2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

グリーンハウスのモニターアームの評判ってどうなの?比較レビュー!

グリーンハウスのモニターアームの評判ってどうなの?

グリーンハウスのモニターアームって評判良いの?

とれろく
とれろく

そんな疑問を抱えているあなたに、グリーンハウスのモニターアームの評判、またスペックの比較情報を紹介!グリーンハウスはエルゴトロンに次いで日本で人気のモニターアームメーカー。その実力はいかほどか?早速比較レビューしていきましょう。

スポンサーリンク

そもそもグリーンハウスってどんなメーカー?

グリーンハウスはPC関連機器を中心に製造し、年間売上60億円以上の中堅メーカー。色んな商品を取り扱っているものの、特に評価が高いのがモニターアーム。

1画面から4画面まで対応のモニターアーム、中には最大5軸とめちゃくちゃ可動域が広いアームも取り扱っています。特に人気なのがガス圧式を採用いたGH-AMCD01シリーズ(1画面、4軸)、GH-AMCD02シリーズ(2画面、4軸)

とれろく
とれろく

とりあえずこの2機種を選んでおけば正解。それほど根強いファンと評価を獲得しています。(後程詳しく紹介)

グリーンハウスは全45種類のモニターアームを取り扱っており、用途が需要に合わせて広く対応しています。ただし、メタルラックの支柱や壁面に取り付けるタイプのモニターアームは非取り扱い。この場合、サンワサプライなど別メーカー品をチェックするといい。

それでは早速、売れ筋大人気のモニターアームから概要をチェックしていきましょう。

スポンサードサーチ

グリーンハウスのGH-AMCD01シリーズ

レビューするのはこちらのモニターアーム。

仕様ガススプリング(ガス圧式)、4軸アーム
対応規格VESA規格100mm / 75mm 両方対応
耐荷重3kg~7kg
※3kg未満のモニター不可
対応サイズ10~27インチまで
可動範囲チルト: 上85°/ 下45° 合計130度
パン: 左90°/ 右90° 合計180度
回転: 360°
取り付け可能天板クランプ方式
厚さ:20mm~90mm
奥行:110mm以上
幅:100㎜以上
グロメット方式
厚さ:20mm~70mm
奥行き:110mm以上
幅:100mm以上
寸法W110×D510×H454(mm)
重量約2.1kg
保証期間1年間

グリーンハウスのGH-AMCD01シリーズ。何がすごいって非常に扱いやすい高機能にも関わらず、価格が5千円前後と非常に安価な点。

ガススプリング採用なので、モニタの位置を簡単に何度も微調整できるし、4軸採用と可動域が非常に広いのでモニタの位置を「ここだ!」という絶妙なポイントに設置することが可能。

とれろく
とれろく

もし、同等スペック品を他メーカーで購入しようと思うと1万円前後は見ておいた方が良いです。例えばサンワサプライならCR-LA1003Nが比較しても遜色ない機能ですが、価格は1万5千円前後。グリーンハウスの方が圧倒的に安い。

めちゃくちゃ売れているモニターアームなだけあって、Amazonのレビュー件数も段違い。現時点で560件以上のレビュー、平均評価は4.3星とめちゃくちゃ高評価

どんなレビューが多いのか?また実際に使ってみて感じた感想を紹介したいと思います。

商品が非常にコンパクト
別メーカーのアームを追加で購入し、比較してみるとグリーンハウスのアームは非常にコンパクト。デスクからはみ出す部分も少なく、邪魔にならない。

確かに、GH-AMCD01はめちゃくちゃスリム。他メーカーのモニターアームは1画面用でも3kgオーバーが当たり前。対してグリーンハウス製は2.1kgとめちゃくちゃ軽量化が進んでいます。

とれろく
とれろく

他メーカー品と比べて30%以上軽い=製品自体もコンパクトにまとめられているということ。にも関わらず、耐荷重が3kg~7kgと十分な性能を持っているのはすごい。

エルゴトロンのモニターアームと比較すると扱いやすが劣る。
エルゴトロン製のモニターアームは動きが非常に滑らか。可動範囲、関節部分の動きにストレスを感じない。グリーンハウスは動きが少し硬いので、ガス圧式といえど、頻繁にモニタを移動させる人には向いていない。

モニターアーム界のトップブランド「エルゴトロン」。値段は高いが圧倒的な支持を持っていることからさすがのグリーンハウスも使いやすさでは太刀打ちできません。

グリーンハウスのGH-AMCD01と、張り合うエルゴトロンの商品は「LXデスクマウントLCDアーム」。見た目はこんな感じ。

とれろく
とれろく

値段は1万5千円前後。とグリーンハウスのGH-AMCD01の約3倍。コスパで考えれば圧倒的にグリーンハウスでOKなものの、性能を突きつめたい場合はエルゴトロンの勝ち。

値段を考えれば十分な性能
始めて購入したモニターアームですが、組立も簡単で操作性も非常に良かった。19インチという小型のモニターを設置しましたが十分に活用させて頂いています。エルゴトロンの半額はお買い得。

日本のメーカーが作っているだけあって、説明書も非常に分かりやすい。(エルゴトロンは海外メーカー)、そもそも軽くて扱いやすい為、組立・取り付け取り外しも行いやすい。

ちなみに似たような性能だとLoctekのD8シリーズがあります。

とれろく
とれろく

こっちは30インチの大型モニターまで対応しているという利点があるものの、値段を比較するとグリーンハウスに軍配。こっちの方が数千円高いのでコスパで考えるならグリーンハウス

グリーンハウスのGH-AMCD01の最安値をチェックする↓

グリーンハウスのGH-AMCAシリーズ

次にレビューするのはこちらのモニターアーム。

※写真はGM-AMCA02

3軸モデル
GH-AMCA01
4軸モデル
GH-AMCA02
4軸2アームモデル
GH-AMCA03
対応規格VESA規格 100mm / 75mm 両方対応
耐荷重9.0kg各9.0kg(合計18.0kg)
対応サイズ27インチまで
取り付け可能天板の厚さ10mm~90mm10mm~80mm
取り付け天板の奥行き110mm以上120mm以上
寸法W160×D431×H761(mm)W160×D651×H776(mm)W107×D669×H703(mm)
重量約3.9kg約3.9kg約6.2kg
保証期間1年間

GH-AMCAシリーズは3機種あり、モニタ1画面ならGH-AMCA02。2画面取り付けるならGH-AMCA03がオススメ。

こちらも先ほどのシリーズと同様に高機能にも関わらず、価格が4千円ちょっと非常に安価な点。数百円の差ですがGH-AMCD01よりも安い。

違いは取り付け可能な天板の厚み。GH-AMCA02は10mm以上あればOKなのでほぼどんな机にも取り付けることが可能です。※GH-AMCD01は20mm以上の厚みが必要なので、机によっては取り付けが難しい。

取り付けられるモニターの重量も軽さ制限が無いため、14インチといった小さなモニターも取り付け可能。

またこちらは1本の支柱を基準にモニタ位置を調整する為、高さの微調整が行いやすい。代わりに、モニタの前後の可動域が小さくなってしまっているため、奥行きが90cm以上あるような大きい机だと、モニターが少し遠いかな?と感じてしまうかも。

とれろく
とれろく

GH-AMCA02とGH-AMCD01は取り付け場所に応じて選択しましょう。机の厚みが20mmも無かったり、取り付けモニターが小さいならGH-AMCA02。それ以外の場合はGH-AMCD01の方が適任。

こちらのモニターアームもめちゃくちゃ売れており、Amazonのレビュー件数は400件以上、平均評価は4.0星と高評価

どんなレビューが多いのか?また実際に使ってみて感じた感想を紹介したいと思います。

ポール径25mmのメタルラックにも取り付け可能
支柱の径がメタルラックと同様だった為、メタルラックに取り付けることも可能でした。もちろん机に着けても良い感じの動き。ガススプリング採用なので都度緩めたりする必要も無く、手で位置を調整できるのが非常に便利。

通常、メタルラックなどにモニターを取り付ける場合、支柱取り付けタイプのアームを購入する必要があります。ちなみに支柱取り付けタイプで強いメーカーはサンワサプライ。

とれろく
とれろく

支柱にも取り付けられるし、机にも取り付けられるということでめちゃくちゃ汎用性が高い。将来的に模様替えした時もこのアームを使い続けることができます。

34型ウルトラワイドのモニターも取り付け可能
27インチしか対応していないとのことですが、六角ネジをしっかり回すと34型の大型モニターも取り付け可能でした。値段の割にはいい感じ。モニタを動かしてみると、上下左右自由自在に動く。可動域も広く、モニタを回転させて縦表示も簡単に可能

なかなかの挑戦者。身を犠牲にして試験してみてくれた様子。

あくまで公式では27インチまでなので真似するのは自己責任ですが、グリーンハウスのモニターアームのタフさが証明されたような気がします。

とれろく
とれろく

GH-AMCD01と比べても少し安い。机の厚みが20mm以下の時はこちらのモニターアームを選びましょう。20mm以上ならGH-AMCD01がオススメ。

最安値をチェックする↓

スポンサードサーチ

グリーンハウス 2画面対応アーム GH-AMCD02

デュアルディスプレイなど、2画面設置用のモニターアームならGH-AMCD02が売れ筋。

対応規格VESA規格 100mm / 75mm 両方対応
耐荷重各3kg~7kg(合計14kg)
※3kg未満のモニター不可
対応サイズ10~27インチまで
可動範囲チルト: 上85°/ 下45°
パン: 左90°/ 右90°
回転: 360°
取付可能天板クランプ取付
厚さ:25mm~110mm
奥行:110mm以上
幅:140㎜以上
グロメット取付
厚さ:25mm~110mm
奥行き:96mm以上
幅:140mm以上
さらに、天板に8.5mm~60mm
の穴があること。
寸法W170×D510×H456(mm)
重量約4.4kg
保証期間1年間

Amazonでのレビュー件数は560件以上、4.3星以上の高評価。

ここまで紹介したモニターアームの感想と同様に褒めるものばかり。特に始めてモニターアームを買ってみた人を中心に、買って良かったというレビューが目立つ。

迷ったけど買って良かった。
いざ設置し、動かしてみると可動域がとてもいい感じ。安定感も凄くて満足。取付組立も心配していましたが私も簡単にできました。3か所も角度を調整できる箇所がある為、好きに向きを変更できてうれしい。台所付近にぐいっと向きを変えることで、家事の間にもパソコン画面が見れるようになりとても満足。
とれろく
とれろく

2画面対応アームならグリーンハウスのGH-AMCD02がオススメ。値段も1万円以下と非常にリーズナブル。Loctekの2画面用モニターアームも人気ですが、こっちのが評価件数も多いし、値段も安い。

最安値はこちらから確認できます↓

グリーンハウスのモニターアームまとめ

グリーンハウスのモニターアームは業界トップブランドの「エルゴトロン」に次いで人気。その特徴はガススプリング式を採用し、3軸以上の広可動域モデルにも関わらず非常に安価ということ。

とれろく
とれろく

始めてモニターアームを購入する人は非常にオススメできるメーカーです。値段も安いので初購入にぴったり。今回取り上げた売れ筋モニターアームは次の通り。

1画面用の鉄板モニターアーム GH-AMCD01シリーズ
最安値を確認↓

 

1画面用 取り付け場所、モニタを選ばない GM-AMCA02
最安値を確認↓

2画面用 の売れ筋モデル GH-AMCD02
最安値を確認↓

タイトルとURLをコピーしました