とれろくが推奨。2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

【まとめ】KARNOXってどんな会社?ゲーミングチェアの評判や機種の違い

【まとめ】KARNOXってどんな会社?ゲーミングチェアの評判や機種の違い

KARNOX(カルノックス)のゲーミングチェアって評判良いの?どんな会社が作ってる?LEGENDとGENIEの違いは?

とれろく
とれろく

そんな疑問が解決できるようKARNOXについて徹底調査しました。KARNOXのゲーミングチェアを購入しようか迷っている人は是非参考にしてもらえると嬉しいですね。結論からいうとKARNOXは中国で製造されているものの、工場は綺麗でしっかり。規模は大きくないもののちゃんとしたメーカーです。詳細を見ていきましょう!

スポンサーリンク

KARNOXの人気ゲーミングチェア、シリーズの違いについて

Amazonゲーミングチェア売れ筋ランキングに度々ランクインするKARNOXのゲーミングチェア。現時点で人気なのがこちらのLEGENDシリーズの2機種。

LEGENDシリーズはTRとノーマルの2機種が人気。ただし、スペックの違いは次の通り全くありません。

LEGEND TRシリーズ、 LEGENDリーズの違い比較表

比較項目LEGENDシリーズ
TR
LEGENDシリーズ
ノーマル
目安価格
※割引考慮
約29,800円約29,800円
素材ファブリック素材、ファブリック+PUレザー、
PUレザーなど本体カラーにより変化
ファブリック素材、ファブリック+PUレザー、
PUレザーなど本体カラーにより変化
サイズ約幅45*奥行55*高さ128~138約幅45奥行55高さ128~138
重量約26kg約26kg
推奨耐荷重99kg99kg
推奨身長153cm~178cm153cm~178cm
リクライニング角度最大155度最大155度
リクライニング機能無段階調整無段階調整
付加機能ヘッドレスト
ランバーサポート
ロッキング機能
4D調整可能アームレスト
ヘッドレスト
ランバーサポート
ロッキング機能
4D調整可能アームレスト
保証2年保証2年保証

厳密に言えば、それぞれカラーバリエーションが違っており、色に合わせて表面素材がALL ファブリック、ファブリック+PUレザー、PUレザーと変化します。

値段も同じなので見た目と表面素材で選べばOKということですね。

またKARNOXは安価なGENIEシリーズも扱っています。

LEGENDシリーズとの大きな違いはアームレストが1Dという点。LEGENDはアームレストを上下、前後。そして回転調整が可能な4Dタイプですが、GENIEは上下の調整しかできません。

カラーも白色をベースにした緑色、水色、茶色、紫色の4色しかありません。長く使っていると汚れが目立つかも?という心配があります。また黒ベースの高級感漂うゲーミングチェアもGENIEシリーズにはありません。

とれろく
とれろく

高級感のある見た目、機能も優れたゲーミングチェアが欲しいならLEGENDシリーズ、そこまでの高機能を求めない方は安価なGENIEを選んでいます。

スポンサードサーチ

KARNOXってどんな会社?どこで作ってる?

KARNOXのゲーミングチェアはAmazonではKARNOX-JPというKARNOX直営店が販売。ちなみに楽天はKARNOXから仕入れた卸会社が中心に販売しているためやや割高。

Amazonで販売している KARNOX直営店

店舗名 KARNOX-JP
販売業者zhejiang kylight industry co., ltd
お問い合わせ先電話番号+8613811395044
住所:No. 8 HuangPing Rd Shuhong Town Jinyun County,
Lishui
Zhejiang
323000
CN
運営責任者名キャサリン
KARNOX-JP 特定商取引法に基づく表記より

問い合わせ先は中国の国際電話である+81からスタートし、住所もCNと書かれているため、KARNOX-JP は中国の会社だと分かります。

実際、調べてみるとKARNOXは中国の「浙江凱莱特工貿有限公司」が商標権を持っていると分かります。※参照元 特許庁商標登録情報より 

つまり、KARNOXは中国製のゲーミングチェアということ。

KARNOXの商標権を持つ「浙江凱莱特工貿有限公司」会社概要

会社写真 1688.comより
ゲーミングチェア製造風景 1688.comより
会社名浙江凱莱特工貿有限公司
英語名Zhejiang Kailite Industry and Trade Co.、Ltd._Kanox
住所浙江省丽水市缙云县舒洪镇黄平路8号
資本金300万人民元(約5,100万円)
設立2009年7月8日
代表周凯
従業員50名未満
中国圏公式サイトhttps://karnox.1688.com/
英語圏公式サイトhttps://www.karnox.com/
参照元 公式サイト、qcc.comなど

中国語検索で調べると、すぐにKARNOXの製造会社の情報、また工場写真を見つけることができました。規模自体は大きくないものの、工場のレイアウトは導線がしっかり作られ、4S(整理・整頓・清掃・清潔)もクリア。良い製造環境だと感じました。

とれろく
とれろく

ちなみに、OEM受託製造なども行っているため、日本の会社が浙江凱莱特工貿有限公司にゲーミングチェアの製造を依頼し、日本ブランドで販売している可能性大。そういう中間会社経由で購入するぐらいなら、KARNOXから直購入した方が良いのは間違いない。

KARNOXのゲーミングチェアの評判、レビュー

過去、正直に様々なゲーミングチェアメーカーをレビューし、購入しない方が良いゲーミングチェアは購入しないほうが良い。とややストレートにレビューしてきました。そんな私ですが悔しいかな、正直に評価すると、KARNOXのゲーミングチェアは十分購入候補になります。

過去のレビュー記事の例
【中国】ゲーミングチェアのGtracingってどんな会社?公式サイト、製造国を徹底調査!
【中国製造】EXRACINGの会社概要、ゲーミングチェアの評判、公式サイトまとめ
SupBoxのゲーミングチェアの評判は?会社、公式サイトまとめ
【驚愕】ゲーミングチェアのDowinxの会社概要、公式サイトを調べて分かった事実
【レビュー】YS ESPORTSのゲーミングチェアを評価!会社や公式サイト情報も紹介!
【レビュー】ゲーミングチェアのJPRACINGの評判、会社概要まとめ

KARNOXのゲーミングチェアは約3万円と高価な部類に位置するのは間違いありません。

といっても、それを補うよう座部には空気の通しが良いファブリック素材を採用し、背もたれ部分には発色・高級感漂うPUレザーを採用するなど、デザインと実用性を兼ね備えたゲーミングチェアであることは間違いありません。

1万円~2万円前後のゲーミングチェアはファブリック素材だけ、PUレザーだけ、という物ばかり。同価価格帯でKARNOXのように2つの表面素材を部位ごとに分けて製造しているゲーミングチェアはありません。

またアームレスト部も上下、左右、前後調整可能な4Dタイプと一番良いやつが付いています。「肘掛けがイマイチ、自分にフィットしない」という心配は0。カスタマイズ性は抜群。

とれろく
とれろく

とりあえず安ければいい。ではなくそれなりの高品質を求める場合、KARNOXは十分購入候補。

ちなみにコスパを最優先するなら私はGTracingをオススメしています。ゲーミングチェア業界の最大手、自社工場完備、日本支店有、日本人スタッフ有、メーカー直売だから安い。と超絶メリットが多いからです。詳細は次の記事でも紹介しています。

関連記事
【購入済み】Gtracingのゲーミングチェアを評価する!体験レビュー
【中国】ゲーミングチェアのGtracingってどんな会社?公式サイト、製造国を徹底調査!

今回紹介したAmazonゲーミングチェア売れ筋ランキングに度々ランクインするKARNOXのゲーミングチェアは下記3種類。気になる方は割引キャンペーン、クーポンの配布があるかどうかチェックしてみても良いかも?

タイトルとURLをコピーしました