【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

【まとめ】みんなのFXのデメリットを集めてみた

みんなのFXのデメリットまとめ

みんなのFXのデメリットまとめ

とれろく
とれろく

口座開設の前にみんなのFXのデメリット、悪い情報を知っておきたい。そんな慎重なFXトレーダーも多い。そこでメリットだけでなく、どんなデメリットがあるのか?情報をまとめました。

スポンサーリンク

みんなのFXには5個デメリットがある。

初めに、みんなのFXは決して悪いFX業者ではありません。

スプレッドが小さく、多くの通貨を取り扱っており、1,000通貨から取引できるので初心者も多く口座を開設しています。ただメリットばかり知っていても、他のFX業者と比較するのは難しいですよね。

とれろく
とれろく

そこで今回はあえて、あえてデメリットを中心にみんなのFXを紹介したいと思います。

大きくまとめると、みんなのFXには次の5個のデメリットがあります。

・スプレッドが業界最狭ではない。
・早朝、経済指標発表時はスプレッドが広がる。
・みんなのFXはMT4を使って取引できない。
・取引ツールが使いにくい。
・証拠金維持率100%でロスカットされる。

それぞれ具体的に見ていきましょう。

スプレッドが業界最狭ではない。

みんなのFXのスプレッド

スキャルピングといった短期間に売買を繰り返すFXトレーダーであれば、実質の取引コストに該当するスプレッドは非常に大事。

ドル円のスプレッドが0.2銭と0.3銭では1.5倍もの手数料の差が生まれます。0.2銭のFX業者で取引すれば、5万通貨で月に300回の取引だと手数料の差額は7,500円。年間で9万円もお得になります。

短期売買を行う予定があれば、スプレッドはまず第一に比較すべき項目です。

みんなのFXのスプレッドはドル円で0.2銭とFX業者の中でも狭い部類です。が、上には上がおり、FXTFだとドル円のスプレッドは0.1銭です。

とれろく
とれろく

極限までスプレッドに拘るのであれば、みんなのFXではなくFXTFが候補に挙がります。

早朝、経済指標発表時はスプレッドが広がる。

みんなのFXのスプレッド配信割合

みんなのFXのスプレッドは原則固定ですが、早朝時や経済指標発表時などはスプレッドが広がることがあります。

どのくらい広がるの?というと状況によって一概には言えないものの、早朝の閑散期だとドル円で0.4銭程度まで開くことはあります。

・月曜日の早朝
・日本が祝日で銀行が営業していない日中
・欧州、米国が祝日で銀行等が営業していない夕方
・大きな経済指標発表直後

この辺りの時間帯は市場参加者が少ないため、どうしても注文同士が約定しにくい。その結果、スプレッドを広くなる傾向にあります。これは他のFX業者を選択しても結果は大体一緒。

ちなみに、どのくらいの時間、スプレッドが広くなるのか?これは計算することが可能です。

公式サイトより、スプレッド提供率情報を抜粋
みんなのFX ドル円 0.2銭以下提供割合 99.32%
対象期間:2020年7月1日~2020年7月31日(23営業日)
対象時間:AM8:00~翌日AM5:00(21時間)

ざっくり計算すると、23営業日×21時間×(100%-99.32%)がスプレッドが広がった時間となり、計算すると約3時間20分です。

23営業日で割ると、1日当たり約9分間の間、スプレッドが広くなってしまっていることが分かります。

とれろく
とれろく

計算してみると、トレードに影響を及ぼすほどの内容ではないことが分かります。株取引でも注文が少ない銘柄は価格が飛びがちですし、仕方のない現象だと諦めちゃいましょう。

みんなのFXはMT4を使って取引できない。

みんなのFXはMT4対応ではない

日本のみならず、世界的に使われているFX取引・チャートツールであるMetaTrader4(通称:MT4)

MT4は独自のテクニカル指標を使えたり、自動売買ソフトとして使えたり、チャートソフトとしても非常に優秀。せっかくならMT4を使ってトレードしたいものの、残念ながらみんなのFXはMT4非対応です。

