【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

【2020年】カナダドル/日本円の為替予想。レート推移、見通し

カナダドルの今後の見通し・予想

実は隠れた優良通貨。2020年カナダドルの今後の見通し、予想を紹介

FX取引、スワップポイント狙い、外貨預金でも注目されている通貨。カナダドル。

米ドル/カナダドルの市場シェアは5位。外国為替市場でユーロ、円、ポンド、豪ドルに次いで取引されているメジャー通貨です。

そんなカナダドルの為替レートは今後堅調に推移すると予想しています。

まずはカナダドルの現在の政策金利、スワップポイント、預金金利、為替レートを確認します。
スポンサーリンク

カナダドルの政策金利

2008年、米国発の金融危機以降、世界の中央銀行がこぞってマイナス金利、ゼロ金利を導入しました。

そんな中、カナダドルはいち早く政策金利を引き上げました。

カナダ政策金利の推移

政策金利は2010年頃に底を付けた後、世界に先立ち利上げを実施。今まさに、コロナウイルスの影響もあり、緊急的に利下げが行われているものの、経済の力強さは健在。

スポンサードサーチ

カナダドル/日本円のスワップポイント、FX業者

カナダドルはメジャー通貨なだけあって、多くのFX業者が取り扱っています。

そこで、カナダドル/日本円を取り扱っているFX業者のスワップポイントを比較しました。(2019年11月調査)

スワップポイント上位のFX業者 約40円/1日
SBIFXトレード
みんなのFX
LIGHT FX
GMOクリック証券
スワップポイント中位のFX業者 約30~40円/1日
外為ジャパン
DMM FX
岡三オンライン証券(くりっく365)
FXプライムbyGMO
スワップポイント低水準のFX業者 約30円以下/1日
セントラル短資
サクソバンク証券
ヒロセ通商(LION FX)

このスワップポイントを目安に、カナダドルの年間利回りをシミュレーションします。

スワップポイント40円/1日の場合
投資資金:80万円
レバレッジ1倍で1万通貨購入した場合 年利約1.8%
レバレッジ3倍で3万通貨購入した場合 年利約5.5%
レバレッジ5倍で5万通貨購入した場合 年利約9.1%

レバレッジ3倍程度で年利5%を超えるのはとても魅力的ですね。

カナダドルの外貨預金、金利は?

カナダドルの外貨預金を取り扱う銀行は年々増えています。

そこで外貨預金だとどれくらいの金利が貰えるのか調査しました。

・新生銀行
外貨普通預金 年0.01% 外貨定期預金 最大で年2.05%
・大和ネクスト銀行
外貨普通預金 年0.80% 外貨定期預金 最大で年1.10%
・ソニー銀行
外貨普通預金 年0.50% 外貨定期預金 最大で年0.80%
・ジャパンネット銀行
外貨普通預金 年0.20% 外貨定期預金 最大で年0.43%
※その他、多くの外貨預金を調査するも、FX業者と比較すると低利率だったので省略。

FX業者と比較すると、外貨預金は金利が低くイマイチ。

カナダドルを購入するのであればFX業者一択です。

スポンサードサーチ

カナダドル/円の為替レートの推移

金利目当てにカナダドルを購入しても、通貨の価値が下落してしまえば大損です。

そこでカナダドル/日本円の為替レートの推移を確認します。

カナダドル/日本円の為替レート推移(1984年~2019年)

CAD/JPY カナダドル/日本円チャート

1995年に底を付けた後、じわりと上昇トレンドを描いています。カナダドルの価値は上昇中であり、投資に向いていることを示しています。

カナダドルはスワップポイント+為替差益の2重取りが可能

日本の超低金利政策の継続は確実視されています。

消費増税、企業景気の冷え込み、史上最高値を更新しなくなった株価、少子高齢化。様々な要因があり、デフレ脱却は困難。

よって、カナダと日本の政策金利の差は「広がることはあれど、逆転すること」は考えにくい。

金利面での唯一の心配ごとと言えば、カナダも日本と同様なデフレ国への突入だかその傾向は見られません。

カナダの消費者物価指数の推移

カナダの物価は順調にインフレ。デフレの傾向は見られません。

カナダの消費者物価指数の推移資料:世界経済のネタ帳

2002年を100とした場合、2019年10月時点で136.04と物価が36%近く上昇している。

日本の消費者物価指数の推移

日本はデフレに大きく悩まされており、物価が全然上がっていません。

日本の消費者物価指数の推移

資料:世界経済のネタ帳

2002年を100とした場合、2019年10月時点で102.33。上向きになったと言えど約17年かけて物価が2.3%上昇したに留まる。

日本とカナダの物価上昇率の違いから、カナダドルに投資すれば、金利差であるスワップポイントを継続して得られると予想できます。

カナダドル/日本円の為替レートの推移を見る限り、カナダドル安の傾向はみられません。カナダドルを保有しておくことで、為替差益を得られる可能性も十分にあります。

よって、カナダドルはスワップポイント+為替差益の2重取りが可能な通貨です。

でも、本当にそうだろうか?

より確信を持つために、カナダはどのような国なのか?、主な産業は何なのか?といったファンダメンタル情報を調査し、改めてカナダドルの将来を予想してみたいと思います。

スポンサードサーチ

カナダのファンダメンタル情報、今後の予想

カナダはアメリカ大陸の北部に位置。アメリカと深い経済的繋がりを持っています。

世界最大の経済協定である北米自由貿易協定(NAFTA)にも参加しています。

カナダ経済は米国への依存度が高い

カナダの2018年の輸出金額は5,381億カナダドル。この内の74.3%が米国向けの輸出です。輸出の4分の3以上を米国に依存していることが分かります。

 

カナダの地域別輸出入資料:ジェトロ 世界貿易投資報告2019年度版

といっても、メキシコといった中南米諸国も米国向け輸出が70%~80%近くある為、米国に依存しているカナダは異常だ、という訳ではありません。

2018年世界の貿易依存度国別ランキング(対GDP比)ではカナダは103位。

カナダより貿易に依存している国といえば、シンガポール、オランダ、台湾、スイス、ドイツ、フィンランドといった国々が挙げられる。世界と比較してみた場合、特段カナダが貿易に依存している国家という訳ではありません。
カナダの輸出先が米国に依存しているということは、米国が成長を続ける限り同じく成長が期待される国家としてむしろ加点対象として見て良いでしょう。

トランブ大統領の登場はカナダにとって好影響

米国のトランプ大統領は北米自由貿易協定により、カナダが米国に対して貿易黒字を積み上げている一方、米国は貿易赤字が膨らんでいる。

さらに米国の雇用を奪っているとカナダを非難しました。

トランプ大統領がカナダ批判、「貿易で米国を利用」 ロイター

トランプ大統領は演説で「カナダのことは好きだが、カナダは長年にわたり、米国を利用してきた」と語った。

米国とカナダが進めていた北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡る2国間協議はこの日、合意に至らず終了した。

トランプ大統領は北米自由貿易協定の再交渉を公約に掲げ、対カナダ政策の見直しに取り掛かりました。

カナダに要求された条項例

乳製品・・カナダが米国から購入する際の免税限度の引き上げ、米国産乳製品の流通促進
自動車・・米国産の部品比率を62.5%から75%に引き上げ
労働・・北米で生産される自動車の40%~45%について、最低時給の設定

一見するとカナダにとって悪材料と見えるものの、実はそうではありません。

というのも、カナダの総輸入金額の内、第一位は米国(51.1%)ですが、第二位は中国(12.7%)です。

トランプ大統領は「中国から輸入するのではなく、米国から輸入せよ」と言っているだけであり、北米自由貿易協定をさらに強固にするための施策なのです。

米国が繁栄しなければ、カナダの繁栄も叶わない。

カナダにとって厳しい要求だったかもしれませんが、この施策により米国が繁栄すれば、米国依存の強いカナダもその恩恵を受けられるという訳です。

トランプ大統領の最高経済顧問であるラリー・クドローは再交渉の結果、米国のGDPは0.5ポイント、雇用は年間18万人増えるだろうと主張しています。トランプ大統領の登場は長い目で見た場合、カナダに追い風が吹いていると考えて良い。

カナダは鉱物性生産品、自動車、卑金属品を多く輸出

カナダが何を輸出しているのか?というと多くは石油、鉱物といった工業資源です。

カナダ2018年世界生産量ランキング 参照:Global Note
・天然ガス 世界4位
・石炭 世界13位
・原油 世界4位
・ダイアモンド 世界5位
・ウラン 世界2位
・粗鋼 世界18位
・アルミニウム 世界4位

カナダは世界的に見ても突出した資源国です。

資源という安定した輸出製品を持ち、米国とも深い経済協力関係にあり、将来的な成長も見込めるカナダは外国為替市場において実は隠れた優良株です。

【2020年】カナダドル/日本円の為替予想 まとめ

・カナダドルの為替レートは今後堅調に推移すると予想
・2008年の金融危機以降もカナダドルは世界に先立ち利上げを実施
・カナダドルのスワップポイントは優秀。
・カナダドル/円の為替レートは長期的に見て上昇トレンド
・カナダドルはスワップポイント+為替差益の2重取りが可能
・トランブ大統領の登場はカナダにとって好影響
・カナダは世界的に見ても突出した資源国

カナダドルに投資するのはありっちゃありかも。

外貨預金、スワップポイントで稼ぎたいのであれば、シンガポールドルと人民元がオススメです。参考:シンガポールドル解説記事シンガポールドルを毎月3万円積立た結果人民元解説記事
投資してはいけない通貨、投資するのにおすすめの通貨など、様々な通貨の解説まとめはこちらです。→ 通貨の特徴一覧を見る。

無料「FX投資マスターガイド」が使える件

FXで勝ち続けたいならブログ読むより、FX投資マスターガイドを入手した方が良いらしい。そんな話を聞いて無料の電子書籍「FX投資マスターガイド」を入手してみました。入手した感想、中身のネタバレ記事はこちら

この記事が有用だと思った方は是非お気に入り登録、ブックマーク登録、ツイッター、フェイスブックなどでシェアしてもらえると嬉しいです。

以上、最後までありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました