2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

【残念】SBI FXはMT4非対応。今後も対応する予定は無しとのこと

SBI FXはMT4非対応?今後の対応予定は?

SBI FXってMT4使えるの?

とれろく
とれろく

結論から言えばSBI FXはMT4が使えません。今後の対応予定も無し!どうしてもMT4で取引したい人向けにMT4対応のFX業者、そもそもSBI FXの取引ツールってMT4と比較してどう?スキャルピングに向いているの?徹底調査しました。

スポンサーリンク

SBI FXはMT4非対応

MetaTrader4

・複数のテクニカル指標表示、カスタマイズが可能
・自動売買、システムトレード対応
・自身専用の取引環境を構築可能
・世界のFXトレーダーが作ったテクニカル指標が使用可能

そんなMetaTrader4(通称:MT4)を使って取引できれば良いものの、SBI FXトレードは残念ながら非対応。今後も対応する予定は未定とのこと。

・MT4で売買することは諦め、あくまでチャート用として使う
・いっそのことMT4対応、SBI FXの代わりになるFX業者を使う

とれろく
とれろく

大部分のFXトレーダーはどちらかの対応に分かれるものの、そもそもSBI FXの取引ツールってどの程度優秀なのか?少し見てみましょう。

スポンサードサーチ

SBI FXの取引ツールとMT4を比較

SBI FXの取引ツールとMT4を比較

SBI FXはパソコンならインストール型、Web版の2つの取引ツールが用意されています。スマホ版もあるものの、今回はパソコンベースでMT4と比較していきたいと思います。

ちなみにWeb版の取引ツールはスマホ、タブレットでも使えるシンプル設計。比較はインストール型の「Rich Client NEXT」で行います。

比較項目Rich Client NEXTMetaTrader4
ロウソク足表示本数30~2,000本最大65,000本
最大チャート数30チャート制限無し
足種類(1分足など)13種類9種類
テクニカル分析29種類無限
自動売買非対応対応
バックテスト非対応対応
パラメーター最適化非対応対応
シグナル通知対応対応

SBI FXの取引ツールはマルチモニターにも対応しているので、MT4と同じように複数の通貨ペアチャートをズラりと表示することが可能。

また標準でTickチャート、10分足チャート、2時間足チャートなどMT4に無い足種が用意されています。ここで注意したいのがTickチャートが見れるからといってスキャルピングOKではないということ。SBI FXでスキャルピングをすると口座が凍結される可能性もあるため注意しましょう。

とれろく
とれろく

さて、普通にFXするならSBI FXのソフトも十分な機能です。ただし、テクニカル指標のパラメーター最適化機能、自動売買、バックテスト機能などを比較するとMT4の方がやはり強い。

また、日本で使っているFXトレーダーも多い平均足、GMMA、ATRといったテクニカル指標が使えなかったり、出来高情報が無い為、出来高を利用したテクニカル指標も全滅なのも少し痛い。

■SBI FXで使用可能なテクニカル指標
移動平均、ボリンジャーバンド、一目均衡表、パラボリックSAR、エンベロープ、ピポット・ポイント、フィボナッチ、指数平滑移動平均、自動トレンドライン、HLバンド、CCI、乖離率、サイコロジカルライン、強弱レシオ、ADX、CV、RSI、STDEV、ストキャスティクFAST、ストキャスティクSLOW、SONAR、ウィリアムズ%R、DEMARK、ROC、REVERSE、DMI、MACD、MADC OSC、RCI

SBI FXの代わりになるMT4対応業者

ではMT4が使え、SBI FXの代わりになるFX業者があるのか?というとFXTFが1つの候補。


公式→FXTF

FTTFはSBI FXと同等水準、同等以上のスプレッド

SBI FXの代わり

SBI FXといえば1,000通貨以下あればドル円のスプレッドが0.9銭という格安設定。ただし、1,001通貨からから1.7銭~となります。

対してFXTFは0.1銭(原則固定)。スプレッドで考えればSBI FXと張り合えるのはFXTFぐらいです。

FXTFはMT4対応のFX業者FXTFはMT4対応

またFXTFはMT4に対応しているの非常に大きい

FXTFが配信していた過去のレートを使ってのバックテスト、トレード手法の最適化が行えるので、システムトレーダーも多く利用しています。ちなみにMT4対応で人気のFX業者といえばOANDA Japanも外せません。

どっちが優秀なのか?は次の記事で紹介しています。

こっちの記事も人気です。

タイトルとURLをコピーしました