とれろくが推奨。2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

【USB-C対応】V315UHDRC60Wを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

4.0
【USB-C対応】V315UHDRC60Wを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

JAPANNEXT V315UHDRC60Wってどんなモニター?レビューや口コミを探してる?買って大丈夫なモニター?

とれろく
とれろく

そんな疑問が解決できるよう、V315UHDRC60Wを徹底レビュー!V315UHDRC60Wは高コントラストのVAパネル採用で映像がめちゃくちゃ綺麗。USB-TypeC対応、USB端子×2、入力端子豊富、スピーカー内蔵と総合性能も◎。JAPANNEXTの評判なども詳しく紹介していくよ!

スポンサーリンク

V315UHDRC60Wってどんなモニター?

引き締まった黒の表現と色再現性に優れたVAパネルを採用「V315UHDRC60W」

V315UHDRC60Wの最大の特徴といえば、やっぱり液晶性能。一般的なIPSパネルと比べ、コントラスト性能は脅威の3倍。「せっかくモニターを購入するなら、画質の良いモニターが欲しい。」という人にぴったり。

USB-TypeCでの映像入力・給電60Wにも対応しているため、Macbookといった薄型ノートパソコンとも相性◎。おまけに

  • HDMI、DisplayPortと種類の端子搭載で汎用性◎
  • USB端子×2で、キーボードやマウスとの有線接続もOK。机上配線スッキリ。
  • スピーカー内蔵+音声出力対応で音響関係も自由度高し

と、総合性能もめちゃくちゃ高い。

とれろく
とれろく

JAPANNEXTではなく、DellやAsusといった海外ブランドで同等スペック品を購入しようと思うと、+1万円~2万円は覚悟する必要があります。JAPANNEXTは良い製品を安く販売しているから好き。

色彩豊かなVAパネルを採用。画質は良好

公式サイトより

V315UHDRC60Wの液晶パネルの性能は次の通り。

項目性能
サイズ31.5インチ(横72.9cm×高50.0cm)
表示色約10.7億色
→通常の約1677万色の64倍の性能
パネルVAパネル/非光沢
最大解像度4K(3840×2160)
→フルHD(1920×1080)の4倍の性能
視野角H:178° V:178°
輝度300cd/㎡
コントラスト比3000 : 1
V315UHDRC60Wの画質スペック

V315UHDRC60Wの特徴はVAパネルを採用している点。

  • 圧倒的なコントラスト性能を持ち、明暗はっきりした美しい映像を再現可能
  • 黒色の均一性が優秀で、黒い部分はほんとうに真っ黒。黒なのに美しいレベル

というメリットを持ちます。

VAパネルの良さは、Twitterでも良く口コミを見かけます。

とれろく
とれろく

安いモニターなので色ムラの激しいTNパネルとか付けてるんじゃないの?と思いきやなんとVAパネル。映画やゲームも楽しめるモニター・・・だと!

ちなみにIPSパネルのコントラストは標準で1,000:1。VAパネルを採用したV315UHDRC60Wのコントラストは3,000:1。

数値で比較するとIPSパネルの3倍ものコントラスト性能。そりゃ綺麗。

V315UHDRC60Wはゲーミング性能も〇

公式サイトより
項目性能
リフレッシュレート60Hz
応答速度5ms
可変リフレッシュレートFreeSync対応
V315UHDRC60Wのゲーミング性能

大画面4Kモニターだと、リフレッシュレートが30Hzしか出なかったり、応答速度が8msだったりと、ゲーム性能が著しく低いものが多い中、V315UHDRC60Wは合格。

テレビや一般的なパソコンモニターと同じ性能を持つため、ゲームプレイは十分可能。可変リフレッシュレートにも対応しているため、CPUやGPUに高負荷がかかることで発生するラグやズレも解消。ストレスないゲーム体験が可能。

接続端子が豊富。汎用性が高く扱いやすい

公式サイトより

V315UHDRC60Wに搭載している接続端子は次の通り。

項目性能
入力信号デジタル
入力端子HDMI2.0 ×1
DisplayPort ×1
USB-TypeC(60W給電)×1
USB端子×2
音声出力端子(ヘッドホン対応)×1
スピーカー3W×2 ステレオスピーカー内蔵
V315UHDRC60Wの接続端子

V315UHDRC60WはUSB TypeCケーブル1本でPC本体への給電(もしくはディスプレイへの給電)と、モニター側へ映像出力が可能。薄型ノートパソコンを持ち運んで使う人用の拡張サブモニターにぴったり。

KVM機能(パソコン切り替え機能)を搭載しているため、2台のパソコンをモニター側で切り替えて1台のキーボードとマウスで操作することも可能。使い勝手が非常に良い。

HDMI端子、DisplayPort端子も搭載しているため、様々な機器の併用モニターとしても使用可能。

スピーカーも内蔵しているため、外付けスピーカーを用意する必要も無し。もちろん、ヘッドホン端子(音声出力)も搭載しているため、在宅仕事やゲームも◎

V315UHDRC60Wを買っても大丈夫な人

  • USB-C出力対応の薄型ノートパソコン用の拡張サブモニターを探している人
  • 横幅72.9cm、5.5kgの31.5インチ液晶が置ける机を持っている人
  • せっかくなら動画やゲームも楽しめる高画質モニターが良い人
  • スピーカー内蔵、イヤホン対応の音声出力端子搭載モデルが良い人

V315UHDRC60Wを買わない方が良い人

  • USB-TypeC出力対応機器を持っていない人
  • 高さ調整や左右首振り(スイベル)機能が必要な人

JAPANNEXTのモニター TwitterやYoutubeでの評価は?

ではここでJAPANNEXTのモニターのリアルな口コミをTwitterやYoutubeでチェックしてみよう。結果→購入報告、愛用者も多く評価も高い。JAPANNEXTのモニターは買っても良し

スポンサードサーチ

V315UHDRC60Wのレビューまとめ

引き締まった黒の表現と色再現性に優れたVAパネルを採用「V315UHDRC60W」

V315UHDRC60Wの最大の特徴といえば、やっぱり液晶性能。一般的なIPSパネルと比べ、コントラスト性能は脅威の3倍。「せっかくモニターを購入するなら、画質の良いモニターが欲しい。」という人にぴったり。

USB-TypeCでの映像入力・給電60Wにも対応しているため、Macbookといった薄型ノートパソコンとも相性◎。おまけに

  • HDMI、DisplayPortと種類の端子搭載で汎用性◎
  • USB端子×2で、キーボードやマウスとの有線接続もOK。机上配線スッキリ。
  • スピーカー内蔵+音声出力対応で音響関係も自由度高し

と、総合性能もめちゃくちゃ高い。

とれろく
とれろく

JAPANNEXTではなく、DellやAsusといった海外ブランドで同等スペック品を購入しようと思うと、+1万円~2万円は覚悟する必要があります。JAPANNEXTは良い製品を安く販売しているから好き。モノはしっかり作られているため、あとは財布と相談するだけ!

V315UHDRC60Wの最新価格をチェックする↓

タイトルとURLをコピーしました