とれろくが推奨。2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

【正直微妙】BENQ EL2870Uを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

3.0
【正直微妙】BENQ EL2870Uを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

BENQ EL2870Uってどんなモニター?レビューや口コミを探してる?買って大丈夫なモニター?

とれろく
とれろく

そんな疑問が解決できるよう、BENQ EL2870Uを徹底レビュー!結論から言うと、なんでこの性能でリフレッシュレート60Hz?楽しめるゲームがかなり限られるよ。4Kだったり、応答速度1msは良いのにリフレッシュレートが厳しい。RPGやMMO、RTS系のゲームをする人にはオススメだけど、FPSユーザーには非推奨。詳細を解説していくよ!

スポンサーリンク

BENQ EL2870Uってどんなモニター?

4K対応の大画面液晶でゲームも映画も楽しめる。応答速度は優秀なのに、リフレッシュレートが低いため、遊べるゲームを選ぶゲーミングモニター

EL2870Uはゲーミングモニターに属するものの、実際はかなり動画視聴・画質優先のモデル。ゲーミング性能は応答速度のみ優秀でリフレッシュレートはおそまつ。

0.1秒の反応が求められるFPSで遊ぶ場合は絶対に候補にしては駄目なモニター。

価格が安い分、遊ぶゲームの種類が限られるものの。ゆるり、まったり遊べる系のゲームなら最適解とも呼べる性能を持つ。

とれろく
とれろく

どうしてリフレッシュレート60Hzが低いと駄目なのか?といった内容も踏まえ、項目ごとにモニターを評価していくよ!

BENQ EL2870UのTNパネルは性能が高い

BENQ EL2870Uの画質スペックをまとめると次の通り。

項目性能
表示色約10.7億色
→並性能のモニターは約1,670万色。64倍以上の高画質モニター
パネルTNパネル/非光沢
最大解像度4K(3840×2160)
視野角170°×160°
輝度300cd/㎡
コントラスト比1,000 : 1
BENQ EL2870Uの画質スペック

BENQ EL2870Uのパネル性能は高い。

まず画面に再現できる表示色数がそこらのモニターの64倍高画質。遠目で比較しても、明らかな違いを感じるレベルの高画質モニターです。

解像度も4K(3840×2160)に対応しているため、ドットの距離が狭く、めちゃくちゃ高精細。

同じサイズのモニタでフルHD(1920×1080)ならドットピッチは0.3216mm。対してEL2870Uは0.1608mm。約2倍の高密度なドット配置×64倍の表示色数で再現される映像はマジで美しい。

EL2870Uに採用されているTNパネルは改良版TNパネル。ちまたで噂の「TNパネルは色ムラがあって見えにくい」という症状も改善し、視野角はIPSパネルと同等水準の水平170°まで高めています。

昔のTNパネル採用のモニター(Acer KG221QAbmix、AOPEN 22MX1Qbmiix、ASUS VP228HE-Jなど)は水平90°程度。視野角が狭いため、画面の隅っこの色ムラ、斜めから見ると色がおかしくなりやすいというデメリットがありました。

が、BENQ EL2870Uの視野角は170度。

最近見かけることが増えてきた、改良版TNパネルといった所。改良版TNパネルは旧パネルと比較しても見やすいのが特徴

BENQ EL2870UのTNパネルは優秀。

とれろく
とれろく

EL2870UはTNパネルの見えにくさを克服し、フルHDと比較し、約2倍の高密度なドット配置×64倍の表示色数という高い性能を持つため、高精細映像が楽しめる良モニター。

BENQ EL2870Uのゲーミング性能はゲームを選ぶ

項目性能
リフレッシュレート最大60Hz
応答速度1ms
グラボ連携(VRR)AMD FreeSync™対応
BENQ EL2870Uのゲーミングスペック

EL2870Uの応答速度は1msと性能を十分体感できる水準にあります。
※応答速度=画面の色が切り替わる速さ。1ms=0.001秒

一般的なビジネス用モニターだと応答速度は5ms程度。1msと5msの違いで、60Hzのモニターでどの程度の影響が出るのか?計算すると次の通り。

1秒間の間、色が変化している時間の比較
5ms=0.005秒×60枚=0.30秒。1秒の内、30%は色がボヤけている。
1ms=0.001秒×60枚=0.06秒。1秒の内、6%しか色がボヤけていない。

とれろく
とれろく

という結果で5msは常にボヤけっぱなし。残像MAXといって良い。対して応答速度1msのモニターは残像やボヤけがほとんど無いといって良い。この性能差は明らかに体感できるレベル。

ただし、早撃ちに影響するリフレッシュレートは並以下の60Hz。作業用の平均的モニターでも75Hzなため、他プレイヤーよりも相手を早く見つけ、撃ち抜く能力は低い。

リフレッシュレートの重要性について、あまり知らない人は次の動画を見てみよう。特に重要なシーンは1:12秒~ぐらい。

NVIDIA GeForce による 高フレームレート 検証 – 『CS:GO』をスローモーションで比較

リフレッシュレートが高いと、敵が見える瞬間が相手より早くなります。

リフレッシュレートの低いモニターでFPSすると、出会った瞬間にヘッドショットされていることがあります。「なんでやねん。チートやろ」と怒ったこともあります。

でもね、これは敵とこっちのモニターのリフレッシュレートの差が原因。リフレッシュレートが高いと、相手より先に敵を視認できる。初発が早くなる分、めちゃんこ有利。

早撃ちが成績に影響するゲームではEL2870Uは活躍しません。まったり、ゆるり系のゲーム用途なら、高画質&高精細モニターを搭載しているため、リアルで没入感感じられる遊びができます。

もし、FPS用のモニターを探している場合、他のモニターを探すのが吉。

といっても4K対応の高リフレッシュモニターというと、ASUS PG32UQ、VG28UQL1Aぐらいしかなく、どちらも値段は10万円越え。FPS用なら4Kは諦めてフルHDの高リフレッシュレートモニターを探すしか選択肢は無いに等しい。

接続端子は十分。スピーカー内蔵も嬉しい

BENQ EL2870Uに搭載している接続端子は次の通り。

項目性能
入力信号デジタルのみ対応
入力端子HDMI (v2.0)× 2
DisplayPort (v1.4)× 1
ヘッドホン端子:搭載
スピーカー2Wx2ステレオ内蔵
BENQ EL2870Uの接続性

主流のHDMI端子が2個付いているため、複数のゲーム機器やパソコンを接続し、切り替えて遊ぶことも可能。DisplayPortにも対応しているため、ノートパソコンのサブモニターとしても活躍。

EL2870Uは無難に必要な端子を備えています。

もちろんゲーミングモニターらしく、ヘッドホン端子も搭載。スピーカーも内蔵しているため、外付けスピーカーを用意しなくてOK。

スタンド機能は必要最低限

BENQ EL2870Uは非常にシンプルなスタンドを搭載しています。

項目性能
角度・高さ調整チルト角:+15°~-5°
スイベル機能:なし
高さ調整機能:なし
ピボット機能:なし
モニターアーム100mm×100mm
画面調整機能、モニターアーム

上下の角度調整しかできず、左右の角度を調整したり、高さの調整は不可。

自分に合わせて微調整をしたい場合、左右の角度調整は台座ごと動かしたり、高さがイマイチな時はモニター台やモニターアームを使ってカスタマイズする必要があります。

とれろく
とれろく

できれば画面の高さが調整できるモデルが良いものの、そんなモニターの値段は高い。これも我慢かな。

BENQ EL2870Uを買っても大丈夫な人

  • 0.1秒の反応が求められるFPSといったゲームはしない。まったり、ゆるり系のゲームユーザー。
  • 高密度、高精細な映像が楽しめる4Kモニターが欲しい人。動画視聴を楽しみたい人
  • ゲーミング性能だけでなく、ある程度の画質も欲しい人

BENQ EL2870Uを買わない方が良い人

  • ガチガチの本気ゲーマー。0.1秒が命取りになるユーザー。早撃ち命
  • モニターの高さや角度が自由自在に変えられるモニターが良い人

BENQ EL2870UのTwitterでの評価は?

ではここでBENQ EL2870Uのリアルな口コミをTwitterでチェックしてみよう。結果→購入者も多く、ネガティブレビュー無し。愛用者も多い。

スポンサードサーチ

BENQ EL2870Uのレビューまとめ

4K対応の大画面液晶でゲームも映画も楽しめる。応答速度は優秀なのに、リフレッシュレートが低いため、遊べるゲームを選ぶゲーミングモニター

EL2870Uはゲーミングモニターに属するものの、実際はかなり動画視聴・画質優先のモデル。ゲーミング性能は応答速度のみ優秀でリフレッシュレートは残念な60Hz。

0.1秒の反応が求められるFPSで遊ぶ場合はオススメしないものの、RPG、MMOといった超高速反応が求められないゲームを遊ぶならオススメ。むしろ画質が良すぎて最適解レベル。

とれろく
とれろく

EL2870UはTNパネルの見えにくさを克服し、フルHDと比較し、約2倍の高密度なドット配置×64倍の表示色数という高い性能を持つため、高精細映像が楽しめる良モニター。ゲームも映像も楽しみたいという人にオススメだぞ。

BENQ EL2870Uの最新価格をチェックする↓

タイトルとURLをコピーしました