とれろくが推奨。2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

24GN600-Bを徹底レビュー!比較・口コミチェック!

2.0
24GN600-Bを徹底レビュー!比較・口コミチェック!

24GN600-Bってどんなモニター?レビューや口コミを探してる?買って大丈夫なモニター?

とれろく
とれろく

そんな疑問が解決できるよう、24GN600-Bを徹底レビュー!24GN600-BはAmazon限定モデルですが、普通の通常モデルと比較し、何が優秀なのか?Amazon限定モデルを選ぶ必要があるのか?代替機種は何か?など徹底的に評価しました。ゲーミングモニターを探している人は是非参考にして欲しいですね。では早速!

スポンサーリンク

1分で分かる24GN600-Bレビューまとめ

結論から言って、悪くないモニターではあるものの、LG 24GN600-Bを特別オススメすることはありません。

2020年発売モデルということで、既に性能を上回る競合製品が多数発売されています。

もし、LG製が好きな場合、通常モデルの24GN650-BAJPのがオススメですし、LG以外でも良ければ、DellのG2422HSの方が高リフレッシュレートで優秀です。

もし、スピーカー内蔵モデルが良い場合、アイ・オー・データ GigaCrysta EX-LDGC243HDB、ASUSTek ゲーミングモニター TUF Gaming VG259QRといった代替モニターもあります。

とれろく
とれろく

LG 24GN600-Bが良いよ!っていう口コミは多いものの、理由は発売が古いモデルだから。最新機種と比較すると少し残念な所があります。詳しく見ていきましょう。

スポンサードサーチ

24GN600-Bってどんなモニター?

2020年冬発売以降、いまでもバカ売れ継続中。ファンが多すぎるゲーミングモニター

LG 24GN600-Bはとにかく愛用者が多い。Twitterで購入者のつぶやきを探すといくらでもヒットします。24GN600-Bを購入し、気に入ってた人の評価を見てみよう。

  • LG 24GN600-Bは画面が鮮明でびっくり。
  • LG 24GN600-BはPS5でリフレッシュレート120Hzが出ることが確認できた。
  • LG 24GN600-Bは60Hzのモニターと比較し、明らかに滑らかに動く
  • アニメも非常に綺麗に映る。ゲーム以外の用途もぴったり
  • 画面裏側のケーブル端子が正面から刺せるので楽
  • 悪い点は台座がV字型なので、物が起きにくくて邪魔。
  • 画面が見やすくなり、フォートナイトが楽しめるようになった。
とれろく
とれろく

というようにLG 24GN600-B愛用者は非常に多い。口コミが口コミを呼びつづけ、販売から2年以上経過しても売れる続けるベストセラーモニター。あのモニ研も高評価レビュー動画をあげています。

【LG UltraGear 24GN650-B】超大人気!IPS&144Hzで黒挿入まである使い勝手のいいゲーミングモニターをレビュー!【PS5 120fps対応】

数値で語る24GN600-Bのスペック解説・レビュー

スペックを見ると、24GN600-Bの良い点、悪い点が見つかります。

まず、液晶パネルにIPSパネルを採用している点は評価

24GN600-BはIPSパネルを採用

24GN600-Bはなんでも平均的な性能を発揮するIPSパネルを採用しています。

ネットサーフィンから動画視聴、仕事でもつかえる万能モニターなので、机正面に置くメインモニターにぴったり。どんな人が購入しても「失敗した。」と後悔することの無い液晶パネルです。

もし、「モニターは複数持っている。今回はゲーム専用モニターを探している。」という人であれば価格が安いTNモニターも候補になるものの、視野角が狭く、画質は劣るため注意が必要です。

TNパネルは安いけど視野角が狭いものが多い

メインモニターとして使う予定であればIPSパネルが無難。

フレームレスモニター。ベゼルが極薄7mm設計でスタイリッシュ

24GN600-Bはベゼルが7mm(左・右)の極薄仕様

24GN600-Bは液晶画面の周りのベゼル部(フレーム部)が極薄7mm。

複数枚並べて置いても、邪魔な部分が視界に映りにくいため、モニター間の視点移動も楽。まるで1つの横長モニターを置いているような一体感が感じられます。

モニター1枚を正面に置く場合でも、まるで液晶だけが宙に浮いているような錯覚を覚えるほどスタイリッシュ。

残念ながらリフレッシュレートは144Hzとやや劣る

24GN600-Bのリフレッシュレートは144Hz

24GN600-Bのリフレッシュレートは144Hz。ゲーミングモニターとしては合格水準であるものの、2021年後半に登場してきた165Hzのゲーミングモニターと比較すると、少し性能が低い。

