とれろくが推奨。2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

【違い】GL2480とGW2480ならどっち買う?徹底レビュー!

【違い】GL2480とGW2480ならどっち買う?徹底レビュー!

BenQのGL2480とGW2480ならどっちが評価良いの?どっちを買うべき?

とれろく
とれろく

という疑問が解決できるよう、GL2480とGW2480の違い、性能と価格を比較レビューしました。モニターの基本性能は完全にGL2480が上ですが、GW2480はDisplayPort端子やスピーカー内蔵というメリットがあります。詳しく見ていきましょう。

関連記事:【意外と高性能】BENQ GL2480を徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

スポンサーリンク

GL2480とGW2480の違い

24インチ前後でそこそこ使えるモニターが欲しい。値段は3万円以内かな。

と、いうことで調べていると候補にBENQのGL2480とGW2480が浮上。

ぱっと見の性能は同じ。何が違うのか?公式サイトの情報を利用し、GL2480とGW2480の違いをまとめました。
※重要な違いは赤太字

項目BENQ
GL2480
BENQ
GW2480
見た目
目安価格18,980円19,780円
発売時期2019年夏2017年冬
液晶パネル24インチ/TNパネル23.8インチ/IPSパネル
視野角170°/160°178°/ 178°
解像度フルHD(1920×1080)フルHD(1920×1080)
リフレッシュレート75Hz60Hz
応答速度1ms5ms
輝度250cd/㎡ (標準)250cd/㎡ (標準)
表示色約1670万色約1670万色
端子類D-Sub x 1
HDMI(v1.4)x 1
DVI-D x 1
ヘッドホンジャック:搭載
D-Sub x 1
HDMI(v1.4)x 1
DisplayPort 1.2x 1
ヘッドホンジャック:搭載
スピーカー無し1W+1W ステレオスピーカー
重量スタンド込み:不明
スタンド無し:3kg
スタンド込み:3.84kg
スタンド無し:3.04kg
付属ケーブルD-Subケーブル
DVIケーブル
電源ケーブル
HDMIケーブル
電源ケーブル
画面調整チルト(上下):+20° / 下5°
スイベル機能(首振り):無し
高さ調整:無し
ピボット:無し
チルト :+20° ~ -5°
スイベル機能(首振り):無し
高さ調整:無し
ピボット:無し
VESAマウント100x100mm100x100mm
GL2480とGW2480の違い比較表
とれろく
とれろく

という感じで似ているようで結構スペックが違います。細かく解説していきましょう。

GL2480の方が液晶性能は完全に上

1秒間に描写できる画像の数を表すリフレッシュレート。高ければ高いほど、映像飛びがなく、動きの速い映像でも自然な映像になります。

GL2480はリフレッシュレート75Hz。GW2480の60Hzと比較し、約25%も描写数が多いため、動きの激しい映像でも滑らかで美しい。映画を長時間見ても疲れにくい。

残像やブレに影響を及ぼす応答速度もGL2480の圧勝。1msというゲーミングモニターレベルの応答速度を持つため、輪郭のはっきりした映像が楽しめる。GW2480は5msとお世辞にも早いとは言えず、動きの早い映像はブレる。

リフレッシュレートと応答速度という液晶の2大評価指数は完全にGL2480のが上

「GL2480はTNパネルを使っているから見えにくいのでは?」という疑問を抱く方もいますが、答えはNo。GL2480に使われているTNパネルは最近主流の改良型で、IPSパネルに引けず劣らず良くできたパネル。
関連記事→【意外と高性能】BENQ GL2480を徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

GW2480と比較し、スピーカーが内蔵していない。DisplayPort端子が無い。というデメリットがあるものの、液晶としての性能は完全にGW2480のが上なので、外付けスピーカーを購入してでもGW2480をオススメしたい。

関連記事:【意外と高性能】BENQ GL2480を徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

GW2480は汎用さを詰め込んだビジネスモニターです。

GW2480は汎用さを詰め込んだビジネスモニター。

液晶パネルは無難なIPSパネル。表示色や輝度も普通。リフレッシュレートや応答速度は低性能なので、動きの激しい動画やゲームは苦手。仕事用途や自宅でのネットサーフィン・簡単なゲーム用として適任。

接続端子はアナログ~デジタルまで一通り搭載しているため、接続する機器を選びません。

一応、出力1Wとめちゃくちゃ出力が低いもののスピーカーが内蔵しているため、操作音はしっかり聞こえる。ただし、音楽鑑賞やゲーム音として使うにはイマイチの音質なので「一応スピーカーが内蔵している」という具合であまり期待するのはNG。

という感じで価格と性能を評価すると、GW2480はちょっと値段が高い。「映れば良い。」というモニターであれば、もっと安い代替えモニターが多くあります。

映れば良いという人にオススメできる代替えモニター例
【レビュー】Acer HA240YAbmiを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!
【レビュー】Acer SA240YAbmiを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!
【無難すぎる】ASUS VZ239HRを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

スポンサードサーチ

GL2480とGW2480比較まとめ

モニターの基本性能は完全にGL2480が上。スピーカーを内蔵していないのがデメリットですが、外付けスピーカーを準備してでもGL2480を購入するのをオススメしたい。それほどまでの性能差があります。※外付けスピーカーは3,000円以下で十分OK。

どうしてもスピーカー内蔵が良い場合はGW2480が候補にあがるものの、正直ちょっと高い。「性能なんてどうでもいい。ただ映ればいい。」というモニターを探している場合、他に候補はあるぞ。

映れば良いという人にオススメできる代替えモニター例
【レビュー】Acer HA240YAbmiを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!
【レビュー】Acer SA240YAbmiを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!
【無難すぎる】ASUS VZ239HRを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

GL2480とGW2480なら絶対にGL2480をオススメする↓

関連記事:【意外と高性能】BENQ GL2480を徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

タイトルとURLをコピーしました