2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

【2021年】おすすめのトレード用モニター6選!推奨スペックも解説!

おすすめのトレード用モニターを紹介!正しい選び方とは?

トレード用にモニターを追加購入しようと考えているんだけどオススメは?

とれろく
とれろく

そんなあなたにトレード用にオススメのモニターを紹介!トレード用モニターに求められる機能って何?という疑問も解決できます。早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

トレード用のモニターは複数あると便利

私はトレーディング用に21インチの小さなモニターを3枚使っています。

私の取引環境

とれろく
とれろく

価格は1枚1万5千円以内。正直、映ればどんなモニターでも良かったし、メタルラックに3枚並べるなら21インチ以下という制限があったので・・・。

さて、スキャルピングやデイトレードならマルチディスプレイは必須

あっちの情報を見て、こっちの情報を見て、と画面を切り替えるのは疲れるし、何より落ち着かない。しっかり腰を据えて、画面を凝視し、思考していきたいもの。そんな時に必要なのが複数のモニターを使ったマルチディスプレイ環境。

マルチディスプレイの仕方は色々あるものの、例えばUSB-VGAアダプタを購入するだけでノート・デスクトップを問わず何枚でもモニターを増やすことが可能です。

例)USB-VGAアダプタ

2千円ちょっと購入できるモニター増設用のアダプター。USB端子さえあればこれ2個とモニター2個購入すれば即3画面化可能。

今回、Amazon最新のモニター売れ筋ランキングよりトレード用に適したモニターをピックアップしたので、良ければマルチディスプレイ環境構築の参考になれば嬉しいですね。

スポンサードサーチ

トレード用オススメのモニターランキング

Amazon最新のモニター売れ筋ランキングより、トレーディング用に適したモニターをピックアップ形式で紹介すると次の通り。

1位 【Amazon.co.jp限定】ASUS フレームレス モニター 23インチ VZ239HR

価格は14,000千円前後。23インチのIPSパネルを採用。

薄さ7mmのウルトラスリムタイプ。解像度:1920×1080 フルHD/パネル:IPS/表面仕様:ノングレア/バックライト:LED/入力端子:HDMI, D-Sub 15ピン/入力端子:3.5mmステレオミニジャック

とれろく
とれろく

いつ見てもAmazonのモニター売れ筋ランキングの上位にランクインしている定番モニター。ビジネス用途としてもコスパが非常に高いのが特徴。薄くて軽くて扱いやすく安い。の4拍子揃ったモニターです。

2位 【Amazon.co.jp 限定】I-O DATA モニター 23.8型  EX-LDH241DB

23.8インチと1位のモニターよりも若干大きい。

価格は14,500円前後。解像度:1920×1080/ADSパネル/非光沢/250cd/最大4ms[GTG]、端子:HDMI×1/アナログRGB×1/スピーカー付/ヘッドフォン端子、サイズ:幅: 55.3cm×奥行: 21.5cm×高さ: 38.8cm/3.9kg ※スタンド含む、VESAマウント:100mmピッチ

とれろく
とれろく

目に優しいブルーライトカット機能搭載。またスタンド部分にスマホホルダー付き。スマホとモニターを一緒に眺めやすいのが特徴です。

3位 Dell ワイドフレームレスモニター 27インチ S2721HS


27インチの大型モニター。トレード用のモニターなら推奨限界サイズ。

価格は23,800円前後。最大の特徴はモニターの位置調整が自由自在な点。スタンドの高さを変更することができるため、モニターの位置を低くしたり、高くしたりできます。前後左右の角度調整だけでなく、高さ調整が可能なのは嬉しい。

とれろく
とれろく

自分の身長に合った最適な場所にモニターを設置することができます。27インチにもなると、目線に合った位置にモニターを持ってこないと肩こりの原因にも。意外と重要な要素です。

4位 BenQ モニター ディスプレイ GW2283 (21.5インチ/フルHD/IPS/ウルトラスリムベゼル/輝度自動調整(B.I.)搭載/ブルーライト軽減/スピーカー付き)


モニターなんてチャートが見れればいい。とにかく安さ重視の方にオススメの21.5インチモニター。

価格は12,000円前後と非常に安い。D-sub、HDMI端子対応なので古いパソコンでも簡単にサブディスプレイとして接続可能。スタンド背面にケーブル収納機能が備わっており、テーブル周りの配線もスッキリ収納。

とれろく
とれろく

21.5インチと少し小さめなモニターという印象を受ける方もいますが、横幅48.95cm、高さ39.16cmとチャート表示用なら十分な大きさです。コンパクトなので置場を選びにくいのも特徴。

5位 BenQ モニター ディスプレイ GW2480 23.8インチ


4位と比較すると接続端子にDisplayPortが追加された為、ゲーム機との接続が可能になったり、モニターサイズが21.5インチから23.8インチへとやや大きくなったりしていまいます。

値段は16,000円前後と少し高い。

とれろく
とれろく

同じ23.8インチなら2位のI-O DATA モニター 23.8型  EX-LDH241DBの方が価格も安く人気。ただし、こっちはDisplayPort非対応なのでゲーム機との接続にやや難あり。

6位 HP モニター 23.8インチ ディスプレイ 型番:2E2Y5AA-AAAA


真っ黒なモニターが多い中、シルバーを採用したスタイリッシュモニター。

価格は14,500円前後と23.8インチでは安い部類。Amazonでも2021年4月に取扱初めて以降、順調に販売台数を稼ぎ、モニター売れ筋ランキングに大体いつもノミネートしています。

とれろく
とれろく

スタンド部分もかっこよく、全体的にスタイリッシュなデザイン。お求めやすい価格も人気の理由。

トレード用モニターってどんなのがオススメ?

トレード用のモニターぴったりな特徴をまとめると次の通り。

トレード用にオススメなモニタースペックまとめ

項目オススメ内容特徴
1.画面タイプワイド上下左右どこでも設置向き
2.画面サイズ21インチ~27インチトレード用なら適サイズ
3.画面の仕様ノングレア(非光沢)目が疲れにくく、映り込み無し
4.解像度フルHD(1920*1080)主流。安価で選択肢が多い
5.入力端子DVI、HDMI、D-Sub15選択肢が多い。
とれろく
とれろく

この辺りを押さえておけば、まず買って後悔しません。それぞれポイントを紹介したいと思います。

1.トレード用ならワイドモニターがオススメ

モニターの画面種類

※横縦比、cm数は目安

モニターの画面タイプは3タイプ。スクエアは表示可能なチャート範囲が小さく、ウルトラワイドは画面サイズが80cm以上と大きすぎ。画面端っこまで見ようとすると、目線を大きく動かす必要があり使いにくい。

とれろく
とれろく

トレード机の正面奥にモニターを置くならウルトラワイドも候補に入るものの、上下左右に設置すると見にくい。汎用性が高く無難な無難なワイドタイプがオススメです。

2.画面サイズは21インチ~27インチがオススメ

画面サイズは小さすぎず、大きすぎない主流タイプがオススメ。一般的には設置場所の机の大きさを考え21~27インチが選ばれています。

ワイドタイプ(16:9)モニター インチ別目安サイズ

サイズ表記画面横幅(cm)画面縦幅(cm)対角線(cm)
21インチ46.426.153.3
22インチ48.627.455.9
23インチ50.828.658.4
24インチ53.029.960.9
25インチ55.331.163.5
26インチ57.532.466.0
27インチ59.733.668.6

小さいとチャートが小さかったり、大きすぎると逆に見にくい。ちょうどいいサイズが21~27インチ。量産型なので値段もお手頃。

とれろく
とれろく

Amazonのモニター売れ筋ランキングの上位も大体21~27インチが占めています。3画面なら21インチ×3枚、2画面なら27インチ2枚。というように設置場所とも相談しつつ大きさを選びましょう。

3.モニター画面はノングレアがオススメ

モニター画面は光沢のあるグレア、光沢のないノングレアの2種類有り。

画面の仕様は2種類

グレアは色が鮮やかで映像が綺麗に見えるものの、表面がツヤツヤしている為、外部からの映り込みが辛い。またチカチカとした反射は長時間見ていると目が疲れやすい。

ノングレアは地味でコントラストが低く見えるものの、外部からの映り込みが少なく、目への負担が非常に小さい。

とれろく
とれろく

表面がツヤツヤしたモニターは気分が良いものの、トレード用としては実用的ではありません。部屋の明かりが映り込むのも嫌ですよね。トレード用なら迷わずノングレアのモニターを選択。

4.モニター解像度はフルHDがオススメ

モニターの解像度は6種類。

名称解像度
8K7680*4320
4K3840*2160
WQHD2560*1440
フルHD(オススメ1920*1080
WXGA++1600*900
HD1280*720

解像度が高いほど画質が良い。ゲームや動画を高画質で楽しみたい人には4Kや8K対応のモニターも候補になるものの、トレード用としては過剰スペック。

ほとんどのトレーディングツールはフルHDを基準に作られている為、解像度が高すぎる文字が小さくなって読みにくいという問題が発生します。

とれろく
とれろく

モニター解像度の主流はフルHD。4K対応の動画が見たい!という強い思いが無いならフルHDを選ぶのが無難。

5.入力端子はDVI、D-Sub15、HDMI対応がオススメ

モニターとパソコンをつなぐ端子は5種類。

端子名特徴
DVI(オススメ)映像のみ(デジタル信号)
D-Sub15(オススメ)映像のみ(アナログ信号)
HDMI(オススメ)1本で音声と映像(デジタル信号)
USBおなじみのUSB端子
DisplayPort1本で音声と映像(デジタル信号)

どの端子でもマルチモニター化できるものの、画質がデジタルかアナログか、1本で音声と映像を入力できるか、といった違いがあります。

とれろく
とれろく

チャート表示用ならアナログ信号でも十分ですし、コードが1本でも、2本でもどっちでもOK。その中でもDVI、D-Sub15、HDMIは対応パソコンが多い為オススメ。

その他のスペックはほぼ気にしなくてOK

この他、こだろうと思えば縦横のアスペクト比、表示色数、応答速度など項目があるもの、基本的にどのモニターもほぼ同じ。比較しなくてもOK。

オススメのモニター種類まとめ

ではここまでのまとめ。

項目オススメ内容特徴
1.画面タイプワイド上下左右どこでも設置向き
2.画面サイズ21インチ~27インチトレード用なら適サイズ
3.画面の仕様ノングレア(非光沢)目が疲れにくく、映り込み無し
4.解像度フルHD(1920*1080)主流。安価で選択肢が多い
5.入力端子DVI、HDMI、D-Sub15選択肢が多い。
とれろく
とれろく

では最後にAmazon最新のモニター売れ筋ランキングより、これら条件を満たしたトレード用モニターをピックアップして紹介。

Amazon最新のモニター売れ筋ランキングより、トレーディング用に適したモニターをピックアップ形式で紹介すると次の通り。

1位 【Amazon.co.jp限定】ASUS フレームレス モニター 23インチ VZ239HR

価格は14,000千円前後。23インチのIPSパネルを採用。

薄さ7mmのウルトラスリムタイプ。解像度:1920×1080 フルHD/パネル:IPS/表面仕様:ノングレア/バックライト:LED/入力端子:HDMI, D-Sub 15ピン/入力端子:3.5mmステレオミニジャック

とれろく
とれろく

いつ見てもAmazonのモニター売れ筋ランキングの上位にランクインしている定番モニター。ビジネス用途としてもコスパが非常に高いのが特徴。薄くて軽くて扱いやすく安い。の4拍子揃ったモニターです。

2位 【Amazon.co.jp 限定】I-O DATA モニター 23.8型  EX-LDH241DB

23.8インチと1位のモニターよりも若干大きい。

価格は14,500円前後。解像度:1920×1080/ADSパネル/非光沢/250cd/最大4ms[GTG]、端子:HDMI×1/アナログRGB×1/スピーカー付/ヘッドフォン端子、サイズ:幅: 55.3cm×奥行: 21.5cm×高さ: 38.8cm/3.9kg ※スタンド含む、VESAマウント:100mmピッチ

とれろく
とれろく

目に優しいブルーライトカット機能搭載。またスタンド部分にスマホホルダー付き。スマホとモニターを一緒に眺めやすいのが特徴です。

3位 Dell ワイドフレームレスモニター 27インチ S2721HS


27インチの大型モニター。トレード用のモニターなら推奨限界サイズ。

価格は23,800円前後。最大の特徴はモニターの位置調整が自由自在な点。スタンドの高さを変更することができるため、モニターの位置を低くしたり、高くしたりできます。前後左右の角度調整だけでなく、高さ調整が可能なのは嬉しい。

とれろく
とれろく

自分の身長に合った最適な場所にモニターを設置することができます。27インチにもなると、目線に合った位置にモニターを持ってこないと肩こりの原因にも。意外と重要な要素です。

4位 BenQ モニター ディスプレイ GW2283 (21.5インチ/フルHD/IPS/ウルトラスリムベゼル/輝度自動調整(B.I.)搭載/ブルーライト軽減/スピーカー付き)


モニターなんてチャートが見れればいい。とにかく安さ重視の方にオススメの21.5インチモニター。

価格は12,000円前後と非常に安い。D-sub、HDMI端子対応なので古いパソコンでも簡単にサブディスプレイとして接続可能。スタンド背面にケーブル収納機能が備わっており、テーブル周りの配線もスッキリ収納。

とれろく
とれろく

21.5インチと少し小さめなモニターという印象を受ける方もいますが、横幅48.95cm、高さ39.16cmとチャート表示用なら十分な大きさです。コンパクトなので置場を選びにくいのも特徴。

5位 BenQ モニター ディスプレイ GW2480 23.8インチ


4位と比較すると接続端子にDisplayPortが追加された為、ゲーム機との接続が可能になったり、モニターサイズが21.5インチから23.8インチへとやや大きくなったりしていまいます。

値段は16,000円前後と少し高い。

とれろく
とれろく

同じ23.8インチなら2位のI-O DATA モニター 23.8型  EX-LDH241DBの方が価格も安く人気。ただし、こっちはDisplayPort非対応なのでゲーム機との接続にやや難あり。

6位 HP モニター 23.8インチ ディスプレイ 型番:2E2Y5AA-AAAA


真っ黒なモニターが多い中、シルバーを採用したスタイリッシュモニター。

価格は14,500円前後と23.8インチでは安い部類。Amazonでも2021年4月に取扱初めて以降、順調に販売台数を稼ぎ、モニター売れ筋ランキングに大体いつもノミネートしています。

とれろく
とれろく

スタンド部分もかっこよく、全体的にスタイリッシュなデザイン。お求めやすい価格も人気の理由。

タイトルとURLをコピーしました