【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

【勝率検証】酒田五法は使えない?日経225でローソク足分析

酒田五法は使えない?勝率を検証してみた。

酒田五法の発生確率、勝率は高いのか?使えるテクニカル分析なのか?

酒田五法はローソク足の状態を見て買いか、売りかを判断できる投資手法として有名です。

株式市場だけでなく、日経平均先物、FX、仮想通貨、商品先物市場で通用すると言われているものの、本当でしょうか?

そんな酒田五法の気になる発生確率、勝率日経平均先物市場のデータで検証しました。

忙しい方向けに最初に結論を少しご紹介。

・三山、三山はトリプルトップ・ボトムと同じ。よって有効
・三空はそもそも発生しない。使えない。
・三兵は底値圏、天井圏の定義が不明確、上位互換のテクニカル指標が既にあり
・三法は発生が稀、発生しても勝率が良いことはない。
(※日経平均先物の日足データ約8年分を使って分析)

酒田五法は有効なテクニカル分析ではない、リアルトレードでは使えない。という結論となりました。

どうしてか使えないのか?理由は後からのお楽しみです。

まず先に、酒田五法とはどういった分析手法なのか?少しおさらいをします。

スポンサーリンク

酒田五法とはローソク足の形状を使った分析手法

酒田五法は江戸時代に作られた古い分析手法です。

米の商いで莫大な富を得たとされる本間宗久(ほんま そうきゅう)が考案したローソク足を使ったテクニカル分析です。

酒田五法は200年以上前の大阪の米先物市場から現代の株式相場、商品先物相場まで長く利用されている歴史のある分析手法です。

スポンサードサーチ

酒田五法の一覧表(三山、三川、三空、三兵、三法)

酒田五法は三山、三川、三空、三兵、三法と5つに分けることができます。

酒田五法の一覧表、それぞれの見方がこちらになります。

酒田五法の一覧表

酒田五法 三山の見方、使い方

俗にトリプルトップと呼ばれているチャートパターンです。

3回超えることができなかった高値は天井のサインと言われており、その後価格は下落する。

酒田五法 三川の見方、使い方

俗にトリプルボトムと呼ばれているチャートパターン。

3回抜けることができなかった安値は底値のサインと言われており、その後価格は上昇する。

酒田五法 三空(叩き込み、踏み上げ)の見方、使い方

3連続で同一方向へ窓が発生した場合、その後価格は反転する。

相場を強く動かすほどのニュースなどにより、窓が3連続同一方向に発生した場合、それは行き過ぎの可能性があり、逆張りを仕掛けるタイミングだとされています。

酒田五法 三兵(赤三兵、三和烏)の見方、使い方

底値圏での3連続の陽線は上昇トレンドへと転換するサイン。

天井圏での3連続の陰線は下落トレンドへと転換するサイン

酒田五法 三法の見方、使い方

大陽線の後のレンジ、その後大陽線を超える場合にブレイクエントリー(買い)。

大陰線の後のレンジ、その後、大陰線を超える場合にブレイクエントリー(売り)

 

酒田五法の一覧表、またそれぞれの見方、使い方のおさらいはこれで終了です。

酒田五法が定義するローソク足パターンが発生すれば、法則に従いエントリーすれば勝てる。というものです。

酒田五法の発生確率、勝率の検証方法をどうするか?

日経平均先物市場の日足、約8年間の四本値データ(2010年1月~2018年10月)を使用。

エクセルで酒田五法の発生の有無を分析、その後の値動き、勝率がどうなったか?を分析します。

※酒田五法(三山、三川)は厳密な数値的定義ができず、また有名なチャートパターンのトリプルボトム、トリプルトップと同じな為、検証するまでも無く有効であると考えています。そこでこの2種は今回の検証からは除外します。

日経平均先物と酒田五法 三空(叩き込み、踏み上げ)

日経平均先物と酒田五法の三空

3連続で同一方向へ窓が発生した場合、その後価格は反転すると言われている三空。日経平均先物市場(2010年1月~2018年10月)の間で発生した回数はなんと0回です。
「え?0回?なら意味ないじゃんコレ」と、驚きに満ちた表情に包まれました。

個別株であれば発生するのかな?と個別株でも発生確率を少し調べてみました。

が、全然見つからない。

ライブドアショック(2006年)といった大きなニュースの時はどうだろう?とそういった所も探してみましたが・・・見つからない。

酒田五法の三空はそもそも発生することが稀。検証も不可能。よって覚える必要なしと判断します。

三空が発生していないか、データを漁るよりも四季報なり、新聞なり、ニュースなりを読んでいるほうが有益です。

日経平均先物と酒田五法 三兵(赤三兵、三羽烏)

日経平均先物と酒田五法の三空

三兵は底値圏での3連続の陽線は上昇トレンドへと転換するサイン。天井圏での3連続の陰線は下落トレンドへと転換するサイン。というように言われてます。

底値圏、天井圏をどのように定義して検証するかが重要な酒田五法です。

テクニカル指標のRSIを使用し、売られすぎの30以下を底値圏としそこから陽線3連続を赤三兵とする。と定義しようにも、そもそも売られすぎの30以下から陽線が3連続発生すると、RSIの値が30以上となり定義から外れてしまいます。

では一度RSIが30以下となり、陽線が3連続発生した後にRSIが40以下という状況を三兵としよう。とすると「ではパラメーター・期間は?」という問題が発生します。このような問題はMACDといった移動平均系テクニカル指標にも当てはまります。

つまり、そもそも三兵の言う底値圏、天井圏を定義することは難しいことが分かります。

よし、それじゃぁ捉え方を変えて、3連続陽線であれば次も陽線の可能性が高い。という仮説を立ててみよう。そのような確率は以前も検証したことがあるので容易に検証が可能です。

前回の分析データより、必要な部分を抜粋し、まとめました。

日足 3連続陽線から4連続陽線となる確率は43%、陰線は51%
週足 3連続陽線から4連続陽線となる確率は56%、陰線は48%
月足 3連続陽線から4連続陽線となる確率は50%、陰線は33%

うん。3連続陽線であれば次も陽線の可能性が高い。ということは無い。

いやいや、次の足だけでなく、十数本ぐらいの動きを見て確率を判断しないと

と思われる方もいると思います。

でも何本ぐらい先の価格を見るのが良いのか?というのは酒田五法を編み出した本人しか分かり得ず、期間を長く取ればとるほど、確率は不正確になってしまいます。

そこで、もう一度考え直そう。

三兵は「底値圏での3連続の陽線は上昇への転換サイン」と定義。
底値圏(売られすぎ)から3連続の陽線が反転サイン・・・。

ってコレ、ストキャスティクスの%D,%Kのゴールデンクロス、MACDのゴールデンクロスと考え方が同じですね。

ストキャスティクスは間近の高値、安値に対し、終値の位置がどこにあるによって天井圏か底値圏を判断しています。

MACDも移動平均線に対し、終値の位置がどこにあるかによって売られすぎか、買われすぎを判断しています。

どちらも、天井、底値圏から価格が反発した時にシグナルを発生するテクニカル指標です。

つまり、酒田五法の三兵の上位互換のテクニカル分析が既に発明されている。と考えることができます。そりゃぁ酒田五法は200年以上前に考案されたものですもんね・・・。

・天井圏、底値圏をどのように定義するかが曖昧
・同じローソク足が3連続した後、4連続する確率も高くない
・既に他のテクニカル指標で代替が可能

そんな酒田五法の三兵を使う必要はないですね。

日経平均先物と酒田五法 三法

日経平均先物と酒田五法の三空

三法は大陽線の後のレンジ、その後大陽線を超える場合にブレイクエントリー(買い)。大陰線の後のレンジ、その後、大陰線を超える場合にブレイクエントリー(売り)を行う手法です。

三法を検証するに辺り、次の条件を設定しました。

・大陽線、大陰線の定義 →間近10日間のボラティリティの2倍以上のローソク足
・レンジ回数 →ローソク足3本、間近の大陽線、大陰線の中に収まっている状態

以上の条件で三法は日経平均先物市場(2010年1月~2018年10月)で10回発生しています。

三法発生履歴

1回目 2011年03月15日 C8640 O9440 H9560 L7800 大陰線
2回目 2011年08月09日 C9000 O9240 H9250 L8650 大陰線
3回目 2014年05月07日 C14070 O14470 H14570 L14020 大陰線
4回目 2015年06月29日 C20110 O20700 H20890 L20080 大陰線
5回目 2016年06月24日 C14950 O16190 H16490 L14790 大陰線
・・・・・以下略

というように8年間で発生した三法を調べました。

結果、三法は数年に1回程度しか発生せず、発生後の勝率は五分五分でした。

よって三法をトレード手法に採用するのは難しいでしょう。

 

三法の概念は「相場が大きく動いた後、一度力を溜めた後、再度動き出す。」というものです。

この考え方はトレンド中の押し目、戻しと概念は似ていますね。

上昇トレンドの途中では、押し目と呼ばれる一時的な反発が発生する、
下落トレンドの途中では、戻しと呼ばれる一時的な反発が発生する。

ただ概念を大陽線後の3本連続レンジ、と定義しトレードに転用することはできませんでした。

スポンサードサーチ

日経平均先物取引に酒田五法は使えない まとめ

少なくとも日経平均先物取引に酒田五法は使えない。
発生確率が少なく、発生数が少ないため勝率の信ぴょう性も低い。
既に上位互換のテクニカル指標も開発されている。

酒田五法は古いテクニカル分析、使えない手法だと言わざる負えません。

無料「FX投資マスターガイド」が使える件

FXで勝ち続けたいならブログ読むより、FX投資マスターガイドを入手した方が良いらしい。そんな話を聞いて無料の電子書籍「FX投資マスターガイド」を入手してみました。入手した感想、中身のネタバレ記事はこちら

この記事が有用だと思った方は是非お気に入り登録、ブックマーク登録、ツイッター、フェイスブックなどでシェアしてもらえると嬉しいです。

以上、最後までありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました