【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

【保存版】FXの1ロット(1Lot)とは?適正ロットの管理方法

FXの1ロット(Lot)適正、オススメ、管理方法について

みんな大好き!お勉強の時間がやってまいりました。

本日最初の授業は「FXの1ロット(1Lot)とは?適正ロットの管理方法」

授業中はメモ不要、暗記不要。その代わり、この記事のお気に入り保存しておくとGOOD

時折、面白いジョークが飛ばせない、真面目な先生ですが、飽きずに付き合ってもらえると嬉しいです。

FX初心者から中級者向けの解説となっています。

FXの1ロット(lot)って何?意味がよくわからない。
オススメのロット数、適正ロット数など、ロットの管理方法を学びたい。
ロットの計算方法について知りたい。

もし、1つでも該当すれば授業中の居眠りは禁止でお願いします。

それでは早速、FX初心者でもわかるように、FXの1ロット(1Lot)とは?適正ロットの管理方法について解説を始めていきたいと思います。

もし、ロット管理だけ学びたいという方は、後半まで飛び級すること推奨します。

目次はこちらになります。

スポンサーリンク

1ロット(1Lot)とは?1ロットの意味について

1ロット(1Lot)とはFXで使う最低取引数量です。

ドル円を1ロット購入し、数日後1ロット売却。
ユーロドルを3ロット購入、翌日1ロットだけ売却し、残り2ロット。
「ロット」はどれくらい購入したのか?売却したのか単位を表す。
というように、FXはロット単位で売買を行います。

1ロットは1万通貨、1枚と呼ぶことがある。

FXの取引単位は1つだけではありません。

ややこしくなってしまいますが、1ロット、1万通貨、1枚、この3種類あります。

どの呼び名を使えばいいのでしょう?

というと、全て同じ数量を指しているので、好きな呼び方でOKです。

どちらかというと、1万通貨というように、数字で呼ぶ人の方が多い気がします。

FXの1ロット=1万通貨=1枚。同じ取引数量だけど名称が複数あるので、ちょっとややこしい。また取引通貨、FX業者によっては1ロット=千通貨と設定しているところもあるので注意しよう。

1ロットの売買を分かりやすくイメージする。

1ロットや、1万通貨っていう表現は馴染みがありませんよね。

なので、いまいちどれだけの量を売買しているのか?分かりにくい。

という問題があります。

はい!先生質問です。

もしかして、例えばドル円を1ロット購入したってことは、1ドルを1万通貨分、購入したってことで合っていますか?

その通りです。さらにイメージしやすい言葉に置き換えると、1ドル札を1万枚購入したということですね。

1ロット=1ドル札1万枚?。1ドル札を1万枚も購入しているの?

はい。その通りです!私たちは1ドル札を1万枚購入したり、売却しています。このように考えると、FXの仕組みが分かりやすいです。

ドル円1ロット= ドル円1万通貨= 1ドル札1万枚

ドル円の1ロットは1ドル札1万枚という単位になる。

FXでドル円を1ロット買った。

これを言い換えると、手持ちの円で、1ドル札を1万枚購入した。となります。

1ドル札を1万枚って日本円でいくらするの?

 

1ドル札1万枚ってすごい量ですね。1ドルって100円前後だよねだから、1ロットは100円×1万枚で100万円もするの?

その通りです。1ロットがいくらなのか?というと日本円100万円分に相当します。

そんな大金は準備できないんだけど・・・。

それは大丈夫です。実際に必要なお金は100万円の25分の1。つまり、4万円前後もあればFXを始めることができます。

1ロットの売買は4万円前後もあればOK

FXにはレバレッジと呼ばれる仕組みがあり、この仕組みにより取引に必要なお金は25分の1で済むようになっています。

なので、1ロットは本来100万円前後のお金が必要です。

でもレバレッジのお陰で、4万円前後もあればFXを始めることができます。

ただ目安として、最初は10万円ぐらい用意しておきたいところです。

FXのレバレッジについては次の記事が参考になると思います。

お疲れ様です。

ここで一度、まとめたいと思います。

スポンサードサーチ

1ロット(1Lot)とは?1ロットの意味について まとめ

・1ロット(1Lot)とはFXで使う最低取引数量です。
・1ロットは1万通貨、1枚と呼ぶことがある。
・1ロットは1ドル札1万枚
・1ロットは本来100万円前後するものの、実際に必要なお金は4万円前後
・それでも最初は10万円ぐらい用意してFXを始めるのがオススメ
前半の授業終了。

それではここから後半、FX初心者から中級者以上へステップアップ。

より実践的な内容に移りたいと思います。

FXのロット管理、適正ロット、ロットの増やし方など

簡単に紹介すると、次のロット管理表をもとに、どれくらいのロットで売買すればよいのか?

