とれろくが推奨。2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

LG 24QP500-Bを徹底レビュー!比較・口コミチェック!

4.5
LG 24QP500-Bを徹底レビュー!比較・口コミチェック!

24QP500-Bってどんなモニター?レビューや口コミを探してる?買って大丈夫なモニター?

とれろく
とれろく

そんな疑問が解決できるよう、24QP500-Bを徹底レビュー!24QP500-BはAmazon限定モデルですが、通常モデルの24QP550-Bと何が違うのか?他メーカー品で競合モデルと何が違うのか?など徹底的に評価しました。安いモニターを探している人は是非参考にして欲しいですね。では早速!

スポンサーリンク

1分で分かる24QP500-Bレビューまとめ

24QP500-BはWQHD解像度で作業領域も広く、競合メーカー品と比べても値段が安い。はっきりいってお買い得。ただし、1,500円ほどの価格差で高機能スタンド搭載の通常モデル24QP550-Bが購入可能。個人的にはAmazon限定モデル24QP500-Bではなく、通常モデルの24QP550-Bをオススメしたい。

24QP500-Bはかなり優秀なWQHDモニターです。

価格だけを優先する場合、JAPANNEXT JN-IPS2380FLWQHDの方が2,000円近く安く23.8インチWQHDモニターが購入できますが、HDMI端子が1つしか付いてなかったり、リフレッシュレートが60Hzと少し低かったりします。

とれろく
とれろく

価格だけでなく、バランスも加味すれば24QP500-Bは十分買って良し。でもせっかくなら、高機能スタンド内蔵の通常モデル24QP550-Bのがオススメ。詳しく見ていきましょう。

スポンサードサーチ

24QP500-Bってどんなモニター?

FHDのモニターを2枚買うより、絶対24QP500-Bを1枚買った方がお得。

LG 24QP500-Bはモニター自体の性能は中の上程度。性能が悪くて安いモニターでもなく、高性能で高価なモニターでもありません。

特別、他のモニターと違う点は解像度がWQHD(2560×1440)と表示領域が大きい点。

同じ23.8インチのモニターであっても、FHDとWQHDでは表示領域が1.77倍違います。(ただし文字や画像は少し小さく見える)

作業領域が広いためエクセルやWeb画面など、複数のウィンドゥを並べて表示して作業するのが得意。仕事で広い作業領域を持ったモニターが欲しい。という人にぴったりです。

実際、どんな人が購入しているのかTwitterで調べてみると仕事用に使っている人を発見。口コミもそこそこ見つかります。

  • 日々メールの処理に追われるため追加で24QP500-Bを購入。
  • 安かったのでLG 24QP500-Bとモニターアームを購入。
  • お絵描き用に表示領域が広く、色再現性の高いいWQHDモニターを探してる
  • 今のところ候補がスペックの割に値段の安いLG 24QP500-B
  • 2週間前にブライアインにオススメして貰ったLG 24QP500-Bを買ったんだけど最高
とれろく
とれろく

LG 24QP500-Bは海外でも評価は高い。実際の24QP500-Bのサイズ感や質感。液晶性能などはYoutube動画が参考になります。

LG 格安WQHDモニターを買いました[24QP500-B]

数値で語る24QP500-Bのスペック解説・レビュー

スペックを見ると、24QP500-Bの良い点、悪い点が見つかります。

まず、液晶パネルにIPSパネルを採用している点は評価

24QP500-BはIPSパネルを採用

24QP500-Bはなんでも平均以上の性能を発揮するIPSパネルを採用しています。

色の再現力が非常に高く、原画通りの色彩描写なためネットサーフィンから動画視聴、仕事でもつかえる万能モニター。視野角が広いため机正面だけでなく、両脇に置くサイドモニターとしても活躍します。どんな人が購入しても「失敗した。」と後悔することの無い液晶パネル。

とれろく
とれろく

特別な用途のモニターを探している場合、VAパネルやTNパネルのモニターが候補になるものの、普通になんでも使えるモニターを探しているなら24QP500-BのようなIPSパネル採用モニターがベスト。

フレームレスモニター。ベゼルが極薄6.5mm設計でスタイリッシュ

24QP500-Bはベゼルが6.5mm(左・右)の極薄仕様

24QP500-Bは液晶画面の周りのベゼル部(フレーム部)が極薄6.5mm。

複数枚並べて置いても邪魔なフレーム部が視界に映りにくい。モニター間の視点移動も楽。まるで1つの横長モニターを置いているような一体感が感じられます。

安いモニターの中には15mm以上の極厚フレームを採用しているものがあります。「極太黒ブチ眼鏡かよ!」という存在感を発揮するため、液晶面に意識を手中にしにくい。

フレームレスモニターは見た目がおしゃれなだけでなく、集中力も高まる良構造。

リフレッシュレートは75Hzと少し性能が良い

24QP500-Bのリフレッシュレートは75Hz

24QP500-Bのリフレッシュレートは75Hz。すごく安いモニターやテレビは60Hzなので、ちょっぴり性能が良いという水準。1.25倍も描写コマ数が多いため、そこそこ映像は滑らか。動きの多いスポーツ動画やレーシングゲームも楽しめます。

さすがに本家ゲーミングモニターと比較すると性能が劣るものの、ゲーム専用モニターでなければ十分な性能。

応答速度は5msは合格水準

24QP500-Bの応答速度は5ms

24QP500-Bの応答速度は5ms。映像の切り替えスピードは普通の速さ。「残像感を感じる、映像がボヤけて見える」なんて低性能なモニターではありません。

一応可変リフレッシュレートにも対応。ただし入門機レベルなので過度な期待はNG。

24QP500-Bの可変リフレッシュレート性能は入門機レベル

ゲーム好きな人が重要視する可変リフレッシュレート機能。

ゲームプレイ中。画面に映るプレイヤーの数が多かったり、爆発エフェクトなど高いグラフィック処理能力が求められると、GPUが一時的にパンク(処理落ち)。画面がカクついたり、ラグったように映像が割れてしまいます。

これを防ぐ仕組みが「可変リフレッシュレート」。24QP500-Bは入門者向けの AMD FreeSyncに対応しています。映像出力側が処理落ちしても、モニター側で快適な動きとなるよう調整されます。24QP500-Bはちょっとしたゲームも快適に楽しめます。

スタンドは上下の角度調整しかできないシンプルタイプで残念

24QP500-Bは高機能タイプのスタンドを採用

24QP500-Bのスタンドはは上下の角度調整しかできないシンプルタイプ。

高さを調整したり、左右首振りできたり、回転させて縦表示なんてことはできません。モニター自体の使い勝手より、安さ優先という人が選ぶモデル。モニターアームには対応しているため、モニターアームと接続して使うのもOK

通常モデルの24QP550-Bと何が違う?

24QP500-BはAmazon限定モデル。実は通常モデルが存在します。通常モデルn品番は24QP550-B。

見ての通り、見た目はそっくり。解像度や液晶パネルの性能も全く同じ。Amazon限定モデルの24QP500-Bと通常モデル24QP550-Bの違いはスタンド性能のみ。

通常モデル24QP550-BはAmazon限定モデルより、値段が1,500円ほど高い分、高機能スタンドを搭載しています。上下の角度調整だけでなく、0mm~130mmまでの高さ調整。左右スイベル機能、回転させての縦表示にも対応しています。

とれろく
とれろく

たった1,500円でスタンド性能が抜群に上昇するため、私はAmazon限定モデルではなく、通常モデルの24QP550-Bをオススメしています。身長や机の高さに合わせたベストポジションにセットできるため、長時間の作業でも疲れにくくて最高。

競合製品との比較

  • 23.8インチと同じぐらいの大きさのモニター
  • IPSパネル採用のWQHDモニター
  • 応答速度5ms、リフレッシュレート75Hz前後
  • 価格は2万円~3万円以内

という条件であれば、競合他社から様々なモニターが販売されています。その中から、24QP500-Bと張り合える性能、価格帯のモニターをピックアップすると次の通り。

JAPANNEXT JN-IPS2380FLWQHD

値段だけで勝負するならLG 24QP500-Bより2,000円近く購入できます。

液晶パネルは同じIPS、解像度もWQHD。画質は一緒と考えてOK。ただし、HDMI端子が1個しか付いていなかったり、リフレッシュレートは60Hzだったりと、24QP500-Bより劣る個所も。

とれろく
とれろく

HDMI端子が1個、リフレッシュレートも60HzでOK。とにかく価格優先という人はJAPANNEXT JN-IPS2380FLWQHDの方が正解。

IODATA EX-LDQ241DB

LG 24QP500-Bはスピーカーを内蔵していません。

もしスピーカー内蔵のWQHDモニターで、価格が手ごろなものを探す場合、代替候補はIODATA EX-LDQ241DBしかありません。こちらもIPS(ADS)パネル採用で画質は良好。

とれろく
とれろく

正直、値段が3,000円ほど高くなってしまうため、LG 24QP500-Bと別途外付けスピーカーを購入した方が良いものの、人によっては机の上が狭く、外付けスピーカーを置く場所が無い。ということもありますよね。そんな時はIODATA EX-LDQ241DBがベスト。

IODATA GigaCrysta EX-LDGCQ241DB

名前はゲーミングモニターと付いていますが、実質性能は普通の作業用モニターと同じ。ゲームに影響するリフレッシュレートは60Hz、応答速度もLG 24QP500-Bと同じ5ms。

LG 24QP500-Bと大きく違う点は3つ。

  • 2W×2個のステレオスピーカー内蔵(LGはスピーカー非内蔵)
  • HDMI端子が3個も付いている。DP端子などの数は同じ。
  • 高機能スタンド搭載で高さ調整、左右角度調整、回転縦表示も対応
とれろく
とれろく

LG 24QP500-Bと比べると値段は6,000円ほど高くなりますが、スピーカー内蔵や接続端子の豊富さ、高機能スタンドを加味すれば妥当な価格設定。割高ではありません。

スポンサードサーチ

24QP500-Bレビューまとめ

  • 24QP500-BはFHDの1.77倍の作業領域を持つWQHDモニター。作業性は抜群。
  • 色再現性の高いIPSパネルを採用しているため、様々な用途で活躍。
  • ベゼルが薄いフレームレス仕様なため、マルチモニター環境も馴染む。
  • リフレッシュレートもそこそこ高い75Hz。動画も滑らかな描写。
  • シンプルスタンド内蔵なので自由度は低め。その分安い。

十分買って良しのモニターですが、通常モデルの24QP550-Bならスタンドが高機能化。上下の角度調整だけでなく、0mm~130mmまでの高さ調整。左右スイベル機能、回転させての縦表示にも対応します。

とれろく
とれろく

たった1,500円でスタンド性能が抜群に上昇するため、私はAmazon限定モデルではなく、通常モデルの24QP550-Bをオススメしています。身長や机の高さに合わせたベストポジションにセットできるため、長時間の作業でも疲れにくくて最高。

高機能スタンド搭載→ 通常モデル24QP550-B

価格こそ最優先ならこっち→JAPANNEXT JN-IPS2380FLWQHD

スピーカー内蔵WQHDモニター良いならIODATA EX-LDQ241DB

スピーカー内蔵×高機能スタンならこっちIODATA GigaCrysta EX-LDGCQ241DB

タイトルとURLをコピーしました