【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

【最強】シンガポールドル円の特徴。高いスワップポイント・金利

シンガポールドル円の特徴。高いスワップポイントに金利情報

FXのスワップポイント目当ての取引には反対。

高金利通貨はインフレにより、通貨の価値が下落。通貨安が発生します。
解説記事はこちら FXスワップ取引は儲からない?大損・退場者続出のワケ

そんな私の意見を捻じ曲げた通貨ペアがシンガポールドル円です。

シンガポールドル円はそれなりに高いスワップポイント、金利が得られるにも関わらず、採用している為替政策により、安定して稼ぐことが可能な通貨ペアです。

とはいっても年利10%以上は流石に目指せません。

シンガポールドルを使ったスワップ取引の解説記事はこちら

そんなシンガポールドルですが、一応ファンダメンタル情報なども確認し、本当に稼げるかどうか?情報を集めてみました。

スポンサーリンク

そもそもシンガポールドルとは?どんな通貨?

まず初めに基本的な情報を確認しましょう。

シンガポール共和国が発行する通貨、それがシンガポールドルです。

シンガポールドルの表記は Singapore dollar。
外国為替市場ではSGDと表記します。

スワップポイント狙いのトレーダーが購入するのはシンガポールドル円。
通貨ペアの表記はSGD/JPYとなります。

シンガポール共和国の特徴
・面積 約720平方キロメートル (東京23区と同程度)
・人口 約564万人
・中華系民族が74%を占めるが、安全保障,経済面では米国の関与を重視

その他データ:外務省 シンガポール共和国 基礎データ

そんなシンガポールに投資すべきか否か?情報を確認していきましょう。

スポンサードサーチ

シンガポールは政策金利が存在しない。

シンガポールには政策金利が存在しません。

日本や米国、欧州諸国では政策金利をコントロールすることで景気を刺激したり、バブルを抑制したりします。

対してシンガポールは為替レートの変動幅を一定の範囲内に収まるように管理することで、景気をコントロールします。

シンガポールは為替レートの誘導目標を策定、為替レートを自身の目指す景気の方向に変動するようコントロールしています。※為替政策の詳細は後述

シンガポールドルは為替レートを管理することで景気をコントロールしている為、政策金利というものが存在しません。

じゃぁ金利が0なのか?と言えばそうではなく、銀行にお金を預ければ金利をもらえます。

同じく、FXでもシンガポールドル円を購入すればスワップポイント、外貨預金なら金利収入が得ることが可能です。

シンガポールは各銀行が独自の金利を策定

シンガポールは各銀行が独自に金利を策定している珍しい国です。

例えばシンガポール銀行のトップ3に入るUOB(大華銀行)は給与の受け取り口座を大華銀行にし、いくつかの条件を達成することで最初の1万5千SGドルは年利1.85%、次の1万5千SGドルは年利2.00%と預金額に応じて増加し、最大で年利3.88%もの預金金利を受け取ることが可能です。(2019年11月記事作成時点の情報)

シンガポールドルの預金金利は最大年利3.88%

最新のUOB(大華銀行)の預金口座情報(海外のサイト)

またシンガポールのDBS銀行も同じく、給与の受け取り口座に指定し、クレジットカードを作成といった条件をクリアすることで最初の2千SGドルは年利0.05%、段階を踏むことで最大年利3.8%も受け取ることが可能です。

シンガポールのDBS銀行 金利情報

シンガポールのDBS銀行 最新の預金金利情報(海外のサイト)

シンガポールドルは政策金利が存在しない。

ですが、きちんと金利という概念は存在する国です。

日本に住みながら直接シンガポールの銀行に口座を開設することも可能なものの、なかなかハードルが高い。

シンガポールドルに投資するなら、シンガポールドル円を取引できるFX業者で口座を開設したり、シンガポールドルを取り扱っている銀行で外貨預金をしたりするのが良いでしょう。

取引コスト、貰える金利、積み立て投資の利便性などを考えると、外貨預金ではなく、FXのほうに分がある。

シンガポールドル円のスワップポイントはどれくらい?

それではFX業者でシンガポールドルを取り扱っているとこはどこなのか?

また購入した場合どれだけのスワップポイントが貰えるのか比較調査しました。

シンガポールドル円 FX業者と平均スワップポイントの比較

みんなのFX 40円/1日 最新のスワップ情報
LIGHT FX 40円/1日 最新のスワップ情報
・FXプライムbyGMO 約27円/1日
・サクソバンク証券 約9円/1日
※この他、シンガポールドル円を取り扱っているFX業者が存在していたもののスワップ金利が0の所が多かったので比較から除外しています。

一番多くのスワップ金利が貰えるみんなのFXLIGHT FX年利が何%程になるのか試算を行いました。

◇試算条件
1・初期投資額80万円。
2・シンガポールドル/日本円の為替レートは80.00(1SGD=80円)
3・スワップ金利 40円/1日
4・ロスカット水準 証拠金維持率100%以下

◇試算結果
A・レバレッジ1倍で1万通貨購入=年間利回り約1.8
B・レバレッジ3倍で3万通貨購入=年間利回り約5.5%、ロスカット水準53.33円
C・レバレッジ5倍で5万通貨購入=年間利回り約9.1%、ロスカット水準64円

もし、レバレッジ5倍で年利9.1%が安定的に得られるのであれば最高です。

ただ為替レートが下落傾向であれば意味がありません。

そこで過去の為替レートの動きはどうであったのか?推移を確認してみましょう。

ちなみに、LIGHT FXみんなのFXは同じトレイダーズ証券が運営しているFX業者です。なのでどちらも取引できる通貨、スワップポイントは同じ。どっちで口座開設してもOKです。

シンガポールドル/日本円 1980年からの為替レートの推移

シンガポールドル/日本円 為替レート最新のシンガポールドル/日本円の為替チャートはこちら

シンガポールドル/日本円は60円から90円程度でのレンジ相場です。レバレッジ5倍だとロスカット水準が64円なのでアウト。さすがにレバレッジ5倍は厳しいです。

現在の相場でシンガポールドルを購入するのであればレバレッジ3倍、年間利回り5.5%が目安となる運用益ですね。

レバレッジ3倍程度がオススメなのはこちらの記事でも書いていましたね。

スポンサードサーチ

シンガポールドルの外貨預金なら金利収入はどれくらい?

FXであれば金利5.5%近くは目指せることが分かりました。

では外貨預金だとどれくらいの金利が貰えるのでしょうか?参考までに比較しました。

外貨預金はFXと違いレバレッジを効かせることができない為、運用益自体は100%FXより劣ります。なのであくまで参考程度の比較です。(調査日:2020年3月12日)

・大和ネクスト銀行 最新のシンガポールドル 外貨預金金利はこちら
普通外貨預金 年利0.3%、 3か月定期 年利0.8%

・新生銀行 最新のシンガポールドル 外貨預金金利はこちら
普通外貨預金 年利0.01%、 6か月定期 年利0.5%

※この他、取扱い銀行がありましたが店舗窓口のみでの取り扱い、HP上で金利を公開していない銀行が多く、比較することができませんでした。

どちらの銀行も金利は安く、外貨預金は運用効率が悪いことが確認できます。

やはり、スワップポイントが高いFX業者でシンガポールドル円の運用を行うべきですね。

シンガポールドル円の下落リスクはあるのか?

シンガポールドル円は高いスワップポイント・金利収入を得られることが確認できました。

ただし、もし通貨の価値が大きく落ち込むと、為替差損>>>金利収入となり、最終損益がマイナスになってしまいます。

そこで為替リスクを調べてみたいと思います。

1980年代~2019年にかけてのシンガポールドル円は安定、概ねレンジ相場です。

シンガポールドル/日本円の為替レートの推移。

シンガポールドル/日本円 為替レート

最新のシンガポールドル/日本円の為替チャートはこちら

引き続きレンジ相場になる。もしくはシンガポールドルの価値が上昇していくトレンドが描けるのであれば金利収入+為替差益の二重取りも可能になるでしょう。

シンガポールの経常収支、お金の流れはシンガポールドル高方向

通貨の価値が上昇するのか、下落するのか?

様々な要因で予測することができますが、大きな影響力を持つのが経常収支です。

経常収支がプラスであれば通貨高方向、経常収支がマイナスであれば通貨安方向への力が働きます。参考 国際通貨研究所

そこでシンガポールの経常収支を確認しましょう。

シンガポール 経常収支の推移

シンガポールの経常収支

最新のシンガポールの経常収支の推移はこちら

1985年から大きな黒字を維持しつつ、さらに増加傾向にあることが分かります。

経常収支は貿易収支、所得収支、サービス収支などの合計値。

要は国全体の収入がプラスであったか、マイナスであったのかを測ることができる指標です。

経常収支プラス=シンガポールドルへお金が集まっている。=シンガポールドル高の圧力が高いということを示しています。

実際、2010年以降シンガポールドル/日本円の為替レートもシンガポール高へと進んでおり、経常収支と為替レートの相関性を確認することができます。

引き続き経常収支を黒字で保てるかは要注意

シンガポールが引き続き経常収支の黒字が維持できれば、シンガポールドルに投資をしても損する可能性は低いでしょう。

シンガポールドル円を購入し、スワップポイントに加え、為替差益も一緒に得られるかどうかは経常収支が握っていると言っても良いかもしれません。

経常収支が黒字であれば、シンガポールドル高となり、シンガポールドル保有者は金利収入+為替差益の二重取りが可能となる。

気がかりなのが、シンガポールは輸出依存度世界第2位という輸出国家です。

このため過度なシンガポール高はシンガポールの輸出競争力を落とす原因となり、経済成長率にまで影響を及ぼします。

参考:世界の貿易依存度ランキング 資料GLOBAL NOTE

シンガポールは輸出依存国家

シンガポールは過度に輸出に依存している。

だからシンガポールは政策金利で景気をコントロールしようとせず、為替レートを操作することで景気をコントロールしているんですね。

それだけ、シンガポールにとって為替レートの安定は非常に重要だと分かります。

シンガポール通貨庁(MAS)は経常収支と睨めっこしつつ、為替管理政策を引き締め方向(シンガポールドル高方向)、緩和方向(シンガポールドル安方向)とスタンスを変更し、景気をコントロールしています。

現在のシンガポール為替政策はシンガポールドル安方向

2019年10月14日 シンガポール通貨庁は米中貿易摩擦の影響を受け、過去3年以上で初めて金融政策を緩和方向に変更しました。報道資料 ブルームバーグ

これは事実上、シンガポールドル高の是正であり、為替レートをシンガポールドル安へと導くための施策です。

シンガポールは主要貿易相手国の通貨バスケットに対し、シンガポールドルの為替レートをコントロールする為替政策を採用しています。

これによりある程度、為替レートを操作することが可能です。

今、シンガポールドルは安方向へ舵を切られている最中です。

安くシンガポールドル円を購入できる滅多とないチャンスなので、積極的に買い増しできるチャンスが訪れています。

スポンサードサーチ

シンガポールドル円の特徴。スワップポイント・金利まとめ

・シンガポールドル円のスワップポイントは高い
・シンガポールドル円はレンジ相場で為替レートが安定
・シンガポールは為替レートを一定の範囲内に抑える政策を採用
・FXのスワップポイント vs  外貨預金ならFXの圧勝
・経常収支の黒字が通貨の安定に一役買っている。
・現在の為替政策はシンガポールドル安方向、めったに訪れない買い場到来中

シンガポールドル円はスワップ取引反対派の私が唯一オススメできる投資先です。

シンガポールドルを使ったスワップ取引の解説記事はこちら

まだシンガポールドルを購入できるFX口座を持っていない場合、早速準備してしまいましょう。

シンガポールドル円 FX業者と平均スワップポイントの比較

みんなのFX 40円/1日 最新のスワップ情報
LIGHT FX 40円/1日 最新のスワップ情報
・FXプライムbyGMO 約27円/1日
・サクソバンク証券 約9円/1日
LIGHT FXみんなのFXは同じトレイダーズ証券が運営しているFX業者です。なのでどちらも取引できる通貨、スワップポイントは同じ。どっちで口座開設してもOKむしろ両方とも口座開設でもOK

 

外貨預金、スワップポイントで稼ぎたいのであれば、シンガポールドルと人民元がオススメです。参考:シンガポールドル解説記事シンガポールドルを毎月3万円積立た結果人民元解説記事
投資してはいけない通貨、投資するのにおすすめの通貨など、様々な通貨の解説まとめはこちらです。→ 通貨の特徴一覧を見る。

無料「FX投資マスターガイド」が使える件

FXで勝ち続けたいならブログ読むより、FX投資マスターガイドを入手した方が良いらしい。そんな話を聞いて無料の電子書籍「FX投資マスターガイド」を入手してみました。入手した感想、中身のネタバレ記事はこちら

この記事が有用だと思った方は是非お気に入り登録、ブックマーク登録、ツイッター、フェイスブックなどでシェアしてもらえると嬉しいです。

以上、最後までありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました