【今なら無料】kindle unlimitedで読めるオススメ投資本リスト

サンコーのモニターアームをレビュー!MARMGUS192B,MARMP196F

サンコーのモニターアームをレビュー!

サンコーのモニターアームって買っても大丈夫?どんな性能?

とれろく
とれろく

そんな疑問を抱えている方に、サンコーのモニターアームのレビュー情報を紹介!サンコーといえば4軸式くねくね、3軸式くねくね、またオプションのモニターアーム用ポール(70cm)、モニターアーム用ロングポール(100cm)の組合せが人気です。実際なんで人気なの?気になる人は読んでみて欲しいですね。

スポンサーリンク

サンコーは隠れたモニターアームメーカー

サンコーは東京都千代田区に本社を構える日本メーカー。

あの秋葉原に実店舗も構えており、パソコン環境に”こだわり”を持つユーザーに多く支持されています。マニアを満足させる数少ないメーカーと言っても良い。

これはサンコーのモニターアームはカスタマイズ性が非常に強いのが理由。追って紹介

とれろく
とれろく

ちなみにサンコーは従業員30名前後にも関わらず売上は約15億。そんな精鋭たちが考え抜いたモニターアーム代表が「4軸式くねくねアーム」。2010年5月に発売以降、今なお売れ続けるベストセラー商品。

スポンサードサーチ

サンコーのモニターアームをレビュー

サンコーといえば「4軸式くねくねアーム」MARMGUS192B

とれろく
とれろく

同社は「3軸式くねくねモニターアーム」も取り扱っているものの、買うなら間違いなく4軸式。軸が1つ追加されるだけでモニタの可動域が驚くほど変化しています。価格差も1,000円以内なので4軸式を選択しよう。※可動域の違いは後述

4軸式くねくねアームと3軸式くねくねアームの比較

製品名4軸式くねくねアーム3軸式くねくねアーム
型番MARMGUS192BMARMGUS191B
対応モニタ~27インチ~27インチ
耐荷重10kg10kg
対応VESA規格75mm、100mm75mm、100mm
モニター角度調整上下180度、左右180度上下180度、左右180度
アーム前後の動き後方47mm~前方420mm前方64mm~274mm
取付方式クランプクランプ
取付可能板厚10mm~88mm10mm~88mm
重さ4.24kg3.98kg
目安価格4,000円前後3,500円前後
とれろく
とれろく

基本的にほぼ同じ。大きく違うのはアーム前後の動きです。といっても数字だけパッと見た感じだと違いがイメージしにくい。そこで可動域の違いイメージ図を作成しました。

4軸式くねくねアームと3軸式くねくねアーム可動域の違い

可動域の違い

ちょっと極端かもしれないけど、このぐらいの差があります。

支柱の取付位置を動かして、3軸式でも可動域を大きくすることができるものの、支柱を外して動かして、外して動かして、、、と微調整をするのは結構大変。そこで価格差が1,000円も変わらないので買うなら絶対4軸式くねくね。

「4軸式くねくねアーム」MARMGUS192Bの最安値をチェック↓

サンコーのモニターアームはオプションでさらに便利

またサンコーのモニターアームはオプションパーツも充実。特に人気なのがロングポール2種類。

ロングポール2種類(100cm MARMP196F、70cm MARMP194E)

 

4軸式くねくねアームの初期支柱長さは45cm。モニタを1枚だけ使う場合は初期の支柱で十分ですが、モニタを縦向きで使う場合や、モニタを縦2枚並べようと思うと、少し高さが不足してしまいます。

そんな時に使うのがオプションパーツであるロングポール。これで支柱の高さを確保すれば、縦に3枚モニタを並べる、デュアルモニタ用に改造することも可能。耐荷重は20kgなので重めもモニタを付けても安心です。

とれろく
とれろく

ちなみにサンコーの4軸式くねくねアームはモニタ部が上下180度と非常に可動域が広い。支柱最上部にモニタを付けたらモニタが見にくかった。なんてことは起きません。

1つロングポールを持っていると、次のような追加ポールマウントを次々装着することができます。

サンコー 4軸式モニターアームポールマウント MARM1120W

サンコー 4軸式クリップモニタア―ム(ホワイト) MARMGUS128W

サンコー 4軸式クリップモニタアームSLIM(ホワイト) MARMGUS129AW

とれろく
とれろく

サンコーのモニターアームは自分好みに鬼カスタマイズ可能なのが特徴。だから2010年の発売以降、売れ続けているんですね。

4軸式くねくねアームのAmazonレビュー件数は200件以上、平均評価は4.3星と高評価。

エルゴトロンほど高くなく、グリーンハウスより強度がある。
32インチのモニターを付けていますが全く問題無し。カスタマイズしてキーボードやマウスパッドなども置いてみたものの、全くブレない。

グリーンハウスは私の好きなモニターアームメーカーですが、価格が安い分強度はやや弱い。さすがに32インチの大型モニタを取り付けるならサンコーのモニターアームの方が良いですね。

この価格で、この機能は素晴らしい。
モニタをがっちり固定するタイプなので、頻繁にモニタを動かす人には不向きかも。8kg以上する4Kモニターを付けても大丈夫なタフさは素晴らしい。決まった位置と決まった角度を維持してくれる。
とれろく
とれろく

モニターアームといえばガススプリング式が人気ですが、重さに耐えきれず、モニタが下に垂れてくるという不満を多く見ます。サンコー製なら心配いらないですね。

スポンサードサーチ

サンコーのモニターアームのレビュー まとめ

サンコーは東京秋葉原で実店舗を構えている分、ユーザーの意見を取り入れやすい環境にあります。そのサンコーが開発した「4軸式くねくねアーム」がその手の人達に不人気なはずがありません。

オプションパーツと組み合わせることで、鬼カスタマイズできるのも魅力の1つ。オススメのモニターアームですね。

ただし、出費をとにかく抑えたい。なるべく安いものが良いというユーザーには不向きかも。アーム単体は5,000円未満なものの、カスタマイズしていくと自然と高くなっちゃいます。

「4軸式くねくねアーム」MARMGUS192Bの最安値をチェック↓

ロングポール2種類(100cm MARMP196F、70cm MARMP194E)の最安値↓

タイトルとURLをコピーしました