とれろくが推奨。2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

【入門機種】Acer VG240Ybmiifxを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

3.0
【入門機種】Acer VG240Ybmiifxを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

Acer VG240Ybmiifxってどんなモニター?レビューや口コミを探してる?買って大丈夫なモニター?

とれろく
とれろく

そんな疑問が解決できるよう、Acer VG240Ybmiifxを徹底レビュー!購入者や愛用者の評価・口コミも紹介しているので参考にして貰えると嬉しいですね。では早速!

スポンサーリンク

Acer VG240Ybmiifxってどんなモニター?

ひと言で評価すると、無難なIPSパネルを採用した”万人受けするゲーミングモニター”。

VG240Ybmiifxは優れた視野角・色再現度が高いIPSモニターを装備。画質が悪い、見えにくいなんてことは無い標準性能を持つ。IPSパネルはグラフィックデザイナーや漫画家も選ぶド定番のパネル。これで見えにくいなんてことはありえない。

TNパネルやVAパネルといった尖ったモニターに手を出さず、IPSパネルを選ぶ=失敗を避けた無難な選択。

また応答速度1msはめっちゃ早い。残像感無く映像を表現されるため、FPSといった動きの速いゲームでも、快適にプレイ可能。

リフレッシュレートが75Hzと、普通のモニター水準なのは惜しいが、ゲーミングモニター入門モデルと考えればやむ負えない。手が出せるなら144HzクラスのIPSパネルゲーミングモニターが一番良いものの、少なくとも1万円近く値上がりする。

とれろく
とれろく

綺麗なIPSパネルを採用のゲーミングモニターを体験してみたい。というライト層にはVG240Ybmiifxはオススメのモデル。ガチガチの本気プレーヤーはもっとお金を出して、良いモニターを買った方がいいぞ。ではスペックを詳しく見て行こう。

IPSパネルを採用しているため、見やすい標準的性能のモニター

Acer VG240Ybmiifxの画質に影響を及ぼすスペックをまとめると次の通り。

項目性能
表示色約1670万色
パネルIPSパネル搭載、非光沢
最大解像度フルHD(1920×1080)
視野角水平178° / 垂直178°
輝度250cd/㎡(白色LED)
リフレッシュレート75Hz
応答速度1ms (VRB)
コントラスト比最大:100,000,000:1 (ACM)、通常:1,000:1
ゲーミング技術FreeSync対応
Acer VG240Ybmiifxの画質スペック

Acer VG240YbmiifxはIPSパネルを採用しています。

  • 優れた視野角を持つため、斜めから見ても映像が綺麗。サイドモニターとしても活躍する
  • ゲーミング性能はピン切り。ただし、良い性能ほど値段がめっちゃ高くなる傾向にあり
  • 色の再現度が高いため、画質調整など不要。そもそもが見やすく綺麗

という特徴を持ちます。

IPSパネルの良さは、Twitterでも良く口コミを見かけます。

とれろく
とれろく

無難にいつも使っている&見慣れたモニターが欲しいならIPSパネルのモニターを購入するのがオススメ。

またAcer VG240Ybmiifxの応答速度は1msとゲーミングモニターらしい性能。

残像や遅延が少なくなるため、長時間のプレイでも3D酔いしにくくなる=目や頭が疲れにくし、動きながらも敵をはっきりと視認できるためゲームプレイを有利に運べます。

AMDのFreeSync認証もクリアしているため、Radeon™グラフィックス・カードと一緒に使えばスタッタリングやティアリングがない、 ゲームに没頭できる環境が手に入る。

リフレッシュレートは75Hzなので敵がぬるぬる動くかといえばNo。そこは普通のモニターと同等水準なので我慢する必要があります。

とれろく
とれろく

VG240Ybmiifxは画質の良いIPSパネル採用、応答速度が1msと早いため、目や頭も疲れにくいし、残像感が少ないのが特徴。リフレッシュレートは並性能。

新旧問わず様々な機器と接続できて◎

Acer VG240Ybmiifxは様々な端子を備えた汎用性の高いモニターです。

項目性能
入力信号アナログ、デジタル
入力端子HDMI 1.4 x2
ミニD-Sub 15ピン x1
音声入力端子:3.5mmステレオ
ヘッドホン端子:搭載
スピーカー2W + 2W ステレオスピーカー
Acer VG240Ybmiifxの接続性

最近のパソコンやゲームはHDMI端子なので、モニターとHDMI端子で繋いで使う人が増えています。ただし、会社のパソコンや、少し古い機械だとD-Sub端子必要になることも。

VG240YbmiifxはHDMIだけでなく、D-Sub端子を備えているため、アナログ~デジタルまで幅広い機器のモニターとして使えます。HDMI端子も2つ付いているため、PS4、PS5、任天堂switchといったゲーム機とパソコンの併用モニターとして使うことも可能。

ステレオスピーカーも内蔵しているため、外付けスピーカーを持っていない人、使いたくない人にもぴったり。使い勝手のいい汎用性を備えています。

画面の角度調整は×

唯一のデメリットといえば画面の角度調整。Acer VG240Ybmiifxはスタンド機能が弱く、画面の上下方向の調整しかできません。

項目性能
角度・高さ調整チルト角:上20° / 下5°
スイベル機能:なし
高さ調整機能:なし
ピボット機能:なし
VESAマウント100mm×100mm
Acer VG240Ybmiifxの画面調整機能、モニターアーム

Acer VG240Ybmiifxをサブモニターとして使う場合は、左右の角度調整は台座ごと動かしたり、高さがイマイチな時はモニター台やモニターアームを使ってカスタマイズする必要があります。

とれろく
とれろく

できれば画面の高さが調整できるモデルが良いものの、そんなモニターって値段がバリ高。これは我慢かな。

Acer VG240Ybmiifxを買っても大丈夫な人

  • モニターに出せるお金は2万円前後。これ以上は出さない!出せない!それでいてある程度のゲーミング性能は欲しいという人は妥協の案として購入OK
  • FPSのような動きの激しい、0.1秒が求められるゲームはしない。まったり系ゲーマーの人
  • 無難な見やすい、見慣れたIPSパネルのモニターが良い人
  • せっかくなら様々な機器と接続できるモニターが欲しい人。スピーカーも内蔵タイプが良い人

Acer VG240Ybmiifxを買わない方が良い人

  • とにかく映れば良い。極限まで低価格を追い求めたい人
  • モニターの高さや角度、位置を自由に調整したい人
  • 4Kといった高画質映像を楽しみたい人
  • せっかく新調するなら、本気でゲームが楽しめるモニターが良い。リフレッシュレートは最低144Hz欲しい欲しい人
  • DisplayPort端子やUSB端子付きのモニターを探している人

Acer VG240Ybmiifxの口コミ、レビュー

Acer VG240Ybmiifxの評価ははっきり言って高い。

Twitterで口コミをチェックするも、プラスの評価しか見つかりませんでした。やっぱりTNパネルやVAパネルではなく、無難なIPSパネルを選択しているだけあって万人受けモデル。まず失敗したと後悔する人はいない。

スポンサードサーチ

Acer VG240Ybmiifxのレビューまとめ

ひと言で評価すると、無難なIPSパネルを採用した”万人受けするゲーミングモニター”。

VG240Ybmiifxは優れた視野角・色再現度が高いIPSモニターを装備。画質が悪い、見えにくいなんてことは無い標準性能を持つ。IPSパネルはグラフィックデザイナーや漫画家も選ぶド定番のパネル。これで見えにくいなんてことはありえない。

TNパネルやVAパネルといった尖ったモニターに手を出さず、IPSパネルを選ぶ=失敗を避けた無難な選択。

応答速度1msはめっちゃ早い。残像感無く映像を表現されるため、FPSといった動きの速いゲームでも、快適にプレイ可能。

リフレッシュレートが75Hzと、普通のモニター水準なのは惜しいが、ゲーミングモニター入門モデルと考えればやむ負えない。手が出せるなら144HzクラスのIPSパネルゲーミングモニターが一番良いものの、少なくとも1万円近く値上がりする。

とれろく
とれろく

綺麗なIPSパネルを採用のゲーミングモニターを体験してみたい。というライト層にはVG240Ybmiifxはオススメのモデル。ガチガチの本気プレーヤーはもっとお金を出して、良いモニターを買った方がいいぞ。

Acer VG240Ybmiifxの最新価格をチェックする↓

タイトルとURLをコピーしました