2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

【暴く】タッチペンで有名なSemiroってどこの会社?本当の評判は?

【暴く】タッチペンで有名なSemiroってどこの会社?本当の評判は?

Semiroってどんなメーカー?会社?タッチペンの評判は?

とれろく
とれろく

そんな疑問を抱えた方にSemiroについての調査記事を紹介!結論から言うと日本のソウシア商事が商標を持つ日本ブランド。製造は中国ですが、レビューは◎の人気タッチペンブランドです。

スポンサーリンク

タッチペンが人気のSemiro

スマホやタブレットでお絵描きするのに便利なタッチペン。様々なメーカーがタッチペンを販売している中、ひときわ注目されている「Semiro」

事実、1時間更新!Amazonタッチペン売れ筋ランキングのベスト30位中、4製品もSemiroのタッチペン(記事作成時)がランクインしています。

どんなタッチペンがランクインしていたのか?というと、次の通り。

1位獲得タッチペン Semiro スタイラスペン スマホ対応 極細White

  • iPad、ios、Android、iPhone、各種スマホ対応のスタイラスペン
  • クッション性のある極細銅製ペン先と導電繊維ペン先。細/太両方対応
  • 1回のフル充電で最大約10時間連続使用できる大容量バッテリーが搭載

7位獲得!タッチペン Semiro スタイラスペン スマホ対応 極細 Black

1番人気の色違いタッチペン。ブラックよりおしゃれなホワイトの方が売れ筋◎

とれろく
とれろく

どちらも2021年5月に販売され始めた新モデル。発売から早速TOP10入りする超人気タッチペンです。ペン先1.45mmで細かい描写も得意、16.5gという驚異的軽さで指へのフィット感抜群。めっちゃ扱いやすい。

スポンサードサーチ

Semiroってどこのメーカー?どんな会社?

そんなSemiroは埼玉県川口市にある「ソウシア商事株式会社(代表:陳邦文氏)が商標を持つ、日本ブランド(社長が中国の方なので中国ブランドといえば中国ブランド・・?)。

特許情報プラットフォーム J-Platpatより

ソウシア商事株式会社の主な事業はEC通信販売事業や国際貿易。中国といった様々な国に製造をOEM委託し、Semiroといった様々なブランドを作り、販売する商社のような会社。

とれろく
とれろく

ちなみにソウシア商事は自身の流通ルートを利用し、川口市の幼稚園、学校(小〜高)述べ83校へハンドジェル10,800本、国産マスク1,500枚を寄付するなど立派な活動をしています。※参照リンク

設立は2012年。最初はスマートフォン周辺用品に特化した商社でしたが、最近ではゲーミングチェア、ワイヤレスイヤホン、熱中症対策アイテムなどなど幅広い商品を取り扱っています。

関連:youtubeソウシア商事の紹介動画

従業員は約80名、日本人スタッフも多く働いています。

Semiroのタッチペンのレビュー、評判は?

そんなソウシア商事のタッチペンブランド「Semito」。SNS上で見かけるレビューや、評判は良いものばかり。

とれろく
とれろく

中国製造ではあるものの、日本人スタッフによる品質管理が行われていることもあり、不良品といった不具合報告を見かけることはありませんでした。レビュー◎。購入に進んでもOKですね。

1位獲得タッチペン Semiro スタイラスペン スマホ対応 極細White

  • iPad、ios、Android、iPhone、各種スマホ対応のスタイラスペン
  • クッション性のある極細銅製ペン先と導電繊維ペン先。細/太両方対応
  • 1回のフル充電で最大約10時間連続使用できる大容量バッテリーが搭載

7位獲得!タッチペン Semiro スタイラスペン スマホ対応 極細 Black

1番人気の色違いタッチペン。ブラックよりおしゃれなホワイトの方が売れ筋◎

とれろく
とれろく

どちらも2021年5月に販売され始めた新モデル。発売から早速TOP10入りする超人気タッチペンです。ペン先1.45mmで細かい描写も得意、16.5gという驚異的軽さで指へのフィット感抜群。めっちゃ扱いやすい。

タイトルとURLをコピーしました