【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

SBI FXはMT4非対応?今後の対応予定は?

SBI FXはMT4非対応?今後の対応予定は?

SBI FXってMT4使えるの?

とれろく
とれろく

結論から言えばSBI FXはMT4が使えません。残念!また今後の対応予定も未定とのこと。そこでMT4が使えてSBI FXの代わりになるFX業者、そもそもSBI FXの取引ツールってMT4と比較してどう?など調査しました。

スポンサーリンク

SBI FXはMT4非対応

MetaTrader4

・複数のテクニカル指標表示、カスタマイズが可能
・自動売買、システムトレード対応
・自身専用の取引環境を構築可能
・世界のFXトレーダーが作ったテクニカル指標が使用可能

そんなMetaTrader4(通称:MT4)を使って取引できれば良いものの、SBI FXトレードは残念ながら非対応。今後も対応する予定は未定とのことです。

・MT4で売買することは諦め、あくまでチャート用として使う
・いっそのことMT4対応、SBI FXの代わりになるFX業者を使う

とれろく
とれろく

大部分のFXトレーダーはどちらかの対応に分かれるものの、そもそもSBI FXの取引ツールってどの程度優秀なのか?少し見てみましょう。

スポンサードサーチ

SBI FXの取引ツールとMT4を比較

SBI FXの取引ツールとMT4を比較

SBI FXはパソコンならインストール型、Web版の2つの取引ツールが用意されています。スマホ版もあるものの、今回はパソコンベースでMT4と比較していきたいと思います。

ちなみにWeb版の取引ツールはスマホ、タブレットでも使えるシンプル設計。比較はインストール型の「Rich Client NEXT」で行います。

比較項目Rich Client NEXTMetaTrader4
ロウソク足表示本数30~2,000本最大65,000本
最大チャート数30チャート制限無し
足種類(1分足など)13種類9種類
テクニカル分析29種類無限
自動売買非対応対応
バックテスト非対応対応
パラメーター最適化非対応対応
シグナル通知対応対応

SBI FXの取引ツールはマルチモニターにも対応しているので、MT4と同じように複数の通貨ペアチャートをズラりと表示することが可能。

また標準でTickチャート、10分足チャート、2時間足チャートなどMT4に無い足種が用意されています。

とれろく
とれろく

普通にFXを行う分であれば申し分ない機能が付いていますね。ただし、テクニカル指標のパラメーター最適化機能、自動売買、バックテスト機能などを比較するとMT4の方がやはり強い。

また、日本で使っているFXトレーダーも多い平均足、GMMA、ATRといったテクニカル指標が使えなかったり、出来高情報が無い為、出来高を利用したテクニカル指標が全滅なのも少し痛い。

■SBI FXで使用可能なテクニカル指標
移動平均、ボリンジャーバンド、一目均衡表、パラボリックSAR、エンベロープ、ピポット・ポイント、フィボナッチ、指数平滑移動平均、自動トレンドライン、HLバンド、CCI、乖離率、サイコロジカルライン、強弱レシオ、ADX、CV、RSI、STDEV、ストキャスティクFAST、ストキャスティクSLOW、SONAR、ウィリアムズ%R、DEMARK、ROC、REVERSE、DMI、MACD、MADC OSC、RCI

SBI FXの代わりになり、MT4が使えるFX業者

ではMT4が使え、SBI FXの代わりになるFX業者があるのか?というとあります。

例えばFXTFです。


公式→FXTF

SBI FXと同等水準、同等以上のスプレッド

SBI FXの代わり

SBI FXといえば1,000通貨以下あればドル円のスプレッドが0.9銭という格安設定。ただし、1,001通貨からから1.7銭~となります。

対してFXTFは0.1銭(原則固定)。スプレッドで考えればSBI FXと張り合えるのはFXTFぐらいです。

FXTFはMT4対応のFX業者FXTFはMT4対応

またFXTFはMT4に対応しているの非常に大きい

FXTFが配信していた過去のレートを使ってのバックテスト、トレード手法の最適化が行えるので、システムトレーダーも多く利用しています。

FXTF vs OANDA

FXTFとOANDA違いを徹底比較!気になる比較結果は?

MT4が使えるFX業者はもともとの数が少ない。その中でも比較的候補に挙がるFX業者はFXTFOANDA Japanです。

どっちが優秀なのか?を判断するのは難しいですが、MT4を使ってFXを検討しているのであれば次の記事が役に立つかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました