とれろくが推奨。2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

LG 29WP500-Bを徹底レビュー!比較・口コミチェック!

LG 29WP500-Bを徹底レビュー!比較・口コミチェック!

29WP500-Bってどんなモニター?レビューや口コミを探してる?買って大丈夫なモニター?

とれろく
とれろく

そんな疑問が解決できるよう、29WP500-Bを徹底レビュー!LG製の他のウルトラワイドモニターと比較したり、他メーカー品の競合モデルと何が違うのか?など徹底的に評価しました。

ウルトラワイドモニターを探している人は是非参考にして欲しいですね。では早速!

スポンサーリンク

1分で分かる29WP500-Bレビューまとめ

29WP500-Bは同等スペック他メーカー品と比べて最安値に非常に近い優等生。

スピーカーが内蔵していなかったり、スタンドが上下角度調整のみというデメリットはありますが、価格の安さは最高クラス。コスパ優先ならこれに決めてOK

スピーカー内蔵、高機能スタンド搭載モデルが良い場合はJAPANNEXTやIO DATA製のウルトラワイドモニターが代替候補になります。

とれろく
とれろく

それなりの使い勝手×価格優先でウルトラワイドモニターを探しているなら29WP500-Bは最有力と言ってOK。細かい性能など見ていきましょう。

スポンサードサーチ

29WP500-Bってどんなモニター?

横幅68.8cmの超ウルトラワイドモニター。圧倒的な存在感と快適な作業領域が特徴

LG 29WP500-Bは横に長いウルトラワイドモニター。横幅68.8cm、高さ40.7cmとなかなかの存在感を感じさせる大画面仕様です。サイズ感は大きいものの、重量は4.7kgと軽量なため、設置場所を選びにくく、かなり人気。設置写真も多く見つかります。

なんといっても特徴的なのはその安さ。これで3万円以下という超絶コスパ。

特別高性能・高画質!というモニターではないものの、無難に仕事にゲームに使える性能を持つため、愛用者は非常に多い。

実際、どれほど人気なのか?評判は良いのか?Twitterで調べると購入者の良口コミを大量に発見できます。

  • 29WP500-B買った
  • ツクモ本店でを販売中 LG『29WP500-B』税込26,820円 入力端子:HDMI2.0×229WN600-Wはとても使いやすい。画面分割のお陰で仕事は快適。※セールの有無によるものの、Amazonでは現在\24,709円で販売中。通販のが安い傾向にあり?
  • 画面が広く事務作業に最適!人気のウルトラワイドモニター!
  • パソコン工房 大阪日本橋店 価格26,820円
  • 今まではサムスンの24インチモニターを2枚使っていましたが、29WP500-Bに変更。デスク上がすっきりして広くなり、作業も集中してできるようになった。首が楽になりそう。
  • ウルトラワイドモニターのセッティング完了。繋いだらすぐ使えるようになりました。
  • 1つの画面でBlenderとブラウザを並べられるので作業が捗りそう。
とれろく
とれろく

と、いうように日本でも海外でもLG 29WP500-Bの評価は高い。この値段でウルトラワイドモニターが手に入るとか良い時代になりました。もちろん、Youtuberからも高い評価を獲得しています。

【コスパ最強!!!】LGウルトラワイドモニターが感動するレベルでスペックやばかったんで、即買いしました。デュアルディスプレイで使うにはもってこいのディスプレイ!【LG 29WP500-B開封&レビュー】

数値で語る29WP500-Bのスペック解説・レビュー

スペックを見ると、29WP500-Bの良い点、悪い点が見つかります。

解像度はFHDモニターの1.33倍の性能で使い勝手良し

解像度について参考資料

29WP500-Bの解像度はUWFHD(2560×1080)。画素数は2,764,800個となっており、FHDの1.33倍もの画素数を持っています。FHDモニターと比べ1.33倍も高精細かつ作業領域が広い。

左右にウィンドゥを並べて参照しながらの作業、マルチタスクも行いやすい。めちゃくちゃ便利。

液晶パネルにIPSパネルを採用している点は評価

29WP500-BはIPSパネルを採用

29WP500-Bはなんでも平均以上の性能を発揮するIPSパネルを採用しています。

色の再現力が非常に高く、原画通りの色彩描写なためネットサーフィンから動画視聴、仕事でもつかえる万能モニター。視野角が広いため机正面だけでなく、両脇に置くサイドモニターとしても活躍します。どんな人が購入しても「失敗した。」と後悔することの無い液晶パネル。

とれろく
とれろく

特別な用途のモニターを探している場合、VAパネルやTNパネルのモニターが候補になるものの、普通になんでも使えるモニターを探しているなら29WP500-BのようなIPSパネル採用モニターがベスト。

フレームレスモニター。ベゼルが極薄7.5mm設計でスタイリッシュ

29WP500-Bはベゼルが7.5mm(左・右)の極薄仕様

29WP500-Bは液晶周りのベゼル部(フレーム部)が極薄7.5mm。

複数枚並べて置いても邪魔なフレーム部が視界に映りにくい。モニター間の視点移動も楽。まるで1つの横長モニターを置いているような一体感が感じられます。

安いモニターの中には15mm以上の極厚フレームを採用しているものがあります。「極太黒ブチ眼鏡かよ!」という存在感を発揮するため、液晶面に意識を集中しにくい。

フレームレスモニターは見た目がおしゃれなだけでなく、集中力も高まる良構造。

リフレッシュレートは75Hzとちょっぴり良し。

29WP500-Bのリフレッシュレートは75Hz

29WP500-Bのリフレッシュレートは75Hz。

一般的なモニターやテレビと比較し、1.25倍高性能。本家ゲーミングモニターと比較すれば負けてしまうものの高い描写枚数を持つため、各種ゲームも楽しく遊べます。

応答速度は5msは合格水準

29WP500-Bの応答速度は5ms

29WP500-Bの応答速度は5ms。映像の切り替えスピードは普通の速さ。「残像感を感じる、映像がボヤけて見える」なんて低性能なモニターではありません。

可変リフレッシュレートにも対応。ただし入門機レベルなので過度な期待はNG。

29WP500-Bの可変リフレッシュレート性能は入門機レベル

ゲーム好きな人が重要視する可変リフレッシュレート機能。

ゲームプレイ中。画面に映るプレイヤーの数が多かったり、爆発エフェクトなど高いグラフィック処理能力が求められると、GPUが一時的にパンク(処理落ち)。画面がカクついたり、ラグったように映像が割れてしまいます。

