【今なら無料】オススメ投資本がkindle unlimitedで読み放題

おすすめのトレード用モニターを紹介!正しい選び方とは?

おすすめのトレード用モニターを紹介!正しい選び方とは?

トレード用にモニターを追加購入しようと考えている。

とれろく
とれろく

トレード用にモニターを増やそうと考えているけど、どんなモニターが良いの?そんな疑問を抱えているトレーダーの方にオススメのトレード用モニターの紹介、また選び方について解説します。

スポンサーリンク

トレード用のモニターは複数あると便利

私のトレード用のパソコンはモニターを3枚使用

私の取引環境

とれろく
とれろく

私のモニターは1枚1万5千円以内の安いモニター。正直、映ればどんなモニターでも良かったので・・・。

とはいってもスキャルピングやデイトレードといった短期売買では非常に役立っています。今から1画面に戻すのは無理。生涯3画面以上は必須ですね。

株、FX、仮想通貨を問わずトレードするならマルチモニターは必須。

あっちの情報を見て、こっちの情報を見て、と画面を切り替えるのは疲れるし、何より落ち着かない。しっかり腰を据えて、画面を凝視し、思考していきたいもの。

これを機会に、どんなモニターを購入すれば良いか検討し、理想のトレード環境を構築していきましょう。もし私のようにただ映ればいい。というトレーダーであれば、次のような格安モニターがおすすめ。

トレード用におすすめの格安モニター


こちら現在Amazonで1枚15,000円以下。

 

このモニターを2枚購入し、USB-VGAアダプタを購入すればノートパソコン、デスクトップパソコン問わず即マルチモニターへ。

オススメのUSB-VGAアダプタ

記事を書いている現在Amazonだと2380円。USB-VGAアダプタはパソコンのUSB端子とモニターの端子を繋げる装置。USB端子を使ってマルチモニター化できるのでその気になれば6画面化することも可能。

とれろく
とれろく

トレード用のモニターはこだわりたい。そんな方の為にモニターの種類について解説!

スポンサードサーチ

トレード用モニターの種類

デイトレ、スキャルピングするならどんなモニターがオススメなのか?先に結論部分を紹介。

オススメのモニタースペックまとめ

項目オススメ内容特徴
画面タイプワイド上下左右どこでも設置向き
画面サイズ22インチ~28インチトレード用なら適サイズ
画面の仕様ノングレア(非光沢)目が疲れにくく、映り込み無し
解像度フルHD(1920*1080)主流。安価で選択肢が多い
入力端子DVI、HDMI、D-Sub15選択肢が多い。
とれろく
とれろく

どうしてこのスペックを選ぶんだのか?それは次の通り。

モニターはスクエア、ワイド、ウルトラワイドの3種類。

モニターの画面種類

※横縦比、cm数は目安

スクエアは表示できるチャートの期間が短くなりがちなので不向き。かといってウルトラワイドは画面サイズが80cm以上と大きすぎ。近くに設置すると画面端っこが非常に見にくい

とれろく
とれろく

トレード机の正面にモニターを置くならウルトラワイドも候補に入るものの、上下左右に設置すると見にくい。そこで買うなら無難にワイドタイプがオススメです。

画面サイズを選ぶ

画面サイズは小さすぎず、大きすぎないものを選択しましょう。

ワイドタイプ(16:9)モニター インチ別サイズ

インチ高さ横幅対角線
1923.742.148.3
2024.944.350.8
22(オススメ27.448.755.9
26(オススメ32.457.666.0
28(オススメ34.962.071.1
3037.466.476.2
3239.970.881.3
3746.181.994.0

置く場所のスペースの問題もあるものの、オススメしたいサイズは22インチ~28インチ。テレビと違い、パソコンモニターは目の近くに設置する為、あまり大きなモニターは逆に不便です。

とれろく
とれろく

複数枚設置するなら22インチ~28インチのモニターがオススメ。もし、1枚しか追加設置しない場合、大きなサイズのモニターを購入するのも有り。ただし、お値段はちょっと高めかも。

画面の仕様は2種類

画面の仕様は2種類

モニター画面は光沢のあるグレア、光沢のないノングレアの2種類。

グレアは色が鮮やかで映像が綺麗に見えるものの、表面がツヤツヤしている為、外部からの映り込みが辛い。またチカチカとした反射は長時間見ていると目が疲れやすい。

対してノングレアは地味でコントラストが低く見えるものの、外部からの映り込みが少なく、目への負担が非常に小さい。

とれろく
とれろく

表面がツヤツヤしたモニターは気分が良いものの、トレード用としてはあまり実用的ではありません。部屋の明かりが映り込んだりすると集中できないですよね。トレード用のモニターなら迷わずノングレアがおすすめ。

解像度は6種類

名称解像度
8K7680*4320
4K3840*2160
WQHD2560*1440
フルHD(オススメ1920*1080
WXGA++1600*900
HD1280*720

解像度が高ければ高いほど画質は向上。トレード以外にもゲームや動画を高画質で楽しみたい人には4Kや8K対応のモニターがオススメです。※再生するゲームや動画が4K、8K対応の必要有

また解像度が高すぎるとワードやエクセルといった文章の文字が小さくなったり、Webコンテンツの文章が読みにくいといった問題が発生します。そこでチャート表示やネットサーフィン用で無難にフルHD(1920*1080)のモニターがオススメ。

とれろく
とれろく

モニター解像度の主流はまだまだフルHD。安価なモデルも多く、選択肢の幅も広がる為、フルHDのモニターを選択するようにしましょう。

入力端子は5種類

端子名特徴
DVI(オススメ)映像のみ(デジタル信号)
D-Sub15(オススメ)映像のみ(アナログ信号)
HDMI(オススメ)1本で音声と映像(デジタル信号)
USBおなじみのUSB端子
DisplayPort1本で音声と映像(デジタル信号)
とれろく
とれろく

どの端子でもマルチモニター化できます。少しでも画質の良さを追求したい場合、DVI端子、HDMI端子といったデジタル信号タイプのモニターがオススメ。ちなみに私はD-Sub15端子を使っています。正直、チャート用なのでアナログでもデジタルでも影響なし。

ただし、選択肢の多さから考えればDVI、D-Sub15、HDMIがオススメの端子です。

その他のスペックはほぼ気にしなくてOK

この他、こだろうと思えば縦横のアスペクト比、表示色数、応答速度など項目があるもの、基本的にどのモニターもほぼ同じ。比較しなくてもOK。

オススメのモニター種類まとめ

ではここまでのまとめ。

項目オススメ内容特徴
画面タイプワイド上下左右どこでも設置向き
画面サイズ22インチ~28インチトレード用なら適サイズ
画面の仕様ノングレア(非光沢)目が疲れにくく、映り込み無し
解像度フルHD(1920*1080)主流。安価で選択肢が多い
入力端子DVI、HDMI、D-Sub15選択肢が多い。
とれろく
とれろく

では最後に、具体的にどのモニターがオススメなのか?2021年最新のモニター情報を見つつ、紹介したいと思います。

オススメのトレード用モニター

デイトレ、スキャル用でコスパ重視なら「【Amazon.co.jp 限定】I-O DATA モニター 23.8型」がオススメ。


こちら現在Amazonで1枚15,000円以下。

モニタースペック情報

項目内容
画面タイプワイド
画面サイズ23.8インチ
画面の仕様ノングレア(非光沢)
解像度フルHD(1920*1080)
入力端子VGA、DisplayPort、HDMI
寸法幅: 55.3cm×奥行: 21.5cm×高さ: 38.8cm
とれろく
とれろく

先に紹介したオススメスペックをすべて満たすモニターです。汎用性の高い基本スペックをすべて兼ね備え、それでいて低価格。

同じく、コスパ重視なら「Acer ゲーミングディスプレイ KG252Qbmiix 24.5型ワイド IPS 非光沢 1920×1080 フルHD 250cd 1ms 75Hz HDMI」もおすすめ。

モニタースペック情報

項目内容
画面タイプワイド
画面サイズ24.5インチ
画面の仕様ノングレア(非光沢)
解像度フルHD(1920*1080)
入力端子HDMI 1.4×2、ミニD-Sub 15ピン
寸法557.8×416.4×239.6mm
とれろく
とれろく

ゲーム用のモニターと宣伝されているものの、意外にもオーバースペックではなく、トレード用のモニターとしても抜群。こちらもAmazonで現在1万5千円以下。

4K、8K対応の高スペックモニターなら「Dell 4K ワイドフレームレスモニター 27インチ S2721QS」がオススメ。

モニタースペック情報

項目内容
画面タイプワイド
画面サイズ27インチ
画面の仕様ノングレア(非光沢)
解像度4K(3840×2160)
入力端子HDMIx2, DisplayPortx1
寸法高さ510.1×幅611.6×奥行174.7mm
とれろく
とれろく

25インチ前後の4K対応のモニターはどれも4万円超えが多い。そんな中、4万以下で尚且つちゃんとしたメーカー製(Dell)は少ない。4K対応で選ぶなら有名メーカー製の4万以下のモデルがオススメ。

以上、トレード用のおすすめモニターの紹介でした。

トレーダーならマルチディスプレイ環境は必須。便利さが全然違います。

これを機会に、モニターを増設しちゃいましょう。あなたの理想のトレード環境を整えるお手伝いになっていれば幸いです。最後までありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました