とれろくが推奨。2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

【違い】XL2411KとXL2546Kならどっち買う?徹底レビュー!

【違い】XL2411KとXL2546Kならどっち買う?徹底レビュー!

BenQのXL2411KとXL2546Kならどっちが評価良いの?どっちを買うべき?

とれろく
とれろく

という疑問が解決できるよう、XL2411KとXL2546Kの違い、性能と価格を比較レビューしました。詳しく見ていきましょう。

関連記事:
【評価されすぎ】BenQ XL2411Kを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!
【人間の限界】BenQ XL2546Kを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

スポンサーリンク

XL2411KとXL2546Kの違い

BenQの鬼強ゲーミングモニターが欲しい。

と、いうことでBenQ ZOWIEシリーズを見ていると候補にXL2411KとXL2546Kが浮上。

XL2411Kと比べてXL2546Kの値段がめちゃくちゃ高いけど、そんなに性能は違うのか?公式サイトの情報を利用し、XL2411KとXL2546Kの違いをまとめました。
※重要な違いは赤太字

項目BENQ
XL2411K
BENQ
XL2546K
見た目
目安価格29,717円63,091円
発売時期2020年秋2020年秋
液晶パネル24インチ/TNパネル24.5インチ/TNパネル
視野角上下160度/左右170度上下160度/左右170度
解像度フルHD(1920×1080)フルHD(1920×1080)
リフレッシュレート144Hz240Hz
応答速度1ms0.5ms
黒挿入DyAcDyAc+
コントラスト比1,000:11,000:1
輝度320cd/㎡ (標準)320cd/㎡ (標準)
表示色約1677万色約1677万色
端子類HDMI1.4 x2
HDMI2.0 x1

DP x1
ヘッドホンジャック:搭載
HDMI2.0 x3
DP x1
ヘッドホンジャック:搭載
重量本体重量:5.9kg本体重量:6.2kg
画面調整チルト(上下):+23° / 下5°
スイベル機能(首振り):左右45°
高さ調整:0mm~155mm
ピボット:対応
チルト(上下):+23° / 下5°
スイベル機能(首振り):左右45°
高さ調整:0mm~155mm
ピボット:対応
VESAマウント100x100mm100x100mm
付属品アイシールド:無し
S.Switch:無し
アイシールド:同梱(約5,000円相当)
S.Switch:同梱(約5,000円相当)
XL2411KとXL2546Kの違い比較表
とれろく
とれろく

という感じでどちらも同時期に発売したモデルですが、スペックは完全にXL2546Kの勝ち。さすが値段が倍以上するだけあります。でもこの価格差って妥当なのか?考えたい。

一般人はXL2411Kで十分なスペック

正直に言って、

  • それなりにゲームが楽しめたら十分。
  • 賞金などリアルマネーは絡んでいない。
  • チームや仲間から強要されていない。

ぐらいのゲームプレーヤーであればXL2411K程度のリフレッシュレート144Hz、応答速度1msで十分。

そこらの一般プレーヤーはリフレ75hz、応答速度1ms~5ms程度のモニターで戦っているのがほとんど。十分144Hzで俺ツエーが体験できます。

そもそもXL2546Kのような本気モニターの性能をいかんなく発揮しようと思うと、超高性能パソコンも必須。BenQのZOWIEシリーズは可変リフレッシュレート(VRR)非対応なので、GPUやCPUの性能が貧弱だと、負荷がかかるシーンでティアリングやスタッタリングが発生し、ぬるぬる感が損なわれます。

正直、私は可変リフレッシュレート対応のモニターを推奨しているため、XL2411Kは評価されすぎだと感じています。XL2411Kで十分なプレイヤーは、パソコンもミドルクラスの人が多いため、負荷がかかるシーンでもぬるぬる動く可変リフレッシュレート対応(VRR)のモニターの方がオススメ。

XL2411Kは誰にでもオススメできるモニターではありません。

関連記事:【評価されすぎ】BenQ XL2411Kを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

XL2546Kは本気ゲーマー用

XL2546Kは人間の限界値リフレッシュレート240Hz搭載の最強ゲーミングモニター。

「俺はFPSで常に1位を獲りつづけたい。」という本気ゲーマーが購入するやつ。前機種のXL2546のゲーミング機能を全て受け継ぎつつも、応答速度は0.5msにグレードアップ。0.5msに対応した黒挿入「DyAc+」搭載と完全に上位互換品。

ゲームタイトルに応じた色調設定を共有・ダウンロード可能な「XL Setting to Share」に対応しているため、プロプレーヤーのモニター設定を丸パクリすることも可能。

高いゲーミング性能だけでなく、敵の索敵、Aim力を高める色調機能を備えているチートモニター。もちろん、XL2546Kの性能をいかんなく発揮できるパソコンを準備するのが前提。XL2546Kを使っている人は卑怯。まじ反則レベル。

関連記事:【人間の限界】BenQ XL2546Kを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

スポンサードサーチ

XL2411KとXL2546K比較まとめ

一般プレイヤーはXL2411Kのゲーミング性能で十分。XL2546Kほどの高性能は必要無し。ただし、XL2411Kは可変リフレッシュレート非対応。負荷がかかるシーンのカクつきを減らす機能は無いため注意が費用。

XL2546Kは高性能パソコンさえ持っていればFPSで常に1位を獲りつづけられるだけの性能を持つ。240Hzが人間の目の限界値なので、コレ以上高い性能のモニターは不要。XL2546Kで勝てないならもう言い訳できない。ゲーミング性能がバリ高いのはもちろん、ゲームタイトルに応じたプロプレーヤーのモニター設定を共有・丸パクリできるのが魅力。

関連記事:
【評価されすぎ】BenQ XL2411Kを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!
【人間の限界】BenQ XL2546Kを徹底レビュー!リアルな口コミもチェック!

タイトルとURLをコピーしました