEX3210Uは分かってらしゃる。

とれろく
とれろく

BENQ EX3210Uは必要十分なゲーミング性能を持ちつつ、量子ドット技術により画質を極限まで高めたモニター。ただゲーミング性能だけを高めたモニターとは次元が違うのだよ。詳しい性能を見て行こう。

画質はモニター最高峰と言わざる負えない。

BENQ EX3210Uの画質スペックは次の通り。異常値のオンパレード。

項目性能
パネルIPSパネル/非光沢
表示色約10億7370万色
→一般的な値は約1670万色。64倍の表示色
最大解像度4K(3840×2160)
視野角水平178° / 垂直178°
High Dynamic RangeDisplayHDR 600
→DisplayHDR 400とは比較にならないレベル
輝度標準:300cd/㎡ 最大(HDR):600 cd/㎡
→HDR下で非常に高い輝度を発揮
コントラスト比通常:1,000:1
BENQ EX3210Uの画質スペック

当然の話ではあるものの、BENQ EX3210UはちゃんとIPSパネルを搭載。IPSパネルはVAやTNと違い、オールラウンダー。ゲーム、動画観賞、イラスト制作となんでもこなせる万能パネル。

その代わり、2つのデメリットを持つ。

  1. 高い性能を持つIPSパネルは値段が高い。
  2. 全体的に白っぽく見える。

まず1つのデメリット。値段の高さですが、EX3210Uはその影響をモロに受けており、やっぱり値段が高い。購入には勇気がいる価格帯。これはもう宿命なので仕方がない。

ただし、EX3210UはIPSパネル2つ目のデメリット「白く見える」を限りなく克服しています。その証拠がDisplayHDR 600。

DisplayHDRは「PCモニターのHDR性能を評価する国際標準規格」。そのモニターが持つHDR性能を数値で評価し、数値が大きければ大きいほど優秀なモニター。

EX3210Uはゲーミングモニターの中では数少ないDisplayHDR 600合格品。DisplayHDR 400のゲーミングモニターは約50モデルあるものの、DisplayHDR 600となると一気に10モデル以下に減ります。それほどまでEX3210UはHDR技術が高い。

とれろく
とれろく

画質はプロのイラストレーターといったデザイン職が使うレベル。そんな高画質モニターでゲームができるとか超贅沢。

BENQ EX3210Uのゲーミング性能は合格水準

項目性能
リフレッシュレート最大144Hz
応答速度1ms(MPRT)
グラボ連携(VRR)FreeSync Premium Pro対応
BENQ EX3210Uのゲーミングスペック

BENQ EX3210Uは応答速度1ms、リフレッシュレート144Hzと十分高いゲーム性能を持つ。

応答速度が速いから残像やブレが少なく、映像がスムーズ。目や脳みそも疲れにくし、長時間のゲームプレイも快適。

リフレッシュレートの高さはゲーミング成績に直結する。リフレッシュレートの重要性について、あまり知らない人は次の動画を見てみよう。特に重要なシーンは1:12秒~ぐらい。

NVIDIA GeForce による 高フレームレート 検証 – 『CS:GO』をスローモーションで比較

リフレッシュレートが高いと、敵が見える瞬間が相手より早くなります。

リフレッシュレートの低いモニターでFPSすると、出会った瞬間にヘッドショットされていることがあります。「なんでやねん。チートやろ」と怒ったこともあります。

でもね、これは敵とこっちのモニターのリフレッシュレートの差が原因。リフレッシュレートが高いと、相手より先に敵を視認できる。成績なんてモニター次第なのだよ!

ゲーミングモニターとしての性能はAMDのFreeSync Premium Proに合格。間違いない性能

ティアリングやちらつきのない低レイテンシーのHDRゲーム体験。
ゲーマーは、優れたピクセル品質の高いダイナミックレンジ(HDR)レンダリングにより実現するスムーズなゲーム体験を楽しむべきです。AMD FreeSync™ Premium Proテクノロジーによりこれが実現します。

AMD FreeSync™ Premium Proテクノロジー¹

他機との接続性は高い。USB端子も嬉しいしスピーカーは壊れ性能

BENQ EX3210Uに搭載している接続端子は次の通り。

項目性能
入力信号デジタルのみ対応
入力端子HDMI 2.1×2
DisplayPort v1.4×1
USB端子×4
イヤホンジャック:搭載
マイク:搭載
スピーカー2.1Ch (2Wx2 + 5W ウーファー)
BENQ EX3210Uの接続性

ゲーミングモニターらしくHDMIやDPで接続するデジタル専用機。各端子も最先端規格を搭載しているのは流石。

HDMI端子が2つ付いているため、パソコンとPS5といったゲーム機と併用して使えるし、イヤホンジャックを搭載しているのも当然といえば当然だけど嬉しい。マイク付きなのでボイスチャットや実況もOK。

そして、気づきにくいけど、EX3210Uの内蔵スピーカーは壊れ性能。

ただの2.0chスピーカーではなく、2.1chのtreVoloスピーカー内蔵。高音用のトゥイーター、低音用のウーファーを内蔵しているため低音~高音域まで正確に表現できるフルレンジタイプ。よく聞く「モニター内蔵のスピーカーは糞音質」という評判とは無縁のスピーカーです。

そこらの並スペック外付けスピーカーはお役御免するレベルの音響設備を搭載したのはBenQらしい。画質、ゲーミング性能、音響と3つの性能が高い水準にあることが、最強と言われる理由。

スタンドも申し分なし。画面調整も自由自在

BENQ EX3210Uはスタンド調整の自由度が非常に高い。

項目性能
角度・高さ調整チルト角:上15° / 下5°
スイベル機能:左15° / 右15°
高さ調整機能:0mm~最大100mm
VESAマウント100mm×100mm
BENQ EX3210Uの画面調整機能、モニターアーム

上下の角度調整だけでなく、左右の角度も15℃の範囲で調整可能。高さも100mmの幅で調整できるため、どんなテーブル、椅子でもモニターポジションを合わせやすい。

特に活躍するのはマルチモニター環境。既存のモニターと高さを合わせることもできるし、モニターを斜めに設置してもスタンドが邪魔にならず快適。そもそもIPSパネルだからどんな角度で見ても綺麗だし、使い勝手が良すぎる。

モニターアームにも対応しており、配置のカスタマイズ性は非常に高い。

BENQ EX3210Uを買っても大丈夫な人

  • 高いゲーミング性能(応答速度、リフレッシュレート)を備えた、ガチ勢とも戦えるモニターが欲しい人。
  • 見えにくいTNパネルではなく、見やすく安定感のあるIPSパネルが良い人
  • ゲーミング性能だけではなく、映像の綺麗さも欲しい人
  • パソコンとゲーム機を併用して繋ぎ、切り替えて遊びたい人
  • PS5で120Hzのリフレッシュレートが出るモニターが欲しい人

BENQ EX3210Uを買わない方が良い人

  • 実はそこまでモニターにこだわりが無い人
  • 画質は優先しない。応答速度やリフレッシュレートこそ最優先の人

BENQ EX3210UのTwitterやYoutubeの評価は?

ではここでBENQ EX3210Uのリアルな口コミをTwitterやYoutubeでチェックしてみよう。結果→愛用者も多く評価も高い。特に発色の良さは折り紙つき。

【BenQ MOBIUZ EX3210U】あの大人気シリーズMOBIUZの4K/144Hzが遂にキターーー!これがゲーミングモニターの”答え”なのか

スポンサードサーチ

BENQ EX3210Uのレビューまとめ

BENQ EX3210Uは必要十分なゲーミング性能を持ちつつ、量子ドット技術により画質を極限まで高めたモニター。ただゲーミング性能だけを高めたモニターとは次元が違う。画質は異常に高い性能を持ち、地味に内蔵スピーカーも壊れ性能。

とれろく
とれろく

EX3210Uはこれまでの価値観、ゲーム環境がまるで様変わりする異次元モニター。ゲームボーイがゲームボーイカラーになった衝撃、ファミコンから任天堂64やプレイステーションに変化した時のような衝撃が味わえる”やべーモニター”です。

BENQ EX3210Uの最新価格をチェックする↓

タイトルとURLをコピーしました