2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

Gifortはどこの国のどんな会社?体重計の精度や評判はいいの?

Gifortはどこの国のどんな会社?体重計の精度や評判はいいの?

Gifortの体重計って精度良いの?そもそもどこの国のどんな会社が作ってる?購入しても大丈夫?

とれろく
とれろく

そんな疑問を感じている人にGifortについて徹底解説!辛口で申し訳ありませんが、結論から言うとGifortは会社の規模も小さく、従業員数や工場などが全く分からない中国の謎メーカー。あえてGifortの体重計を選んで購入する理由はありません。正直他のメーカーの体重計をオススメします。良ければ詳細を読んでみてほしいですね!

スポンサーリンク

スマホアプリとペアリングできる体重計が人気のGifort

Gifortはアスリート、肉体改造、ダイエット中の方に人気の体重計ブランド。現在6種類の体重計を販売しており、その中でも一番人気の体重計がこちら。

Gifort 体重計 体組成計 スマホ連動 高精度iPhone/Androidアプリで管理 ITO技術 体重など多項指標 強化ガラス採用 HI0137_01JP

  • スマホ連動!データを自動記録、グラフ作成機能付きの高精度体組成計。
  • 測定項目は体重、体脂肪率、水分量、基礎代謝など驚異の13種類
  • 【公式】Amazon体重計売れ筋ランキングにランクイン!レビュー件数も1,000件越えの人気商品
とれろく
とれろく

ITOコーティング技術を採用することで、通常の体脂肪計と比較し、高い導電性=身体変化を敏感に計測できる高精度体組織系。足の接地面に金属プレートが付いていないため、デザインもスタイリッシュでカッコいいのも特徴。

ちなみに記事作成時現在、 【公式】Amazon体重計売れ筋ランキングで第11位。

Amazon体重・体脂肪・体組成計 の 売れ筋ランキングより

ランキング上位には値段が高いものの、信頼のオムロンやタニタといった超有名メーカーの体重計がランクインしています。

このランキングは1時間更新なので、見るたびに順位が入れ替わっているというデメリットがあるものの、今何が一番売れているのか?最新情報をチェックするのには重宝します。

スポンサードサーチ

Gifortはどこの国のどんな会社?

さて、そんなGifortの体重計はとても安い。安すぎて精度が悪いのかな?と疑う人も出てくるレベルです。そこでどんな会社がどこで作っているのか?Gifortについて徹底的に調べました。

結論から言うと、 Gifort は中国の「深圳市旭景嘉科技有限公司」が商標を持つ、中国ブランドの製品です。※参照元 特許庁Gifort商標権利者情報より

Gifortのメーカーである「深圳市旭景嘉科技有限公司」会社概要

会社名深圳市旭景嘉科技有限公司
英文名Shenzhen Xujingjia Technology Co., Ltd.
住所中国広東省深圳市龙岗区坂田街道布龙路长坑区三巷10号A栋9C
設立2016年12月5日
資本金20万人民元(約340万円)
代表熊桃氏
従業員数名?
※参照元 aiqicha.baidu.comなど

ただし、中国語検索をしてもこれ以上の情報は入手できず。全容が相当謎のメーカー。これまで50社以上の中国メーカー、中国ブランドの製品を調べてきましたが、ここまで謎のメーカーは初めてです。

通常、求人情報や公式サイトなどが見つかるものの、こちらの会社は全然情報を公開していません。資本金も約340万円と規模が小さく、従業員数もおそらく数名。会社情報を調べた限りだとGifortの購入はオススメできません。

ちなみに同じ中国系メーカーの安い体重計を購入するなら multifun が絶対オススメです。こちらはちゃんと工場写真なども公表している信頼できるメーカーです。

とれろく
とれろく

multifunの体重計も 【公式】Amazon体重計売れ筋ランキング よくランクインしています。詳細は次の関連記事で解説しているので良ければ合わせて読んで欲しいですね。

関連記事:【やっぱり中国】multifunの評判、口コミ、会社概要を調査した結果

Gifortの評判や口コミ、体重計の精度は?

謎のメーカーGifortの体重計。通販サイトでは高評価レビューなものの、SNSでは精度が悪いという声も上がっており、評判はイマイチ。良い口コミも悪い口コミも両方紹介します。

とれろく
とれろく

これだけだと購入しても良いものか判断しにくいですが、安くてスマホ連動の体重計は他にも選択肢が多くあります。あえてGifortの体重計を選ぶ必要は無いと思います。

私がオススメする体重計はmultifun。詳細は次の記事で紹介しているので良ければ合わせて読んでほしいですね。

関連記事:【やっぱり中国】multifunの評判、口コミ、会社概要を調査した結果

タイトルとURLをコピーしました