とれろくが推奨。2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

【安定バランス型】Dell G2422HSを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

4.0
【安定バランス型】Dell G2422HSを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

Dell G2422HSってどんなモニター?レビューや口コミを探してる?買って大丈夫なモニター?

とれろく
とれろく

そんな疑問が解決できるよう、Dell G2422HSを徹底レビュー!結論から言うデメリットは左右の首振り機能が無い+スピーカー非内蔵という点。その他は文句なしのパネル性能とゲーミング性能です。スペックごとに解説していくよ!

スポンサーリンク

Dell G2422HSってどんなモニター?

応答速度1ms、リフレッシュレート165Hz、グラボメーカーも選ばない可変リフレッシュレート対応のゲーミングモニター

Dell G2422HSの価格は非常に安い。という価格帯ではありません。ゲーミングモニターの中では中の上。という具合でちょっと高めの価格帯に位置します。

色の再現性が高く、美しいIPSパネルを搭載しつつ、ゲーミング性能を限りなく高められているため、やむおえない価格設定。というところ。

珍しく、NVIDIAのG-SYNC Compatibleと、AMDのFreeSync Premiumの2つの認証に合格しているため、グラボメーカーを問わず相性が良いモニター。

パソコンゲームはもちろん、任天堂switch、PS4、PS5といった家庭用ゲーム機全てと相性が良いのは貴重。

とれろく
とれろく

スピーカーが内蔵されていないため、外付けスピーカーを使うか、ヘッドホンが必要なのがデメリットですが、その他は非常に高いスペック。

IPSパネルを採用。液晶の四隅でさえ非常に見やすい

Dell G2422HSの画質は良。スペックは次の通り。

項目性能
パネルサイズ23.8インチ
パネルIPSパネル搭載、非光沢
最大解像度フルHD(1920×1080)
表示色約1670万色
視野角水平178° / 垂直178°
輝度350cd/㎡(白色LED)
コントラスト(標準)1000:1
Dell G2422HSの画質スペック

Dell G2422HSはIPSパネルを採用しています。

  • 優れた視野角を持つため、斜めから見ても映像が綺麗。サイドモニターとしても活躍
  • 色の再現度が高いため、画質調整など不要。そもそもが見やすく綺麗

という特徴を持ちます。

IPSパネルの良さは、Twitterでも良く口コミを見かけます。

とれろく
とれろく

無難にいつも使っている&見慣れたモニターが欲しいならIPSパネルのモニターを購入するのがオススメ。間違っても価格最優先でTNパネルのモニターなんてなんか買っちゃだめだぞ。四隅の色ムラがひどくて見にくい。

表示色は1670万色、解像度も1920×1080のフルHDと並性能。

4K対応、10億色対応の高画質モニターと比較すれば負けるものの、モニターの性能としては並。ストレスなくゲームができる十分な性能を持つ。

画面の明るさを示す輝度も350cd/㎡と十分。ガンガンに太陽光がモニターに反射する環境であっても、それなりの見やすさは保証されるレベル。

Dell G2422HSのゲーミング性能は高い

項目性能
リフレッシュレート最大165Hz
応答速度1ms(GtoG)
可変リフレッシュレートAMD FreeSync Premium
NVIDIA G-SYNC Compatible
Dell G2422HSのゲーミングスペック

応答速度1ms、リフレッシュレート165Hzと十分なスペック。

応答速度が速いから残像やブレが少なく、映像がスムーズ。目や頭も疲れにくし、長時間のゲームプレイも快適。

ゲーミング成績に直結するリフレッシュレートも高い。リフレッシュレートの重要性について、あまり知らない人は次の動画を見てみよう。特に重要なシーンは1:12秒~ぐらい。

NVIDIA GeForce による 高フレームレート 検証 – 『CS:GO』をスローモーションで比較

リフレッシュレートが高いと、敵が見える瞬間が相手より早くなります。

リフレッシュレートの低いモニターでFPSすると、出会った瞬間にヘッドショットされていることがあります。「なんでやねん。チートやろ」と怒ったこともあります。

でもね、これは敵とこっちのモニターのリフレッシュレートの差が原因。リフレッシュレートが高いと、相手より先に敵を視認できる。初発が早くなる分、めちゃんこ有利。

ゲーミングモニターとしての性能はAMDのFreeSyncPremium認定を獲得。外部機関からのお墨付きもある。

ベースラインのFreeSyncテクノロジー層に追加されたAMD FreeSync™ Premiumテクノロジーにより、本格的なゲーマーは最高の性能でティアリングのないスムーズなゲームプレイ体験を楽しむことができます。

・最小FHD解像度で少なくとも120hzのリフレッシュレート
・低フレームレート補正(LFC)のサポート
・低レイテンシー

AMD FreeSync™ テクノロジーより

またNVIDIAの厳しい品質テストにも合格。G-SYNC Compatible認証を取得。

ゲームのために開発

GeForce® テクノロジは、スムーズな高画質映像で熱いゲームプレイに応えます。ディスプレイに関して妥協するなんてありえますか?

NVIDIA® G-SYNC® ディスプレイは、最高基準で厳しくテストされています。テアリングのない映像がもたらす没入感。ゲームを一変させるテクノロジ。そして、最高のリフレッシュ レートが生み出す無敵のパフォーマンス。あらゆるゲームで。いつでも。どこでも。

NVIDIA® G-SYNC® ディスプレイより
とれろく
とれろく

2大GPUメーカーのNVIDIAとAMDの両方の品質テストに合格しているモニターは非常に少ない。Dell G2422HSはGPUメーカーを選ばない貴重な万能モニター。

他機との接続性は標準。スピーカー非内蔵は△

Dell G2422HSに搭載している接続端子は次の通り。

項目性能
入力信号デジタルのみ対応
入力端子Display Port 1.2×1
HDMI ×2
ヘッドホン・音声出力端子:搭載
スピーカー2W+2Wの合計4Wステレオスピーカー
Dell G2422HSの接続端子関係

Dell G2422HSはHDMIとDPの両方に対応しています。

PS4、PS5、任天堂switchといったゲーム機の接続もOK。パソコンとの接続ももちろんOK。HDMI端子が2つあるため、複数の機器を併用して使うこともでき便利。

残念ながらスピーカーは非内蔵なので、外付けスピーカーは要準備。

スタンド機能も合格だけど、左右首振り無しは△

Dell G2422HSは、高さ調整可能なスタンドを搭載しています。

項目性能
角度・高さ調整チルト :+21° ~ -5°
首振り:非対応
ピボット :非対応
高さ調整 :0mm~100mm
モニターアーム100mm×100mm
画面調整機能、モニターアーム

上下の角度調整はもちろん、高さを100mmの幅で調整できるため、身長や設置場所に合わせてモニターの位置を微調整できて◎。既存のモニターと高さを合わせやすいためマルチモニター環境とも相性が良い。もちろん、モニターアームにも対応。

Dell G2422HSを買っても大丈夫な人

  • ピンキリなスペックを持つモニターを購入し、「これじゃなかった」と失敗したくない人
  • 安定、無難、十分なスペックをバランスよく備えたモニターが良い人
  • ゲーミング性能だけでなく、ある程度の画質も欲しい人
  • グラフィックボードのメーカーを問わず、相性が良いモニターが良い人

Dell G2422HSを買わない方が良い人

  • 安さこそ正義。とにかく安いモニターが欲しい人
  • スタンドの高さ調整機能、角度調整機能などいらない人
  • 4Kといった超高画質を楽しみたい人

Dell G2422HSのTwitterでの評価は?

ではここでDell G2422HSのリアルな口コミをTwitterでチェックしてみよう。結果→やっぱり高評価。購入報告&愛用者も多い。

Dell G2422HS 23.8インチゲーミングモニターを簡単に紹介 165Hz Fast IPS FHDモニター

スポンサードサーチ

Dell G2422HSレビューまとめ

応答速度1ms、リフレッシュレート165Hz、グラボメーカーも選ばない可変リフレッシュレート対応のゲーミングモニター

Dell G2422HSの価格は非常に安い。という価格帯ではありません。ゲーミングモニターの中では中の上。という具合でちょっと高めの価格帯に位置します。

色の再現性が高く、美しいIPSパネルを搭載しつつ、ゲーミング性能を限りなく高められているため、やむおえない価格設定。というところ。

珍しく、NVIDIAのG-SYNC Compatibleと、AMDのFreeSync Premiumの2つの認証に合格しているため、グラボメーカーを問わず相性が良いモニター。

パソコンゲームはもちろん、任天堂switch、PS4、PS5といった家庭用ゲーム機全てと相性が良いのは貴重。

とれろく
とれろく

スピーカーが内蔵されていないため、外付けスピーカーを使うか、ヘッドホンが必要なのがデメリットですが、その他は非常に高いスペック。

Dell G2422HSの最新価格をチェックする↓

タイトルとURLをコピーしました