【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

【日経平均の寄与度とは?】計算方法から応用編まで網羅

日経平均の寄与度とは?

日経平均の寄与度とは?
日経平均の寄与度の計算方法について知りたい。
寄与度を理解すればどんなメリットがあるのか知りたい。

そんなあなたに送りたい、日経平均の寄与度についての解説記事がこちらです。

この記事を読むことで、以下のメリット、技術を身に着けることができます。

・日経平均を動かした個別銘柄は何か?を知ることができる。
・日経平均の寄与度を計算することができるようになる。
・日経平均株価の上昇、下落を予測する力を身に着けることができる。

株式トレーダー、日経平均先物トレーダーには必須の知識ですね。

 

前回、日経平均株価とは何か?計算方法について解説をいたしました。

こちらの記事を読まれていれば、日経平均株価がどのように計算されているのか?を理解されていると思います。今回はこの続きのような内容となっています。

もし、計算方法を知らないのであれば、先にこちらを読まれてから、寄与度について学ばれることをおすすめします。

それでは早速、解説を進めていきましょう。目次はこちらになります。

スポンサーリンク

日経平均株価の寄与度とは?

日経平均株価の寄与度とは、その構成銘柄の一つの株が日経平均株価にどれだけ影響を与えたのか?を測る指標です。

例えば日経平均株価に採用されているソフトバンクグループの株価が1.5%上昇したとします。これは日経平均株価に換算すると、記事を書いている現在、おおよそ0.00069%の上昇に相当します。

日経平均株価が23,810円であれば。23,810円×0.00069%=約16.43円。つまりソフトバンク株1つで日経平均株価を約16円押し上げたということになります。

この押し上げた量のことを寄与度と呼び、日々ランキング付けされています。

参考:日経平均寄与度ランキング

日経平均寄与度ランキング

例えばこの日に日経平均に大きく+で寄与したのはソフトバンクの16.43円、次いで日産化学工業が+6.12円それぞれ日経平均株価を押し上げたことが分かる。逆にTDKは-12.97円、バンダイナムコは-9.8円日経平均株価を押し下げたという見方です。

このように、寄与度を見ることで採用している225銘柄の内、どの株が押し上げたのか?また押し下げたのか?を知ることができます。

スポンサードサーチ

日経平均株価 寄与度の計算方法

それではこの寄与度の計算方法について解説していきたいと思います。

計算式は次の通りです。

日経平均株価 寄与度の計算方法

みなし値って何?、株価×50円÷みなし額面という計算式は???。という方も多いかもしれません。この辺りの解説は前回の記事にて紹介しているので、もし???となっている人は先にこちらの記事を読まれることをおすすめします。

こちらの記事を読めばなぜ寄与度の計算はこのような方法なのか?が分かります。

現在の除数はいくつなのか?は日経平均株価指数のホームページで公表されています。

指数情報 - 日経平均プロフィル
日経の指数公式サイト。日経平均株価をはじめとした日本経済新聞社が算出、公表する指...続きを読む

記事作成時点での除数は27.76です。

また、各銘柄のみなし額面一覧も上記ページで配布されています。

さて、この寄与度の計算式を踏まえて先ほどの寄与度ランキングのサイトを利用し、自分で計算してみましょう。

参考:日経平均寄与度ランキング

日経平均全銘柄 寄与度一覧

寄与度の計算式

寄与度の計算式

ソフトバンクグループの寄与度計算
前日比76円 × みなし値30,840円 ÷ 現在の株価5,140円 ÷ 除数27.76=寄与度約16.43円
日産化学工業の寄与度計算
前日比170円 × みなし値5010円 ÷ 現在の株価5010円 ÷ 除数27.76=寄与度約6.12円

先ほどのサイトで紹介されている値とぴったり合いましたね。

日経平均株価の計算方法を知らなければ、寄与度の計算は難しいかもしれません。が、今後日本株であったり、日経平均先物を売買するのであれば、是非習得しておいてほしい内容ですね。

さて、寄与度について理解を深めた後は次のステップに進んでみましょう。

日経平均株価採用銘柄225種にはパワーバランスがある。

さて、日経平均株価は225種類の銘柄の株価を、ある方法にて合計、そして平均化した株価です。

となると、下図のように採用している銘柄同士は同じ比率で、日経平均株価に影響を及ぼしているのでしょうか?

日経平均株価採用銘柄225種にはパワーバランスがある。

もしこのような形であれば、A社が大きく株価を上昇させたとしても、他の株価が下がっていれば、日経平均株価は下落してしまいます。よって、日経平均先物を売買するのであれば「日経平均株価に採用されている全ての株価が上がるのか、下がるのか?」を予測する必要があります。

が、実際は次図のように各銘柄によってパワーバランスに差があります。

日経平均株価採用銘柄225種にはパワーバランスが違う

どの株がどの程度日経平均株価に影響を及ぼすのか?を知っておけば、その株を中心に考えるだけで、ある程度日経平均株価を予測することが可能となります。

このパワーバランスのことを日経平均のウェイトと呼びます。

当然、ウェイトが高い銘柄は日経平均寄与度ランキングの上位常連です。

つまり、ウェイトの高い銘柄が上がるか?下がるか?を予測すれば日経平均株価の予測も行いやすくなるということです。

次回の記事は、日経平均の寄与度から派生し、ウェイトを利用して日経平均株価を予測する方法について解説していきたいと思います。

※追記 ウェイトを利用して日経平均株価を予測する方法作成しました。

タイトルとURLをコピーしました