とれろくが推奨。2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

【2021年】おすすめのトレード用モニター6選!推奨スペックも解説!

おすすめのトレード用モニターを紹介!正しい選び方とは?

トレード用にモニターを追加購入しようと考えているんだけどオススメは?

とれろく
とれろく

そんなあなたにトレード用にオススメのモニターを紹介!トレード用モニターに求められる機能って何?という疑問も解決できます。早速行ってみましょう!

関連記事 【FX・株】トレード効率急増!マルチモニターのやり方を解説!

スポンサーリンク

トレード用のモニターは複数あると便利

私はトレーディング用に21インチの小さなモニターを3枚使っています。

私の取引環境

モニター1枚の価格は1枚1万5千円ぐらい。

トレーディング用と割り切っているので適当にやっすいモニターを3枚購入し使っています。

机は1万円ちょっとのDEWELのL字デスクを使い、椅子はGTracingのゲーミングチェアを使っています。

関連記事
【購入済み】Gtracingのゲーミングチェアを評価する!体験レビュー
【レビュー】DEWELのL字型パソコンデスク(幅150cm)を購入したので組み立てて設置してみた

とれろく
とれろく

モニターを購入したのは10年以上前になるので、さすがにそろそろ買い替え時。そんな理由もあり、 Amazon最新のモニター売れ筋ランキングより トレーディング用にぴったりのモニターをチェックしていきましょう。

さて、スキャルピングやデイトレードならマルチディスプレイは必須

あっちの情報を見て、こっちの情報を見て、と画面を切り替えるのは疲れるし、何より落ち着かない。しっかり腰を据えて、画面を凝視し、思考していきたいもの。そんな時に必要なのが複数のモニターを使ったマルチディスプレイ環境。

マルチディスプレイの仕方は色々あります。

その中で一番簡単な方法はUSB-VGAアダプタを購入するというもの。

例)USB-VGAアダプタ

これを使うと、USB端子をモニターの接続端子(HDMI、D-sub)に変換することができます。理論上、USB端子の数だけモニターを増やすことができるため、モニターアームなども駆使すれば6画面、8画面のトレード環境を構築することができます。

関連記事 縦2画面(上下)デュアルモニターアーム15種比較!オススメは?

とれろく
とれろく

私はパソコンについているディスプレイ端子だけではモニター3枚化できなかったため、USB-RGBを購入しました。価格は2千円前後なのでそう高いものではありません。

関連記事 【FX・株】トレード効率急増!マルチモニターのやり方を解説!

さて、では本題。

Amazon最新のモニター売れ筋ランキングよりトレード用に適したモニターをピックアップしていきます。ピックアップ基準は次の通り。

トレード用にオススメなモニタースペックまとめ

項目オススメ内容特徴
画面タイプワイド上下左右どこでも設置できる汎用タイプ
画面サイズ21インチ~27インチ大きすぎず、小さすぎずトレード用に適したサイズ
画面の仕様ノングレア(非光沢)目が疲れにくく、余計な映り込みが無いからチャートに集中できる。
解像度フルHD(1920*1080)主流の解像度なので、安価でモニターの選択肢が多い
入力端子DVI、HDMI、D-Sub15主流の入力端子。安価でモニターの選択肢が多い
とれろく
とれろく

なぜこのスペックがオススメなのか?は後半で解説しています。良ければそちらも合わせてチェック!

スポンサードサーチ

トレード用オススメのモニターランキング

Amazon最新のモニター売れ筋ランキングより、トレーディング用に適したモニターをピックアップ形式で紹介すると次の通り。

ちなみに全て2万円以内。トレーディング用に割り切ったストイックな選定です。

1位 【Amazon.co.jp限定】ASUS フレームレス モニター 23インチ VZ239HR

メーカー‎ASUSTek
型番‎VZ239HR
画面サイズ23インチ
寸法‎38.7 x 21.1 x 53.1 cm
解像度‎1920×1080
重量2.7kg
入力端子HDMI, D-Sub 15ピン

いつ見ても Amazonのモニター売れ筋ランキングの上位にランクインしている定番モニター。ビジネス用途としてもコスパが非常に高いのが特徴。

厚みが7mmと薄く、重量が2.7kgと軽い。そして値段がめっちゃ安いのが特徴。

その代わりデメリットがあり、VESA非対応(モニターアーム非対応)なのでモニターアームに取り付けるのは不向き。一応別売のアタッチメントを取り付ければVESAマウントを後付けできます。

関連記事 「ASUS VZ239HR」へのモニターアームの付け方!VESAマウントを解説!

とれろく
とれろく

コスパ優先ならまず第一の候補になるトレーディングモニターです。

2位 【Amazon.co.jp 限定】I-O DATA モニター 23.8型  EX-LDH241DB

メーカー‎アイ・オー・データ
型番‎EX-LDH241DB
画面サイズ23.8インチ
寸法‎21.5 x 55.3 x 38.8 cm
解像度‎1920×1080
重量2.72kg
入力端子HDMI, D-Sub 15ピン

1位のモニターと比較すると0.8インチ画面サイズが大きい。そして価格が少し高め。

といっても、ちゃんと価格差には理由があります。

例えばスタンドの背面にはケーブルホルダーが付いているので、配線をすっきり収納できたり、前面にはスマホホルダーが付きなので、スマホを立て掛けておくことができます。

また背面にはVESAマウントが付いているのでモニターアームを取り付けることも可能。将来的にモニターを縦に並べたマルチディスプレイ環境を作る可能性があるなら、こちらのモニターが候補ですね。

関連記事 「I-O DATA EX-LDH241DB」へのモニターアームの付け方!VESAマウントを解説!

とれろく
とれろく

コスパを優先しつつも、汎用性の高さを維持したモニター。唯一デメリットを上げるならモニター画面周囲のベゼル部(黒のプラスチック部分)が少し太め。複数枚並べた時、気になる人は気になるかも。

3位【Amazon.co.jp限定】Dell SE2722H 27インチ

メーカー‎Dell
型番‎DELL-SE2722H
画面サイズ27インチ
寸法‎20 x 62.3 x 45.9 cm
解像度‎1920×1080
重量4.63kg
入力端子HDMI, D-Sub 15ピン

大きなモニターでトレードしたい。という方にオススメな27インチ大型モニター。

トレード用モニターなら推奨限界サイズ。めっちゃ大きいのに値段が安い理由は”サウンド非対応”だから。スピーカーが付いていないので、別のモニターで音を出すか、外付けのスピーカーを用意する必要があります。

それさえクリアすれば、大画面で取引するのに最適なモニターです。

とれろく
とれろく

もちろんモニターアームに対応しています。このモニターを上下左右に4枚並べると壮観なこと間違いなし。

4位【Amazon.co.jp 限定】LG モニター ディスプレイ 27EA430V-B

メーカー‎LG
型番‎27EA430V-B
画面サイズ27インチ
寸法‎20.4 x 62.6 x 46.9 cm
解像度‎1920×1080
重量4.6kg
入力端子HDMI,DVI-D入力、D-Sub 15ピン

画面が大きな27インチ。こちらもスピーカー非対応のモデルな為、値段が安い。

画面のずれや表示の遅延を軽減するFreeSync機能、チラつきを抑えるフリッカーセーフ機能、目に優しいブルーライト低減モードなど搭載。

とれろく
とれろく

3位のDELL製27インチモニターと大きな差はありません。ただし、メーカーの評判としてLGの方がイマイチなので、4位にランクイン。3位が売り切れの時は4位のこのモニターが候補。

5位【Amazon.co.jp限定】ASUS フレームレス モニター 23.8インチ

メーカー‎ASUSTek
型番‎VZ249HR
画面サイズ23.8インチ
寸法‎21.1 x 54 x 39.1 cm
解像度‎1920×1080
重量2.9kg
入力端子HDMI, D-Sub 15ピン

1位のASUS ‎VZ239HRと基本的スペックは同じですが、画面サイズが0.8インチ大きいのが特徴。

厚さ7mmのウルトラスリム。モニター周囲の黒のベゼル部が狭いフレームレス仕様だからスタイリッシュ。

ただし、こちらも1位と同じくモニターアーム非対応。別売のVESAマウントを購入すればモニターアームに取り付けることができるものの、その場合、最初から2位のI-O DATA モニター 23.8型  EX-LDH241DBを購入した方が安く済む。

関連記事 「ASUS VZ249HR」へのモニターアームの付け方!VESAマウントを解説!

とれろく
とれろく

同じ23.8インチなら2位のI-O DATA モニター 23.8型  EX-LDH241DBの方が価格も安く人気。なので5位にランク付け。

6位 BenQ アイケア ウルトラスリムベゼル ディスプレイ GW2280

メーカー‎ベンキュージャパン
型番‎GW2280
画面サイズ‎21.5 インチ
寸法‎18.3 x 49 x 39.2 cm
解像度‎1920×1080
重量3.5kg
入力端子HDMI, D-Sub 15ピン

とにかく値段が安いモニターが良い。そんなトレーダーが選択するモニター。

実は2018年に発売された少し古いモデルではあるものの、圧倒的値段の安さと無駄をなくしたストイックさが受け、いまだに売れ続けるロングセラーモニター。

スピーカー対応、モニターアーム対応。十分なスペックです。

とれろく
とれろく

デメリットは21.5インチにしては3.5kgとやや重め。※オススメ1位は23インチで2.7kg。複数枚置くと、机の耐荷重を超えることもあるので注意。

トレード用モニターってどんなのがオススメ?

トレード用のモニターぴったりな特徴をまとめると次の通り。

トレード用にオススメなモニタースペックまとめ

項目オススメ内容特徴
画面タイプワイド上下左右どこでも設置できる汎用タイプ
画面サイズ21インチ~27インチ大きすぎず、小さすぎずトレード用に適したサイズ
画面の仕様ノングレア(非光沢)目が疲れにくく、余計な映り込みが無いからチャートに集中できる。
解像度フルHD(1920*1080)主流の解像度なので、安価でモニターの選択肢が多い
入力端子DVI、HDMI、D-Sub15主流の入力端子。安価でモニターの選択肢が多い
とれろく
とれろく

この辺りを押さえておけば、まず買って後悔しません。それぞれポイントを紹介したいと思います。

1.トレード用ならワイドモニターがオススメ

モニターの画面種類

※横縦比、cm数は目安

モニターの画面タイプは3タイプ。一番のオススメはワイド。

スクエアは表示可能なチャート範囲が小さぎたり、取引ソフトのガジェットが全部表示できなかったり不便。

ウルトラワイドは画面サイズが80cm以上と大きすぎ。画面端っこを見る時、目線を大きく動かす必要があり疲れやすい。

ウルトラワイド 例)LG モニター ディスプレイ 34WP500-B 34インチ

ウルトラワイドモニターで一番人気がこちら。

トレード机の正面奥にモニターを置くならウルトラワイドも候補に入るものの、上下左右に設置する場合は見にくいので非推奨。

関連記事 【2021年】ウルトラワイドにオススメのモニターアーム5選!

とれろく
とれろく

今使っているモニターをサブ用として左右に設置し、これを正面に置くのもありといえば有り。自慢できるトレーディングルームになるのは間違いなし。

2.画面サイズは21インチ~27インチがオススメ

画面サイズは小さすぎず、大きすぎない主流タイプがオススメ。一般的には設置場所の机の大きさを考え21~27インチが選ばれています。

ワイドタイプ(16:9)モニター インチ別目安サイズ

サイズ表記画面横幅(cm)画面縦幅(cm)対角線(cm)
21インチ46.426.153.3
22インチ48.627.455.9
23インチ50.828.658.4
24インチ53.029.960.9
25インチ55.331.163.5
26インチ57.532.466.0
27インチ59.733.668.6

小さいとチャートが小さかったり、大きすぎると逆に見にくい。ちょうどいいサイズが21~27インチ。量産型なので値段もお手頃。

とれろく
とれろく

Amazonのモニター売れ筋ランキングの上位も大体21~27インチが占めています。3画面なら21インチ×3枚、2画面なら27インチ2枚。というように設置場所とも相談しつつ大きさを選びましょう。

3.モニター画面はノングレアがオススメ

モニター画面は光沢のあるグレア、光沢のないノングレアの2種類有り。

画面の仕様は2種類

グレアは色が鮮やかで映像が綺麗に見えるものの、表面がツヤツヤしている為、外部からの映り込みが辛い。またチカチカとした反射は長時間見ていると目が疲れやすい。

ノングレアは地味でコントラストが低く見えるものの、外部からの映り込みが少なく、目への負担が非常に小さい。

とれろく
とれろく

表面がツヤツヤしたモニターは色彩豊かで気持ちが良い。ただトレード用としては実用的ではありません。部屋の明かりが映り込むのも嫌。トレード用なら迷わずノングレアのモニターを選択。

4.モニター解像度はフルHDがオススメ

モニターの解像度は6種類。

名称解像度
8K7680*4320
4K3840*2160
WQHD2560*1440
フルHD(オススメ1920*1080
WXGA++1600*900
HD1280*720

解像度が高いほど画質が良い。ゲームや動画を高画質で楽しみたい人には4Kや8K対応のモニターも候補になるものの、トレード用としては過剰スペック。

ほとんどのトレーディングツールはフルHDを基準に作られている為、解像度が高すぎる文字が小さくなって読みにくいという問題が発生します。

とれろく
とれろく

モニター解像度の主流はフルHD。4K対応の動画が見たい!という強い思いが無いならフルHDを選ぶのが無難。

5.入力端子はDVI、D-Sub15、HDMI対応がオススメ

モニターとパソコンをつなぐ端子は5種類。

端子名特徴
DVI(オススメ)映像のみ(デジタル信号)
D-Sub15(オススメ)映像のみ(アナログ信号)
HDMI(オススメ)1本で音声と映像(デジタル信号)
USBおなじみのUSB端子
DisplayPort1本で音声と映像(デジタル信号)

どの端子でもマルチモニター化できるものの、画質がデジタルかアナログか、1本で音声と映像を入力できるか、といった違いがあります。

とれろく
とれろく

チャート表示用ならアナログ信号でも十分ですし、コードが1本でも、2本でもどっちでもOK。その中でもDVI、D-Sub15、HDMIは対応パソコンが多い為オススメ。

ちなみにマルチモニター化する時に便利なUSB-VGAアダプタもほとんどがD-Sub15、HDMI対応。DisplayPortしか付いていないモニターを購入すると端子の変換が必要になるケースも有り。

例)USB-VGAアダプタ

関連記事 【FX・株】トレード効率急増!マルチモニターのやり方を解説!

その他のスペックはほぼ気にしなくてOK

この他、こだろうと思えば縦横のアスペクト比、表示色数、応答速度など項目があるもの、基本的にどのモニターもほぼ同じ。トレード用なら比較しなくてもOK。

オススメのモニター種類まとめ

ではここまでのまとめ。

項目オススメ内容特徴
画面タイプワイド上下左右どこでも設置できる汎用タイプ
画面サイズ21インチ~27インチ大きすぎず、小さすぎずトレード用に適したサイズ
画面の仕様ノングレア(非光沢)目が疲れにくく、余計な映り込みが無いからチャートに集中できる。
解像度フルHD(1920*1080)主流の解像度なので、安価でモニターの選択肢が多い
入力端子DVI、HDMI、D-Sub15主流の入力端子。安価でモニターの選択肢が多い
とれろく
とれろく

これら条件を満たしたトレード用モニターを再度、ランキング紹介!

Amazon最新のモニター売れ筋ランキングより、トレーディング用に適したモニターをピックアップ形式で紹介すると次の通り。

ちなみに全て2万円以内。トレーディング用に割り切ったストイックな選定です。

1位 【Amazon.co.jp限定】ASUS フレームレス モニター 23インチ VZ239HR

メーカー‎ASUSTek
型番‎VZ239HR
画面サイズ23インチ
寸法‎38.7 x 21.1 x 53.1 cm
解像度‎1920×1080
重量2.7kg
入力端子HDMI, D-Sub 15ピン

いつ見ても Amazonのモニター売れ筋ランキングの上位にランクインしている定番モニター。ビジネス用途としてもコスパが非常に高いのが特徴。

厚みが7mmと薄く、重量が2.7kgと軽い。そして値段がめっちゃ安いのが特徴。

その代わりデメリットがあり、VESA非対応(モニターアーム非対応)なのでモニターアームに取り付けるのは不向き。一応別売のアタッチメントを取り付ければVESAマウントを後付けできます。

関連記事 「ASUS VZ239HR」へのモニターアームの付け方!VESAマウントを解説!

とれろく
とれろく

コスパ優先ならまず第一の候補になるトレーディングモニターです。

2位 【Amazon.co.jp 限定】I-O DATA モニター 23.8型  EX-LDH241DB

メーカー‎アイ・オー・データ
型番‎EX-LDH241DB
画面サイズ23.8インチ
寸法‎21.5 x 55.3 x 38.8 cm
解像度‎1920×1080
重量2.72kg
入力端子HDMI, D-Sub 15ピン

1位のモニターと比較すると0.8インチ画面サイズが大きい。そして価格が少し高め。

といっても、ちゃんと価格差には理由があります。

例えばスタンドの背面にはケーブルホルダーが付いているので、配線をすっきり収納できたり、前面にはスマホホルダーが付きなので、スマホを立て掛けておくことができます。

また背面にはVESAマウントが付いているのでモニターアームを取り付けることも可能。将来的にモニターを縦に並べたマルチディスプレイ環境を作る可能性があるなら、こちらのモニターが候補ですね。

関連記事 「I-O DATA EX-LDH241DB」へのモニターアームの付け方!VESAマウントを解説!

とれろく
とれろく

コスパを優先しつつも、汎用性の高さを維持したモニター。唯一デメリットを上げるならモニター画面周囲のベゼル部(黒のプラスチック部分)が少し太め。複数枚並べた時、気になる人は気になるかも。

3位【Amazon.co.jp限定】Dell SE2722H 27インチ

メーカー‎Dell
型番‎DELL-SE2722H
画面サイズ27インチ
寸法‎20 x 62.3 x 45.9 cm
解像度‎1920×1080
重量4.63kg
入力端子HDMI, D-Sub 15ピン

大きなモニターでトレードしたい。という方にオススメな27インチ大型モニター。

トレード用モニターなら推奨限界サイズ。めっちゃ大きいのに値段が安い理由は”サウンド非対応”だから。スピーカーが付いていないので、別のモニターで音を出すか、外付けのスピーカーを用意する必要があります。

それさえクリアすれば、大画面で取引するのに最適なモニターです。

とれろく
とれろく

もちろんモニターアームに対応しています。このモニターを上下左右に4枚並べると壮観なこと間違いなし。

4位【Amazon.co.jp 限定】LG モニター ディスプレイ 27EA430V-B

メーカー‎LG
型番‎27EA430V-B
画面サイズ27インチ
寸法‎20.4 x 62.6 x 46.9 cm
解像度‎1920×1080
重量4.6kg
入力端子HDMI,DVI-D入力、D-Sub 15ピン

画面が大きな27インチ。こちらもスピーカー非対応のモデルな為、値段が安い。

画面のずれや表示の遅延を軽減するFreeSync機能、チラつきを抑えるフリッカーセーフ機能、目に優しいブルーライト低減モードなど搭載。

とれろく
とれろく

3位のDELL製27インチモニターと大きな差はありません。ただし、メーカーの評判としてLGの方がイマイチなので、4位にランクイン。3位が売り切れの時は4位のこのモニターが候補。

5位【Amazon.co.jp限定】ASUS フレームレス モニター 23.8インチ

メーカー‎ASUSTek
型番‎VZ249HR
画面サイズ23.8インチ
寸法‎21.1 x 54 x 39.1 cm
解像度‎1920×1080
重量2.9kg
入力端子HDMI, D-Sub 15ピン

1位のASUS ‎VZ239HRと基本的スペックは同じですが、画面サイズが0.8インチ大きいのが特徴。

厚さ7mmのウルトラスリム。モニター周囲の黒のベゼル部が狭いフレームレス仕様だからスタイリッシュ。

ただし、こちらも1位と同じくモニターアーム非対応。別売のVESAマウントを購入すればモニターアームに取り付けることができるものの、その場合、最初から2位のI-O DATA モニター 23.8型  EX-LDH241DBを購入した方が安く済む。

関連記事 「ASUS VZ249HR」へのモニターアームの付け方!VESAマウントを解説!

とれろく
とれろく

同じ23.8インチなら2位のI-O DATA モニター 23.8型  EX-LDH241DBの方が価格も安く人気。なので5位にランク付け。

6位 BenQ アイケア ウルトラスリムベゼル ディスプレイ GW2280

メーカー‎ベンキュージャパン
型番‎GW2280
画面サイズ‎21.5 インチ
寸法‎18.3 x 49 x 39.2 cm
解像度‎1920×1080
重量3.5kg
入力端子HDMI, D-Sub 15ピン

とにかく値段が安いモニターが良い。そんなトレーダーが選択するモニター。

実は2018年に発売された少し古いモデルではあるものの、圧倒的値段の安さと無駄をなくしたストイックさが受け、いまだに売れ続けるロングセラーモニター。

スピーカー対応、モニターアーム対応。十分なスペックです。

とれろく
とれろく

デメリットは21.5インチにしては3.5kgとやや重め。※オススメ1位は23インチで2.7kg。複数枚置くと、机の耐荷重を超えることもあるので注意。

タイトルとURLをコピーしました