調べることができます。

ロット管理表

ロット管理表の見方、トレードスタイル別に、取引資金と取引ロットの目安値を記載。数量の横に記載されている値は実質レバレッジ。

取引スタイル別 適正ロットの目安値

デイトレ、スキャルピングは5万円につき1ロット
スイングトレードは8万円~10万円につき1ロット
月をまたぐ長期トレードは15万円~20万円につき1ロット
※ドル円を売買した時、資金に応じた目安ロット

短期間の売買であるほど、1回のトレードで負ける金額が小さくなります。

なので、5万円につき1ロット。というように取引資金に応じてロット数を増やしていけばOKです。

スイングトレード~長期のトレードだと、1回のトレードで数万円負けてしまうことがあります。

なので長期になればなるほど、1ロット辺りに必要な資金が大きくなります。

FXのロット数は取引資金が大きくなれば大きくなるほど、上記ロット管理表をもとに、取引ロット増やしていけばOKです。

ちなみにこのロット管理表は、ドル円のボラティリティ、リスクを踏まえて計算したロット数です。

普段、こんな感じで取引する通貨をエクセルで分析してトレードに挑んでいます。

こういった分析の結果、上記、ロット管理表の値が適正だと計算しています。

結構、根拠のある数字なので、トレードの参考にすることができます。

ちなみに取引できるロット数には上限があります。FX業者によって変わるものの、おおよそ100ロット~500ロットが上限です。※100ロットだと1銭(1pips)動いただけで1万円の損益になります。わーお。な世界です。

5%ルールを使ったロット管理、計算方法

またロット管理の方法はもう1つの考え方があり、これを5%ルールと呼びます。

これは1回の損失を総取引資産の5%以内におさめようという考え方です。

5%ルールとは?
5万円の資産なら1回の損失は2,500円以内
100万円の資産なら1回の損失は5万円以内というよう損失を限定する考え方

1度の損失で、資産が20~30%も減ってしまっては、後から取り戻すのも大変になります。

そこで考えられたのが5%ルールです。

5%ルールを使ったロット管理についても触れたいと思います。

5%ルールを使ったロットの計算方法

今までのFXトレードの成績が次のような形であったとします。

1回のトレードにおける最大損失額 20,000
現在の取引資産 500,000円
現在の取引数量 5ロット
最大損失額は20,000なので、20,000÷500,000は4%です。

5%ルールで考えると後5,000円の損失は許容できるので、5,000÷20,000は25%。
5ロット×(100%+25%)=6ロット。

この人の場合、5ロットから6ロットへ、1ロット増やすことが可能です。

また、考えられるトレードの損失幅から逆算して計算することもできます。

ちなみに、それを計算できるツールがあります。

ロット計算機 Position Size Calculator

Position Size Calculator widget is provided by DailyForex.com– Forex Reviews and News

ロット計算機の使い方、必要事項を入力し、Calculateを押すと5%ルールに基づいたロット数を自動計算してくれます。

ロット計算機への入力方法

ロット数を予想される損失額から自動計算してくれるロット計算機は英語です。

なので、入力例と見方を紹介いたします。

ロット計算機への入力内容

このように、取引資金、リスクのパーセント、損失幅、トレード通貨を入力し、Calculateを押すと、自動的に取引するロット数を計算してくれます。

デメリットはトレードの都度、毎回これを計算するのがとっても面倒という点です。

より慎重なトレードを行いたい人は5%ルールではなく、2%ルールでロット数を決める方法もあります。取引数量がかなり小さくなるので、2%ルールはあくまで練習用として使うのがいいかもしれません。

ロット数の決め方は2通り

・ロット管理表を使って取引するロット数を決める。
・ロット計算機を使って、取引の都度、ロット数を決める。

どちらの方法をとっても正解です。

ちなみに私は都度計算機を使ってロット数を考えるのは面倒ですし、優位なエントリータイミングを探す方に集中したいので、取引資金に応じてロット数を決めています。

スポンサードサーチ

FXの1ロット(1Lot)とは?適正ロットの管理方法 まとめ

・1ロットは最低取引単位のこと
・1ロット以外にも、1万通貨、1枚など様々な呼び方がある。
・1ロットはおおよそ、100万円相当。でも実質必要となるお金4万円前後でOK
・取引スタイルに応じて、目安となる適正ロットが変わる。
・ロット管理表を使って、取引するロットを増やしたりできる。
・5%ルールを使って、損切り幅からロット数を逆算することもできる。
・5%ルールを使う場合、ロット計算機を使うと便利

この記事が有用だと思った方は是非お気に入り登録、ブックマーク登録、ツイッター、フェイスブックなどでシェアしてもらえると嬉しいです。

おまけ、こちらの記事はもっと気合入れて書きました。面白いはずです。

無料「FX投資マスターガイド」が使える件

FXで勝ち続けたいならブログ読むより、FX投資マスターガイドを入手した方が良いらしい。そんな話を聞いて無料の電子書籍「FX投資マスターガイド」を入手してみました。入手した感想、中身のネタバレ記事はこちら

以上、最後までありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました