とれろくが推奨。2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

KOORUIゲーミングモニター 24E4,KS27E1 どっちを買う?比較レビュー!

4.0
【格安最強】KOORUIゲーミングモニター 24E4,KS27E1 どっちを買う?比較レビュー!

KOORUIの格安ゲーミングモニター 24E4とKS27E1ならどっちが優秀?KOORUIって評判良いの?

とれろく
とれろく

という疑問が解決できるよう、KOORUIの24E4とKS27E1の違い、性能と価格を比較レビューしました。KOORUIモニターの実機写真、設置風景も紹介しているので購入の参考にして欲しいですね!では早速!

スポンサーリンク

KOORUIってどんなブランド?

KOORUI 惠科股份有限公司 工場写真

ついに日本に上陸中国発・産地直送の格安パソコンモニター「KOORUI」

KOORUIは中国の「惠科股份有限公司」通称:HKCが開発・販売をしている中国モニターブランド。2001年設立と20年以上の歴史を持ち、資本金は約1,160億円(58億元)と超大企業。

製造品目はスマホ、タブレット、パソコンモニター、テレビモニターといった液晶製品メイン。中国指折りの液晶メーカー。

世界の工場として、DellやAsus、HP、ACERといった大手モニターを製造してきた中国ですが、ついに中国の自社ブランドモニターを輸出スタート。産地・中国工場直送という圧倒的な価格メリットを生かし、破竹の勢いでシェアを獲得しつつあります。

実際にKOORUIのモニターを購入した人の評価も上々。

とれろく
とれろく

KOORUIは普通に買ってOKのモニターブランド。安い理由は無駄な中間会社や販売会社を無くし、メーカー・工場直送で販売しているから。断じて、モノが悪いから安いではありません。そこらの大手ブランドより超コスパが良いので私は大好き。

スポンサードサーチ

KOORUIモニター 24E4とKS27E1ならどっち買う?

KOORUIは様々なゲーミングモニターを販売していますが、もっとも勢いがある人気機種は24E4とKS27E1の2つ。

どちらもリフレッシュレート165Hz、応答速度1msのゲーミングモニター。

ぱっと見だと、モニターサイズが24インチなのか、27インチなのか、という違いしか分かりませんが、せっかくなので何が違うのか?スペックを徹底比較しました。

※重要な違いは赤太字

項目KOORUI
24E4
KOORUI
KS27E1
見た目
目安価格17,999円23,800円
販売日2022/4/292021/10/26
液晶パネルVAパネル 24インチIPSパネル 27インチ
視野角上下:178°左右:178°上下:178°左右:178°
解像度1920×1080(フルHD)1920×1080(フルHD)
リフレッシュレート165Hz165Hz
応答速度1ms1ms
可変リフレッシュレート対応
AMD Free Sync Premium
G-sync Compotable
対応
AMD Free Sync Premium
G-sync Compotable
表示色1670万色1670万色
コントラスト比(通常)3000:11000:1
入力端子DisplayPort×1
HDMIx2
オーディオ出力×1
DisplayPort×1
HDMIx1
USB TypeC(給電15W)×1
オーディオ出力×1
スピーカー非内蔵非内蔵
スタンド調整上下角度調整:15°~-5°
左右角度調整:非対応
高さ調整:非対応
回転縦表示:非対応
上下角度調整:15°~-5°
左右角度調整:±30°
高さ調整:0mm~110mm
回転縦表示:対応
本体サイズ横54.2 x 奥17.63 x 高42.4 cm横61.3 × 奥23.3 × 高54.4 cm
モニターアーム75mm×75mm対応75mm×75mm対応
保証期間3年間3年間
24E4とKS27E1の違い比較表
とれろく
とれろく

ということで、詳しく比較するとパネルサイズだけでなく、液晶やスタンド性能がかなり違うと分かります。

24E4は手軽に高画質、高性能モニターを入手したい人向け

24N1Aは高コントラストのVAパネルを採用しています。

IPSパネルと比較し、濃淡鮮やかな映像描写が可能なため、映像を楽しむゲームや、動画鑑賞向けのパネル。黒がはっきりと黒色に映る。と表現されることもあります。

実際、IPSパネルと比較すると、黒がはっきりと黒い↓

映像も淡くなく、濃淡はっきりした超高画質↓(右側がVAパネル)

24E4は映像を楽しむ。という用途にぴったりのゲーミングモニター。コントラスト性能がIPSパネルの3倍は伊達ではありません。

おまけに24E4はKS27E1よりも約6,000円ほど安い。手軽に高画質、高性能なゲーミングモニターを入手したい人にぴったり。

ただし、スタンド機能は必要最低限。上下の角度調整しかできないため、高さを微調整したり、縦表示にして使いたい場合はモニターアームなどを導入する必要あり。

KS27E1は27インチ大画面×総合性能が非常に高い

KS27E1は横幅61.3cmもある27インチモニター。24インチの24E4より横幅が7cmも大きい。圧倒的な大画面でゲームプレイが可能。

液晶パネルはスマホにも採用される一般的なIPSパネルを搭載。

色の再現性が非常に高いため、イラスト制作や動画制作といった仕事で色を扱うような人も選ぶ液晶パネル。エクセルやパワーポイントといった仕事でも大活躍。印刷した時に「あれ?なんか色が変」ということも起きません。

無難にいつもの、コレコレ!っていうモニターが欲しい人向け。

接続端子は豊富でHDMIやDisplayPortだけでなく、USB-TypeC入力にも対応。MacBookといった薄型ノートパソコン用のサブモニターとしても活躍可能。

スタンド機能も優秀で左右角度調整、高さ調整、回転しての縦表示にも対応。自分の姿勢や机の高さに合わせたベストポジションに液晶をセットできるため、長時間のゲームプレイも疲れない。

KS27E1は画面が大きく、豊富な入力端子、自由自在に動く優秀なスタンド搭載で、総合性能は24E4よりも上

KOORUIモニター 24E4とKS27E1の選び方

手軽に高画質、高性能なゲーミングモニターを入手したい人は24E4↓

27インチ大画面、快適なゲーム環境でプレイしたいならKS27E1↓

タイトルとURLをコピーしました