とれろくが推奨。2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

【作業用】Dell S2421HSX,HSX-Rを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

2.5
【作業用】Dell S2421HSX,HSX-Rを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

S2421HSX,HSX-Rってどんなモニター?レビューや口コミを探してる?買って大丈夫なモニター?

とれろく
とれろく

そんな疑問が解決できるよう、S2421HSX,HSX-Rを徹底レビュー!、ちなみに末尾がHSX,HSX-Rとサイトによって表記が違うものの、中味は一緒。本記事ではS2421HSX-Rで表記し、解説していくぞ!。私の評価は「スタンド周りが優秀ですが、正直値段が高い」という評価。代替え機種も紹介しているので参考にして貰えると嬉しいですね。では早速!

スポンサーリンク

S2421HSX-Rってどんなモニター?

DellのIPSパネル 23.8インチのオーソドックスな作業・ゲーム用モニター(一般販売モデル)

Dell S2421HSX-Rはよくある仕事や家庭で使う作業用モニター。特別、4K解像度!HDR画質!という訳ではないものの、無難にどんなシーンでも使いやすいスペック。

フレームレス仕様なため液晶領域も広く、スタンドにはコード収納用ホールもが付いているため配線もスッキリ。HDMI端子とDisplayPort端子の両方に対応しており、スタンドも高さ調整~回転まで自由自在。値段を考えれば圧倒的コスパと言っていい。

Dellはサイズやスペックが似たモニターを複数販売しています。その中で、S2421HSX-Rは各種家電量販店や楽天市場といった通販サイトでも取扱いされている一般販売モデル。他にスタンド機能が弱いS2421HN、Amazon限定モデルのS2421HSがあります。

正直、一番コスパが優れているのはAmazon限定モデルのS2421HSだと考えています。S2421HSX-Rとの違いは本体カラーのみ。液晶スペックは全く同じ。なのに値段がS2421HSのが安い傾向にあります。本体カラーが白基調のホワイトパールで良ければS2421HSを買った方がお得

詳細→ 【違い】S2421HN(R),S2421HSX(R),S2421HSならどれを買う?比較レビュー!

とれろく
とれろく

と、いうのが結論部分になっちゃいますが、せっかくなのでDell S2421HSX-Rのスペックも解説していくぞ。中身はS2421HSと同じなので基本評価は同じ。ただ、口コミの様子はちょっと違うかな。早速見ていきましょう。

IPSパネルを採用しているため、見やすい良性能のモニター

Dell S2421HSX-Rの画質は良。スペックは次の通り。

項目性能
表示色約1670万色
パネルIPSパネル搭載、非光沢
最大解像度フルHD(1920×1080)
視野角水平178° / 垂直178°
輝度250cd/㎡(白色LED)
リフレッシュレート75Hz
応答速度4ms
コントラスト比1000:1
Dell S2421HSX-Rの画質スペック

Dell S2421HSX-RはIPSパネルを採用しています。

  • 優れた視野角を持つため、斜めから見ても映像が綺麗。サイドモニターとしても活躍する
  • 色の再現度が高いため、画質調整など不要。そもそもが見やすく綺麗

という特徴を持ちます。

IPSパネルの良さは、Twitterでも良く口コミを見かけます。

とれろく
とれろく

無難にいつも使っている&見慣れたモニターが欲しいならIPSパネルのモニターを購入するのがオススメ。間違っても価格最優先でTNパネルのモニターなんてなんか買っちゃだめだぞ。

表示色は1670万色、解像度も1920×1080のフルHD。オフィスで置かれている標準的なスペック。普通に使っている分では”画質が悪い”と感じることは絶対にありません。

画面の明るさを示す輝度も250cd/㎡と十分。ガンガンに太陽光がモニター反射する環境だと、モニターがちょっと暗いかな?と感じてしまうものの、日のあたらない環境なら問題無し。

1秒間の表示コマ数を示すリフレッシュレート、コマとコマの切り替わり速度を示す応答速度はビジネススペック。ガチガチのゲーマーには足りないスペックですが、Youtubeなどを見る分には申し分無し。テレビと同じ性能なので、家庭用ゲーム機ぐらいなら十分遊べる。

接続端子はHDMI、DisplayPortに対応

Dell S2421HSX-Rの接続端子は2種類。

Dell S2421HSX-R取扱説明書より

パソコンや家庭用ゲーム機で主流のHDMI端子と、ノートパソコンといった端末に主流のDisplayPortの2種類に対応しています。

パソコンやゲーム機のメインモニターとして使っても良いし、ノートパソコンのサブモニターとして使っても◎しっかり使いやすい。

オーディオ出力端子もついているため、モニターから外付けスピーカーへの出力もOK!

スタンド機能が非常に優秀

Dell S2421HSX-Rが他の格安モニターと大きく違うのがスタンドの優秀さ。

Dell S2421HSX-R取扱説明書より
項目性能
角度・高さ調整チルト(上下):上21° / 下5°
スイベル(左右):±30°
高さ調整機能:0~100mm
ピボット(縦表示):対応
VESAマウント100mm×100mm
Dell S2421HSX-Rの画面調整機能、モニターアーム

Dell S2421HSX-Rは上下の角度調整はもちろん、左右の首振りも対応。サブモニターとして斜めに設置する時もベストな角度に設置しやすい。

モニターの高さも調整できるため、机が低くても、高くてもモニターを見やすいベストな位置に設置可能。長時間の作業やゲーム、動画視聴も疲れにくい。2枚目のモニターとしてS2421HSX-Rを買った場合、1枚目のモニターと高さを合わせることもできるし、とにかく万能。

とれろく
とれろく

縦表示にも対応しているため、Twitterや掲示板、ブログといった縦に長いコンテンツも見やすい。超便利。

Dell S2421HSX-Rを買っても大丈夫な人

  • 安すぎるモニターを購入し、失敗したくない人
  • モニターに出せるお金は2万円前後。2万円前後でコスパ最強モデルが欲しい人
  • 画質が無難で見やすいIPSパネルのモニターが良い人
  • せっかくなら様々な機器と接続できるモニターが欲しい人
  • せっかくならスタンド機能が優秀で自由に調整できるモニターが欲しい人

Dell S2421HSX-Rを買わない方が良い人

  • 映りさえすればOK。画質には全くこだわりが無い人
  • 4Kといった高画質映像を楽しみたい人
  • スピーカーやUSB端子付きのモニターを探している人

Dell S2421HSX-Rの口コミ、レビュー

Dell S2421HSX-Rはビジネス・家庭で活躍する無難なモニターなので購入者も多い、Twitterでのリアルな口コミを見てみよう。→普通に使えて評価も◎。スタンド優秀で縦画面も最高!

実際の質感などはYouTubeが分かりやすい。

Dell S2421HSX-Rを開封レビュー動画はこちら。モニターも良いものの、設置している昇降デスクが羨ましい。

【テレワークにオススメ】DELL 24インチS2421HSXレビュー

スポンサードサーチ

Dell S2421HSX-Rのレビューまとめ

DellのIPSパネル 23.8インチのオーソドックスな作業・ゲーム用モニター(一般販売モデル)

Dell S2421HSX-Rはよくある仕事や家庭で使う作業用モニター。特別、4K解像度!HDR画質!という訳ではないものの、無難にどんなシーンでも使いやすいスペック。

フレームレス仕様なため液晶領域も広く、スタンドにはコード収納用ホールもが付いているため配線もスッキリ。HDMI端子とDisplayPort端子の両方に対応しており、スタンドも高さ調整~回転まで自由自在。値段を考えれば圧倒的コスパと言っていい。

Dellはサイズやスペックが似たモニターを複数販売しています。その中で、S2421HSX-Rは各種家電量販店や楽天市場といった通販サイトでも取扱いされている一般販売モデル。他にスタンド機能が弱いS2421HN、Amazon限定モデルのS2421HSがあります。

正直、一番コスパが優れているのはAmazon限定モデルのS2421HSだと考えています。S2421HSX-Rとの違いは本体カラーのみ。液晶スペックは全く同じ。なのに値段がS2421HSのが安い傾向にあります。本体カラーが白基調のホワイトパールで良ければS2421HSを買った方がお得

詳細→ 【違い】S2421HN(R),S2421HSX(R),S2421HSならどれを買う?比較レビュー!

とれろく
とれろく

記事執筆時は圧倒的にAmazon限定モデルのS2421HSのが安かったものの、時期によって変動しているため要注意!詳細→ 【違い】S2421HN(R),S2421HSX(R),S2421HSならどれを買う?比較レビュー!

S2421HSX-Rの最新価格をチェックする↓

タイトルとURLをコピーしました