ほとんどのFXトレーダーはMT4はチャートソフトとして使い、注文はみんなのFXの専用取引ツールを使うことになります。

取引ツールが使いにくい。

みんなのFXの取引ツール

みんなのFXは取引ツールを売りにしているFX業者ではありません。

みんなのFXはパソコン用に2種類、スマホ用に1種類の合計3種類の取引ツールを用意しています。非常に優れた取引ツールなのか?といえばそうではなく、他のFX業者でも見られるごく一般的な取引ツールです。

この為、特殊な売買手法を採用しているトレーダーにはやや扱いづらい取引ツールです。

例)売りと買いのポジションを同時に持つ両建て手法を使うトレーダー
両建ては対応しているものの、保有中の売りと買いを同時に決済し、ポジションを解消する機能は無し。それぞれ別々に決済する必要があるため、数秒程度の時間差が生まれる。
例)指値注文、逆指値注文を出していると、スマホではクイック決済不可
保有ポジションに指値注文、逆指値注文を出している場合、パソコンであればクイック決済をすれば、ポジションの解消と供に注文も同時にキャンセルされます。が、スマホの場合はクイック決済未対応なので、先に指値注文、逆指値注文をキャンセルしないと決済注文が不可能。

みんなのFXはシンプルな取引手法を採用しているトレーダー向きです。

スキャルピングトレーダーに必要なTickチャートは標準装備ですし、注文と同時に損切注文、利食い注文をセット発注も設定可能なため、安心して夜も寝ることもできます。

とれろく
とれろく

色んな取引ツールを触ったことのあるFXトレーダーにとっては少し物足りない、味気無さを感じるかもしれません。ただし、逆に考えれば必要な機能のみ揃えたシンプル設計のため、FX初心者にも扱いやすい取引ツールだと言えますね。

証拠金維持率100%でロスカットされる。

ロスカットとは未確定(決済前)の損失である含み損が一定の水準に達したときに、ポジションを自動的に強制決済する仕組みのこと。

ロスカットはFXで借金や大損を抱えないよう、資産を守るための仕組みですが、みんなのFXは証拠金維持率100%でロスカットと、強めの安全装置が付いています。

証拠金維持率は「純資産 ÷ 必要証拠金 × 100%」で計算することができます。

必要証拠金は取引するのに必要な証拠金のこと。例えばドル円の取引に40,000円の証拠金が必要にも関わらず、口座には40,000円しか入っていない場合、証拠金維持率は100%になります。

もし、口座資金を最大限に使った数量で取引を続ける場合、損失が膨らむ方向へ数十銭動けばロスカットとなり、強制決済されてしまいます。

とれろく
とれろく

みんなのFXでは取引数量に若干の余裕を持つ必要があります。常に最大限、フルレバレッジで取引をし続けたいトレーダーには不向きだと言えます。

スポンサードサーチ

みんなのFXはどんな人に向いている?


みんなのFX

ここまで、みんなのFXのデメリットばかり紹介してしまいました。最後はメリット、どんな人に向いているのか?正直に紹介したいと思います。

みんなのFXを口座開設する人は主に3種類
・スキャルピングといった短期売買主体のトレーダー
・トルコリラといった高金利通貨を取引するトレーダー
・オプション取引を行うトレーダー

みんなのFXを使っているトレーダーは上記3種類に分けることができます。

もし、どれかに該当するのであれば、迷わず口座を開設すべきです。逆に、次のどれかに当てはまる場合は、みんなのFXは向いていません。

みんなのFXが向いていない人
・MT4を使ったシステムトレーダー
・常にハイレバレッジで取引するトレーダー

このような人は他のFX業者を探す必要がありますね。

みんなのFXの特徴

・みんかぶ FX会社比較No1獲得
・ドル円スプレッド0.2銭~と低コスト
・トルコリラといった高金利通貨を取り扱い
・高いスワップポイント
・1,000通貨から取引できるので、1万円もあれば取引可

さらに現在、みんなのFXは新規口座開設者限定で最大50,000円のキャッシュバックキャンペーンを開催中です。

こちらのリンクから申込みを済ませておきましょう。


みんなのFX

 

タイトルとURLをコピーしました