これを防ぐ仕組みが「可変リフレッシュレート」。29WP500-Bは入門者向けの AMD FreeSyncに対応しています。映像出力側が処理落ちしても、モニター側で快適な動きとなるよう調整さるため、29WP500-Bはちょっとしたゲームも快適に楽しめる。

スタンドは上下の角度調整しかできないシンプルタイプで残念

29WP500-Bは高機能タイプのスタンドを採用

29WP500-Bのスタンドはは上下の角度調整しかできないシンプルタイプ。

高さを調整したり、左右首振りできたり、回転させて縦表示なんてことはできません。モニター自体の使い勝手より、安さ優先という人が選ぶモデル。モニターアームには対応しているため、モニターアームと接続して使うのもOK

他のLG ウルトラワイドモニターと何が違う?

LG製の29インチのウルトラワイドモニターは3種類あります。簡単に比較すると次の通り。

29WP500-Bとその他、29WP60G-B、29WN600-Wの3機種比較表(簡易)

品番購入先特徴
29WP500-B通常モデル画質は並。映像入力端子がHDMI×2のみ。
スピーカーは非内蔵。本体が黒色
→HDMI端子が2つ欲しい。という人用。値段は一番安い傾向にあり。
29WP60G-BAmazon限定モデル画質は3つの中で最強、映像入力端子がHDMI、DP、USC-Type-Cと豊富。
スピーカーは非内蔵。本体が黒色
→遊び、仕事も活躍する一番良いモニター。ただし、値段は高め
29WN600-W通常モデル画質は並。映像入力端子がHDMI、DP。
スピーカーは内蔵。本体が白色
→標準的なモニター。スピーカー内蔵が◎
29WP60G-Bと29WN600-W,29WP500-Bの3機種比較表(簡易)

シンプルなウルトラワイドモニターを探しているなら29WP500-Bが価格も安く優秀。

もっと画質を優先したい。スピーカー内蔵モデルが良い。という場合は他の型番のモニターがオススメです。詳細は次の記事で解説しています。

関連記事:【完全比較】LG 29WP60G-B,29WN600-W,29WP500-Bの3機種違いまとめ

とれろく
とれろく

HDMI端子が2つ付いていれば、パソコンもゲーム機も接続できるので普段使いでは十分。スピーカーを内蔵していない点だけは注意しておきましょう!

競合製品との比較

  • 29インチのウルトラワイドモニター
  • 視野角が広く、高発色のIPSパネル採用
  • 応答速度5ms、リフレッシュレート75Hz前後

という条件であれば、競合他社から様々なモニターが販売されています。その中から、29WP500-Bと張り合える性能、価格帯のモニターをピックアップすると次の通り。

JAPANNEXT IPS2975WFHDR

値段は29WP500-Bより1,000円ほど高い傾向にあります。LG製より優れている点はこちら。

  • 左右首振り(スイベル)機能搭載。45度も動くため斜めにモニターを設置できる。
  • 0mm~135mmの幅で高さ調整可能。机や椅子の高さに合わせ微調整できる。
  • 3W×2個のステレオスピーカー内蔵

ただし、HDMI端子が1つしか付いていないので、複数の機器を繋げる場合は注意。

とれろく
とれろく

スピーカー付きのウルトラワイドモニターが欲しい場合、JAPANNEXTが優秀。ちょっぴり価格は高くなるものの、自由自在に動く高機能スタンド内蔵ですし、コスパは高い。

IODATA EX-LDGCWF291SDB

LG 29WP500-Bより6,000円ほど値段が高くなるものの、性能自体は優秀。

  • 応答速度が最速1.4ms。残像感やブレの無い最速描写を実現
  • PS5や任天堂switchといったゲーム機とも相性◎
  • 2W×2個のステレオスピーカー内蔵
とれろく
とれろく

ウルトラワイドモニターでゲームを楽しみたい!と、言う人はIODATA EX-LDGCWF291SDBの方がオススメ。29WP500-Bと比較し、応答速度が3倍以上速いためメリハリしっかりした映像でゲームが遊べます。目も疲れにくいし、没入感も◎

スポンサードサーチ

29WP500-Bレビューまとめ

  • フルHDと比較し、1.33倍も広い作業領域。作業性抜群
  • 色再現性の高いIPSパネルを採用しているため、様々な用途で活躍。
  • ベゼルが7.5mmの極薄仕様なため、マルチモニター環境も馴染む。
  • リフレッシュレートは75Hzとちょっぴり良し
  • シンプルスタンド内蔵なので自由度は低め。その分安い。
とれろく
とれろく

29WP500-Bは同等スペック他メーカー品と比べて最安値に非常に近い優等生。スピーカーが内蔵していなかったり、スタンドが上下角度調整のみというデメリットはありますが、価格の安さは最高クラス。コスパ優先ならこれに決めてOK!

29WP500-Bの最安値、最新価格をチェックする↓

タイトルとURLをコピーしました