とれろくが推奨。2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

【レビュー】Acer KA220HQbidを徹底レビュー!買わない理由とは?

1.5
【レビュー】Acer KA220HQbidを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

Acer KA220HQbidってどんなモニター?レビューや口コミを探してる?買って大丈夫なモニター?

とれろく
とれろく

そんな疑問が解決できるよう、Acer KA220HQbidを徹底レビュー!購入者や愛用者の評価・口コミも紹介しているので参考にして貰えると嬉しいですね。個人的には買わないモニターです。その理由も詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

Acer KA220HQbidってどんなモニター?

ひとことで言うなら、とにかく安いモニターを探している人が購入するモニター。

2万円を切る低価格と、21.5インチのどこでも置けるコンパクトさが売り。

といっても、同じ「映れば良い」程度のモニターを探している人であっても、私は他のモニターをオススメしたい。

画質といったモニターのスペックについて紹介したい。

画質は上中下の下性能。平均的に見ても悪い。

Acer KA220HQbidの画質に影響を及ぼすスペックをまとめると次の通り。

項目性能
表示色1670万色(フルカラー)
パネルTNパネル/非光沢
最大解像度フルHD(1920×1080)
視野角水平90° / 垂直65°
輝度200cd/㎡(白色LED)
リフレッシュレート75Hz
応答速度5ms
コントラスト比最大:100,000,000:1(ACM)、通常:600:1
Acer KA220HQbidの画質スペック

ぱっと見、普通のスペックのように見えるかもしれませんが、詳しい人が見ると「う~ん」と悩むレベルの画質です。

パネルは調達コストを非常に安く押さえられるTNパネルを採用。結果、本体価格を安くすることに成功していますが、このTNパネルが厄介。

TNパネルは一般的なIPSパネルと比較し、視野角が非常に狭い。(綺麗に映って見える範囲)モニターの真正面に座ったとしても、モニターの四隅周辺がなんだかボヤけてたり、色むらができて見えにくい。

とれろく
とれろく

通常の作業用モニターとしてTNパネル採用のモニターの購入はオススメしません。TNパネルは特殊な用途(プロゲーマーなど)で使う方にのみオススメ。

KA220HQbidはTNパネルを採用しているため、画質が低いだけでなく、画面の明るさを示す輝度が低いため、やや暗く見えがち。コントラストも600:1と低いため、明暗部の濃淡も薄い。

もうひとえに言って画質は悪いのだ。

様々な機器との接続性は◎

Acer KA220HQbidのメリットは接続できる機器の多さ。

項目性能
入力信号アナログ、デジタル
入力端子ミニD-Sub 15ピン×1
DVI-D 24ピン×1(HDCP対応)
HDMI 1.3×1
音声入力・出力端子:全く無し
スピーカー非内蔵
Acer KA220HQbidの接続性

最近はモニターとの接続はHDMIが主流ですが、未だにアナログのD-Sub端子(VGA)を使っている人も多いはず。また特別な機器だとDVI-D端子が必要な時もあります。

Acer KA220HQbidはD-Sub、DVI-D、HDMIと様々な端子を備えているため、接続できる機器に困ることはありません。

ただし、スピーカーが内蔵しておらず、モニターからの音声出力端子も付いていない為、別途スピーカーが絶対に必要&音声出力端子が付いた機器でないと、音声と映像の分配器が別途必要になったり、なかなか人を選ぶ。

ゲーム用のモニターとしても非常にイマイチ。

画面の角度調整も×

Acer KA220HQbidはスタンド機能が弱く、画面の角度調整はイマイチ

項目性能
角度・高さ調整チルト角:上15° / 下5°
スイベル機能:なし
高さ調整機能:なし
ピボット機能:なし
VESAマウント100mm×100mm
Acer KA220HQbidの画面調整機能、モニターアーム

Acer KA220HQbidはモニターを上下に動かすことはできるものの、左右の角度を調整するには台座ごと動かす必要があります。

また高さの調整やピボット機能(90度回転)がないため、人によっては不便。

幸いにもVESAマウント対応なので、モニターアームを持っている人は接続して使えばスタンド機能の弱さを克服可能。

とれろく
とれろく

Acer KA220HQbidはTNパネルを採用しているため、安価ですが画質が悪く、作業用にはオススメできません。接続性は高いため、様々な機器と相性は良いものの、スピーカーが内蔵していなかったり、モニターの角度調整機能もイマイチ。正直に言って私はオススメしないモニターです。

スポンサードサーチ

Acer KA220HQbidの代わりにオススメのモニター

21.5インチの作業用モニターが欲しい場合、KA220HQbidではなく、SA220QAbmiを絶対にオススメします。

  • パネルがTNパネル→一般的なIPSパネルになるため、視野角が広くなり、発色も向上。ストレスなくモニターを凝視し続けられる並性能の画質へ。
  • 左右上部のベゼル部(黒のプラスチック部分)が薄くなり、液晶領域が広く感じられる。&スタイリッシュさが向上。
  • 輝度が200→250cd/㎡へ改善、コントラストも600:1→1000:1へと改善。標準的な画面の明るさを確保しつつ、濃淡のはっきりした高画質へ
  • スピーカー非内蔵→内蔵モデルへ。モニターから音を出力可能。
  • 悪くなる点は2つ。映像端子がD-subとHDMIの2つとなり、DVI-D端子は不可。またモニターアームとの接続は別売のVESAアダプターが必要となる。
とれろく
とれろく

ちなみに価格はKA220HQbidも、SA220QAbmiもほぼ一緒。それなら画質が良いSA220QAbmiを選ぶべきですよ!画質は100% SA220QAbmiの方が上。スピーカーも内蔵してるし。

Acer KA220HQbidの口コミ、レビュー

Acer KA220HQbidは売れているモニターではあるものの、TNパネルを採用していることもあり、悪いレビューが見つかります。

スポンサードサーチ

Acer KA220HQbidのレビューまとめ

  • 画質は低い。作業用としてオススメできないレベル
  • 様々な機器と接続できる点は◎でもスピーカー付いてない。
  • スタンド機能は弱い。画面の調整は上下のみ。
とれろく
とれろく

結論から言って、オススメしないモニターです。

21.5インチの作業用モニターが欲しい場合、KA220HQbidではなく、SA220QAbmiを絶対にオススメします。

  • パネルがTNパネル→一般的なIPSパネルになるため、視野角が広くなり、発色も向上。ストレスなくモニターを凝視し続けられる並性能の画質へ。
  • 左右上部のベゼル部(黒のプラスチック部分)が薄くなり、液晶領域が広く感じられる。&スタイリッシュさが向上。
  • 輝度が200→250cd/㎡へ改善、コントラストも600:1→1000:1へと改善。標準的な画面の明るさを確保しつつ、濃淡のはっきりした高画質へ
  • スピーカー非内蔵→内蔵モデルへ。モニターから音を出力可能。
  • 悪くなる点は2つ。映像端子がD-subとHDMIの2つとなり、DVI-D端子は不可。またモニターアームとの接続は別売のVESAアダプターが必要となる。
とれろく
とれろく

ちなみに価格はKA220HQbidも、SA220QAbmiもほぼ一緒。それなら画質が良いSA220QAbmiを選ぶべきですよ!画質は100% SA220QAbmiの方が上。スピーカーも内蔵してるよ!

タイトルとURLをコピーしました