【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

【知識】FXの枚数とは?意味、適正・目安の枚数、増やし方など

FXの枚数とは?1枚の意味、おすすめ枚数、増やし方など

FXで使われている取引単位の名称である枚数。

今回は枚数とはどんな単位なのか?解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

FXで使われる枚数とは?

枚数とはFXの取引単位のことを指します。

1枚買った。1枚売った。という具合にどれだけ売買したのか?表す時に使われます。

FXの取引単位は複数ある。

FXには枚数という単位以外にも、1ロット、1万通貨といった単位が使われることがあります。

ただ、単位はどれも同じなので違いを気にする必要はありません。

どれも取引数量は同じ FXの1枚 = 1ロット = 1万通貨

中にはFXの1枚を千通貨と定めているFX業者もあります。

自分の使うFX業者の取引単位を知っておくと便利です。

例えば私が使っているGMOクリック証券【FXネオ】の取引単位を確認してみましょう。

クリック証券の枚数、取引単位

ドル円は1万米ドルと記載されています。つまりGMOクリック証券【FXネオ】の1枚は1万通貨ということが分かります。

建玉上限というのは、持てる最大の数量を指しています。

ドル円の建玉上限3,000万米ドルとは、3,000枚までポジションを保有することができるということです。

1枚いくらか?というと、ドル円ならおおよそ4万円ちょっとなので、上限である3,000枚ものポジションを持とうとすると最低でも1億2,000万円は必要です。

スポンサードサーチ

ロットと枚数は同じ。ロットで勉強するのがオススメ

FXの単位として一般的なのは枚数ではなく、ロット、もしくは〇〇万通貨という呼び方です。

なので、枚数の増やし方、枚数の計算方法、枚数の目安といった資金管理については、ロットという言葉で勉強するほうが情報量が多くオススメです。

ちなみに1枚だと、どれくらいの量のモノが動いているのか?

ちょっとわかりにくいですよね。

そこで1枚を分かりやすく表現すると、1枚は1ドル札1万枚だと言い換えることができます。

FXの1枚は1万通貨=1ドル札1万枚のこと

ドル円を1枚買った。というのは、1ドル札を1万枚購入し、支払いは円で行った。

とイメージすると分かりやすいです。

これからFXを行うのであれば、「私は今日、1ドル札を1万枚購入した」とイメージすると、よりFXが楽しめます。

やっぱり時代は資産運用。私はA社の株を100万円分かった。

ふーん。私はドルを1万枚買ったよ

なんて、ちょっとカッコいいと感じてしまいます。(私だけかもしれません)

 

さて、1ドル札1万枚は円換算すると約100万円です。
※ドル円の為替レート100円の場合

1枚売った、買った。というのは約100万円分のドルを売った。買ったということになります。

が、FXにはレバレッジという仕組みがあるので、100万円の25分の1。

おおよそ4万円前後で1枚の取引が可能になります。

レバレッジは下記の記事で解説しています。

スポンサードサーチ

FXの枚数とは?意味、適性・目安の枚数、増やし方 まとめ

・枚数とはFXの取引単位のことを指します。
・色んな単位があるけど取引数量は同じ FXの1枚 = 1ロット = 1万通貨
・1枚はおおよそ4万円前後で取引が可能

枚数の増やし方、枚数の計算方法、枚数の目安といった資金管理については、ロットという言葉で勉強するほうが情報量が多くオススメです。

また実際にFXでの注文方法のやり方、売買のやり方はこちらの記事でも取り上げています。

この記事が有用だと思った方は是非お気に入り登録、ブックマーク登録、ツイッター、フェイスブックなどでシェアしてもらえると嬉しいです。

最後までありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました