とれろくが推奨。2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

【違い】PG32UQとG3223Qならどっち買う?徹底レビュー!

【違い】PG32UQとG3223Qならどっち買う?徹底レビュー!

Asus PG32UQとDell G3223Qならどっちが評価良いの?どっちを買うべき?

とれろく
とれろく

という疑問が解決できるよう、PG32UQとG3223Qの違い、性能と価格を比較レビューしました。実は両者は相性の良いグラボが異なるため、手持ちの機器によってオススメが異なります。詳しく見ていきましょう。

関連記事
【極限画質】ASUS PG32UQを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!
【ゲーム×高画質】Dell G3223Qを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

スポンサーリンク

PG32UQとG3223Qの違い

映像も綺麗なゲーミングモニターが欲しい。予算は問わない。

と、いうことで調べていると候補にPG32UQとG3223Qが浮上。

ぱっと見、かなり性能は似ているけど、細かく何が違うのか?公式サイトの情報を利用し、PG32UQとG3223Qの違いをまとめました。
※重要な違いは赤太字

項目Asus
PG32UQ
Dell
G3223Q
見た目
裏面
目安価格142,326円111,800円
液晶パネル32インチ/IPSパネル32インチ/IPSパネル
視野角178°/ 178°178°/ 178°
解像度4K UHD 3840 x 21604K UHD 3840 x 2160
リフレッシュレート144Hz144Hz
応答速度1ms1ms
可変リフレッシュレートNVIDIA G-SYNC® CompatibleAMD FreeSync™ Premium Pro
輝度450cd/㎡ (標準)
600cd/㎡ (HDR)
600cd/㎡
HDR規格DisplayHDR600DisplayHDR600
表示色約10.7億色約10.7億色
端子類HDMI x 2
DisplayPort 1.4×1
USB 3.0 充電対応×2
ヘッドフォン端子
HDMI x 2
DisplayPort 1.4×1
USB 3.2 充電対応 x 2
ヘッドフォン端子
スピーカー5W+5W ステレオスピーカー無し
消費電力通常:52W消費電力(ONモード時):33.7 W
重量スタンド込み:9.7kg
スタンド無し:6.1kg
スタンド込み:9.22kg
スタンド無し:6.03kg
画面調整チルト(上下):+20° / 下5°
スイベル機能(首振り):50°
高さ調整:0~100mm
ピボット:無し
チルト(上下):+21° / 下5°
スイベル機能(首振り):60°
高さ調整:0~100mm
ピボット:無し
VESAマウント100x100mm100x100mm
PG32UQとG3223Qの違い比較表
とれろく
とれろく

パネル性能は全く同じですが、PG32UQはNVIDIAのグラボと相性が良い。家庭用ゲーム機なら任天堂switch。DellはAMDのグラボと相性が良い。家庭用ゲーム機ならPS5系列やXBOXなど。後はスピーカー内蔵かどうかという違いですね。細かく見ていこう。

PG32UQはNVIDIA製のGPU、任天堂switchと相性◎

PG32UQはNVIDIAのG-SYNC® Compatible認証を取得しているため、NVIDIA製のGPUを積んだ機器と非常に相性が良い

極めて優れた応答性・・・G-SYNC 独自の制限のない周波数範囲、低遅延、最高度のリフレッシュ レートが、画面上で瞬間的な反応を見せ、非常にスムーズな映像を生み出します。可変リフレッシュレート(VRR)により、テアリングやカクつきの少ないゲーミングが可能となる。

最もリアルな画質・・・あらゆるゲームをテアリング、カクつき、フリッカー、アーチファクトなしで。リアルな HDR、ミニ LED による鮮明な色彩を体験してください。これまで表現できなかった細部が表現されています。

NVIDIAが品質テスト済み・・・G-SYNC ディスプレイはすべて、一貫性のある品質と最高のパフォーマンスを確認する、厳しいテストを受けます。膨大なモデルの中で、厳格なテストに合格したものだけに「G-SYNC」という名称が与えられます。

NVIDIA G-SYNC ディスプレイより胃引用

モニター本体の応答速度やリフレッシュレートが高くても、積んでいるGPUとの相性が悪ければ本来の性能を完全に発揮することはできません。

NVIDIA製のGPUを積んでいる、もしくは任天堂switch用のモニターとして使いたい場合、PG32UQが第一候補になります。

関連記事:【極限画質】ASUS PG32UQを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

G3223QはAMDのGPU、PS5やXBOXと相性◎

G3223QはAMDの FreeSync™ Premium Proを取得AMD製のGPUを積んだ機器と非常に相性が良い

PS5やXBOXはAMD製のGPUを採用しています。これら機器で遊ぶ予定なら間違いなくG3223Qを選択すべき。

スタッタリングや ティアリングがない、 ゲームに没頭できる環境を
AMD FreeSyncテクノロジーは安定しないゲームプレイやフレームの低下を解消し、どんなフレームレートでも、なめらかでアーチファクトフリーの性能を実現します。 PCとコンソールゲーム体験の大躍進をお見逃しなく。

FreeSync™ Premium Pro
ゲーム・ディスプレイを次世代レベルに引き上げるAMD FreeSync™ Premium Proテクノロジーにより、HDRゲームや映画、またその他のコンテンツの再生において優れたユーザー体験が実現します。

・最小FHD解像度で少なくとも120hzのリフレッシュレート
・低フレームレート補正(LFC)のサポート
・SDRおよびHDRにおける低遅延
・HDRのサポート/非常に繊細な色と輝度の証明書付き

AMD FreeSync™ テクノロジーより引用

またG3223Qはモニターとしての役割に特化。その分価格を抑えた潔いモデル

スピーカーは内蔵していないため、外付けスピーカーは必須。ヘッドホンを使いたい場合はBluetoothか外付けスピーカーから配線する必要があります。

もちろん、マイクも内蔵していないし、リモコンも非対応。

ゲーミング性能や画質はPG32UQと同じなので、なるべく出費を抑え、4K&ゲーミング環境を整えたいという人にはG3223Qのがオススメ。

関連記事:【ゲーム×高画質】Dell G3223Qを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

スポンサードサーチ

PG32UQとG3223Q比較まとめ

NVIDIAのグラボ採用パソコン、任天堂switchで遊ぶならPG32UQ

関連記事:【極限画質】ASUS PG32UQを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

AMDのグラボ採用パソコン、PS5やXBOXで遊ぶ。価格を抑えたいならG3223Q

スピーカーはいらない。4K高画質&ゲーミング性能だけあればOK。という人はG3223Qがオススメ。それなりの高品質外付けスピーカーの購入費を加えてもG3223Qのが安い。

関連記事:【ゲーム×高画質】Dell G3223Qを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

タイトルとURLをコピーしました