とれろくが推奨。2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

【まとめ】CYBER-GROUNDのゲーミングチェアやデスクの評価、評判。会社情報

CYBER-GROUNDのゲーミングチェアやデスクの評価、評判。会社情報

CYBER-GROUNDってメーカーのゲーミングチェア、ゲーミングデスクって評価良いの?どんな会社が作ってる?

とれろく
とれろく

そんな疑問が解決できるようCYBER-GROUNDについて徹底調査!記事を要約するとCYBER-GROUNDは福岡県にある年商200億円超えの「タンスのゲン」が販売しているゲーミングブランド。製造は中国ですが、上海の子会社と共同で商品開発・品質管理を行っているので評判は上々。実は愛用者も多い知る人ぞ知るブランドだったりします。では詳細を見ていきましょう!

スポンサーリンク

ゲーミングチェア、ゲーミングデスクで有名なCYBER-GROUND

Amazonゲーミングチェア売れ筋ランキング楽天ゲーミングチェアランキングで常連のCYBER-GROUND。もちろんゲーミングチェアだけでなく、ゲーミングデスクも人気で合わせて購入する人も多い有名ブランド。

今なお売れ続けている代表的な人気ゲーミングチェアはこちら。

  • ひじ掛けは高さ調整、前後調整、左右スライド、角度調整可能な4Dアームレストを採用
  • 無段階で細かな調整が可能なリクライニング機構、角度は最大155℃までOK
  • 高級感漂う5色のバリエーション。価格は14,000円とリーズナブル。
とれろく
とれろく

4Dアームレスト採用のゲーミングチェアは3万円前後しても珍しくありません。そう考えると14,000円以下で購入できるCYBER-GROUNDのゲーミングチェアはめっちゃ安い。

例えば4Dアームレストを採用したKARNOXのゲーミングチェアは約3万します。

関連記事:【まとめ】KARNOXってどんな会社?ゲーミングチェアの評判や機種の違い

もちろん、部位に合わせてファブリック素材、PUレザーを使い分けるなど様々な付加価値がついてこその3万円ですが、4Dアームレスト採用のゲーミングチェアは一般的に高価。

ちなみに、CYBER-GROUNDのゲーミングチェアと合わせて購入する人が多いのがこちらのゲーミングデスク。

  • デスクの高さを72cm~107cmの間で上下調整可能だから身長やプレイスタイルに合わせて最適化可能
  • 横幅70cmとコンパクトながら、モニターアーム取り付け可なのでデュアルモニター環境も構築可能
  • あると嬉しいヘッドホンフック、電源タップ置場、キーボードスライダー付属。
とれろく
とれろく

自宅でのリモートワークにも使いやすいマルチタスクデスク。拡張L字デスクも別売しているので様々なカスタイマイズも可能な1品。

スポンサードサーチ

CYBER-GROUNDってどこの会社が作ってる?

そんなCYBER-GROUNDのゲーミングデスク、ゲーミングチェアはAmazon、楽天ともにタンスのゲンが販売しています。

CYBER-GROUNDの販売会社 タンスのゲン

公式サイト HPより本社画像
Amazon店舗ページタンスのゲン
楽天 店舗ページタンスのゲン
会社名タンスのゲン株式会社
住所福岡県大川市大字下林310-3
代表橋爪 福寿
資本金5,000万円
売上高227億円以上
従業員数124名以上
事業内容家具・寝具・家電・インテリア用品等のインターネット通販事業
公式サイトhttps://tansu-gen.co.jp/
公式サイトより
とれろく
とれろく

ゲーミングチェアやデスク関係は事務所も構えていない怪しい販売会社が多い。そんな中、CYBER-GROUNDを販売しているタンスのゲンは超まとも。日本人スタッフも多く働いているのでサポートも安心してOKですね。

名前を出すと危ないかもしれないので出しませんが、ほんと怪しいゲーミングチェアブランドが非常に多い。

どう考えても中国で製造しているゲーミングチェアを「国内メーカー」という宣伝文章で販売する会社。

製造を中国の会社にOEM委託するのは良しとして、その工場が出荷する他社ブランドのゲーミングチェアも出荷数に含めて「年間100万台突破!」と宣伝している所もあります。

タンスのゲンはそんなグレーは方法を使わず、ちゃんとしたセールスページを作っている良メーカー。規模が大きい会社なのでコンプライアンスがしっかりしています。

CYBER-GROUNDの製造会社

ではCYBER-GROUNDはどこで作られているのか?結論からいうと中国製としか公表されておらず、製造工場の特定はできませんでした。

私は中国のゲーミングチェアメーカーなら結構知っているつもりでしたが残念。例えば

KARNOXなら浙江凱莱特工貿有限公司
Gtracingなら武狄実業(上海)有限公司
Dowinxなら安吉雷薩家具有限公司

関連記事
【まとめ】KARNOXってどんな会社?ゲーミングチェアの評判や機種の違い
【中国】ゲーミングチェアのGtracingってどんな会社?公式サイト、製造国を徹底調査!
【驚愕】ゲーミングチェアのDowinxの会社概要、公式サイトを調べて分かった事実

というように、数多のゲーミングチェアブランドの裏側を暴いてきましたがCYBER-GROUNDは謎。せっかくならどんな工場で作っているのか?知った上で購入したかったですね。

ただ、他のゲーミングチェアブランド違う点は、タンスのゲンは中国上海に「上海箪笥的根商貿有限公司」という会社を持っているということ。

製品に不具合があっても上海オフィスのスタッフが、直接工場と連絡を取り、解決していく体制が整っており、品質管理も中国と日本の両方で行っているため”もしも”のトラブルは起こりにくい。

CYBER-GROUNDのゲーミングチェアやデスクの評価、評判って良いの?

Amazon、楽天の販売ページには様々なレビューがあるものの、サクラレビューの可能性もあるかもしれません。※大きな会社なのでコンプライアンス的に実施していないと思いますが・・。

そこでリアルな口コミが多いツイッターのつぶやきをチェックし、CYBER-GROUNDの評価、評判を見ていったものの、ネガティブレビューが見つからない。

とれろく
とれろく

ちゃんとした日本の会社が販売している製品だけあって、高評価ばかり。愛用者も多く、十分購入しても良いブランドですね。

ゲーミングチェアマニアと呼べるほど業界に詳しい私は、正直言うとGTracingのゲーミングチェアを購入しています。

関連記事
【購入済み】Gtracingのゲーミングチェアを評価する!体験レビュー

年商300億超えの業界最大手のゲーミングチェアブランドなので、真面目にオススメできるものの、CYBER-GROUNDと比較すると・・・。五分五分の勝負かも。

CYBER-GROUNDの圧倒的な値段の安さは凄いよね。

Amazonゲーミングチェア売れ筋ランキング楽天ゲーミングチェアランキングで常連のCYBER-GROUND。

今なお売れ続けている代表的な人気ゲーミングチェアはこちら。

  • ひじ掛けは高さ調整、前後調整、左右スライド、角度調整可能な4Dアームレストを採用
  • 無段階で細かな調整が可能なリクライニング機構、角度は最大155℃までOK
  • 高級感漂う5色のバリエーション。価格は14,000円とリーズナブル。
とれろく
とれろく

4Dアームレスト採用のゲーミングチェアは3万円前後しても珍しくありません。そう考えると14,000円以下で購入できるCYBER-GROUNDのゲーミングチェアはめっちゃ安い。

CYBER-GROUNDのゲーミングチェアと合わせて購入する人が多いゲーミングデスク。

  • デスクの高さを72cm~107cmの間で上下調整可能だから身長やプレイスタイルに合わせて最適化可能
  • 横幅70cmとコンパクトながら、モニターアーム取り付け可なのでデュアルモニター環境も構築可能
  • あると嬉しいヘッドホンフック、電源タップ置場、キーボードスライダー付属。
とれろく
とれろく

自宅でのリモートワークにも使いやすいマルチタスクデスク。拡張L字デスクも別売しているので様々なカスタイマイズも可能な1品。

タイトルとURLをコピーしました