2021年以前発売モデル・・・リフレッシュレート144Hzが主流
2021年以降発売モデル・・・リフレッシュレート165Hzが主流

最近発売された新モデルのゲーミングモニターは165Hzが主流。144Hzと比較し、14.5%も描写性能が高いため、より映像が滑らかに動く。個人的には144Hzも165Hzも体感では大差ないため、こだわるほどではありません。が、出来る限り性能が高いモニターが欲しいなら、24GN600-Bh除外するのも選択肢の1つ。

応答速度1msは合格水準でOK

24GN600-Bの応答速度は1ms

24GN600-Bの応答速度は1ms。映像の切り替えスピードが非常に速いため、残像感やぼやけを感じさせない、メリハリある映像が楽しめます。

24GN600-Bは高リフレッシュレート、高応答速度のゲーミングモニター。

可変リフレッシュレートは実力者も満足するPremium仕様。

24GN600-Bの可変リフレッシュレート性能は良

24GN600-Bは実力者も満足するAMD FreeSync Premium認証を取得した可変リフレッシュレート対応機。

ゲームプレイ中。画面に映るプレイヤーの数が多かったり、爆発エフェクトなど高いグラフィック処理能力が求められると、GPUが一時的にパンク(処理落ち)。画面がカクついたり、ラグったように映像が割れてしまいます。

これを防ぐのが可変リフレッシュレート。映像出力側が処理落ちしていても、モニター側で快適な動きとなるよう調整する仕組み。24GN600-Bはどんなシーンでも快適なゲームプレイが可能。

スタンドは上下の角度調整しかできない安価品

24GN600-Bは安価なシンプルタイプのスタンドを採用

24GN600-Bは真正面に置いて使うメインモニター適性◎

と、いうこともあり左右の角度が調整できたり、高さを調整することはできません。上方向に15°、下方向に5°傾けることしかできません。

これは少し残念。

通常モデルとAmazon限定モデルとの違い

LG 24GN600-BはAmazon限定モデル。他に通常モデルが2つ流通しています。

24GN600-B,24GN650-B,24GN650-BAJPの3機種比較表(簡易)

品番購入先特徴
24GN600-BAmazon限定モデルスタンドがシンプル。高さ調整や回転(ピボット)機能無し。
→ほんの少しでも安くゲーミングモニターを購入したい人向け
24GN650-B通常モデル
(生産終了)
スタンドは高さ調整や回転(ピボット)が可能。
→既に生産終了。買う場合は後継機種となる。
24GN650-BAJP通常モデル
(後継機種)
24GN650-Bの後継機種。性能やスペックは前機種と全く同じ。
→3機種の中で買うならコレが一番オススメ
LG 24GN600-Bのモデル違い比較表

関連記事:【完全比較】LG 24GN600-B,24GN650-B,24GN650-BAJPの3機種違いまとめより

3機種ともゲーミング性能自体は全く一緒ですが、スタンドの機能と価格が違います。

Amazon限定モデルの24GN600-Bはシンプルスタンドを採用している分、値段が非常に安いものの、あと1,000円も出せば、高さ調整やピボット対応の後継モデル(24GN650-BAJP)が購入できます。

個人的には通常モデル後継機種の24GN650-BAJPをオススメしたいですが、価格を何より最優先にする場合はAmazon限定モデルの24GN600-Bが候補。

とれろく
とれろく

通常モデルとの比較詳細は次の記事で解説しています。興味がある人はチェック!

詳細→【完全比較】LG 24GN600-B,24GN650-B,24GN650-BAJPの3機種違いまとめより

競合製品との比較

  • 23.8インチと同じぐらいの大きさのモニター
  • IPSパネル採用のフルHDモニター
  • 応答速度1ms、リフレッシュレート144Hz以上の性能

という条件であれば、競合他社から様々なモニターが販売されています。その中から、24GN600-Bと張り合える性能、価格帯のゲーミングモニターをピックアップすうと次の通り。

Dell G2422HS 23.8インチ ゲーミングモニター

2020年発売モデルの24GN600-Bと違い、DELL G2422HSは2022年発売と最近発売されたモデルなので基本的に上位互換。

まずリフレッシュレートが144Hzではなく165Hz。14.5%と描写枚数が多く、それだけ映像が滑らか。24GN600-Bのようなシンプルスタンドではなく、上下の高さ調整も可能。

可変リフレッシュレートはAMD FreeSync Premiumだけでなく、NVIDIA G-SYNC Compatibleにも対応。

とれろく
とれろく

LGに特別な思いがなく、ただ性能が良く、最新モデルのゲーミングモニターが欲しい場合、Dell G2422HSの方がどう考えても正解です。値段もほぼ一緒。G2422HSってどんなゲーミングモニター?と気になる人は次のリンクをチェック!

関連記事:【俺得】Dell S2422HGを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

アイ・オー・データ GigaCrysta EX-LDGC243HDB

こちらも2022年発売モデル。リフレッシュレートは165Hz。

価格は24GN600-BやG2422HSと比較し、2,000円前後高くなってしまうものの、2W×2個のステレオスピーカー内蔵。(24GN600やG2422HSはスピーカー非内蔵)

高機能スタンド搭載で高さ調整だけでなく、左右の首振り調整。ピボット回転(縦表示)機能付き。

とれろく
とれろく

24GN600-Bよりゲーミング性能が高く、スピーカー内蔵モデルが良い。という場合はEX-LDGC243HDBの方がオススメです。「外付けスピーカーを持ってる。」という人はDell G2422HSですね。

関連記事:【安定バランス型】EX-LDGC243HDBを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

ASUSTek ゲーミングモニター TUF Gaming VG259QR

アイ・オー・データのEX-LDGC243HDBとほぼ同じ性能。スピーカー内蔵モデル&高機能スタンド搭載モデルが欲しい人用。値段はアイ・オー・データより少し高めに推移。

アイ・オー・データはブランド名がちょっとダサい。カッコいい名前のブランドモニターが欲しい。という人が選びがち(?)

モニターサイズが24.5インチと少し大きいため、23.8インチと比較し、横幅が約2.2cm長い。

とれろく
とれろく

これも悪くないゲーミングモニターです。セールなどで値段が安くなっていれば購入のチャンス!

関連記事:【安定バランス型】ASUS VG259QRを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

スポンサードサーチ

24GN600-Bレビューまとめ

結論から言って、悪くないモニターではあるものの、LG 24GN600-Bを特別オススメすることはありません。

2020年発売モデルということで、既に性能を上回る競合製品が多数発売されています。

もし、LG製が好きな場合、通常モデルの24GN650-BAJPのがオススメです。

24GN600-B,24GN650-B,24GN650-BAJPの3機種比較表(簡易)

品番購入先特徴
24GN600-BAmazon限定モデルスタンドがシンプル。高さ調整や回転(ピボット)機能無し。
→ほんの少しでも安くゲーミングモニターを購入したい人向け
24GN650-B通常モデル
(生産終了)
スタンドは高さ調整や回転(ピボット)が可能。
→既に生産終了。買う場合は後継機種となる。
24GN650-BAJP通常モデル
(後継機種)
24GN650-Bの後継機種。性能やスペックは前機種と全く同じ。
→3機種の中で買うならコレが一番オススメ
LG 24GN600-Bのモデル違い比較表

関連記事:【完全比較】LG 24GN600-B,24GN650-B,24GN650-BAJPの3機種違いまとめより

2020年発売モデルではなく、リフレッシュレート165Hz対応の最新発売モデルが良い場合、DellのG2422HS、アイ・オー・データ GigaCrysta EX-LDGC243HDB、ASUSTek ゲーミングモニター TUF Gaming VG259QRがあります。

あえて、2020年発売のLG 24GN600-Bを選ぶ理由はありません。

一番オススメ→Dell G2422HS 23.8インチ ゲーミングモニター

シンプルにLG 24GN600-Bの上位互換。165Hz、高さ調整可能なスタンド。NVIDIAのグラボとも相性◎。

関連記事:【俺得】Dell S2422HGを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

スピーカー内蔵モデルアイ・オー・データ GigaCrysta EX-LDGC243HDB

スピーカー内蔵モデルが欲しい場合こちらが代わりのモニター。

関連記事:【安定バランス型】EX-LDGC243HDBを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

ASUSTek ゲーミングモニター TUF Gaming VG259QR

スピーカー内蔵モデル。セールなどで安くなってれば購入候補。

関連記事:【安定バランス型】ASUS VG259QRを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

タイトルとURLをコピーしました