【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

【FX】為替がよく動く時間帯とは?まとめ

FX 為替がよく動く時間帯とは?

とれろく
とれろく

FXトレーダーの方向けに、為替レートがよく動く時間などを紹介!1日の間、1週間の間でいつ、どれくらい動くのか?から土日に動くの?といった時間に関わる疑問をまとめて解説。

・FXは24時間取引できるものの時間帯によって、値動きが違う。
→何時から、どの程度?よく動く時間帯は?
・祝日は値動きが少ない。
→どの程度違うのか?実際のチャート画像を比較。

といった具合で、FXの時間と値動きについて検証結果を見て行きましょう。

スポンサーリンク

FXの1週間の取引時間について

まず初めはFXの1週間の取引時間ついて復習。

FXは土曜日の早朝から月曜日の早朝までは取引することができません。

FXができない、休みの時間帯
夏時間(3月第2日曜日~11月第1日曜日):週末土曜日の朝5時50分~週明け月曜日の朝7時
冬時間(11月第1日曜日~3月第2日曜日):週末土曜日の朝6時50分~週明け月曜日の朝7時

土日は売買できないと言われているものの、厳密に言えば土曜日の早朝は取引が可能。

FXの取引時間は月曜日の早朝から土曜日の早朝まで。

FXの取引時間、市場時間
夏時間(3月第2日曜日~11月第1日曜日):月曜日の朝7時開始~週末土曜日の朝6時50分
冬時間(11月第1日曜日~3月第2日曜日):月曜日の朝7時開始~週末土曜日の朝5時50分

つまり、月曜日を除けば火曜日~金曜日は完全に24時間売買できます。

とれろく
とれろく

このFXの取引時間は取引するFX業者によって、若干の違いが生まれる為、注意が必要です。

参考、各FX業者による取引時間の違い(夏時間)

 

サクソバンク証券 取引時間:月曜3時~土曜6時
ヒロセ通商 取引時間:月曜6時~土曜5時
JFX 取引時間:月曜7時~土曜5時
外為オンライン 取引時間:月曜7時~土曜5時30分
SBI FXトレード 取引時間:月曜7時~土曜5時30分
みんなのFX 取引時間:月曜7時~土曜5時40分
DMM FX 取引時間:月曜7時~土曜5時50分
FXプライムbyGMO 取引時間:月曜7時~土曜5時50分
外為どっとコム 取引時間:月曜7時~土曜5時55分
FXブロードネット 取引時間:月曜7時~土曜5時55分
GMOクリック証券 取引時間:月曜7時~土曜6時
YJFX 取引時間:月曜7時~土曜6時

取引時間だけを比較するならサクソバンク証券が一番早く取引を開始することができます。

スポンサードサーチ

1週間の中でいつ一番値動きが多い?

実際のデータを使い、1週間の中で一番値動きが多い時間帯の調査結果がこちらです。

FX1週間の値動き、ボラティリティ

検証条件:ドル円、夏時間、1時間足データを使用。曜日、時間帯別のボラティリティ平均値をグラフ化。ボラティリティは高値-安値の値。単位はpips

1週間を通してドル円の値動きを見てみると、いくつかの特徴的なパターンが見られます。抜粋して紹介したいと思います。

1週間の中でよく値動きするタイミング

FX1週間の値動き、ボラティリティ、特徴的な場所

①・・月、木曜日の10時前後はよく値動きがある。
→週明けの早朝ということもあり、日本の取引が活発に行われている影響。

②・・月曜日の深夜は比較的穏やかな値動き・ボラティリティ
→FXは通常深夜によく動くはずが月曜日は例外。値動きは少な目

③・・火曜日、木曜日、金曜日の深夜はよく値動きがある。
→重要な経済指標が発表されやすい曜日は高い値動き

とれろく
とれろく

1週間で見た場合、水曜日が比較的穏やか。もし、週の序盤で損失を抱えてしまった場合、木曜日、金曜日を狙って取り返しに掛かるのが効率が良いですね。

1日の中に5つの区分けが存在している。

FXは時間帯により市場の参加者が変わり、時間帯に応じて5つの区分けが存在します。

それぞれの時間帯で値動きの幅が大きく異なる為、取引する時は今が何タイムなのか?知っておく必要があります。

FX時間帯別の名称

早朝はオセアニアタイム
早朝は5時~9時ぐらいまではニュージーランド、オーストラリアといったオセアニア通貨が活発に取引されるオセアニアタイム。

日中はアジアタイム
9時から15時までの時間帯は円や元、シンガポールドルといったアジア通貨が良く取引されるアジアタイムです。特に日本の9時30分~10時30分頃が一番よく値が動きます。

この時間帯は仲値時間と呼ばれ、日本の銀行がその日1日の両替レートなどを決める時間帯です。この為、積極的に外貨の売買が行われ、高い値動きを記録します。

夕方は欧州タイム・ヨーロッパタイム
15時から21時頃はユーロやポンドが中心に取引される欧州タイム。欧州タイムは全ての通貨ペアで為替レートがよく動きし、高いボラティリティを記録します。

夜間は米国タイムと欧州タイムが重なるカオスタイム
21時~24時頃は欧州タイムに米国、カナダ、メキシコといった国々が加わり、最も価格が動く時間帯です。通称カオスタイム。ドル絡みの全通貨のボラティリティは1日の間で最大値。また雇用統計、GDPなど重要な経済指標の発表時間とも重なり、トレンドも頻繁に転換する時間帯です。

とれろく
とれろく

トレードチャンスが多くあるものの、安定して勝てるかどうかは腕次第。時間辺りの利益を最大化しようと考えた場合、まず初めに思い浮かぶのがこのカオスタイムです。

スポンサードサーチ

1日の中で値動きが多い時間帯はいつ?

実際のデータを使い、1日の値動きを調査した結果が次のグラフです。

ドル円1日の時間帯別の値動き、ボラティリティ

ドル円1日の時間帯別、市場別の値動き、ボラティリティ

検証条件:ドル円、夏時間、1時間足データを使用。時間帯別のボラティリティ平均値をグラフ化。ボラティリティは高値-安値の値。単位はpips

データで見ると、各時間帯の特徴がよく分かりますね。

・オセアニアタイムは穏やかな値動き
・アジアタイムは10時、11時の値動きが高く、以降は穏やか
・欧州タイムの値動きは17時頃がピーク
・カオスタイムに入ると、これまでの2倍近い値動きになる
・米国タイムの深夜1時以降は次第に値動きが低下
とれろく
とれろく

スキャルピング、デイトレーダーの場合、1日の中でいつ、どの程度の値動きがあるか?知っておくことことが重要。

おまけ 夏時間と冬時間での値動きの違い

FXはサマータイムの影響を受けます。
この為、外国為替市場でも、値動きが活発となる時間帯が1時間ズレてきます。

夏時間と冬時間での値動き、ボラティリティの違い

夏時間、冬時間での値動き、ボラティリティの違い

サマータイム導入国の少ないオセアニア、アジアタイムでは夏時間、冬時間での値動きの違いはほとんど見られないものの、欧州~米国タイム以降は値動きが活発になる時間帯にズレが生じています。

夏時間から冬時間へ切り替わるのは11月第1日曜日
冬時間から夏時間へ切り替わるのは3月第2日曜日

この日を境に、値動きの仕方が変わってくるので注意しましょう。

スポンサードサーチ

為替レートは祝日でも動くものの、値動きは小さい。

外国為替市場は祝日でも取引が可能ですが、値動きは非常に少ない。

祝日と通常日の値動きの違い

祝日の値動き、ボラティリティの違い

平日24時間取引できるといっても、祝日はトレードに不向き。

日本の祝日は年間に約16日間
代表的な祝日・・年末年始、ゴールデンウィーク、お盆

ドイツの祝日は年間に約9日間
代表的な祝日・・1/1の新年、10月ドイツ統一の日、12月クリスマス

米国の祝日は年間に約11日間
代表的な祝日・・・1/1の新年、7月独立記念日、12月クリスマス

このような形で、各国様々な祝日がある為、世界各国の祝日がどうなっているのか?チェックしておくと便利です。

とれろく
とれろく

「せっかく取引しようと思ったのに全然価格が動かない。これじゃあ売買もできないなぁ・・・。」というのを避けるためにも世界各国の祝日を把握しておくと良いでしょう。ちなみに、年末年始は日本の銀行はお休みになるものの、米国は1月1日しかお休みになりません。1月1日以外であれば、夜中にガンガンFXできたりします。

おまけ FXと値動きに関係する、よくある疑問、質問集

それでは最後に、FXと時間に関係するよくある疑問、質問集を紹介します。

・土日にFXを行う方法はある?動いているレートは見れる?

土日は為替レートが止まり、動かないので売買できません。

なので、土日に大きな出来事があると、月曜日はハラハラした気持ちで朝を迎えなければなりません。それが嫌な人は週末にポジションを決済してしまうか、ハラハラしない程度のレバレッジで取引を行う必要があります。

・中東レートは土日でも為替レートが動く

イスラム教徒の多いアラブ諸国の中に金曜日を休日とする国があります。例えばドバイやアラブ首長国連邦ですね。

中東の銀行は土日も営業をしているため専用の為替レートがあり、これを中東レートと呼びます。

中東レートは土日でも動いていることから、週明けの戦略を使うのに有用。と言われているものの、が、信ぴょう性は薄い。

土日の為替レートが見れる中東レート

※時間は海外表記。日本時間に直す場合+9時間してあげる必要有り。

・何時から何時に取引するのがおすすめ?勝ちやすい?

一概に答えることは難しい。ですが、次の記事が参考になると思います。

これはスキャルピング取引を、ドル円でRSI使う場合、どの時間帯が儲かり、どの時間帯が儲からないのか?といった様々な研究を行った結果を紹介しています。

例えばとある売買ルールでRSIを使用した場合、日本時間20時~深夜2時の間に発生したRSIシグナルは信ぴょう性が高く、トータルでプラスになる。

というような、生情報を無料で公開しています。

どんな風に売買手法を作っていけば良いのか?、どんな時間で売買を行うと良いのか?そういった悩みを解決することができるかもしれません。

・スワップポイントが発生する時間はいつ?

スワップポイントが発生する時間帯はFX業者によって多少違うものの、夏時間であれば6時30分~7時の間、ポジションを保有していることが条件になります。

参考)各FX業者によるスワップポイント発生時間

SBIFXトレード スワップポイント時間:6時30分~7時00分
DMM FX スワップポイント時間:6時50分~7時10分
インヴァスト証券 スワップポイント時間:6時50分~7時10分
みんなのFX スワップポイント時間:6時50分~7時10分
マネックス証券 スワップポイント時間:6時50分~7時10分
FXブロードネット スワップポイント時間:6時55分~7時05分
YJFX スワップポイント時間:6時55分~7時00分
外為オンライン スワップポイント時間:6時55分~7時05分
GMOクイック証券 スワップポイント時間:7時00分~7時10分
外為どっとコム スワップポイント時間:7時10分

スポンサードサーチ

【FX】為替がよく動く時間帯とは?まとめ

土曜日の早朝から月曜日の早朝まではFXができない、休みとなる時間です。

FXができない、休みの時間帯
夏時間(3月第2日曜日~11月第1日曜日):週末土曜日の朝5時50分~週明け月曜日の朝7時
冬時間(11月第1日曜日~3月第2日曜日):週末土曜日の朝6時50分~週明け月曜日の朝7時

月曜日の早朝から土曜日の早朝までがFXの取引時間です。

FXの取引時間、市場時間
夏時間(3月第2日曜日~11月第1日曜日):月曜日の朝7時開始~週末土曜日の朝6時50分
冬時間(11月第1日曜日~3月第2日曜日):月曜日の朝7時開始~週末土曜日の朝5時50分

為替の値動きを1週間で見た場合

月、木曜日の10時前後は高い値動き・ボラティリティ
月曜日の深夜は比較的穏やかな値動き・ボラティリティ
火曜日、木曜日、金曜日の深夜は高い値動き・ボラティリティ

為替の値動きを1日間で見た場合

オセアニアタイムは穏やかな値動き
アジアタイムは10時、11時の値動きが高く、以降は穏やか
欧州タイムは17時頃がピーク
カオスタイムに入ると、これまでの2倍近いボラティリティを記録
米国タイムの深夜1時以降は次第にボラティリティが低下

・サマータイムになると値動きが活発になる時間帯は1時間ズレる。
・為替レートは祝日でも動くものの、値動きは小さい。
・土日は為替レートが止まり、動かないので売買できません。
・土日に動く中東レートというものがあるが、信ぴょう性は無い。
・勝ちやすい時間は一概には言えないものの、時間帯によって手法は変わる。

タイトルとURLをコピーしました