とれろくが推奨。2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

【違い】32GN600-BAJPと32GN600-Bならどっち買う?比較レビュー!

【違い】32GN600-BAJPと32GN600-Bならどっち買う?比較レビュー!

LGの32GN600-BAJPと32GN600-Bならどっちが評価良いの?どっちを買うべき?

とれろく
とれろく

という疑問が解決できるよう、LGの32GN600-BAJPと32GN600-Bの違い、性能と価格を比較レビューしました。結論から言うと、32GN600-Bは生産終了品。後継機種が32GN600-BAJP。普通に後継機種を購入すればOKですが、在庫処分で安くなっていれば32GN600-Bも購入候補。スペック全く同じです。詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

32GN600-BAJPと32GN600-Bの違い

価格が安く、コスパ最強のWQHDゲーミングモニターが欲しい。

ということで調べているとLGの32GN600-BAJPと32GN600-Bが候補に浮上。

ぱっと見、見た目も性能も一緒ですが、何か違いがあるのか?公式サイトの情報を利用し、32GN600-BAJPと32GN600-Bの違いをまとめました。
※重要な違いは赤太字

項目LG
32GN600-BAJP
LG
32GN600-B
見た目
裏面
目安価格32,891円42,750円
発売時期2021年7月頃2020年11月頃
モデル現行モデル(後継機種)生産終了モデル
液晶パネル31.5インチ VAパネル31.5インチ VAパネル
表示領域697×392 (mm)697×392 (mm)
視野角上下:178°左右:178°上下:178°左右:178°
解像度2560×1440(WQHD)2560×1440(WQHD)
リフレッシュレート165Hz165Hz
応答速度5ms(GTG)5ms(GTG)
輝度350cd/㎡350cd/㎡
表示色約1,677万色約1,677万色
色域sRGB 95%sRGB 95%
コントラスト比3,000:13,000:1
入力端子HDMI×2
DisplayPort×1
音声出力×1
HDMI×2
DisplayPort×1
音声出力×1
スタンド性能上下角度調整(チルト):下-5゚/上15゚
左右角度調整(スイベル):非対応
回転(ピボット):非対応
高さ調整:非対応
上下角度調整(チルト):下-5゚/上15゚
左右角度調整(スイベル):非対応
回転(ピボット):非対応
高さ調整:非対応
本体サイズ
(スタンド込)
横幅715×高さ515×奥行225mm横幅715×高さ515×奥行225mm
重量
(スタンド込)
5.9kg5.9kg
保証期間3年間3年間
32GN600-BAJPと32GN600-Bの違い比較表
とれろく
とれろく

ということで、どちらのモニターも液晶の性能は全く同じ。違うのは価格、販売時期、性能だけ。

32GN600-BAJPは現行の最新モデル

32GN600-BAJPは2021年発売の最新モデル。スペックは前モデルの32GN600-Bと全く同じですが、流通品ということもあり価格は安めに推移しています。特別、最新モデル32GN600-Bが投げ売りされている。ということが無い限り、32GN600-BAJPを購入すればOKです。

なぜ?スペックが同じなのに型番が違うのか?は明らかにされていませんが、推測するに内部に使っている液晶パネルが性能は同じでも、製造工程が変わっていると思います。2021年というと、モニターメーカー各社がリフレッシュレート144Hzパネルから165Hzパネルにモデルチェンジした時期と同じ。既に165Hzパネルを搭載していた32GN600-Bも一斉モデルチェンジに合わせ、液晶パネルを変更した可能性が高いと見ています。

生産終了モデルの32GN600-Bを選ぶ理由は無いですね。

32GN600-Bは生産終了モデル。なのに値段は高め

32GN600-Bは生産終了した古いモデル。

流通が基本的に終わっており、在庫だけ流通していることもあり、値段は高めに推移しています。性能は後継機種の32GN600-BAJPと同じですし、あえて古い32GN600-Bを選ぶ理由はありません。

スポンサードサーチ

32GN600-BAJPと32GN600-Bの違いまとめ

現行の最新モデル。流通量が多いため価格も安く推移→32GN600-BAJP

古いモデル。生産終了しているため新品は値段が高めに推移→32GN600-B

タイトルとURLをコピーしました