【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

DMMFXはMT4非対応?代替はどうする?

DMMFXはMT4非対応

DMMFXはMT4で取引できる?

とれろく
とれろく

残念ながらDMMFXはMT4非対応です。じゃぁDMM FXで取引するのはやめよう。と、決めてしまうのはもったいないかも?せっかくなのでどんな対策、代替案があるのか考察しました。

スポンサーリンク

DMM FXはMT4に対応していない。

DMMFXはMT4対応ではない

FXトレーダーの9割はMT4をインストールした経験がある。といっても過言ではないほど有名な取引ツールMT4。

・独自にカスタマイズされたテクニカル指標を使える。
・スクリプトによるアラート機能
・EAによる自動売買、パラメーター最適化機能など

FXトレーダーが欲しい機能はほぼ揃っています。なのでせっかくならMT4でFX取引をしたいトレーダーも多い。

DMM FXはどうなのかな?というと残念ながらMT4非対応。また今後も対応する予定は無いとのこと。となると私たちトレーダーが考えられる対策は3つ。

・DMMFXの取引ツールだけを使う
・MT4とDMMFXの取引ツールを併用する
・いっそのことMT4が使えるFX業者を探す
とれろく
とれろく

そもそもDMMFXの取引ツールってMT4と比較して使えるの?という所から調べていきましょう。

スポンサードサーチ

DMM FXの取引ツールだけを使う

DMM FXには4つの取引ツールと、1つのチャート専用ツールがあります。

4つの取引ツール
・DMMFX PLUS(PC用)
・DMMFX STANDARD(PC・iPad)
・スマホアプリDMM FX(iPhone・Android)
・DMMFX for smart Phone(iPhone・Android)
チャート専用ツール
・プレミアチャート(PC用)

取引ツール性能評価表

対象者使いやすさ注文機能チャート機能機種
DMMFX PLUS初心者PC
DMMFX STANDARD上級者PC・iPad
スマホアプリDMM FX上級者iPhone・Android
DMMFX for smart Phone初心者iPhone・Android
プレミアチャート上級者×PC
MetaTrader4(MT4)上級者PC・スマホ

使うのにオススメの取引ツールはPCならDMMFX STANDARD、スマホならスマホアプリDMM FXです。

とはいっても、チャート機能は流石にMT4に劣ります。

・独自にカスタマイズされたテクニカル指標使用不可
・指定価格到達時などのアラート機能無し
・自動売買、パラメーター最適化機能無し

とれろく
とれろく

DMM FXの取引ツールは普通にFX取引する分には申し分ない機能が付いています。ただし、MT4ほどのカスタマイズ性はありません。

「プレミアムチャート」 vs MT4

DMM FXが売りにしているプレミアムチャート。

DMM FXのプレミアムチャート

・最大6通貨ペアのチャート表示可能
・29種類のテクニカル分析対応
・日経225とドル円といった比較チャート作成可能

MT4と比較し、簡単に比較チャートが作れる点が優れているものの、残念ながら発注機能が付いていません。あくまでチャート用のツールとなっています。

加えて、気になる点がいくつかあります。

1・スキャルピングといった短期売買主体のFXトレーダーであれば使いたい「ティックチャート」や、ヒロセ通商【LION FX】なら見れる10秒足チャートは見れません。より短期間の値動きが見たい場合、DMM FXのプレミアムチャートは不向きです。

とれろく
とれろく

同じくMT4が使えないものの、スキャルピングトレーダーの多いヒロセ通商はプロ仕様の専門的な取引ツールを準備しています。DMM FXにも似たような機能があれば良いものの・・・。

2・見れる通貨ペアの数が20種類と少ないのも残念。例えばMT4が使えるFX業者のOANDA Japanであれば、最大71通貨ペアまでチャートを見ることが可能です。
トルコリラ、南アフリカランド、香港ドルといったマイナー通貨の動きまでチェックできれば、資金が新興国に流れているのか?先進国に流れているのか?市場全体の雰囲気をつかみやすい。

チャート用として使うのであれば、取り扱い通貨ペアの多いMT4チャートを用意する方がオススメです。

とれろく
とれろく

DMM FXのプレミアムチャートは発注機能が無い時点でちょっと微妙ですが、細かく比較すれば比較するほど、さすがにMT4には及ばないと分かります。

MT4とDMMFXの取引ツールを併用する

さすがにDMM FXの取引ツールではMT4の代替にはなりません。

MT4はあくまでチャート用として表示させておき、取引はDMM FXで行う。少し手間ですが、この方法がオススメです。

ちなみにDMM FXはスキャルピングといった短期売買を行うと口座が凍結される可能性のあるFX業者です。

スキャルピングといった短期売買を行う予定であれば、2つのソフトを立ち上げておき、MT4の画面からDMMFXの画面、DMMFXの画面からMT4の画面と移り替えるのは面倒ですが、短期売買を行わないのであれば問題無し。

MT4はチャート用、取引はDMM FX。と妥協しても良いのかもしれません。

スポンサードサーチ

いっそのことMT4が使えるFX業者を探す

DMM FXはMT4が使えないし、スキャルピングも危険です。

この為、いっそのことMT4が使うことのできるFX業者、またスキャルピングに向いているFX業者を探し直すのも有り。

例えばMT4が使え、DMM FX並にスプレッドが安いFX業者にFXTFOANDA Japanがあります。MT4を使って取引したいのであれば、候補にあがるのはこの2社ですね。

またスキャルピングを行いたいのであればヒロセ通商【LION FX】。オリコンランキング、スキャルピング部門で2年連続1位を獲得し、MT4に負けない専門取引ツールを完備しています。

スプレッドもそうですが、取引環境にこだわるなら是非検討すべき1社です。

とれろく
とれろく

もちろん、ヒロセ通商はスキャルピングOKのFX業者です。次の記事でも調査結果を紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました