【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

禁止!DMMFXでスキャルピングすると凍結される?

禁止!DMMFXでスキャルピングすると凍結される

DMMFXはスキャルピング禁止?

とれろく
とれろく

スキャルピングを検討している方に注意喚起。DMMFXでスキャルピングして口座が凍結された人の情報を紹介したいと思います。やはり、スキャルピングするならスキャルピングを公認しているFX業者で取引する必要がありますね。

スポンサーリンク

DMMFXはスキャルピングが禁止

DMM FXはスキャルピングを禁止しています。

一発アウトになるか、警告メールで済むのかはケースによって様々です。

例)ちなみにこんなメールが届きます。
DMMFXの警告メール

DMM FXの約款を見ても、スキャルピングを禁止していると確認できます。

店頭外国為替証拠金取引(DMM FX)約款

第 7 条 (禁止事項)
1 お客様は、お客様が次の各号に定める行為を行ってはならないことに予め承諾することとします。なお、お客様の行為が当該禁止行為に該当するかどうかの判断は当社が行い、お客様は当社の判断に従うこととします。
(1) その方法を問わず、当社がサーバー上で提供する取引システム(ソフトウェアを含み、以下「本取引システム」という。)を改変する行為
(2) FX 取引を自動で行うソフトウェア又はシステム等(以下、「自動売買ソフト等」という。)、本取引システム以外のツール等を使用した取引、その疑いのある行為、若しくは本取引システムを改変したシステムまたは自動売買ソフト等の利用を他の顧客に勧誘する行為
(3) 過度な投機的取引を行う行為
(4) 本取引システムで通常実行できないような取引を行う行為
(5) 取引の如何に関わらず本取引システム又は本取引システムの運用に対して過大に負荷を強いる行為
(6) お客様と当社の間で交わされた電子メール、電話、書簡等の内容を当社の書面の同意を得ずに公開、複製、転載、再配布、販売する行為
(7) 当社の役職員(当社の関連会社並びに業務を委託している相手方の役職員を含む。)に対する暴言、恫喝、脅迫、虚言、誹謗中傷、名誉を毀損する言動、業務を妨害する行為
(8) 本取引システムの脆弱性、当社又はお客様の通信機器、通信回線、システム機器等若しくはインターネットの脆弱性、インターバンク市場等の混乱等を利用して不当に利益を得ようとする行為
(9) 短時間での注文を繰り返し行う行為
(10) 取引とは関係がないと思われる入出金を繰り返し行う行為
(11) 他人名義(家族名義を含む)で口座開設の申し込みを行うことまたは他人名義の口座を利用して取引を行うこと
(12) 前各号のほか、当社とお客様または他のお客様との円滑な取引に支障をきたす行為
2 お客様が当社と行う取引について、前項の禁止行為が行われた場合、当社は事前の通知なく当該口座を凍結し、過去に遡り約定を無効とすることができるものとします。

とれろく
とれろく

3項、9項がスキャルピングに該当する禁止項目になります。怖いのが口座の凍結だけでなく、状況によっては過去の取引も無効とされる点。もしめちゃくちゃ勝っていても、利益は没収されてしまうということですね。

スポンサードサーチ

スキャルピングにより警告、口座が凍結となった人

実際、調べてみるとDMM FXでスキャルピングをしていると警告メールが来たり、口座が凍結となった人が見つかります。

とれろく
とれろく

某掲示板でも口座が凍結なったという書き込みを良く見かけます。DMM FXはスキャルピングに厳しい姿勢を取っていることが分かります。

低頻度のスキャルピングなら見逃される?

とはいってもDMMFXで口座凍結されずにスキャルピングをしている人もいます。

スキャルピングOKなのか、禁止なのか?はっきりして欲しい所です。そこでDMM FXのお客様サポート(AIチャット)にも問い合わせてみました。すると以下の回答。

スキャルピングの投資手法を禁止してはおりませんが、約款第7条1項9号の「短時間での注文を繰り返し行う行為」に 該当する可能性もあります。
当社が禁止事項に該当したお取引が行われたと判断した場合、事前の通知なく取引口座を凍結する場合があります。なお、短時間の定義につきましては、当社内で審査基準を設けており、お客様へは公表しておりません。、ご了承ください。

とれろく
とれろく

スキャルピング自体は禁止していないものの、短時間での注文を繰り返し行う行為は禁止。というなんとも曖昧な回答。具体的な基準はもちろん非公開。これってOKなのかな~?どうなのかな~?という疑心暗鬼の中で取引せざる負えないですね。

おそらく、口座凍結の基準はスキャルピングを禁止している他のFX業者と同じ。例えば次のようなスキャルピングを行うと凍結される可能性が高いと考えられます。

禁止されているスキャルピング(推測)
・数秒~60秒以内で取引が終わる秒スキャルピング
・経済指標時の乱高下を狙った短期スキャルピング
・取引量の少ない時間帯に大きな枚数で何度もスキャルピング

とはいっても、注文間違いなどで意図せず秒スキャとなってしまうことや、意図せず経済指標発表時に注文してしまったり、指標発表後に慌てて損切り注文したりといった事故が起きてしまうケースもあります。

そのような場合でも、凍結されてしまうとなれば非常に残念です。

スポンサードサーチ

スキャルピングはFX業者に嫌われる取引

短期間の小さな値動きを狙って取引するスキャルピング。

私たちFXトレーダーからすると、スキ間時間を利用してできる気軽な副業として、是非取り組みたい売買の1つです。自然と取引回数が多くなるので、FX業者からしても手数料収入が増え、WinWinの関係になるかと思えばそうではありません。

システムに高負荷化がかかる、外国為替市場への注文の取り次ぎに失敗する。といった理由でスキャルピングを嫌うFX業者も存在します。

例えば、DMM FXと同じく「スキャルピングをしていために口座が凍結された」と報告のあるFX業者は次の通り。

スキャルピングにより口座凍結情報があるFX業者
外為どっとコム 口座凍結調査記事はこちら
GMOクリック証券 口座凍結調査記事はこちら
外為ジャパン 
YJFX 口座凍結調査記事はこちら
OANDA 口座凍結調査記事はこちら
FXTF 口座凍結調査記事はこちら
とれろく
とれろく

この為、スキャルピングといった短期間取引をメインにする場合、システムやサーバーがスキャルピングにも耐えられるほど強く、スキャルピングOKのFX業者で取引するのがGood

 

おすすめのスキャルピングFX業者

DMM FXはスキャルピングに向いてそうなスペックですが、口座凍結情報もあり、これから長い間付き合っていくとなると不安が残ります。

ではどこがスキャルピングに向いているFX業者なのか?それはヒロセ通商【LION FX】です。


ヒロセ通商【LION FX】

・スキャルピングOK
・スプレッドが業界最狭水準
・各種取引手数料無料
・高スワップポイント、マイナー通貨の取り扱いあり
・強いサーバー、取引システム

以上を満たしたFX業者として私はヒロセ通商を紹介したいと思います。

もちろんヒロセ通商がスキャルピングOKなのは確認済み。

約定能力、サーバーの強さも申し分ありません。

ヒロセ通商のスキャルピング約定スピード

 

とれろく
とれろく

またヒロセ通商の取引ツールが非常に優秀。一般的なFX業者は1分足チャートしか見ることができませんが、ヒロセ通商は10秒足チャートまで見れることができます。より短期間の値動きを視覚的に見れるだけで、十分なアドバンテージになるでしょう。

ヒロセ通商の専用ソフト優秀な機能一例
・時間指定全決済注文、数クリックでポジション全決済注文
・10秒足チャート
・リピート注文、トレール注文、トリガートレール注文
・各種経済指標予定と結果表示、ロイター、ダウジョーンズとの連携
・レート到達通知

ヒロセ通商が本当にスキャルピングOKなのかどうか?

気になる方も多いと思います。詳細は次の記事でまとめているので、良ければこちらも読んでみて貰えればと思います。

タイトルとURLをコピーしました